薙刀鎌 装備。 【仁王2】最強装備 二刀十文字ビルド!超攻撃力特化型!「30秒で読めます」

仁王2♪薙刀鎌使ってるんですが金吾って相性いいですかね?軽装でや...

薙刀鎌 装備

体力回復が頼もしい防具 ソハヤ衆シリーズは 5揃え効果で真価を発揮する防具。 特に序盤はHPの回復手段が限られているため、敵を倒してどんどん回復できるのが魅力的。 妖怪特攻防具としては弱めなので、あくまでも回復装備として採用しよう。 「煙炎の怪」で直接ドロップを狙おう 序盤は鍛冶屋を使っている余裕など無い可能性が高い。 そこで、ソハヤ衆シリーズは覚醒篇「煙炎の怪」に出てくる ソハヤ衆から直接ドロップを狙おう。 2つ目の社直後にソハヤ衆が出現するので、社との往復で防具を集められる。 常世で回復できるので、序盤苦戦しがちな常闇エリアの攻略を手助けしてくれる。 序盤で運良く3〜4セット持っていれば採用を考えよう。 回復あり、気力ボーナスあり、近接ダメ+ありと 集めやすさに対する費用対効果が抜群だ。 5以降の揃え効果の優先度は低いことは覚えておこう。 攻防補正を捨てているとはいえ、攻略と並行して探索もする人におすすめの防具だ。 ダメージの加算量が優秀なほか、気力ダメージまで上げられるのが魅力的。 問題は 重さがとんでもないことから、「剛」にステ振りしがちな斧持ちくらいしか使えない点。 忍術ダメージを加速度的に高めてくれるだけでなく、気力回復量と攻撃ダメージを高めてくれる有用な防具だ。 ちなみに、2週目以降にならないと出現しない点に注意。 防具の選び方 拾った防具でやりくりするのもOK ミッションを攻略しているだけで防具をガンガン入手できるため、拾ったものの中で 効果値が高い防具を選択するのもあり。 メインミッション1周目くらいであれば、特別困ることはない。 防具を選ぶときは、 自身のプレイスタイル・武器に合わせた揃え効果装備を意識することでより強くなれる。 武器種特化の揃え効果もある 本記事では汎用性の高い防具をおすすめとして掲載しているが、中には 特定の武器種技の威力を高める物もある。 ほとんどの場合、「」技の威力を底上げしてくれるので合わせて集めてみよう。 レベルの低いものは「魂合わせ」を使おう 揃え効果を活かしたくとも、装備のレベルがあまりにも低いと戦力として期待はできない。 そんなときは、鍛冶屋の「魂合わせ」を利用して装備のレベルを最大限まで高めよう。 最終的には製法書マラソン&鍛造 各種防具は、鍛冶屋の鍛造を利用すると必要ステータスが半減する。 揃え効果を持つ防具も製法書を使って鍛造できるので、最終的には欲しい防具の製法書を集めて鍛造していくことになる。 関連リンク 武器データベース.

次の

【仁王2】おすすめ防具|入手方法

薙刀鎌 装備

私も薙刀鎌メインでサブ二刀ですが体10、心10、勇5、剛99、武15、技99、忍10、呪25ぐらいです。 薙刀鎌は技攻撃反映、改造で技反映特化で+9武器で呪99でなくても攻撃力1900越えます。 今作は改造があるので、無理に呪99にしなくても技や体でも火力上げることが可能ですので、死ににくさを考えると体99が一番効果的かと思います 被ダメージは私は軽装より重装の方が楽なので剛99で楯無など重装5でも敏捷Bが可能にしてやってます。 前作もですが1周目はバランスが必要ですが、level200付近になると中途より特化したステ振りの方が火力も安定もします。 人によりますがたぶん心20と30の違いや、勇5と15の違いはそれほど実感できないと思います。 そこまで進んでいれば分かってるとも思うのですが 重量限界が足りない序盤はしかなたいですが 1週目でも後半くらいから軽装は弱いです。 ステータスが伸びる2週目などは重装がメインになります。 20位まではステータスの伸びが良いから メイン以外は20位までは平均的に振った方が強いです。 ボスの攻撃大技でも1発で死ぬ場合は 防御力が弱すぎます。 それでも軽装を使うのは クナイマンなどの特殊構成の場合のみだと思います。 剛極振りじゃなくても大抵最終的には 重装4+軽装又は中装などで 防御と頑強を上げた装備が良いです。 又呪上げてるって事は陰陽術があると思いますが 孔雀が属性で妖力加算が付いていて相性が良いので 孔雀の最低ステまでは上げておくのがオススメです。

次の

[仁王2β] 薙刀鎌、常世同行やってみた!

薙刀鎌 装備

体力回復が頼もしい防具 ソハヤ衆シリーズは 5揃え効果で真価を発揮する防具。 特に序盤はHPの回復手段が限られているため、敵を倒してどんどん回復できるのが魅力的。 妖怪特攻防具としては弱めなので、あくまでも回復装備として採用しよう。 「煙炎の怪」で直接ドロップを狙おう 序盤は鍛冶屋を使っている余裕など無い可能性が高い。 そこで、ソハヤ衆シリーズは覚醒篇「煙炎の怪」に出てくる ソハヤ衆から直接ドロップを狙おう。 2つ目の社直後にソハヤ衆が出現するので、社との往復で防具を集められる。 常世で回復できるので、序盤苦戦しがちな常闇エリアの攻略を手助けしてくれる。 序盤で運良く3〜4セット持っていれば採用を考えよう。 回復あり、気力ボーナスあり、近接ダメ+ありと 集めやすさに対する費用対効果が抜群だ。 5以降の揃え効果の優先度は低いことは覚えておこう。 攻防補正を捨てているとはいえ、攻略と並行して探索もする人におすすめの防具だ。 ダメージの加算量が優秀なほか、気力ダメージまで上げられるのが魅力的。 問題は 重さがとんでもないことから、「剛」にステ振りしがちな斧持ちくらいしか使えない点。 忍術ダメージを加速度的に高めてくれるだけでなく、気力回復量と攻撃ダメージを高めてくれる有用な防具だ。 ちなみに、2週目以降にならないと出現しない点に注意。 防具の選び方 拾った防具でやりくりするのもOK ミッションを攻略しているだけで防具をガンガン入手できるため、拾ったものの中で 効果値が高い防具を選択するのもあり。 メインミッション1周目くらいであれば、特別困ることはない。 防具を選ぶときは、 自身のプレイスタイル・武器に合わせた揃え効果装備を意識することでより強くなれる。 武器種特化の揃え効果もある 本記事では汎用性の高い防具をおすすめとして掲載しているが、中には 特定の武器種技の威力を高める物もある。 ほとんどの場合、「」技の威力を底上げしてくれるので合わせて集めてみよう。 レベルの低いものは「魂合わせ」を使おう 揃え効果を活かしたくとも、装備のレベルがあまりにも低いと戦力として期待はできない。 そんなときは、鍛冶屋の「魂合わせ」を利用して装備のレベルを最大限まで高めよう。 最終的には製法書マラソン&鍛造 各種防具は、鍛冶屋の鍛造を利用すると必要ステータスが半減する。 揃え効果を持つ防具も製法書を使って鍛造できるので、最終的には欲しい防具の製法書を集めて鍛造していくことになる。 関連リンク 武器データベース.

次の