カレー うどん リメイク。 余ったカレーうどん&残り汁を活用したリメイクレシピ5選

【リメイクレシピ】カレーうどんの作り方

カレー うどん リメイク

豚汁をうどんへとリメイクさせよう! では早速、豚汁をうどんにリメイクさせるレシピを紹介していきます。 その前に豚汁の作り方もササッと復習しましょう。 豚汁に入れる具は、お好みの野菜でもちろんOKなのですが、時間がない時は市販の「豚汁の具」がおすすめです。 すでに水煮されているものが多いので、野菜がやわらかくなるまで煮込む必要がなく、短時間でパパッと作れるので忙しい時にもぴったりです! 私は市販の豚汁の具に、白菜とえのきを加え入れました。 栄養価がアップします! このように豚汁が完成しました。 さて、今回必要となるのはこの後です。 残った豚汁を利用してうどんへとリメイクしちゃいましょう! 豚汁リメイクうどん 【材料】 1人分 豚汁 茶碗1杯分 うどん 1玉 もし、豚汁の量が少なければ) 水 適量 醤油 少々 【作り方】 1.豚汁の残りを温め、沸騰したらうどんを入れる。 2.箸でほぐし、豚汁に絡ませていく。 3.しっかりとうどんに豚汁が絡み、味が浸み込んだら完成。 たったこれだけのステップでOKです。 味は具たくさんうどんといった感じで、感覚的には「けんちんうどん」のようなイメージでしょうか。 具にも味が十分浸み込んでいるのでおいしく食べることができますよ! 味噌汁の中にお肉や野菜の栄養がしっかりと出ているので、余すことなく汁まで召し上がってください。 ぽっかぽかにカラダが温まるので、寒い日のパパッとご飯やお夜食などにもおすすめです。 豚汁リメイクカレーを作ろう! 続いて、残った豚汁を使ってカレーへとリメイクさせちゃいましょう! 豚汁うどんまでは想像がついたけど、カレーはどうなの!? と思うかもしれません。 でも、これが意外と合うんですよ。 まずは頭の中の豚汁とカレーへのイメージをいったんフラットにして味わっていただきたいメニューです。 ではいきましょう! 豚汁リメイクカレーのレシピ 【材料】 1人分 豚汁 茶碗1杯分 市販のカレールー 1片 1.豚汁の残りを温める。 2.沸騰したら好みの辛さのカレーのルーを1片入れる。 3.ルーが完全に溶けたら、とろみが出るまで煮込んで完成。 カレーライスのようにごはんにかけてもおいしいですし、うどんがあればカレーうどんのようにするのもおすすめです。 カレーうどんにする場合は、豚汁うどんと同じように麺を入れて味が浸み込むまで煮ていきましょう。 豚汁カレーうどんとして仕上げたもの 味は、豚汁のもともとの味噌感は意外なほどありません。 例えるならば、スープカレーのようなお味でしょうか。 カレーよりくどくなくあっさりとサラッとしていて、食べやすいです。 カレーのスパイシーな風味はしっかりあるので、箸が進みますよ! なぜスープカレーのように感じるのかというと、スープカレーは和出汁ベースで作られることが多いそうなので、それで出汁を取って煮込む豚汁の味が似ているのかもしれません。 そういったこともあり、豚汁とカレーって意外なほど実は相性がいいんです。 ちょっとした発見! と思えるくらいのおいしさです。 まとめ 豚汁を使用して簡単に作れるうどんやカレーへのリメイク術をお伝えしてきました。 これを知っていると豚汁のバリエーションも広がりますし、作りすぎてしまった時のマンネリ防止にもなります。 寒い季節だからこそ、豚汁リメイクレシピで温まってみてはいかがでしょうか?.

次の

人気のカレーの残りリメイクレシピ25選!余ったカレーを美味しくアレンジ!

カレー うどん リメイク

残ったカレーの人気リメイク和食アレンジの1つ目は、これも王道のカレーうどんです。 うどんの中でも一番カレーうどんが好き、というカレーうどんファンも多いのではないでしょうか。 カレーうどんはそのままのカレーにうどんをいれるのではなく、少しカレーを出汁で伸ばすようにしましょう。 余ったカレーに適量の出汁、もしくは水と顆粒出汁を加えます。 そこに、さらに麺つゆを足しましょう。 出汁とめんつゆを加えることでしっかりとした和風のカレーうどんの完成です。 ぜひ翌日のお昼にいかがでしょうか。 また、うどんと言えば香川県名物の讃岐うどんです。 カレーうどんは、ぜひ讃岐うどんで試してみてはいかがでしょうか。 ぜひ次の記事も参考になさってください。 続いての残ったカレーの人気リメイク和食アレンジは、そうめんのカレーつけ汁です。 夏にそうめんのつゆに飽きたら、アレンジレシピとしてカレーつけ汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。 残ったカレーにだし汁もしくは、水と顆粒出汁を加え日にかけます。 豚肉やえのき、長ねぎのスライスと一緒に火が通るまで煮ます。 できれば、あたたかいうちにつけて食べるといいでしょう。 また唐辛子を加えて、ピリ辛のつけ汁としてもおすすめです。 このように、夏の間毎日そうめんを食べて、いつものめんつゆに飽きてしまったという方も多いのではないでしょうか。 そんなときはそうめんのアレンジレシピで楽しんでみてください。 次の記事でご紹介しています。 続いての残ったカレーの人気リメイク和食アレンジは、カレー鍋です。 これはとても簡単で子どもにも大人にも大人気のレシピです。 和風のカレー鍋の場合には和の出汁にみりんと酒を入れ、ニンジンや大根などの火が通りにくい野菜を煮ます。 その後、残りのカレーと肉や葉物野菜、さらにお好みで魚介類を入れてもいいでしょう。 鍋のスープの味が薄いと感じる場合には、しょうゆやめんつゆ、また塩などで味付けをすると和風のおいしい鍋ができあがります。 どんな具材を入れても楽しめるのが鍋のいいところです。 最後にはご飯を入れて、上からチーズを振って、チーズドリアにするのはいかがでしょうか。 ゆでたパスタに残りのキーマカレーを和えるだけという簡単レシピですが、少し手を加えてよりおいしく調理することもできます。 フライパンにオリーブオイルを少量熱し、にんにくを1片加えます。 そこに、キーマカレーを加え熱します。 味にアクセントをつけたいときには、しょうゆを加えて調味するといいでしょう。 ここにゆで上がったパスタを入れて再度熱します。 パスタのゆで汁を少し足すことでよりバランスの良い味付けになります。 また、キーマカレーの基本的な作り方は次の記事を参考になさってください。 合わせて、具体的なキーマカレーのアレンジレシピについてもご紹介しています。 キーマカレーを多めに作ってしまった日には、翌日ぜひ参考になさってください。 続いての余ったキーマカレーを使った人気のカレーのリメイクレシピは、残りのキーマカレーを使ったタコライス風カレーです。 タコライスは、ケチャップやソースで炒めたひき肉のをごはんにのせ、レタスやチーズと合わせて食べる料理です。 もともとはメキシコ料理のタコスですが、タコライスはそれをごはんの上に乗せて食べるもので沖縄が発祥と言われています。 このひき肉をキーマカレーで代用します。 カレーにケチャップを加えることで、よりタコライス風に楽しむことができるでしょう。 ぜひ一度試してみてください。 人気のカレーの残りリメイクレシピ3選|余ったキーマカレーおかず系 余ったキーマカレーの人気リメイクレシピ㉓キーマカレーのピーマン詰め 最後の余ったキーマカレーを使った人気のカレーのリメイクレシピは、ナスとピーマンのカレー炒めです。 オリーブオイルを熱したフライパンに、ピーマンとナスを入れて塩コショウで炒めます、しんなりして火が通ってきたら、そこに残りのキーマカレーを入れましょう。 炒め合わせて完全に火が通れば完成です。 簡単ですが、翌日のお弁当や夕食のおかずとしてぴったりのレシピです。 キーマカレーを多めに作って翌日もアレンジレシピを楽しめるように準備してみてもいいでしょう。 ここまでさまざまなカレーアレンジレシピをご紹介してきましたが、まずは基本のカレーがおいしく作れるようになることがポイントです。 基本的なカレー作りのための市販カレールーのおすすめについては、次の記事でご紹介しています。 ぜひ参考になさってください。

次の

作りすぎて余る「カレー」を変身!定番&おすすめリメイクレシピ

カレー うどん リメイク

豚汁をうどんへとリメイクさせよう! では早速、豚汁をうどんにリメイクさせるレシピを紹介していきます。 その前に豚汁の作り方もササッと復習しましょう。 豚汁に入れる具は、お好みの野菜でもちろんOKなのですが、時間がない時は市販の「豚汁の具」がおすすめです。 すでに水煮されているものが多いので、野菜がやわらかくなるまで煮込む必要がなく、短時間でパパッと作れるので忙しい時にもぴったりです! 私は市販の豚汁の具に、白菜とえのきを加え入れました。 栄養価がアップします! このように豚汁が完成しました。 さて、今回必要となるのはこの後です。 残った豚汁を利用してうどんへとリメイクしちゃいましょう! 豚汁リメイクうどん 【材料】 1人分 豚汁 茶碗1杯分 うどん 1玉 もし、豚汁の量が少なければ) 水 適量 醤油 少々 【作り方】 1.豚汁の残りを温め、沸騰したらうどんを入れる。 2.箸でほぐし、豚汁に絡ませていく。 3.しっかりとうどんに豚汁が絡み、味が浸み込んだら完成。 たったこれだけのステップでOKです。 味は具たくさんうどんといった感じで、感覚的には「けんちんうどん」のようなイメージでしょうか。 具にも味が十分浸み込んでいるのでおいしく食べることができますよ! 味噌汁の中にお肉や野菜の栄養がしっかりと出ているので、余すことなく汁まで召し上がってください。 ぽっかぽかにカラダが温まるので、寒い日のパパッとご飯やお夜食などにもおすすめです。 豚汁リメイクカレーを作ろう! 続いて、残った豚汁を使ってカレーへとリメイクさせちゃいましょう! 豚汁うどんまでは想像がついたけど、カレーはどうなの!? と思うかもしれません。 でも、これが意外と合うんですよ。 まずは頭の中の豚汁とカレーへのイメージをいったんフラットにして味わっていただきたいメニューです。 ではいきましょう! 豚汁リメイクカレーのレシピ 【材料】 1人分 豚汁 茶碗1杯分 市販のカレールー 1片 1.豚汁の残りを温める。 2.沸騰したら好みの辛さのカレーのルーを1片入れる。 3.ルーが完全に溶けたら、とろみが出るまで煮込んで完成。 カレーライスのようにごはんにかけてもおいしいですし、うどんがあればカレーうどんのようにするのもおすすめです。 カレーうどんにする場合は、豚汁うどんと同じように麺を入れて味が浸み込むまで煮ていきましょう。 豚汁カレーうどんとして仕上げたもの 味は、豚汁のもともとの味噌感は意外なほどありません。 例えるならば、スープカレーのようなお味でしょうか。 カレーよりくどくなくあっさりとサラッとしていて、食べやすいです。 カレーのスパイシーな風味はしっかりあるので、箸が進みますよ! なぜスープカレーのように感じるのかというと、スープカレーは和出汁ベースで作られることが多いそうなので、それで出汁を取って煮込む豚汁の味が似ているのかもしれません。 そういったこともあり、豚汁とカレーって意外なほど実は相性がいいんです。 ちょっとした発見! と思えるくらいのおいしさです。 まとめ 豚汁を使用して簡単に作れるうどんやカレーへのリメイク術をお伝えしてきました。 これを知っていると豚汁のバリエーションも広がりますし、作りすぎてしまった時のマンネリ防止にもなります。 寒い季節だからこそ、豚汁リメイクレシピで温まってみてはいかがでしょうか?.

次の