カブトムシ歌詞。 aiko『カブトムシ』生涯忘れることはないあなたと過ごした時間

aikoのカブトムシの歌詞を教えてください

カブトムシ歌詞

カブトムシは日が沈むころから活動をはじめる カブトムシは基本的に夜行性なので、日が暮れるころからが、彼らの活動タイム。 夜が明けると、土に潜ったりして隠れてしまいます。 なので、実際に探すとなると夜は 17~22時、朝だと 4~7時といったところでしょう。 暗くなったら、子供だけではなく必ず親と一緒に探す様にしてくださいね。 ロケハンのときに見つけることだってあります。 その辺りは自然が相手ですので、臨機応変に作戦を立てましょう! カブトムシ採集の最大ポイントは樹液まわり! 樹液を見つけたら、その周辺はカブトムシの最大の採集ポイント。 樹液が染み出ている部分はもちろんのこと、そのまわりをじっくりと探してみること。 そのときに見つからなくても、数分後にカブトムシが樹液に集まってきたということも多々あります。 「こりゃ、良いポイントだ!」と思ったら、一度だけでなく、何度かチェックするといいでしょう。 「ほら、カブトムシがいましたよ!! 」 身近にある雑木林でも、きちんと探せばこの通り! さて、樹液が見当たらないときはどうするか? 探した木から樹液が染み出てなかったら、ワナをしかけてカブトムシをつかまえるのもイイ作戦。 ワナの作り方は「」をご覧ください。 雨の日でもカブトムシは採れるの? カブトムシは雨の日でも採れるのか…? 雨の日でもカブトムシは採れなくはないけれど、やはり晴れや曇りの日よりも、採れる数はかなり少なくなる。 雨の日はエサを食べる(正確には樹液をなめる)のに、あまり活動的に動き回らないからだ。 また、新生虫(羽化後、カラダが固まって土の外に出てくるカブトムシ)は、雨天時は土の中にまだじっとしていて、雨が止んでから土の中から外に出てくる個体も多い。 実際に雨の日は採る方も採集がしにくい。 それでも探したいなら、樹液まわりを枝木が屋根がわりに生い茂っているような、雨の影響を受けにくいポイントを狙うこと。 逆に、エサを食べるのを我慢していたので、雨が上がった次の日などは狙い目だ。 その際、樹液が雨と混じって見分けにくいので注意したいところ。 【関連記事】•

次の

aiko『カブトムシ』生涯忘れることはないあなたと過ごした時間

カブトムシ歌詞

Contents• カブトムシの歌詞は片思いの歌? (画像引用元:) aikoの歌詞。 その 最大の特徴は、彼女が自らを 「恋愛ジャンキー」と語ることが象徴するように 色とりどりに様々なシチュエーションから綴られる 恋愛観でしょう。 男女間のラブソングというジャンルを一貫して歌い続け、 しかも 同じような内容の歌詞が1つもないというところが、 aikoの最大の強みであり、特徴なのだと思います。 恋の真っ最中な曲もあれば、 片思いの曲もありますし、 失恋の曲もあります。 多種多様です。 それでは、真珠のバラードである 「カブトムシ」は、 どういうシチュエーションを意味する曲なのでしょうか? カブトムシの歌詞の解釈は 「片思い説」と 「恋人同士説」の2つがあるようですが、 私は、 恋人同士というシチュエーションで解釈しています。 何かの事情で主人公は恋人に別れを切りださなければならない。 でも 勇気が足りなくてなかなか切り出せない。 カブトムシは失恋の歌であって、もっと言うと 主人公の女の子側から相手に別れを告げた歌詞なんじゃないか?と。 そう考える方が、後に続く 「あなたが死んでしまって〜」、 「生涯忘れることはないでしょう」、 「あなたの耳に寄せたおでこ」 ・・・などの 歌詞やフレーズも、辻褄が合ってくるんですね。 片思いの人に対して 「2人が年老いてこの世を去るまでの長い年月を、この先はお互いの知らない場所で過ごすことになる」と憂うでしょうか? ってか、 「早く告りたいけど、あたしは弱い」なんて悩んでる女の子が、意中の相手のおでこに耳を寄せる、、 めっちゃ度胸あるやん!笑 「スピード落としたメリーゴーランド」という歌詞も、 「夢のような恋人同士の甘い時間が終わろうとしている」と解釈した方が自然です。 ということで、私はカブトムシは 「失恋の歌」と思っています。 「あなたが死んでしまって」の意味とは? また、 「あなたが死んでしまって」という一節が、ミスリードを起こすことが多いみたいですが、 「あなた」は死んでいないと思います。 「今は亡きあなたを生涯忘れる事はないでしょう」という歌ではないです。 きっと。 このフレーズについては前述しましたが、 これから離ればなれになって、長い残りの人生を別々に過ごしていくこと。 その人生がお互いの干渉し得ない所で進んでいくこと。 そんな現実を受け入れたくない主人公の苦悩が、そういう言葉を選ばさせているのではないか?と。 そうすれば後に続く 「生涯忘れることはないでしょう」という一節も 深みが増しますね。 カブトムシの歌詞から垣間見えるaikoの天才性 「悩んでる体が熱くて 指先は凍えるほど冷たい」ということは、 カブトムシで歌われる 物語中の季節は冬だと解釈するのが妥当でしょう。 鼻先をくすぐる春から始まり、 気がつけば真横を通る冬(=今)までの一年間、2人はずっと仲睦まじく過ごして来たのでしょう。 春から冬までの一年間を、今まで夢中になって2人で過ごして来た。 沢山の思い出を作って来た。 けれども、そんな2人にも、 離ればなれにならなければいけない時がきた。 別れの言葉を切り出そうとするにも、 「今が何よりも大切」なせいで、 その後の2人の人生を想うと 居たたまれない気持ちに締め付けられてしまう。 だけど最後には、主人公は別れを告げてー スピードを落としたメリーゴーランドのように、甘く幸せと思えていた、 夢みたいな時間は終わりを迎えます。 aikoはその 独特なコード進行や 弾き語りでも充分に聴かせるメロディラインなどから、 音楽家として天才なのは承知してましたが、 作詞家としても、圧倒的に天才ですね。 「文字を使って絵を描く天才」なんだと思いました。 なぜ「カブトムシ」なの?タイトルの理由は? aikoいわく、この名バラードを 「カブトムシ」という題名にしたきっかけは、 「人間以外の生き物を想像したらたまたまカブトムシが浮かんだ」とのことです。 ぶっちゃけ そこまで深い意味はなかったらしい・・・笑 ・・・けれども、この曲名、 言い得て妙です。 「カブトムシのように、固い殻に覆われていて頑丈に見せていても、その中身は柔らかく、もろく、弱い」 「恋」という 甘い匂いに誘われた、どうしようもなく弱い私ー そんな女性の儚げな気持ちがさりげなく表現されて、、、いるような気がします。。 いや、本当に 「人間以外の生き物を想像したらたまたまカブトムシが浮かんだ」だけだったら、 それはそれですごいですけど。 笑 まとめ いかがだったでしょうか? 歌詞ひとつ切り抜いて考えてみるだけで、 aikoが何故いつまでも 「恋愛ジャンキー」として たくさんのリスナーから支持され続けることができるのか?がよく分かりますね。 1つ難点を上げるなら、 「カラオケでカブトムシを歌うのマジ難しい問題」です。 笑 これを、カバーとかでしっかりと歌い上げる人を見ると、 「プロの歌手ってすごいなー!」と思います。

次の

AIKO カブトムシ 歌詞

カブトムシ歌詞

カブトムシと言えばaikoさん 鹿児島ライブ終わりました!「また鹿児島に来てね」って何度も言ってくれてありがとう。 何度も何度も来たいです。 30代40代の人で知らない人はいないでしょう、というほど長期にわたり売れた曲です。 恋する女の子がカブトムシにたとえて歌った曲。 少し切ないバラードでとってもいい曲ですよね。 そんなaikoさんのプロフィールや名曲『カブトムシ』を調べてみました。 実はラジオDJ出身のaikoさんのプロフィール 【お知らせ】 本日このあと24時から携帯サイトTeam aikoの「あじがとレディオ」第28回が配信になります。 ラジオ番組のDJへ経て、aikoさんは1998年に『あした』でメジャーデビューします。 聞いたらすぐわかるaikoの曲 【お知らせ】 本日このあと24時から携帯サイトTeam aikoの「あじがとレディオ」第27回が配信になります。 聴くとすぐにaikoさんの歌だとわかりませんか? もう最初の始まりからaikoなんです! なんでこんな素人でもすぐにわかってしまうのか? それは曲のコードです。 6度メジャー 普通のJ-POPでは、メジャースケール(長調)と呼ばれるものが使われます。 aikoさんはスケールから外れるコードを多く使用するんです。 「 6度メジャー」がaikoさんの曲っぽいカギなんです。 Cメジャーが「ラ・ド・ミ」なら、6度メジャーだと「ラ・ド ・ミ」になるのです。 ピアノで弾いてみると、「あ、aikoだな!」てわかると思います。 曲で言うと、『花火』ならBメロ4小節目の「三角の目をした羽ある天使が恋の知らせを聞いて」の「聞いて」の部分ですね。 「カブトムシ」だと、歌い出し6小節目の「悩んでる体が熱くて指先は凍えるほど冷たい「どうした はやくいってしまえ」の「ってしまえ」という部分です。 歌い出しの9thもありがちだけど好き カブトムシの歌い出しは「な や~んでる」ですが、この「や~」の部分が9thなんすよね。 D のコードに足して「や~」はE なんです。 うちのじいちゃんは本当に素敵な場所に住んでいたんだなって思いました。 頑張ろうって何度も思ったよ。 『カブトムシ』は1999年11月17日に発売されたメジャーでから4作目のシングル曲です。 この曲は恋する女の子の気持ちをカブトムシにたとえて歌った曲です。 aikoさんは「カブトムシは昆虫では1番強いとされる存在だが、甲羅1枚はがすだけで柔らかくなって脆くなり、実は寂しい昆虫ではないか」と自分を守るための虚勢(甲羅)を張って恋する自分を歌っているようです。 カブトムシの歌詞を分析・解釈してみた 歌詞の意味を解釈してみました。 「指先は凍える程冷たい」というところから、 冬の歌だとわかります。 aikoさんはカブトムシは冬の虫だと勘違いしていたようです。 え) 「どうした はやく 言ってしまえ」は恋人に 別れの言葉を告げるのかもしれません。 その言葉が中々出てこない。 あなたが死んでしまって…という歌詞は勘違いしてしまいそうですが、あなたは死んではいないと思います。 あなたが死んだり、あたしが年老いたりする遠い未来のことは想像できない、 今が大切だから…という意味ではないでしょうか? 「死んでしまう」や、「年老いる」という言葉を使うことで、よりリアルさを出しているのでしょう。 メリーゴーランドの白馬のところでは、王子様=恋人ですね。 メリーゴーランドを恋人との時間にたとえて、スピードを落としている… 恋人との時間が終わるのでしょうか…。 サビの背の高いあなたに近寄った、あなたの耳に寄せた…ということは、少し身長差があるのがわかりますね。 甘い匂いに…というところでをカブトムシにたとえてますが、彼の匂いが好きという女の子は多いでしょう。 流れ星を恋人との楽しく輝いていた時間に例えてるんですね。 それも流れ星のように一瞬のこと。 この苦しい、嬉しい恋心を生涯忘れることはないのでしょう。 上手く季節感を表している古文のような歌詞がとても素敵です。 こんな歌詞を書ける女性アーティストはaikoさんだけではないでしょうか。 悲しかったこと、それもあなたと過ごしたしるしだから、と思えるとても健気な女の子ですね。 琥珀は琥珀色、樹脂でできた化石で黄色で半透明なハチミツのようの色です。 弓張り月は、半月のことです。 きっと、琥珀色の半月が出ている夜、もしくは夕暮れなのでしょう。 あなたの声に、安心して酔いしれている私は、なかなか別れの言葉を言い出せずに、息切れするほど、ドキドキしているのかもしれません。 この気持ちを、あたしは生涯忘れることはないでしょう。 そんな女の子の恋の終わりを、aikoさんの素敵な感性が感じられる詞で、切ないバラードにのせて…。 そんな「カブトムシ」、ミュージシャンの槇原敬之さんも絶賛しています。 「女の子の恋愛のどうしようもない性を、カブトムシが甘い汁に向かって吸っていっちゃう風に書くのはずげーと。 あれ書けたら僕もう引退します。 aikoのカブトムシの名カバー aikoさんのカブトムシは、たまに有名アーティストにカバーされていますよ。 いい曲の証ですね。 秦基博.

次の