ホーンテッド マンション 花嫁。 2017 TDL 高感度撮影 ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンションの台詞

ホーンテッド マンション 花嫁

概要 [ ] ゲストはプレショーとして、「年老いていく肖像画の間」と「伸びていく肖像画と壁の間」を見た後、ドゥームバギー(Doom Buggy、死の車 )と呼ばれる3人乗りの黒い椅子型のライドに乗り込む。 なおライドはオムニムーバーを採用しており、自動的に左右に向きを変えながらレールに沿って進んでいくため、ゲストはライドに乗り込んで以降は歩く必要はない。 登場する亡霊たちは様々なによって複雑に動き、ライドに内蔵されたゴーストホストの声に連動してゲストを恐怖に陥れる。 コンセプトアートはが担当し、アトラクション内の音楽はが担当した。 ホーンテッドマンションがあるパーク [ ]• () - 名称は「 ファントム・マナー」 ストーリー [ ] 999人の亡霊が住んでいる屋敷が舞台。 亡霊たちは館に訪れるゲストを1000人目の仲間に迎えようと狙っている。 ディズニーランド・パリのみアトラクション名称やストーリーなどが異なる。 詳しくは下記。 登場キャラクター [ ] ゴーストホスト(Ghost host) 声:(英語)/ (日本語) 屋敷のゴーストの1人でアトラクションの案内役。 「伸びていく肖像画と壁の間」の上部にある首吊り死体は彼のものである。 マダム・レオタ(Madame Leota) 声: 水晶玉の中に頭部だけが映っているの女性で、舞踏会のために亡霊たちを降霊している。 2007年のリニューアルで設置された墓標には「Dear sweet Leota Beloved by all In regions beyond now, But having a ball」と書かれている。 顔のモデルはの社員だったレオタ・トゥームズ。 リトル・レオタ(Little Leota) 声: ゴーストホステス(Ghost hostess)、 ゴーステス(Ghostess、GhostとHostessを組み合わせた造語)とも呼ばれる、アトラクション出口付近にいる小さな女性。 ゲストたちに死亡証明書を持って戻ってくるように促し、1000人目の亡霊になるよう勧誘している。 顔のモデルはマダム・レオタと同じくレオタ・トゥームズ。 歌う胸像(Singing busts) 声及び顔(メインボーカル): 終盤の墓地の中央に鎮座する5人組の胸像。 この墓地の宴の主催者であり、ひとりだけ胸の部分が壊れて傾きながらも歌っている胸像がメインボーカルである。 ライドから降りて出口付近で聞こえる子守唄調の歌声も彼らのもの。 墓地の管理人 屋敷の裏手にある墓地を管理する、犬を連れた初老の男性。 アトラクション内では唯一の生きた人間。 墓地の門の前で怯えている。 ヒッチハイクゴースト 本アトラクションのポスターにも描かれている、終盤に登場する三体のゴースト。 ドゥームバギーに乗るゲストにヒッチハイクをしている。 キャストらにより非公式で名前が付けられており、左からカバンを持ったフィネアス、帽子を手にした禿げあがったエズラ、髭を蓄えた囚人のガンズである。 に登場するゴーストから名前をとっている。 設置場所は。 外観や内部の構成が日本とマジック・キングダムのものとは異なり、肖像画の回廊およびゴーストライターの書斎エリアが存在せず、ライドの乗り場までしばらく歩く構成となっている。 乗り場の位置は日本やマジック・キングダムのものに当てはめるとピアノの位置に当たり、ただし書斎エリアにあるものと同じような胸像と本棚は乗り場に行くまでの通路に設置されている。 日本のものと同じメドゥーサの肖像画も存在するが、「どこにいても自分の方を見てくる(いわゆる)」演出は無い。 設置場所は。 アナハイムのものとは外観が大きく異なり、内部の構成も若干変更されている。 日本のホーンテッドマンションはマジック・キングダムのものを基にして建設されたため内容はほぼ同様であったが、近年の大幅リニューアルによりオリジナルの要素が多く取り入れられた。 2007年には「キューライン付近にマダム・レオタの墓標の設置」、「プレショーで部屋が伸びる際の音声に木の軋む音が追加」、「マダム・レオタの水晶玉が浮く仕掛けが追加」、「屋根裏部屋エリアの大幅改装」(ディズニーランドでも2006年のリニューアルの際に行われた)などのリニューアルが行われた。 2011年にもリニューアルが行われた。 主な変更点は「屋外のキューラインにインタラクティブ要素(ゲストが叩くと音が鳴る楽器や本が飛び出る本棚など)」、「フィナーレシーンで乗り込むゴーストがゲストにいたずら(ゲストの顔を膨らませたり髭をつけたりする等)」である。 古びた煉瓦色を基調とした大きな屋敷と、深く生い茂った木々が周囲の建物やアトラクションと対照的となっている。 日本のものとアメリカのディズニーパークのもので使用されるは音程が少し異なっている。 東京では低めのキーを、逆にアメリカでは高めのキーになっており、これは2つの国の「お化け」や「幽霊」の類に於けるインパクトの受け方が違うため、東京ディズニーランドにホーンテッドマンションを導入する際に、日本人が怖がりそうな低い音程を採用したという。 オープン当初からノースポンサーであったが、1998年から2003年3月25日まではが提供していた。 温室の直ぐ後のドアがたくさんあるシーンにひとつだけ初老の男性の肖像画があるが、ライドのタイミングが合うと彼の肖像画がみるみる立体化し、やがて恐ろしい顔になるという幽霊が登場する。 これはセコムがスポンサーに就いてから登場した幽霊であり、この肖像画がみられるのは世界中のディズニーランドのなかでも東京だけである。 設置場所は。 建物は(ヴィクトリア様式)の外観をしている。 ストーリーはフロンティアランド全体のストーリーや設定と連動しており、屋敷はの金鉱を掘り当てたヘンリー・レイヴンズウッドの私邸という設定である。 音楽はホーンテッドマンションのものをがしたもので、オーケストラとソロを主体としている。 また、墓地で胸像が合唱するグリム・グリニング・ゴーストの伴奏は調になっている(ボーカルはホーンテッドマンションの流用)。 ハロウィーンの時期にはファントムマナーを含めたサンダー・メサの町全体がカボチャなどで飾り付けられるが、ディズニーランドのような(ホリデーナイトメア)は実施されない。 2019年5月にリニューアルを行ないストーリーや演出を一部変更した。 内容 [ ] ホーンテッドマンションと基本的な構造は変わらないが、外観やストーリーが大きく異なり、それに従って内部の演出にも変更がある。 大きな違いとして、ストーリーのメインキャラクターであるメラニーとファントムが要所に登場する。 またリニューアル前後で内容変更を行っている。 前半はディズニーランドのホーンテッドマンションとほぼ同様だが、後半はメラニーの私室、墓地、ファントムキャニオン(大地震の影響で壊滅したサンダー・メサの町)、鏡の部屋という構成である。 リニューアル前は「伸びる部屋」の絵画は全てメラニーのものになっている。 また、上部に首吊り死体があるのは同じだが、それはメラニーの恋人のものであり同時に吊るしているファントムも存在する。 墓地では骸骨が登場し、ファントムキャニオンの亡霊はホーンテッドマンションのように青白くなっていない。 鏡の部屋はライドの背後にファントムが映る演出になっている。 リニューアル後(現在)は、「伸びる部屋」の絵画は全てメラニーとその愛人のものになっていて、部屋が伸びる際絵画のメラニーは消え、愛人のみが悲惨な目にあう絵画に変化する。 そして、鏡の部屋はライドにメラニーが映る演出に変更し、「私と結婚して。 」というメラニーの声が聞こえるようになった。 ストーリー [ ] 下記はリニューアル前のものである。 ビッグ・サンダー・マウンテンで金鉱を発見した ヘンリー・レイヴンズウッドは、サンダー・メサ・マイニング・カンパニーを設立し「山の神の怒りに触れる」という原住民の警告を無視して開発を続け、そうして得た富でサンダー・メサの町を見下ろす丘の上に屋敷を建てた。 ヘンリーの一人娘の メラニー・レイヴンズウッドは、父の会社で働く技術者と恋に落ちて結婚の約束をする。 しかし、ヘンリーは娘の結婚と自分の元を離れることを許さなかった。 そんな中、大地震が起きてサンダー・メサの町は壊滅的な被害を受け、メラニーの両親は命を落とす。 メラニーの結婚式の日、屋敷に ファントムが現れて花婿となるはずだった恋人を殺害してしまう。 以来、そのことを知らないメラニーは屋敷を離れることなく亡霊となった今も、現れることのない花婿が来ることを信じて花嫁衣装のまま待ち続けている。 管理する人間がいなくなって荒れ果てた屋敷はファントムの影響で亡霊の巣窟となり、奇怪な現象が起きたり不気味な音が聞こえたりするその屋敷は、いつしか町の人々から ファントム・マナーと呼ばれるようになった。 そして、ファントムは屋敷を訪れたゲストをも死の世界に引きずり込もうとする。 登場キャラクター [ ] メラニー・レイヴンズウッド(Melanie Ravenswood) 声:ウーナ・リンド(台詞)/キャサリン・レンチ(歌) 求婚者が次々に死を遂げ、結婚することができなかった花嫁姿の亡霊。 新たな求婚者を求めており、「鏡の部屋」ではライドに乗り込んでゲストに対して結婚を迫る。 リニューアル前はやって来たゲストをファントムから守り生者の世界へ導く善側の存在だった。 アトラクション内では「美女」や「花嫁」と呼ばれ名前は明かされない。 ファントム(Phantom) 声:ベルナール・アラン(フランス語)/(英語および笑い声) 正装をした骸骨姿の亡霊。 正体はメラニーの父・ヘンリーであり、死後もなお娘の背後で監視している。 リニューアル前はヘンリーだと示唆されてはいたが正体不明だった。 ソーヤー・ボトム(Sawyer Bottom) バリー・クロード(Barry Claude) ローワン・D・フォールズ船長(Capt. Rowan D. 全員が不可解な死を遂げており、サンダー・メサの人々の中には「娘の結婚相手にふさわしくないと考えたヘンリーが彼らの死を仕組んだ」と噂する者もいる。 彼らの最期は「伸びる部屋」の絵画に描かれている。 リニューアル後のみに登場。 トリビア [ ] ストーリー [ ] インターネット上で見られる「マダム・レオタが屋敷のほとんどの住人を殺した」などの詳細なストーリーはディズニー公式のものではなく、マジック・キングダムのホーンテッドマンションのキャストが創作したものである。 スタンバイの待ち時間表示 [ ] 各アトラクションでは基本的に5分刻みとなっているスタンバイの待ち時間表示であるが、このアトラクションでは5分、10分、15分ではを用いて、、と表示される。 ちなみに、13分は、及びでも表示される。 青ひげの墓標 [ ] アトラクション出口にある墓標は15世紀の西洋の貴族・ 青ひげ BLUEBEARD のものである。 青ひげは1440年に死亡するまでに7人の女性と結婚しているが、毎年のように妻を殺害し再婚を繰り返していた。 刻まれている女性の名前 ペネロペ、 アビゲイル、 アナスターシャ、 プルーデンス、 フェーベ、 ユージニア はその妻たちの名前で、彼女たちは全員貞淑だったと言われ、それに因んだ名前ばかりである。 しかし、最後に刻まれている7人目の妻・ ルクレチアは逆に青ひげを殺し、6人の先妻たちの無念を晴らしているため、彼女のみ没年は刻まれていない。 墓標に刻まれた名前 [ ] アトラクション出口にある巨大な墓標には20 アメリカでは32 の名前が刻まれている。 一見すると人名のようだが、英語の単語や文章・慣用句をもじったジョークになっている。 下記は日本のもの。 PEARL E. I L. Asher T.

次の

ホーンテッドマンションの台詞

ホーンテッド マンション 花嫁

概要 [ ] ゲストはプレショーとして、「年老いていく肖像画の間」と「伸びていく肖像画と壁の間」を見た後、ドゥームバギー(Doom Buggy、死の車 )と呼ばれる3人乗りの黒い椅子型のライドに乗り込む。 なおライドはオムニムーバーを採用しており、自動的に左右に向きを変えながらレールに沿って進んでいくため、ゲストはライドに乗り込んで以降は歩く必要はない。 登場する亡霊たちは様々なによって複雑に動き、ライドに内蔵されたゴーストホストの声に連動してゲストを恐怖に陥れる。 コンセプトアートはが担当し、アトラクション内の音楽はが担当した。 ホーンテッドマンションがあるパーク [ ]• () - 名称は「 ファントム・マナー」 ストーリー [ ] 999人の亡霊が住んでいる屋敷が舞台。 亡霊たちは館に訪れるゲストを1000人目の仲間に迎えようと狙っている。 ディズニーランド・パリのみアトラクション名称やストーリーなどが異なる。 詳しくは下記。 登場キャラクター [ ] ゴーストホスト(Ghost host) 声:(英語)/ (日本語) 屋敷のゴーストの1人でアトラクションの案内役。 「伸びていく肖像画と壁の間」の上部にある首吊り死体は彼のものである。 マダム・レオタ(Madame Leota) 声: 水晶玉の中に頭部だけが映っているの女性で、舞踏会のために亡霊たちを降霊している。 2007年のリニューアルで設置された墓標には「Dear sweet Leota Beloved by all In regions beyond now, But having a ball」と書かれている。 顔のモデルはの社員だったレオタ・トゥームズ。 リトル・レオタ(Little Leota) 声: ゴーストホステス(Ghost hostess)、 ゴーステス(Ghostess、GhostとHostessを組み合わせた造語)とも呼ばれる、アトラクション出口付近にいる小さな女性。 ゲストたちに死亡証明書を持って戻ってくるように促し、1000人目の亡霊になるよう勧誘している。 顔のモデルはマダム・レオタと同じくレオタ・トゥームズ。 歌う胸像(Singing busts) 声及び顔(メインボーカル): 終盤の墓地の中央に鎮座する5人組の胸像。 この墓地の宴の主催者であり、ひとりだけ胸の部分が壊れて傾きながらも歌っている胸像がメインボーカルである。 ライドから降りて出口付近で聞こえる子守唄調の歌声も彼らのもの。 墓地の管理人 屋敷の裏手にある墓地を管理する、犬を連れた初老の男性。 アトラクション内では唯一の生きた人間。 墓地の門の前で怯えている。 ヒッチハイクゴースト 本アトラクションのポスターにも描かれている、終盤に登場する三体のゴースト。 ドゥームバギーに乗るゲストにヒッチハイクをしている。 キャストらにより非公式で名前が付けられており、左からカバンを持ったフィネアス、帽子を手にした禿げあがったエズラ、髭を蓄えた囚人のガンズである。 に登場するゴーストから名前をとっている。 設置場所は。 外観や内部の構成が日本とマジック・キングダムのものとは異なり、肖像画の回廊およびゴーストライターの書斎エリアが存在せず、ライドの乗り場までしばらく歩く構成となっている。 乗り場の位置は日本やマジック・キングダムのものに当てはめるとピアノの位置に当たり、ただし書斎エリアにあるものと同じような胸像と本棚は乗り場に行くまでの通路に設置されている。 日本のものと同じメドゥーサの肖像画も存在するが、「どこにいても自分の方を見てくる(いわゆる)」演出は無い。 設置場所は。 アナハイムのものとは外観が大きく異なり、内部の構成も若干変更されている。 日本のホーンテッドマンションはマジック・キングダムのものを基にして建設されたため内容はほぼ同様であったが、近年の大幅リニューアルによりオリジナルの要素が多く取り入れられた。 2007年には「キューライン付近にマダム・レオタの墓標の設置」、「プレショーで部屋が伸びる際の音声に木の軋む音が追加」、「マダム・レオタの水晶玉が浮く仕掛けが追加」、「屋根裏部屋エリアの大幅改装」(ディズニーランドでも2006年のリニューアルの際に行われた)などのリニューアルが行われた。 2011年にもリニューアルが行われた。 主な変更点は「屋外のキューラインにインタラクティブ要素(ゲストが叩くと音が鳴る楽器や本が飛び出る本棚など)」、「フィナーレシーンで乗り込むゴーストがゲストにいたずら(ゲストの顔を膨らませたり髭をつけたりする等)」である。 古びた煉瓦色を基調とした大きな屋敷と、深く生い茂った木々が周囲の建物やアトラクションと対照的となっている。 日本のものとアメリカのディズニーパークのもので使用されるは音程が少し異なっている。 東京では低めのキーを、逆にアメリカでは高めのキーになっており、これは2つの国の「お化け」や「幽霊」の類に於けるインパクトの受け方が違うため、東京ディズニーランドにホーンテッドマンションを導入する際に、日本人が怖がりそうな低い音程を採用したという。 オープン当初からノースポンサーであったが、1998年から2003年3月25日まではが提供していた。 温室の直ぐ後のドアがたくさんあるシーンにひとつだけ初老の男性の肖像画があるが、ライドのタイミングが合うと彼の肖像画がみるみる立体化し、やがて恐ろしい顔になるという幽霊が登場する。 これはセコムがスポンサーに就いてから登場した幽霊であり、この肖像画がみられるのは世界中のディズニーランドのなかでも東京だけである。 設置場所は。 建物は(ヴィクトリア様式)の外観をしている。 ストーリーはフロンティアランド全体のストーリーや設定と連動しており、屋敷はの金鉱を掘り当てたヘンリー・レイヴンズウッドの私邸という設定である。 音楽はホーンテッドマンションのものをがしたもので、オーケストラとソロを主体としている。 また、墓地で胸像が合唱するグリム・グリニング・ゴーストの伴奏は調になっている(ボーカルはホーンテッドマンションの流用)。 ハロウィーンの時期にはファントムマナーを含めたサンダー・メサの町全体がカボチャなどで飾り付けられるが、ディズニーランドのような(ホリデーナイトメア)は実施されない。 2019年5月にリニューアルを行ないストーリーや演出を一部変更した。 内容 [ ] ホーンテッドマンションと基本的な構造は変わらないが、外観やストーリーが大きく異なり、それに従って内部の演出にも変更がある。 大きな違いとして、ストーリーのメインキャラクターであるメラニーとファントムが要所に登場する。 またリニューアル前後で内容変更を行っている。 前半はディズニーランドのホーンテッドマンションとほぼ同様だが、後半はメラニーの私室、墓地、ファントムキャニオン(大地震の影響で壊滅したサンダー・メサの町)、鏡の部屋という構成である。 リニューアル前は「伸びる部屋」の絵画は全てメラニーのものになっている。 また、上部に首吊り死体があるのは同じだが、それはメラニーの恋人のものであり同時に吊るしているファントムも存在する。 墓地では骸骨が登場し、ファントムキャニオンの亡霊はホーンテッドマンションのように青白くなっていない。 鏡の部屋はライドの背後にファントムが映る演出になっている。 リニューアル後(現在)は、「伸びる部屋」の絵画は全てメラニーとその愛人のものになっていて、部屋が伸びる際絵画のメラニーは消え、愛人のみが悲惨な目にあう絵画に変化する。 そして、鏡の部屋はライドにメラニーが映る演出に変更し、「私と結婚して。 」というメラニーの声が聞こえるようになった。 ストーリー [ ] 下記はリニューアル前のものである。 ビッグ・サンダー・マウンテンで金鉱を発見した ヘンリー・レイヴンズウッドは、サンダー・メサ・マイニング・カンパニーを設立し「山の神の怒りに触れる」という原住民の警告を無視して開発を続け、そうして得た富でサンダー・メサの町を見下ろす丘の上に屋敷を建てた。 ヘンリーの一人娘の メラニー・レイヴンズウッドは、父の会社で働く技術者と恋に落ちて結婚の約束をする。 しかし、ヘンリーは娘の結婚と自分の元を離れることを許さなかった。 そんな中、大地震が起きてサンダー・メサの町は壊滅的な被害を受け、メラニーの両親は命を落とす。 メラニーの結婚式の日、屋敷に ファントムが現れて花婿となるはずだった恋人を殺害してしまう。 以来、そのことを知らないメラニーは屋敷を離れることなく亡霊となった今も、現れることのない花婿が来ることを信じて花嫁衣装のまま待ち続けている。 管理する人間がいなくなって荒れ果てた屋敷はファントムの影響で亡霊の巣窟となり、奇怪な現象が起きたり不気味な音が聞こえたりするその屋敷は、いつしか町の人々から ファントム・マナーと呼ばれるようになった。 そして、ファントムは屋敷を訪れたゲストをも死の世界に引きずり込もうとする。 登場キャラクター [ ] メラニー・レイヴンズウッド(Melanie Ravenswood) 声:ウーナ・リンド(台詞)/キャサリン・レンチ(歌) 求婚者が次々に死を遂げ、結婚することができなかった花嫁姿の亡霊。 新たな求婚者を求めており、「鏡の部屋」ではライドに乗り込んでゲストに対して結婚を迫る。 リニューアル前はやって来たゲストをファントムから守り生者の世界へ導く善側の存在だった。 アトラクション内では「美女」や「花嫁」と呼ばれ名前は明かされない。 ファントム(Phantom) 声:ベルナール・アラン(フランス語)/(英語および笑い声) 正装をした骸骨姿の亡霊。 正体はメラニーの父・ヘンリーであり、死後もなお娘の背後で監視している。 リニューアル前はヘンリーだと示唆されてはいたが正体不明だった。 ソーヤー・ボトム(Sawyer Bottom) バリー・クロード(Barry Claude) ローワン・D・フォールズ船長(Capt. Rowan D. 全員が不可解な死を遂げており、サンダー・メサの人々の中には「娘の結婚相手にふさわしくないと考えたヘンリーが彼らの死を仕組んだ」と噂する者もいる。 彼らの最期は「伸びる部屋」の絵画に描かれている。 リニューアル後のみに登場。 トリビア [ ] ストーリー [ ] インターネット上で見られる「マダム・レオタが屋敷のほとんどの住人を殺した」などの詳細なストーリーはディズニー公式のものではなく、マジック・キングダムのホーンテッドマンションのキャストが創作したものである。 スタンバイの待ち時間表示 [ ] 各アトラクションでは基本的に5分刻みとなっているスタンバイの待ち時間表示であるが、このアトラクションでは5分、10分、15分ではを用いて、、と表示される。 ちなみに、13分は、及びでも表示される。 青ひげの墓標 [ ] アトラクション出口にある墓標は15世紀の西洋の貴族・ 青ひげ BLUEBEARD のものである。 青ひげは1440年に死亡するまでに7人の女性と結婚しているが、毎年のように妻を殺害し再婚を繰り返していた。 刻まれている女性の名前 ペネロペ、 アビゲイル、 アナスターシャ、 プルーデンス、 フェーベ、 ユージニア はその妻たちの名前で、彼女たちは全員貞淑だったと言われ、それに因んだ名前ばかりである。 しかし、最後に刻まれている7人目の妻・ ルクレチアは逆に青ひげを殺し、6人の先妻たちの無念を晴らしているため、彼女のみ没年は刻まれていない。 墓標に刻まれた名前 [ ] アトラクション出口にある巨大な墓標には20 アメリカでは32 の名前が刻まれている。 一見すると人名のようだが、英語の単語や文章・慣用句をもじったジョークになっている。 下記は日本のもの。 PEARL E. I L. Asher T.

次の

パリ版ホーンテッド・マンションは花嫁の幽霊が歌う楽曲が怖くて美しい! ファントム・マナー

ホーンテッド マンション 花嫁

ファントム・マナーはパリ版ホーンテッドマンションです。 邸宅が丘の上にあるのはパリだけ!邸宅からの見晴らしの良さは世界一だと思います!湖に浮かぶビッグサンダー・マウンテンがすごくキレイな構図で撮れます。 楽曲が東京版と全く違うんです。 不気味で美しいメロディーが雰囲気を一層盛り上げてます。 パリ版は楽曲にも注目してもらいたいです。 この声の持ち主は幽霊になった花嫁メラニーです。 彼女がこの邸宅の主役。 随所にフワァッと登場するのですが、怖いです。 怖くて美しい、そんな言葉が似合います。 中盤にライドが潜るシーンがありますが、これはお墓の中に入っていってるんだなと気付くと思います。 ドクロがわちゃわちゃ出てきてこのシーンは気持ち悪いですよ~! 世界のディズニーの中でも超正統派なお化け屋敷です。 特にパリ版は超個性的な仕上がりになってます。 待ち時間はどの時間帯も10~15分程度でしたよ!アトラクションから降りたら墓地が広がってます。 墓地探検したところ立派な棺や墓石がたくさんありました!ここもチェックポイントです!.

次の