ピュアグラフト 口コミ。 湘南・ピュアグラフト(脂肪注入豊胸)【体験談・評判】

脂肪注入 豊胸 ピュアグラフト 失敗【裁判傍聴記】名医・失敗・口コミ

ピュアグラフト 口コミ

ピュアグラフト豊胸とは、脂肪吸引によって採取した脂肪を、特殊なフィルターに通すことで、余分な血液や麻酔液、不活化細胞などの不純物を取り除き、純度の高い脂肪を精製。 その 濃縮脂肪細胞をバストに注入することで生着率の向上を目指します。 管理人のブログには 「ピュアグラフト豊胸の術後に元のサイズに戻ってしまった」 「しこりや石灰化がおきた」 「バストの形が不自然になった」 「注入した脂肪が壊死した」 「感触が不自然なバストになった」 「バストに強い痛みが残った」 「脂肪吸引部位がいびつな形、凸凹、しわになった」 などという旨のピュアグラフト豊胸の失敗体験談や相談メールが寄せられます。 【ピュアグラフト豊胸術後に元のサイズに戻ってしまった】 脂肪注入豊胸で脂肪が定着せずに吸収され元のバストサイズに残ってしまったという失敗も数多く報告されています。 アメリカの権威ある医師らの説によれば、移植された脂肪は3ヶ月~4年位でその殆どが吸収されてしまいバストのサイズは手術前に戻ってしまうというのが定説になっています。 【ピュアグラフト豊胸に失敗してしこりや石灰化がおきた】 脂肪注入で定着しなかった脂肪が石のように固く石灰化してしまうことがあります。 これらのしこりは乳ガン検診の妨げになる可能性もあります。 しこりや石灰化がおきてしまう原因はピュアグラフト豊胸という方法そのものにもあるのですが、施術した医師の技術が未熟であったというケースも多くあります。 【 ピュアグラフト豊胸に失敗しバストの形が不自然になった】 ピュアグラフト豊胸によるしこり、石灰化なども不自然な形のバストになる原因をつくっています。 また脂肪注入しても定着率が左右で同じになるとは限らず左右非対称なバストの一因になり得ます。 【 ピュアグラフト豊胸に失敗し注入した脂肪が壊死した】 脂肪を注入した2週間後に痛みや赤み、腫れが出たら脂肪が壊死している可能性があります。 注入した脂肪細胞が血管から栄養を吸収できなかった場合は壊死が起こり、感染症を起こすことがあるため、洗浄・除去の再手術が必要になります。 ピュアグラフト豊胸の術後にこれらの症状が出た場合は早急に専門医の診察を受けましょう。 【 ピュアグラフト豊胸に失敗し感触が不自然なバストになった】 ピュアグラフト豊胸でしこりができたり石灰化がおこり感触が固いバストになってしまうことがあります。 ピュアグラフト豊胸の術後にバストの揺れ方が不自然になる、夫、彼氏などのパートナーからバストの感触が不自然だと指摘されるといったケーズも多数あります。 【ピュアグラフト豊胸に失敗しバストに強い痛みが残った】 ピュアグラフト豊胸の手術の際に神経を傷つけたりして、術後に強い痛み、しびれ、感覚麻痺を訴える方もいます。 通常、術後1週間もすれば痛みは和らぎますが、中にはピュアグラフト豊胸の術後から強い痛みが続いていてとれないという方もいます。 【 ピュアグラフト豊胸に失敗し脂肪吸引部位がいびつな形、凸凹、しわになった】 ピュアグラフト豊胸の場合、脂肪を吸引した部位が凹凸やシワになってしまうことが非常に多くあります。 特に幹細胞注入は脂肪の量が必要なので、無理して吸引すると、周囲との差が目立つ可能性も高まります。 また、痩せ形の体型の方が無理に脂肪吸引部しようとした場合に同様の症状が目立つこともあります。 以上は、ピュアグラフト豊胸失敗のほんの一例です。 また、ピュアグラフト豊胸は特に効果が高いような印象を受けるかも知れませんが、実は他の脂肪注入豊胸と変わりません。 脂肪注入豊胸という方法自体にも問題が残っており、脂肪注入による豊胸が人気なのは世界中見ても実は日本と韓国くらいのものです。 ピュアグラフト豊胸はリスクの高い方法であることを念頭において医院選び・医師選びを行うようにしてください。 繰り返しになりますが、管理人のブログにはピュアグラフト豊胸の失敗体験談が多数寄せられたり、手術の失敗、後遺症に関する相談メールがあとを絶ちません。 万一、失敗してしまった場合もこの分野の名医に相談することでもっとも最適な解決策を見つけることができるはず。 だから絶望してあきらめないでほしいのです。 これからピュアグラフト豊胸の手術を受けるという方は失敗を回避するために手間を惜しんではいけません。 せっかく高いお金を払って手術を受けるのですから、成功して理想のバストを手に入れてほしいのです。

次の

ピュアグラフト豊胸

ピュアグラフト 口コミ

ピュアグラフト豊胸 自分の脂肪を胸に注入することにより豊胸する、脂肪注入豊胸手術のひとつです。 注入するものは自分の脂肪なので、胸になじみやすいです。 ピュアグラフトとは、「ピュアな脂肪の移植」という意味で、自分の脂肪の中でも良質な脂肪を使うことから、この名前がつきました。 ピュアグラフト豊胸のメリット・デメリット メリット ・痩身と豊胸のW効果 ・脂肪が胸になじみやすい ・脂肪が定着すれば半永久的に効果あり デメリット ・痩せている人は手術ができない ・費用が高い ピュアグラフトとコンデンスリッチの比較 ピュアグラフト フィルターで不純物を取り除いた脂肪を使用 定着率50% コンデンスリッチ さらに質の良い脂肪を選別し使用 定着率80% 脂肪注入による豊胸手術には2種類あります。 ピュアグラフトとコンデンスリッチです。 ピュアグラフトでは、特殊なフィルターを使い、不純物を取り除いた脂肪を胸に注入します。 コンデンスリッチは、さらに踏み込み、質の良い部分の脂肪だけを選び上げ使用します。 ピュアグラフトによる脂肪注入の定着率は50%。 コンデンスリッチによる脂肪注入定着率は80%になります。 脂肪が胸で定着すれば、半永久的に豊胸効果が持続します。 また、太りやすい部分の脂肪を使えば、より豊胸効果があります。 ピュアグラフト豊胸手術前のエコー検査 ピュアグラフト豊胸手術前には、胸のエコー検査を行います。 エコー検査は超音波による検査です。 人間の耳では聞き取れない超音波を胸に当て、その反動波(エコー)で、胸の内部を読み取り、白黒画像化します。 白黒がはっきりするため、しこりを発見しやすく、乳がん検査にも利用されます。 このエコー検査で問題がなければ、脂肪注入豊胸手術を受けます。 美容外科の中には、エコー機器を取り入れていないところもあるので、そういうクリニックは避けましょう。 ピュアグラフト豊胸の手術 まずは背中に管を通し麻酔をかけられます。 これで術中は痛みはありません。 脂肪吸引から始めます。 マーカーで印をつけて脂肪をとると決めたところに、メスで3mmほど傷をつけます。 お腹の脂肪吸引なら、おへそのような切り口が目立たないところを切ります。 切り口を保護するため、おしゃぶりの様な大きさと形状で、中央に穴が空いたプロテクターをはめます。 麻酔液の入った注射をプロテクターの穴から挿し入れ、脂肪吸引するところに麻酔をかけます。 次にVASER(ベイザー)という超音波を出す棒状の機器で脂肪を柔らかくしていきます。 最後に棒状の脂肪吸引器を挿し入れ脂肪を吸引していきます。 採取した脂肪は、ピュアグラフトのバッグに入れられ、良質な脂肪と不良質な脂肪に上下に分離されます。 ピンク色になった良質な脂肪だけを使用します。 豊胸手術は、ヒアルロン酸注入手術と同じになります。 注射を入れられるように、わきなど目立たない部分にメスで2mmほど切ります。 切り口から良質な脂肪の入った注射を打ちます。 脂肪の入れ方に技術があります。 棒線を引くように脂肪を入れていきます。 これで脂肪への定着率が変わります。 最後に胸の切り口を縫合して終わり。 カウンセリングと同じようなデザインが完成したら豊胸手術は終了です。 施術時間は1時間半ぐらいです。 ピュアグラフト豊胸手術の痛み 術中は、麻酔を行っているので痛みはありません。 術後、麻酔が解けると、脂肪をとった部分よりも、脂肪を入れた胸の方が痛みがあります。 胸の痛みは、筋肉痛になった時の痛みと同じで、耐えられるレベルの痛みです。 ピュアグラフト豊胸手術の費用・相場 ピュアグラフト豊胸手術の費用 900,000円 ピュアグラフト豊胸手術の料金・費用は平均で900,000円。 ピュアグラフト豊胸手術の口コミランキング 美容外科クリニック名 湘南美容外科クリニック クリニックの特徴 ・年5000件の豊胸手術、累計4万件の実績があります ・湘南美容外科クリニック独自の安心保証制度があります ・世界一の脂肪注入豊胸技術を持つシドニー・コールマン氏が指導しました ・全クリニックにエコーを完備、安全性が高くなっています 料金 ピュアグラフト脂肪注入(片側250cc~300cc) 480,000円 評判 場所 新宿本院|銀座院|渋谷院|表参道院|池袋西口院|池袋東口院|品川院|町田院|立川院|上野院|横浜院|湘南藤沢院|川崎院|橋本院|柏院|千葉院|大宮院|名古屋院|静岡院|大阪梅田院|大阪駅前院|(東梅田院 )大阪心斎橋院|あべの院|神戸院|京都院|MAME大阪心斎橋院|広島院|岡山院|福岡院|小倉院|那覇院|札幌院|仙台院 公式サイト 美容外科クリニック名 城本クリニック クリニックの特徴 ・豊胸手術症例数不明 ・コンデンスリッチ豊胸よりピュアグラフト豊胸に力を置く 料金 ピュアグラフト豊胸手術 評判 場所 新宿院|銀座院|立川院|横浜院|大宮院|高崎院|水戸院|柏院|津田沼院|甲府院|長野院|郡山院|名古屋院|豊橋院|岐阜院|四日市院|静岡院|金沢院|富山院|大阪院|京都院|姫路院|岡山院|松山院|福岡院|長崎院 公式サイト 高須クリニック、品川美容外科、共立美容外科では、ピュアグラフト豊胸を実施していません。

次の

ピュアグラフト豊胸

ピュアグラフト 口コミ

ピュアグラフト豊胸の効果と失敗・修正のすべて! ピュアグラフト豊胸とメリット ピュアグラフト豊胸は濃度の高いピュアな脂肪を注入してバストアップする方法です。 ピュアグラフト豊胸ととの違いは、フィルターで二重に不純物を取り除くことと遠心分離機を使用しない事です。 また、脂肪細胞を多く残しておくことが出来ますので、大きなバストを保つことが出来ます。 経年的な経過、具体的には10年後の経過を見なければ本当の意味での施術評価は出来ません。 雑な脂肪吸引、脂肪注入をしてしまうクリニックは避けて下さい。 、、などの豊胸手術でも、名医を選択しなければ1年後、そして将来にかけての後遺症も考えられます。 も読んでみてください。 ピュアグラフト豊胸の名医と有名病院 ピュアグラフト豊胸の名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。 ピュアグラフト豊胸の症例数が多いだけではなく、クオリティの高いピュアグラフト豊胸の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。 ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。 ピュアグラフト豊胸の症例写真 ピュアグラフト豊胸の失敗・修正・再手術 でも説明しましたが、手術に失敗をしてしまった場合、定着しなかった場合には、再度注入が必要です。 その他にも、しこりになってしまう可能性がございます。 しこりにならないようにするためには、注入の際に時間をかけてゆっくりと脂肪を散らす必要があります。 その為には脂肪が重なり合わないように平面的にも立体的にも注入する技術が必要です。 脂肪は、皮下脂肪層・乳腺下・大胸筋肉上・筋肉内・筋肉下に注入する必要があります。 すべてを理解した医師によりピュアグラフト豊胸を行わないと失敗してしまう事になります。 技術が低いクリニック・ドクターで手術をしてしまうと入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなってしまいます。 是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。 こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。 ピュアグラフト豊胸の美容整形・手術・治療 バスト・豊胸の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。 技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。 そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。 ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。 ピュアグラフト豊胸の効果・仕上がり・アフターケア バスト・豊胸の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、バストの形状・傷跡・触感を確認する必要があります。 整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。 本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。 アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。 バストアップ・豊胸手術の整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。 カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過 ピュアグラフト豊胸のトラブル・リスク・デメリット・後遺症 をまとめます。 技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。 ピュアグラフト豊胸の代表的なリスクとしては、しこり・脂肪が定着(生着)しない・石灰化・左右差などのトラブルです。 バスト・豊胸の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。 ご相談窓口でも説明いたしております。 バスト・豊胸の美容整形のその他のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。 術後は腫れが強く出ますので、包帯・ドレーンなどのアフターケアがしっかりとしている病院を選びましょう。 またブラジャーについてですが、術後間もない時期はスポーツブラは可能ですが、ワイヤーブラは推奨されません。 ダウンタイム中は薄いコラーゲンの被膜 カプセル は出来かけている状態であり、強い衝撃を与えるとバッグ(プロテーゼ)の位置や脂肪の位置がずれてしまうためです。 ワイヤーブラは術後、3カ月以後に使用する様にしてください。 ピュアグラフト豊胸の料金相場と安い価格・費用 値段の相場・平均は100万円、料金が安いと80万。 ピュアグラフト豊胸のまとめとオススメ ピュアグラフト豊胸の美容整形でバストのコンプレックスを解消できますが、ドクター選びには注意をしなければなりません。 リスクを下げた医師選びをオススメいたします。

次の