達者対義語。 「達者」の類義語や言い換え

「達者」の類義語や言い換え

達者対義語

公開日: 2018. 24 更新日: 2018. 24 「饒舌」の意味と使い方、類語「多弁・雄弁・能弁」との違い 「饒舌」という言葉をご存知でしょうか。 日常会話やビジネスシーンで耳にすることが多いですが、どんな意味か理解しているでしょうか。 また、意味をしっかり理解していたとしても使いこなせているという人は少ないのではないでしょうか。 実は、「饒舌」の意味を知っておかないで使ってしまうと、相手に失礼な印象を与えることがあります。 使い方には十分注意が必要な言葉になります。 そこで今回は「饒舌」の意味や使い方、類語との違い、対義語について解説していきます。 正しく使えるように、意味と使い方をきちんとマスターしておきましょう! 「饒舌」の漢字は「冗舌」とも 「饒舌」は 「冗舌」と書くこともできます。 「冗」は「余計な。 余分」、「饒」は「有り余るほど多い。 ゆたか」を意味します。 このことから分かるように、「饒舌」と書いても、「冗舌」と書いても意味は同じです。 そもそも「饒舌」の「饒」が当用漢字でなかったため、「冗舌」という代用表記を作り上げたとされています。 一方、「冗」は屋根の下に人が佇んでいるで姿を表します。 仕事がなくて仕方なく家にいる姿です。 ですので、「冗」という字は「無駄である」「締まりがない」といったマイナスなイメージが強いです。 このようなこともあり、 一般的には「冗舌」よりも「饒舌」が使われることが多いでしょう。 「饒舌」は使い方と例文 「饒舌」は「やたらと喋ること」を表しているので、あまり良い意味では使われません。 ですので、誰かに向かって「饒舌ですね」と言うと「あなたはうるさいですね」と言ってしまっていることになります。 また、「私は饒舌な方で〜」といったように自己紹介などで使うと、マイナスなイメージが強くなってしまいます。 「饒舌」は「話がうまい、頭の回転が早い」というニュアンスの褒め言葉ではありませんので、使用する際は注意してください。 相手を褒めたい場合は、「饒舌」を「話し上手」「弁の立つ」「雄弁な」「能弁な」といった言葉に言い換えるようにしましょう。 例文 ・彼女は酔うと饒舌になる。 ・彼は饒舌で少々失言が多いため、周りの人にヒヤヒヤさせることがある。 ・いつもと違い緊張しているせいで、いつになく饒舌である。 ・ゲームの話題となると、途端に饒舌になる。 ・彼の発表はいつも、内容よりも饒舌ぶりでなんとか上手く見せかけている。 ・あの人は饒舌で、なかなか言葉ご途切れることがない。 ・饒舌家の彼を時々うっとうしく思ってしまう。 ・上司の饒舌ぶりには、誰しもがうんざりしている。 ・彼は饒舌なおかげで、手が止まってしまっている。 ・饒舌もほどほどにしないと、いつか相手を怒らせてしまうよ。 「饒舌」の類語との使い分け 多弁 「多弁」の意味は 「多く喋ること」「口数の多いこと」「おしゃべり」です。 「多弁」は、口数が多いことを表します。 「ただ口数が多く、口数の多さから話題性の豊富がある」といった具合になります。 例えば、「彼女は酔うと饒舌になる」と「彼女は酔うと多弁になる」とした場合、あまり違いはなさそうですが、若干ニュアンスが異なります。 「多弁」は単に口数が多いことを表しているのに対して、「饒舌」は余分に多く喋ることを表します。 また、「饒舌多弁」という四字熟語があります。 これは「口数が非常に多いこと」を意味します。 「饒舌」と「多弁」を重ねることで、意味を強調しています。 雄弁 「雄弁」の意味は、 ・人に感銘を与える、巧みで力強い弁舌 ・ある事実などをはっきり表していること となります。 「雄弁」は、説得力をもって力強く話す様子を表します。 「雄弁」は「饒舌」とは違い、力強く話すとことを表しているので良い意味として使われます。 「雄弁」を用いたことわざに 「雄弁は銀沈黙は金」というものがあります。 これは、「巧みな弁舌は素晴らしいが、それを銀ほどの値打ちとすれば、沈黙を守っているのはそれ以上の金ほども値打ちがある」という意味です。 「沈黙」を銀よりも高価な金に例えていて、上手く話せることも大切だが、黙ることを知ることは、もっと大事だということを表します。 能弁 「能弁」の意味は 「弁舌の達者なこと」です。 上手な話ぶり、よどみない巧みな弁舌を表します。 「能弁な人」「能弁家」といったように、主に良い意味として使われます。 ちなみに、「能弁」の反対語は 「訥弁(とつべん)」となります。 「訥弁」の意味は「つかえがちな下手な話し方」です。 言葉がつかえたり、どもったりして、滑らかに喋れないことを表します。 「饒舌」の対義語 無口 「無口」の意味は 「口数の少ないこと」「寡言」「寡黙」です。 「無」は「存在しない・〜ない」、「口」は「で言う・口ぶり・ことば」を意味します。 口数の少ない様子、物を言わないことを表します。 寡黙(かもく) 「寡黙」の意味は 「言葉数が少ないこと」「ほとんど物を言わないこと」です。 「寡」は「少ない」、「黙」は「声・言葉を出さない。 だまる」を意味します。 言葉数が少ない・口数が少ない様子を表します。 例えば、「彼は穏やかで寡黙な人である」「寡黙な彼が、突然饒舌に語り出した」などと使います。 緘黙(かんもく) 「緘黙」の意味は 「口を閉じてしゃべらないこと」「だんまり」です。 「緘」は「口を閉じる」、「黙」は「声・言葉を出さない。 だまる」を意味します。 口を閉じて何も言わないこと、押し黙る様子を表します。 「緘黙」を用いた言葉に「緘黙症」というのがあります。 これは、「発声器官や構音器官に障害はなく、失語症でもないにもかかわらず、言葉を発しない状態。 統合失調症・鬱病・ヒステリー反応などでみられる」を意味します。 「饒舌」してしまう時の心理 「饒舌になる」というのは、「おしゃべりになる」ということです。 饒舌になるというのは、普段は物静かか、あまり口数が多くないという様子がわかります。 では、具体的に饒舌になってしまう時の心理とは何なのでしょうか? 人が急に饒舌になる時に心理としては、嘘をついていたり、何か後ろめたいことや隠したいことがある場合だと考えられます。 なぜたくさん喋るかというと、本心をごまかしたり、冷静を装うとする心理が働いしてしまうからです。 また、お酒を飲んだ時に酔って緊張が解け、上機嫌で饒舌になる人がいます。 これは、お酒によって理性が低下してしまい、逆に本心や本能が現れるためです。

次の

「饒舌」の意味と使い方とは?例文で類語や対義語も解説

達者対義語

うーん、どうなんだろう。 僕も気をつけて話をしてみるよ 損者三友(そんしゃさんゆう)の例文• 彼とは、私の親友の紹介で会ったのだが、どうにも印象が悪い。 別に人当たりが悪いわけでは無いのだが、女の直感というか、 損者三友の類な気がしてならない。 つい最近のことだが、一年間付き合った彼と別れた。 母からは 損者三友な人に見えるから気をつけなさいと忠告されていたのだが、それが大当たりだった。 感じが良いのは表面だけで、実際は誠実さがまったくない人だった。 損者三友とは言うが、実際にその人物かどうかは付き合ってみないとわからない。 新しいクラスで初めてできた友人は、一見良い人そうだったが、実は違っていた。 私の友人に、やたらと弁舌がたつ人がいる。 根は良い人だと思うのだが、彼と会話していると、何でも言いくるめられているような嫌な気持ちになるので、それを続けていると 損者三友だと思われるよ、と忠告した。 人と付き合うときには、正直で、誠実に、口先だけでなく行動を伴うようにしなければ、 損者三友な人だと思われてしまう。 まとめ 「損者」は利益になることがない友人を、「三友」はうわべだけの不正直な人、誠実さのない人、口先だけ達者な人のことから、損者三友(そんしゃさんゆう)は、交際して損をする三種の友人のことを意味する言葉となりました。 他人の人柄を見抜くことはなかなか難しいことですが、損者三友(そんしゃさんゆう)な人と付き合わなくて済むように、十分注意しましょう。

次の

ことわざ/艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)とは?

達者対義語

【意味】 人間は、苦労や困難を乗り越えていくことによって、立派な人間になる。 説明 人は多くの苦労を経験して、初めて立派な人物になれるというたとえ。 地中から掘り出された粗玉が、磨かれて美しい玉になるとう意味から。 人間は多くの苦労を経験することのよって立派な人物になれるということ。 詳細 注釈、由来 【注釈】「艱難」は難儀・苦難、「玉にす」は美しくする・立派にするという意。 【出典元】西洋のことわざ『Adversity makes a man wise. (逆境が人を賢くする。 )』 【語源・由来】「Adversity makes a man wise. (逆境が人を賢くする。 )」という西洋のことわざの意訳。

次の