背中 が 痒い 病気。 背中が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

背中が痒い原因とかゆみを抑える対処法!病気の可能性は?

背中 が 痒い 病気

身体のあらゆる部位に発生する可能性があります。 大腿部や後腹膜腔によくみられ、 30代~60代に多いとされています。 特に痛みなどがなく、自覚症状もないのが特徴です。 ・遺伝子の異常 ・年齢も環境的な要因との関係はないとされています。 ネット上で背中にしこりができることが原因でお悩みの声 母が半年前から 背中にしこりみたいなのがあってそれが移動すると言い出しました。 私は病院に行って!とお願いしているのですが大丈夫、大丈夫とか言って行こうとしません。 このような症状で何か病気とかありますか? 母がボソッと冗談か分かりませんが癌かも?などと言うので私はすごくびびってます。 背中にしこり?だけでも他の人からは驚かれるのに、移動?がん?と考えてたら心配なさりますよね? 痛みもないみたいですし、病院に行かなくても大丈夫かな?と考えるのは、人間の心理だと思います。 痛みのないしこりから粉瘤の症状に似ていますね。 私なら、皮膚科を受診します。 背中にしこりができるのは、色々疾患あり、中には良くないのもありますので病院を受診して、原因を調べていただいた方がいいと思います。 原因がわからないと、対処もできませんし、病院へ受診して1日でも早く周囲の方も安心できるといいですね。 お大事になさってください。 最後に 背中はしこりができるのに気づきにくい場所であり、ふと気付く場合もあると思いますが、しこりはやはり不安材料のひとつで問題のないしこりが多いですが、中には心配なしこりもあります。 不安を無くすためにも病院にためらうことなく受診し対処しましょう。 自分では見えない場所なので、なおさら医師の診断があればいいと思います。

次の

全身に生じる激しいかゆみ=肝臓の病気が原因の可能性|医療ニュース トピックス|時事メディカル

背中 が 痒い 病気

背中がゾクゾクして落ち着かないときに考えられる原因・病気は? 原因1 季節性もありますが、病原体である 細菌やウイルスなどの感染で生じる インフルエンザや、女性に多い尿路感染での 膀胱炎や、腎盂腎炎を起こしている事が考えられます。 いずれも、悪さを及ぼす菌が体内に侵入する事で、急に背中がゾクゾクとし始め、稀に寒気を伴う高熱や、関節痛、怠さが身体全体に広がり、呼吸器・泌尿器障害を招く事があります。 また、呼吸器・泌尿器障害以外にも、 隠れ脳梗塞や微量の脳内出血があると、体温を調節する脳視床下部に異常を起こし、初めの感覚としては、背中にゾクゾクとした落ち着かない感じと、寒さを感じますが、体内では意識障害や運動麻痺を起こしやすくなり、徐々に熱発から体温中枢機能が低下して、高熱が出てしまいます。 さらに、年齢と伴に卵巣機能低下で生じるエストロゲンホルモンの分泌が抑制されると、自律神経失調症になりやすく、体温調節が難しくなる事で、背中でゾクゾクとした寒気に加えて、発汗やほてりが生じ、倦怠感や頭痛を伴い、 更年期障害とされる事があります。 原因3 身体的にストレスを溜め込みがちな方や、栄養のバランスに乱れがある方、不眠が継続されている方は、特に背中にゾクゾクとした感じを覚え、落ち着きがなくなるといった集中力が欠けて、精神がやや不安定に陥る傾向があるとされています。 栄養バランスが崩れると、血液の循環が悪くなり、各臓器に栄養や酸素が供給されにくくなりますので、背中の筋肉も意識に反して緊張し、ゾクゾクした感じと固さを増してしまい、体表面の体温は低下し、背中周辺の部位等にも悪い影響を及ぼしてしまいます。 スポンサーリンク 背中がゾクゾクする時の対策は? 対策1 背中がゾクゾクする時は、一般的に 風邪の症状が、前後で起きて無いかの確認を行い、あれば風邪薬や医療機関での治療になりますが、風邪に似た症状が様々ありますので、ゾクゾクとする感じが継続する場合は、自己判断せずに医療機関の受診をお勧めいたします。 対策2 背中がゾクゾクする時は、室内間の移動時、外気温と内気温の変化によって、神経や筋肉の収縮、血管血流の流れの差異により、中枢神経が近い背中部分にゾクゾクとした感じが伝達されてしまいますので、 気温の寒暖に注意する事が大事です。 気温の寒い冬場の季節だけではなく、冷房が効き過ぎた夏の暑い時期にも、体内の温度調整機能である中枢神経に異常をきたす恐れもありますので、 環境に対応できる衣類を持参されるのも一つです。 対策3 背中がゾクゾクする時の一つに、 精神的なストレスが関わって、自律神経の一つである、交感神経の高揚にあるとされています。 精神的ストレスは、主に筋膜に溜まるとされているので、 ストレッチ体操から軽い歩行運動、水泳など身体に負荷の掛らない軽運動を、定期的に行う事で筋膜を発散させ、ストレスを解消させる事も対策の一つです。 スポンサーリンク 予防するために日常的に気をつけることは? 背中がゾクゾクする事は、あまり気にしない方が多いと思いますが、 意外に精神的なストレスや、その影響に近い自律神経系の障害が原因となっている事が多いようです。 健康に自信がある方でも、生活上異常をきたす事もあり、病気を発症してしまいます。 その為に、日頃から生活習慣病にならない為にも、バランスの良い栄養摂取・運動・睡眠・衛生面に留意されて、新陳代謝を活発にして全身の筋肉が緊張しないようにリラックスした状態が保たれるように気をつけたいものです。 まとめ 背中のゾクゾクとする症状は、個々人それぞれの原因があると思いますが、放置しておくと、風邪の症状では治まらない病気になってしまいます。 その症状の度合いにもよりますが、長期的に継続する場合や、同時期に他の部位にも異常が診られたら、自己判断は禁物ですので、医療機関や近くの調剤薬剤師に相談される事をお勧め致します。

次の

背中の左側に痛みが起こる原因は?考えられる病気も紹介

背中 が 痒い 病気

背中の左側がなんだか痛い……背中に感じる痛みはチクチクとした痛みやズキズキとした鈍痛など、症状も人それぞれです。 背中の痛みは姿勢などの生活習慣が原因となることがほとんどですが、病気のサインであることもあります。 胃痛や吐き気といったほかの症状が現れた場合は、特に注意が必要です。 突然背中の左側に痛みが起こった場合は、狭心症や心筋梗塞、また大動脈解離などの大きな病気のおそれもあります。 自分で判別がつかない強い痛みの場合は、医療機関を受診しましょう。 背中の左か右かにかかわらず、次のような症状のある場合は、早急に病院を受診してください。 ・重苦しい痛み、鋭い痛みを感じる ・痛む場所が移動する ・胸の痛みがある ・急な痛みで、痛みが強くなっている ・排尿痛がある また痛み以外に次のような症状をともなう場合も、すぐに医師の診断を受けてください。 ・息切れ、息苦しさ ・冷や汗 ・血尿 ・吐き気や嘔吐、発熱 ・背部、首、顎、上腹部、片側の肩または腕の痛み ・ふらつきや失神 ・速い心拍や不規則な心拍の自覚 背中の痛みの多くは、背中の筋肉の疲労により起こります。 筋肉の疲労を引き起こす原因には、過度の運動または運動不足、姿勢の悪さ、長時間同じ姿勢をとる、肩こりなどがあります。 左側の背中にばかり痛みが生じる人は、立ち方や座った時の姿勢に癖があり、左肩や左側の僧帽筋にばかり負担がかかっている可能性が高いといえます。 さらに症状が悪化すると、吐き気や頭痛といった症状が現れることがあります。 体の左側にばかり負担をかける姿勢をとっていないか見直すとともに、適度に体を動かして筋肉をほぐすよう心がけましょう。 骨・関節・筋肉などの運動器系の疾患は、ときに神経を圧迫して背中の痛みを引き起こすことがあります。 背中の痛みを引き起こす代表的な疾患には、次のようなものがあります。 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアは背骨のパーツ(椎骨)をつなぐ椎間板の組織の一部が飛び出す病気で、神経を圧迫することで痛みやしびれの症状がでます。 20~30代と比較的若い人にもみられるのが特徴的です。 腰部脊柱管狭窄症 60歳以上の人に多くみられる腰部脊柱管狭窄症は、脊椎にある脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで痛みが生じます。 主な症状は、お尻から足にかけてしびれですが、腰から下に痛みがでることもあります。 神経の根元が圧迫される「神経根型」と呼ばれるタイプだと、お尻から足の左右どちらかに痛みが起こりやすくなっています。 安静にしていても痛みを感じる場合は、内臓の疾患のおそれもあります。 背中が痛く内臓疾患が疑われる場合は、早めに病院の内科を受診しましょう。 左側の肩周辺〜腕・肩甲骨の下側の痛みは心臓の病気のおそれ 背中の痛みでも左側の肩周辺~腕にかけてや、肩甲骨の下側に痛みがある場合、「狭心症」や「心筋梗塞」など心臓の疾患が原因である危険性もあります。 主な症状は左側の胸部を圧迫されるような痛みですが、左側の腕~肩周辺の背中にかけて痛みが生じることもあります。 痛みは数分でおさまることもあれば、15分以上続くこともあります。 このほか、風邪でもないのに咳がよく出たり、坂道や階段で急に動悸・息切れがするようになったといった体調の変化もみられます。 加齢によって起こるほか、喫煙や運動不足、ストレス、肥満、高血圧なども原因となるので注意が必要です。 主な症状は胸前部の激痛であり、痛みは30分以上続くこともあります。 このほか左側の上腕部分や左肩、そして背中の左側にも痛みが生じるのが特徴です。 これらの痛みが続くと、吐き気や嘔吐、呼吸困難といった症状が現れることもあります。 心筋梗塞は、前兆として声のかすれや咳が起こりやすいです。 狭心症と同じく加齢や喫煙、運動不足、ストレス、肥満、高血圧などが主な原因となっています。 左側の背中中央部の痛みは胃・膵臓の病気のおそれ 背中の痛みが、左側から真ん中の部分にまで及ぶ場合、胃や膵臓(すいぞう)の病気も考えられます。 突発的に症状が現れるのが特徴で、背中の左側~中央部にかけての痛みや、胃痛、胸やけ、吐き気といった症状がみられます。 主な原因は肉体的・精神的ストレスです。 治療にはストレスの除去と安静が求められます。 急性胃炎ほど症状がはっきりと現れないケースが多いですが、背中の左側~中央部にかけての痛み、食欲不振、胃もたれといった症状がみられます。 主な原因としてアルコールや喫煙、ストレスのほかピロリ菌の感染もあげられます。 背中の左側に痛みが起こるほか、症状が重くなると、血便や吐血などもみられます。 胃液の分泌を盛んにしてしまうストレスや暴飲暴食などが原因となるほか、ピロリ菌感染も胃潰瘍の引き金となります。 背中の痛みは左側だけだけでなく真ん中までおよび、腹部にも激痛が走ります。 あまりの痛さから前かがみの姿勢をとる傾向があります。 このほかの症状では37~38度の発熱や吐き気・嘔吐といった症状が現れるのが特徴です。 さらに症状が悪化すると重症急性すい炎となり、呼吸困難やショック状態などが現れるため一刻も早い対処が求められます。 背中の痛みは慢性的に起こり、激痛や鈍痛など感じ方には個人差があります。 このほか下痢や体重減少といった症状もみられます。 慢性すい炎によって失われた膵臓の機能は、取り戻すことができないので早めの対処が必要です。 そのため、背中の左側~真ん中にかけての痛みは、重要な病気のサインとなります。 このほか下痢、胃あたりの腹痛、体重減少、吐き気、黄疸といった症状もみられます。 症状が進行すると背中の痛みは腰のあたりまで広がる傾向にあります。 左側の腰回りの痛みは腎臓や尿管の病気のおそれ 背中の左側でも比較的下の方である腰周りに痛みを感じる場合は、「腎孟腎炎」「尿管結石」など腎臓や尿管の病気の危険性があります。 腎臓は左右両側にありますが、腎孟腎炎は腎臓の片方だけに起こることもあるので、場合によっては左側だけ痛みを感じることがあります。 歩くと背中に響くような痛みがあることが多く、背中の痛みのほかには、頻尿、残尿感、高熱、腰痛といった症状もみられます。 中年以降の男性に起こりやすく、左右どちらかに痛みが生じ、左側の尿路に結石ができると左側の腰周りあたりの背中に激しい痛みが生じます。 さらに症状が進行すると、脇腹や下腹部にまで痛みがおよび、吐き気や血尿といった症状をともなうこともあります。 背中の場所別に考えられる痛みの原因が異なります。 背中の痛みのほかにみられる症状もあわせてチェックしましょう。 また医師の診察を受ける必要がある場合は、早めに対処してください。 左右どちらに限らず、強い痛みや、発熱・吐き気などの症状がともなう場合は、我慢せず医師に相談しましょう。

次の