いわし さばき 方。 いわしのさばき方!刺身にも使える簡単な方法とは?

いわしの刺身のさばき方!小骨の処理や寄生虫の危険、うまい食べ方も

いわし さばき 方

スポンサードリンク 前回までは、釣りの初心者の対象魚としてよく知られている小アジ(豆アジ)の締め方と下処理、鱗取りやさばき方、色々な料理を紹介してきました。 今回からは、同じく釣りの初心者の対象魚として有名なイワシですが、小~中サイズの小イワシの締め方と下処理、鱗取りやさばき方、色々な料理を紹介したいと思います。 一般的に小イワシというと釣れても小アジよりもチョッと嬉しくない感じです。 小イワシは細くて小さくて手間掛かりそう、どう下処理や調理したら? 食べられるの? おいしいの? という感じではないでしょうか。 小さいので手間は掛かりますが、その分手早くテキパキと下処理 さばき方 もありますし、色々なおいしい料理もありますので、ぜひ挑戦してみてください。 10cm未満の小イワシを対象に紹介する予定です。 ただ、動画によっては中サイズのイワシで調理しているものもありますが、小イワシでも可能です。 いつもと同じように、いくつもある同じような動画から評価の高い人気の動画だけを選んでのせました。 今回も、他のサイトへの掲載が許可されているユーチューブ動画で、指定されている掲載の方法でのせています。 短い動画なので、空いた時間や帰りの車や電車など調理前に確認してみてください。 無いときは、100均で20mのPPバンドが売っていますが、薄めのスプーンでも手早くおろせます。 もしも「途中からの再生」や「前に戻っての部分的な再生」の方法は前の「初心者向けの釣り教室堤防編」で説明していますので、そちらをご覧ください。 小イワシの締め方とうろこ取り方は超簡単! 小イワシの、締め方は氷締めで一気に仮死状態にする野締めが一般的です。 以前「あまり大きくない魚の氷締め」でも紹介しましたが、もう一度簡単に紹介してみます。 理想的には、 ・クーラーボックスに、穴の開いていないジップ付きポリ袋に多目の氷を入れて、口をシッカリと締めます。 釣れた魚をそのクーラーボックスの冷たい海水に入れることで、仮死状態になり氷締めになります。 この場合、クーラーボックスが生臭くなるので、帰ったらよく洗う必要があります。 理想的には海水に直接真水氷を入れないのは、海水の塩分濃度が薄まると、浸透圧で魚から塩分(と旨み)が抜けておいしくなくなるからです。 ただし、あまりこだわらずに簡単に済ませるならクーラーボックスが生臭くなりますが、潮氷(真水氷+海水)で氷締めして済ませる人もたくさんいます。 *ちなみに帰るときは、氷が残っている状態ならクーラーボックスの海水は重いし生臭いので捨てます。 (氷が少なく冷たい海水を残すときは、ゴミ袋のような大きな袋にクーラーボックスを入れて、中の海水が漏れてもいいように) 小イワシのうろこの取り方は、ナイフ(小包丁)でもいいですが、ペットボトルのキャップをでこすると簡単に落ちますので試してみてください。 (100均の小ナイフでも簡単にこそげる) できれば冷たい海水の中でうろこを落とすと鮮度も下がりにくいです。 小イワシのうろこは、本当は冷たい海水の中でこそげ落としたほうがいいので、釣り場でうろこをおとして下処理(はらわたとる)してクーラーボックスの海水を捨てて(氷で冷しながら)帰るのが理想です。 (こだわるなら真水氷は直接海水に入れないほうがいい) 次の動画は、家での下処理ですが、コンビニ氷を破らずに袋のまま入れています。 (鮮度が落ちやすい小イワシを真水の中で下処理するのは不可) *昔から塩分濃度3%程度の塩水(立て塩)で、魚のぬめりや臭みをとる処理をするそうですが、その際に旨みを逃さない効果もあるそうです。 小イワシのおろし方荷造り用PPバンドなら簡単キレイ! 小イワシのおろし方ですが、荷造り用のPPバンドを使うのが流行のようです。 すごく簡単に、そして(慣れると)腹も裂けないのでキレイに、小イワシの三枚おろしができます。 三枚おろしを使う刺身などの料理用のおろし方です。 (*生食は注意が必要です。 下手なのか、PPバンドよりやりにくいのか、三枚おろしには出来ますが、腹が裂けてチョッと身がキレイではありません。 料理によっては三枚おろしではなく、開いて中骨を取って使いたいときのおろし方です。 小イワシの料理もおいしくて色々! 小イワシの料理ですが、新鮮な小イワシの生料理は最上級のうまさと昔から言われています。 *ただし、(小~大)イワシの生食は注意が必要ですので、下の「まとめ」で確認してください。 細くて小さい小イワシを料理するのは戸惑うかもしれませんが、色々な調理法があるおいしい魚ですのでぜひ料理を作ってみてください。 今回は、どのような料理があるのかを簡単に紹介したいと思います。 小イワシの料理は、刺身、酢のもの、酢漬け、胡麻漬け、なます、みそ汁、潮汁、だんご汁、煮つけ、天ぷら、唐揚げ、塩焼き、干もの、塩漬け・アンチョビ、オイルサーディンなど色々あります。 地域的には、 広島や山口の一部では小イワシを刺身にしてよく食べるそうです。 また、石川、福井の一部では、小イワシを塩茹でしてから炒って、醤油、酢、大根おろしで食べる料理があるようです。 生シラス(イワシの子だけではないですがイワシの子も含みます)という、イワシの子の料理も、釜揚げシラスや生シラス丼など今はよく聞く料理だと思います。 まとめ 小イワシは、波止からサビキやウキを使って簡単に釣れる初心者向きの魚です。 ただし、細いし小さいので調理を戸惑うかもしれませんが、手早く簡単な下処理とか、さばき方も紹介しましたので、小アジ同様にぜひ色々な料理に挑戦してみてください。 ただ、イワシにはアニサキスという寄生虫がいる場合があります。 イワシには、主にマイワシ・ウルメイワシ(ニシン科)、カタクチイワシ(カタクチイワシ科)などがあります。 カタクチイワシは、鼻先に近い目と下唇が後ろに下がっていて、大きさは10cmまでの特に小さい種類のイワシです。 特にカタクチイワシには寄生虫が多いとのことですので十分注意が必要です。 これ(寄生虫)を一緒に刺身などで生食してしまうと、病院の内視鏡で取り去ってもらわないと強烈な腹痛が続くことになりますので、注意が必要です。 イワシのアニサキスは、新鮮なうちははらわたにいますが、鮮度が落ちると身に移りますので、新鮮なうちに下処理(はらわたを取る)必要があります。 ということで、小イワシを釣る場合は特に、上で紹介した氷締めは必須になります。 また、できれば空き時間ができたら、冷えた海水の中で素手で下処理(頭と内臓を取り去る)した上で冷して持ち帰れたら理想的です。 アニサキスは、長さ2~3cm、幅は0. 5~1mmくらいで、白色の少し太い糸状で、魚の身にはクルクルと丸まっている白い糸のように見えることが多いです。 なお、厚生労働省では、アニサキス幼虫はサバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生します。 魚介類の内臓に寄生しているアニサキス幼虫は魚介類が死亡すると、内臓から外に出ようと筋肉に移動することが知られています。 一緒に生食してしまうと激しい腹痛があり、アニサキス食中毒と疑われるときは、速やかに医療機関を受診してください。 とあります。 《対策として》 ・身のアニサキスを目視で取る。 ・加熱(60度で1分、70度以上で瞬時)する。 ・冷凍(マイナス20度で24時間以上)する。 ・新鮮なものを購入し、新鮮なうちに内臓を取ること。 ・内臓を生で食べない。 などを薦めています。 人気記事(釣り初心者向け)• - 97,817 views• - 94,604 views• - 88,848 views• - 70,293 views• - 54,497 views• - 37,069 views• - 36,787 views• - 30,438 views• - 30,081 views• - 16,843 views• - 16,836 views• - 15,765 views• - 14,483 views• - 13,695 views• - 13,133 views• - 13,041 views• - 12,154 views• - 11,860 views• - 9,882 views• - 9,816 views• - 7,860 views 人気記事(海釣り公園 等)• - 54,048 views• - 37,982 views• - 37,645 views• - 35,544 views• - 31,755 views• - 29,364 views• - 28,362 views• - 27,671 views• - 26,890 views• - 25,173 views• - 23,863 views• - 23,736 views• - 22,734 views• - 22,041 views• - 21,967 views• - 21,949 views• - 20,625 views• - 20,586 views• - 20,044 views• - 19,272 views• - 19,180 views• - 17,970 views• - 17,557 views• - 17,245 views• - 17,082 views• - 16,845 views• - 16,166 views• - 15,980 views• - 15,580 views• - 15,578 views• - 14,537 views• - 14,265 views• - 13,831 views• - 13,478 views• - 13,415 views• - 13,359 views• - 12,626 views• - 12,426 views• - 12,215 views• - 11,902 views• - 11,681 views• - 11,552 views• - 11,009 views• - 10,918 views• - 10,873 views• - 10,385 views• - 10,381 views• - 10,345 views• - 10,320 views• - 10,059 views• - 9,817 views• - 9,720 views• - 9,502 views 人気記事(ワカサギ釣り場)• - 52,925 views• - 42,845 views• - 23,748 views• - 17,120 views• - 16,046 views• - 15,216 views• - 14,240 views• - 14,134 views• - 13,988 views• - 13,298 views• - 12,747 views• - 12,620 views• - 12,268 views• - 11,213 views• - 10,689 views• - 10,624 views• - 9,087 views• - 8,718 views• - 8,679 views• - 8,648 views.

次の

いわしの下処理や開き方はどうする?内臓の取り方は?

いわし さばき 方

 イワシをさばいて刺身にする いわしの中国名は「遠東砂璃魚」 なるほどなぁって感心します。 日本近海の鰯の美味さはつとに知られるところ。 昔から余すとこなく徹底的に日本人に利用されています。 栄養価に対しての値段の安さにも注目すべきでしょうね。 いわしの種類と呼び方 いわしはニシン科の魚でして、同類は大きく分けて四種類 マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシ、キビナゴ マイワシとカタクチイワシの稚魚を釜揚げして、七分乾きにした柔らかいものを シラス干し、かたく干したものを チリメンジャコ(カチリ)と呼びます。 生シラス。 しかしまったく違う魚なのでお間違いなく。 豊漁を期待したいところです。 マイワシは秋が旬で、他は春から初夏が最盛期になります。 旬の新鮮なイワシは、なんといっても塩焼きが旨いですが、刺身の美味も捨てがたいものです。 出来るだけ大きなものを選ぶのが基本です。 刃を気持ち上に向けておくと、身を切ってしまうミスをしないでしょう。 刺身などで皮を取る時以外は、しなくてもかまいません。 背びれの付け根の固い部分にこうして包丁で切り目を入れておくと、 後で皮をむく時にやり易くなります 両側の腹骨をすきとります これでオロシは終わり。 次は皮むきです。 イワシの皮を剥いて刺身に切る 先ほどの切り込みに親指を入れ そのまま指で皮を剥き取ります 適当にカットすれば、イワシ刺身の出来上がり。 鰯は青魚なので「ショウガ醤油」が合います。 盛り付ける この様に向きを揃えて並べ、カットして立てると 木の葉の形になります。 いわし料理各種に合わせたさばき方.

次の

いわしの刺身のさばき方!小骨の処理や寄生虫の危険、うまい食べ方も

いわし さばき 方

いわしにはうろこがないっていうのは本当なの?嘘なの? 下処理が施されていない魚を購入するとうろこの処理が必須となりますよね。 でもいわしのうろこ取りを行った事がある方はほとんどいないハズ。 いわしも列記とした魚となっており、うろこがしっかりとあるのです。 でも何故、購入時にはうろこが無いのか疑問になりますよね。 答えはいわしは水揚げ時にうろこが剥がれてしまうのです。 いわしにとってもうろこは塩分から体を守る目的やより早く泳ぐ為に欠かせない存在となっているのですが、水揚げ時に剥がれてしまうのです。 その為、購入時にはうろこがほとん剥がれた状態となっており、うろこの処理が必要無いのです。 Sponsored Link いわしのうろこの取り方のコツは? 水揚げ時にうろこが剥がれてしまう事で、うろこ取りを行った方はほとんどいらっしゃりませんよね。 その為、どのようにうろこを取ればよいのか悩んでしまう事もあります。 特に釣りで釣ったいわしはうろこがしっかりと付いている状態となる事で、必須作業となります。 まずいわしのうろこはうろこ取り等の道具はおススメ出来ません。 いわしの身は非常に柔らかく、うろこ取りの道具を使用すると身がボロボロになってしまいます。 その為、手で落とす方法が良策となっています。 軽く爪を立て、指をスライドさせるだけで簡単に落とす事が出来ます。 また手で行う方法に抵抗がある方はペティナイフの先で軽く擦る事でうろこを落とす事が出来るのです。 ただペティナイフは力の入れ加減や角度を間違ってしまうと、身をボロボロにしてしまう事があります。 手やペティナイフの他、定規やペットボトルのキャップ等でもうろこを落とす事が出来るのです。 いわしもアニサキスに注意! いわしにも多くの仲間がいますが、小いわしも岸壁等で簡単に釣る事が出来るいわしとなっています。 釣りを趣味とされている方にとっては、小いわしを釣る事は割と簡単な事となっており、自宅でうろこを取り捌く方も多いですよね。 しかし小いわしにはアニサキスという寄生虫が付着しやすいのです。 釣った直後ならば、アニサキスははらわたに居るので、下処理をしっかりと行えば問題無いのですが、時間の経過と共にアニサキスが身へ移動してしまいます。 アニサキスを食べてしまうと、腹痛の原因ともなってしまうので、釣った小いわしはうろこ取りを行った後、下処理をしっかりと行い、加熱調理する事がおススメとなります。 あとがき うろこが無いと思われていたいわしでも、水揚げ前にはしっかりとうろこが付いているのです。 購入するいわしではううろこ付きはほとんどありませんが、自身で釣ったいわしにはうろこがしっかりと付いています。 いわしの身を傷つけず、キレイなうろこ取りが行えるとよいですね。

次の