古希祝い 花。 古希・喜寿・傘寿・米寿のお祝いを贈るときに気をつけたいこと

古希プレゼントおすすめランキング。今人気の贈り物特集

古希祝い 花

プレゼントは、大切な人を思って贈ることがなにより大切です。 よく贈り物として選ばれるプレゼントは、釣り竿などのスポーツ用品や、画材、調理器具といった 本人の趣味・嗜好に合わせた実用的な品物です。 また、いつまでも若々しくとの願いを込め、 年齢より若向きのファッション小物を贈ることもあります。 家族や兄弟、親戚と一緒に、貴金属などの高級品や旅行券をプレゼントしたという話もよく聞かれます。 しかし、いくら考えても何を贈るべきか決めきれないこともあるでしょう。 そのような場合は、 カタログギフトを贈ると良いかもしれません。 贈られた方が自分が欲しい商品を選べるため、喜ばれるプレゼントです。 花を贈るときに気をつけたいこと 賀寿にはそれぞれを象徴する色があります。 古希(70歳)と 喜寿(77歳)のテーマカラーは濃紫または紺、 傘寿(80歳)と 米寿(88歳)は濃黄色(山吹色から黄金色)です。 賀寿のお祝いに花を贈る場合は、それぞれの色に合わせたフラワーアレンジメントを贈ることをおすすめします。 また、フラワーアレンジメントを贈る際は、お祝いごとに避けるべき色や花を選ばないよう注意してください。 青と白、紫と白など、不祝儀の際に使われやすい色を主体としたフラワーアレンジメントは避けたほうが無難です。 朱赤、濃紫、濃黄色のような 縁起の良い色や、オレンジ、赤紫などの 明るく華やかな色を取り入れましょう。 主に仏花として使用される輪菊や小菊、花首が落ちることから縁起が悪いとされる椿など、一般的に祝事にふさわしくないとされる花は避けてください。 ただし、 ユリの花は年配の方に好まれることも多いため、長寿祝いや敬老の日の贈り物として人気があります。 鉢植えも縁起が悪いと言われることがありますが、まだまだ健康で花の世話をすることが好きという方へは、贈っても問題ないでしょう。 花のスタイルにはさまざまな種類があります。 定番の花束、花瓶がなくてもすぐに飾れると人気のフラワーバスケットだけではなく、最近では、 プリザーブドフラワーがよく選ばれています。 また、水やりの手間がなく、花の美しさを長く楽しめるプリザーブドフラワーは、普段あまり花を飾らない方に贈っても喜ばれることでしょう。 表書きの書き方 のし袋を贈る際、水引は紅白または金銀の蝶結びのものを使用しましょう。 のしの上段には、「御祝」「敬寿」「祝米寿」などと書き、下段には、フルネームを書きます。 連名の場合は縦書きで連名や、子ども一同、孫一同などと書くことが一般的です。 おわりに 古希・喜寿・傘寿・米寿のお祝いを贈るときに気をつけたいことをご紹介しました。 贈り物にはさまざまな選択肢があります。 しかし、高齢の方にとっては、忙しく会う機会が減ってしまった家族・親戚の顔を見られることが何よりのプレゼントです。 そのため、贈り物は出来る限り、携わった人全員で直接渡すようにしてください。

次の

古希・喜寿のお祝い プリザーブドフラワーギフト・花の通販 フルールサラ

古希祝い 花

1、古希祝いのプレゼントに迷ったら花束がおすすめ 古希祝いは満70歳を迎えた方を祝う長寿祝いのひとつです。 還暦祝いの次に来る長寿祝いで、 テーマカラーは「紫」になっています。 日本では、還暦祝いは有名ですが、古希祝いまでしっかりと祝っている方は少ないです。 古希祝いも還暦祝いと同じ長寿祝いのひとつ。 感謝を込めたプレゼントを贈って祝いましょう。 古希祝いは、中国の詩人の詩句が由来とされています。 今に比べると、昔は70歳まで生きる人が少ない状況でした。 今では、70歳を超えても元気な人が多く、本来の意味合いとは若干異なりますが、長寿祝いという形で残っています。 そんな古希祝いを迎えた方に何をプレゼントすればいいのか悩んでいる方も多いはず。 もし、プレゼントに迷ったら 花束がおすすめです。 花束のプレゼントは祝いごとの定番なので、古希祝いのプレゼントにも最適です。 ただ、花束を贈るだけでなく 古希祝いに合わせて紫の花を中心とした花束を贈ると喜ばれます。 紫一色でも素敵ですし、季節の色とりどりを合わせて個性を出して贈るのも良いでしょう。 本記事で、花束の相場や入手方法、おすすめの花束を知って、素敵な古希祝いを迎えてください。 ・花束の相場はいくらくらい? 古希祝いに人気の花束のプレゼントですが、一般的な相場はどのくらいなのでしょうか。 花束の相場はその時々によって異なります。 希少価値の高い花や高価な花をふんだんに使えば、それだけ予算も上がるので注意しましょう。 どこで入手するかにもよりますが、 基本的に5,000円〜1万円ほどの予算があれば十分でしょう。 そもそも、花の値段よりも 花束のバランスの方が重要です。 バランスの良い綺麗な花束であれば、花の値段関係なく華やかなものになります。 どうしても使いたい花がある場合は、予算を多めに見積もっておくと問題なく購入できます。 ・花束はどこで手に入れるの? 古希祝いの花束は ネットまたは花屋さんで手に入ります。 それぞれの特徴を知って、どちらか合っている方法で購入しましょう。 -ネット通販 ネットで購入する場合には、生花だけでなく、長く美しい状態を保つプリザーブドフラワーなども取り扱っているお店を多く見つけることができ、好みや予算に応じた花を比較しながら選ぶことができます。 また、ネットで購入する場合、 花束を特定の場所に届けてもらうことが可能です。 例えば、古希祝いをレストランやホテル、旅館で行ったときに会場まで届けてくれることがあります。 さらに、遠くに住んでいる両親に古希祝いを贈る際にも自宅まで届けてくれるので便利です。 ただ、ネットの場合、実物の花束が見られないため、ショップによって質感がバラバラなので注意してください。 -花屋さん おすすめの購入方法が花屋さん。 予算を伝えるだけで、その時に合った花で花束を作ってくれます。 予算と合わせて、古希祝いに贈りたい旨と古希の方の好みの花、古希の方の雰囲気なども一緒に伝えると、その人に最適な花を作ってもらいやすいです。 そして、相談しながら作ることが可能なので、 確実に予算内に収まるのでおすすめです。 持ち運びやすさや色合いの調整などもしやすいので、理想に近い形に仕上げてもらいたい場合には花屋さんを利用しましょう。 花屋さんによっては宅配サービスをしていない可能性があるため、自分で取りに行く手間がかかります。 そのため、近場で古希祝いを行う時に利用することをおすすめします。 ・花束の注意点は? 花束の注意点としては、管理に気を付けること、不祝儀の際に使われるような色の花は避けることが挙げられます。 まず、古希祝いに花束を渡す場合は、 管理に気をつけましょう。 花は、基本的に手入れをしないと枯れてしまいます。 古希祝い当日に花束を渡す場合は、1日程度なら家で管理しても構いません。 ただ、数日経ってしまうと環境によっては花に変化が出てしまうので注意が必要です。 ホテルやレストランで行うなら、その場まで配達してもらうよう手配しましょう。 どうしても時間がなくて家で管理しなければならない方は、 手入れのいらないブリザードフラワーがおすすめです。 生花と違って管理する必要がなく、枯れないのでいつでも綺麗な花を渡せます。 また、花束などでそれぞれの色に合わせたフラワーアレンジメントを贈る際には、 紫と白、青と白などの不祝儀で使われやすい色の花束は贈らない方が良いでしょう。 せっかくのお祝い事ですので、縁起の良い紫や明るい気持ちになれるような オレンジや濃黄色などの華やかな色を取り入れることをおすすめします。 そして、花としては輪菊など仏花で使用される花や首が落ちることから縁起が悪いと言われている椿などの花は避けましょう。 2、古希祝いにプレゼントしたいおすすめの花束と花言葉5選 古希祝いのプレゼントに適したおすすめの花束と花言葉を紹介します。 どんな花を中心とした花束がいいのか?そして、花に関する花言葉を知って素敵な古希祝いのプレゼントにしてください。 ・ 胡蝶蘭 花言葉:幸福の飛来 特徴:数ヶ月間咲き続けて長く楽しめる花 胡蝶蘭は人気の高い花のひとつです。 特別な機会に渡すことが多く、花束にしても目立ちやすいので主役級の存在感を放ってくれます。 基本的に胡蝶蘭は白ですが、ピンクや紫などの色もあり、古希祝いにぴったりです。 花言葉は 「幸福の飛来」です。 ただ、色によって胡蝶蘭の花言葉は変わってきます。 例えば、ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛す」という意味、白の胡蝶蘭は「清純」という意味があります。 また、「愛」「尊敬」といった花言葉を持つ珍しい青色の胡蝶蘭も存在します。 ピンクと青の胡蝶蘭は特に恋人や家族、友人への親愛の気持ちを示すのに最適なので、古希祝いに特別な贈り物として選ぶのも良いでしょう。 このように、どの胡蝶蘭を組み合わせても素敵な花言葉とともに渡せるのでおすすめです。 ・ バラ 花言葉:気品、尊敬 特徴:エレガントで美しい定番の花 還暦祝いの定番の花といえば赤いバラです。 そんなバラを古希祝いでも渡したいという方は多いはず。 古希祝いでは、 紫のバラをプレゼントするのがおすすめです。 ただ、紫のバラを古希祝いの70歳と同じく70本プレゼントすると、かなりの費用がかかってしまいます。 そんなときは、 紫のバラを中心とした花束のプレゼントがぴったりです。 こちらの方法なら費用を抑えることができます。 紫のバラで統一しても良いですし、古希の方の好きな花を組み合わせたり、ピンクや赤色、黄色、オレンジなどの明るい色のバラを取り入れたりするのも素敵です。 花屋で注文する際には、予算を伝えて紫のバラを中心に作ってもらえるように注文しましょう。 ・ガーベラ 花言葉:熱愛、崇高美 特徴:花束に彩りを加えてくれる存在感 結婚式を含めた花束のプレゼントの定番といえばガーベラの存在。 主役にも脇役にもなる花として有名です。 ガーベラといえば、赤やピンクが有名ですが、それ以外にもたくさんの色を揃えています。 もし、古希祝いの花束としてガーベラを使うなら ピンクのガーベラがおすすめ。 紫の花との相性がいいので、花束全体を可愛らしくしてくれます。 また、ガーベラの花言葉は 熱愛や崇高美。 ほかにも、童心にかえるといった花言葉もあり、素敵な意味合いが多いです。 ・ダリア 花言葉:華麗 特徴:鮮やかでインパクトのある花 ダリアといえば華やかでインパクトのある花です。 花束に入っているだけパッと明るくなるような雰囲気があります。 ダリアの花言葉のように上品で華麗なイメージが魅力的。 色合いも豊富で白、橙、ピンク、赤など紫の花と相性のいいものばかりです。 全体的に上品なイメージの花束にしたいならダリアを入れるといいでしょう。 ・トルコキキョウ 花言葉:優美、希望 特徴:トルコ人のターバンのような形の花 トルコキキョウは、つぼみの形がトルコ人のターバンに似ていて、桔梗にも似ていることから名前が付けられました。 ほかにも、ユーストマやリシアンサスと呼ばれることもあります。 紫のトルコキキョウは気品のある佇まいが魅力的です。 花言葉は、 優美や希望など古希祝いにぴったりの言葉。 5月から11月と半年近く出回っているので、古希祝いに合わせて入手しやすい花のひとつと言えます。 maboroshinosake. ただお花を贈るのも良いですが、一緒に気持ちが伝わるものを添えるのもおすすめです。 古希祝いの花束にできれば メッセージを添えてプレゼントしましょう。 「お父さんいつもありがとう」「これからも素敵なお母さんでいてね」など 短いメッセージや文章でも気持ちが伝わります。 花屋さんなどでは無料でメッセージを付けてくれる場合が多いので、気持ちの伝わるメッセージを考えてみましょう。 古希祝いにおすすめの花束と花言葉まとめ 古希祝いの花束に関して紹介しました。 古希祝いには、胡蝶蘭や紫のバラの花、トルコキキョウなどの紫の花が人気があります。 テーマカラーに沿った紫の花束をプレゼントして感謝を伝えましょう。 もし、花束選びに悩んでいたら本記事のおすすめを参考にしてみてください。 また、花言葉は花を選ぶときの参考になります。 素敵な花には、込められた意味があります。 その意味を理解してプレゼントするとより心のこもったプレゼントになるので花言葉も頭の片隅に入れながらプレゼントしてみてください。

次の

古希・喜寿祝い|プリザーブドフラワーギフト通販 フローリスト レマン

古希祝い 花

1、古希祝いのプレゼントに迷ったら花束がおすすめ 古希祝いは満70歳を迎えた方を祝う長寿祝いのひとつです。 還暦祝いの次に来る長寿祝いで、 テーマカラーは「紫」になっています。 日本では、還暦祝いは有名ですが、古希祝いまでしっかりと祝っている方は少ないです。 古希祝いも還暦祝いと同じ長寿祝いのひとつ。 感謝を込めたプレゼントを贈って祝いましょう。 古希祝いは、中国の詩人の詩句が由来とされています。 今に比べると、昔は70歳まで生きる人が少ない状況でした。 今では、70歳を超えても元気な人が多く、本来の意味合いとは若干異なりますが、長寿祝いという形で残っています。 そんな古希祝いを迎えた方に何をプレゼントすればいいのか悩んでいる方も多いはず。 もし、プレゼントに迷ったら 花束がおすすめです。 花束のプレゼントは祝いごとの定番なので、古希祝いのプレゼントにも最適です。 ただ、花束を贈るだけでなく 古希祝いに合わせて紫の花を中心とした花束を贈ると喜ばれます。 紫一色でも素敵ですし、季節の色とりどりを合わせて個性を出して贈るのも良いでしょう。 本記事で、花束の相場や入手方法、おすすめの花束を知って、素敵な古希祝いを迎えてください。 ・花束の相場はいくらくらい? 古希祝いに人気の花束のプレゼントですが、一般的な相場はどのくらいなのでしょうか。 花束の相場はその時々によって異なります。 希少価値の高い花や高価な花をふんだんに使えば、それだけ予算も上がるので注意しましょう。 どこで入手するかにもよりますが、 基本的に5,000円〜1万円ほどの予算があれば十分でしょう。 そもそも、花の値段よりも 花束のバランスの方が重要です。 バランスの良い綺麗な花束であれば、花の値段関係なく華やかなものになります。 どうしても使いたい花がある場合は、予算を多めに見積もっておくと問題なく購入できます。 ・花束はどこで手に入れるの? 古希祝いの花束は ネットまたは花屋さんで手に入ります。 それぞれの特徴を知って、どちらか合っている方法で購入しましょう。 -ネット通販 ネットで購入する場合には、生花だけでなく、長く美しい状態を保つプリザーブドフラワーなども取り扱っているお店を多く見つけることができ、好みや予算に応じた花を比較しながら選ぶことができます。 また、ネットで購入する場合、 花束を特定の場所に届けてもらうことが可能です。 例えば、古希祝いをレストランやホテル、旅館で行ったときに会場まで届けてくれることがあります。 さらに、遠くに住んでいる両親に古希祝いを贈る際にも自宅まで届けてくれるので便利です。 ただ、ネットの場合、実物の花束が見られないため、ショップによって質感がバラバラなので注意してください。 -花屋さん おすすめの購入方法が花屋さん。 予算を伝えるだけで、その時に合った花で花束を作ってくれます。 予算と合わせて、古希祝いに贈りたい旨と古希の方の好みの花、古希の方の雰囲気なども一緒に伝えると、その人に最適な花を作ってもらいやすいです。 そして、相談しながら作ることが可能なので、 確実に予算内に収まるのでおすすめです。 持ち運びやすさや色合いの調整などもしやすいので、理想に近い形に仕上げてもらいたい場合には花屋さんを利用しましょう。 花屋さんによっては宅配サービスをしていない可能性があるため、自分で取りに行く手間がかかります。 そのため、近場で古希祝いを行う時に利用することをおすすめします。 ・花束の注意点は? 花束の注意点としては、管理に気を付けること、不祝儀の際に使われるような色の花は避けることが挙げられます。 まず、古希祝いに花束を渡す場合は、 管理に気をつけましょう。 花は、基本的に手入れをしないと枯れてしまいます。 古希祝い当日に花束を渡す場合は、1日程度なら家で管理しても構いません。 ただ、数日経ってしまうと環境によっては花に変化が出てしまうので注意が必要です。 ホテルやレストランで行うなら、その場まで配達してもらうよう手配しましょう。 どうしても時間がなくて家で管理しなければならない方は、 手入れのいらないブリザードフラワーがおすすめです。 生花と違って管理する必要がなく、枯れないのでいつでも綺麗な花を渡せます。 また、花束などでそれぞれの色に合わせたフラワーアレンジメントを贈る際には、 紫と白、青と白などの不祝儀で使われやすい色の花束は贈らない方が良いでしょう。 せっかくのお祝い事ですので、縁起の良い紫や明るい気持ちになれるような オレンジや濃黄色などの華やかな色を取り入れることをおすすめします。 そして、花としては輪菊など仏花で使用される花や首が落ちることから縁起が悪いと言われている椿などの花は避けましょう。 2、古希祝いにプレゼントしたいおすすめの花束と花言葉5選 古希祝いのプレゼントに適したおすすめの花束と花言葉を紹介します。 どんな花を中心とした花束がいいのか?そして、花に関する花言葉を知って素敵な古希祝いのプレゼントにしてください。 ・ 胡蝶蘭 花言葉:幸福の飛来 特徴:数ヶ月間咲き続けて長く楽しめる花 胡蝶蘭は人気の高い花のひとつです。 特別な機会に渡すことが多く、花束にしても目立ちやすいので主役級の存在感を放ってくれます。 基本的に胡蝶蘭は白ですが、ピンクや紫などの色もあり、古希祝いにぴったりです。 花言葉は 「幸福の飛来」です。 ただ、色によって胡蝶蘭の花言葉は変わってきます。 例えば、ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛す」という意味、白の胡蝶蘭は「清純」という意味があります。 また、「愛」「尊敬」といった花言葉を持つ珍しい青色の胡蝶蘭も存在します。 ピンクと青の胡蝶蘭は特に恋人や家族、友人への親愛の気持ちを示すのに最適なので、古希祝いに特別な贈り物として選ぶのも良いでしょう。 このように、どの胡蝶蘭を組み合わせても素敵な花言葉とともに渡せるのでおすすめです。 ・ バラ 花言葉:気品、尊敬 特徴:エレガントで美しい定番の花 還暦祝いの定番の花といえば赤いバラです。 そんなバラを古希祝いでも渡したいという方は多いはず。 古希祝いでは、 紫のバラをプレゼントするのがおすすめです。 ただ、紫のバラを古希祝いの70歳と同じく70本プレゼントすると、かなりの費用がかかってしまいます。 そんなときは、 紫のバラを中心とした花束のプレゼントがぴったりです。 こちらの方法なら費用を抑えることができます。 紫のバラで統一しても良いですし、古希の方の好きな花を組み合わせたり、ピンクや赤色、黄色、オレンジなどの明るい色のバラを取り入れたりするのも素敵です。 花屋で注文する際には、予算を伝えて紫のバラを中心に作ってもらえるように注文しましょう。 ・ガーベラ 花言葉:熱愛、崇高美 特徴:花束に彩りを加えてくれる存在感 結婚式を含めた花束のプレゼントの定番といえばガーベラの存在。 主役にも脇役にもなる花として有名です。 ガーベラといえば、赤やピンクが有名ですが、それ以外にもたくさんの色を揃えています。 もし、古希祝いの花束としてガーベラを使うなら ピンクのガーベラがおすすめ。 紫の花との相性がいいので、花束全体を可愛らしくしてくれます。 また、ガーベラの花言葉は 熱愛や崇高美。 ほかにも、童心にかえるといった花言葉もあり、素敵な意味合いが多いです。 ・ダリア 花言葉:華麗 特徴:鮮やかでインパクトのある花 ダリアといえば華やかでインパクトのある花です。 花束に入っているだけパッと明るくなるような雰囲気があります。 ダリアの花言葉のように上品で華麗なイメージが魅力的。 色合いも豊富で白、橙、ピンク、赤など紫の花と相性のいいものばかりです。 全体的に上品なイメージの花束にしたいならダリアを入れるといいでしょう。 ・トルコキキョウ 花言葉:優美、希望 特徴:トルコ人のターバンのような形の花 トルコキキョウは、つぼみの形がトルコ人のターバンに似ていて、桔梗にも似ていることから名前が付けられました。 ほかにも、ユーストマやリシアンサスと呼ばれることもあります。 紫のトルコキキョウは気品のある佇まいが魅力的です。 花言葉は、 優美や希望など古希祝いにぴったりの言葉。 5月から11月と半年近く出回っているので、古希祝いに合わせて入手しやすい花のひとつと言えます。 maboroshinosake. ただお花を贈るのも良いですが、一緒に気持ちが伝わるものを添えるのもおすすめです。 古希祝いの花束にできれば メッセージを添えてプレゼントしましょう。 「お父さんいつもありがとう」「これからも素敵なお母さんでいてね」など 短いメッセージや文章でも気持ちが伝わります。 花屋さんなどでは無料でメッセージを付けてくれる場合が多いので、気持ちの伝わるメッセージを考えてみましょう。 古希祝いにおすすめの花束と花言葉まとめ 古希祝いの花束に関して紹介しました。 古希祝いには、胡蝶蘭や紫のバラの花、トルコキキョウなどの紫の花が人気があります。 テーマカラーに沿った紫の花束をプレゼントして感謝を伝えましょう。 もし、花束選びに悩んでいたら本記事のおすすめを参考にしてみてください。 また、花言葉は花を選ぶときの参考になります。 素敵な花には、込められた意味があります。 その意味を理解してプレゼントするとより心のこもったプレゼントになるので花言葉も頭の片隅に入れながらプレゼントしてみてください。

次の