青森 県 高校 野球 掲示板 teacup。 浦和学院高校野球部応援掲示板

【teacup】高校野球

青森 県 高校 野球 掲示板 teacup

そうですか、向坪君も蓼科へゴルフでしたか。 御射鹿池は、東山魁夷の『白い馬の見える風景』で有名な池ですよね。 私は、残念ながら今回訪ねる時間がありませんでした。 私が訪ねたのは10月の3連休。 清里でのゴルフが目的でした。 初日は濃霧。 折角行ったのだからと、ほとんど見えない状況で女房と二人で回りました。 翌日も同様の天候でゴルフは断念。 八ヶ岳をくるりと一周ドライブ。 松原湖から「白駒の池」へ。 ここは「もののけ姫」に出てきたような雰囲気のある苔むした森を抜けて、一部は紅葉も始まった白駒の池へトレッキング。 富士見高原からは富士山も晴れたタイミングで見ることができました。 また、チャンスがあれば雪化粧の富士山と綺麗な八ヶ岳連山を撮りに行きたいと思いました。 詳しい人に語って貰うと、よく分かりますね。 横井の名古屋の家の近くに、名古屋市立の動植物園があり、その植物園では様々なイベントをしていて、世界の昆虫展などもあって見に行きましたが、種類の多さに驚きますね。 また世界中には大きな昆虫も居て、見惚れてしまいます。 ツマグロヒョウモン確認しました。 綺麗な柄の可愛い蝶々ですね。 それが住み着いているとは、なんと自然に囲まれているお住まいですね。 空の写真、色々こちらも丁寧に様々な場面を観察して撮影されていて良いですね。 ワクワク、ドキドキのチャンス、、、分かります。 ここだーっですね。 投稿者: 冨田 投稿日:2016年10月 3日 月 21時41分16秒 少々、舞い上がっちゃっていますョ! ・・・ (笑) 蝶は中学の2年頃まで、父親、弟と採集しては標本にしていました。 一部は現在も残っています。 でも、蝶は自然の中にいる時が、やはり一番美しいのです! もうひとつの蝶は、アカタテハだと思います。 うまく捉えましたね。 温暖化の影響からか、自宅ではツマグロヒョウモンが6~7年前から見られるようになりました。 毎年見られるということは生息しているということです。 (検索してみてね!) ネットでは、色々な分野でプロではない方々が写真をアップされていますネ。 もし、プチ移住ができたら、天の川周辺の星の世界を撮ってみるのもいいかな? なんて考えちゃっています。 壱岐なんて最高かも。 ひょんな訳あって、撮り始めて1年10ヵ月、最近は忙しくてなかなか撮れないけど ・・・ 調子に乗って、3ショットアップ。 こういった自然現象に遭遇するって、縁起ものっていう気持ちになるって分かりますね。 というより、自然の風景をそれだけしっかりと見ているってことですね。 飛行機雲が虹色に見えるというのも素晴らしい。 街を歩いているときに、上を向くなどとすると、何時もの見慣れた風景が異なって見えることがありますが、それだけいつも風景をしっかりと見ていないってことでしょうね。 この年齢になると、もっとしっかりと見ておかないと、美しい物に気づかないのはもったいないと思いますね。 揚羽蝶の件、ありがとうございました。 昆虫の接写写真などをたまに撮りますが、全く昆虫の種類などは知らないで、綺麗、綺麗と思って撮影しているだけです。 他の方に見ていただくと、色々と知識が増えて嬉しいですね。 ネットでナガサキアゲハとクロアゲハを検索して見ましたが、どちらも自分が今までいかにしっかりと見ていなかったかを痛感しました。 仰るように、小生の撮影した蝶々はナガサキアゲハですね。 それにしても、同じ蝶でも柄が個体によって少しずつ異なっていたり、奥が深そうですね。 冨田君は自然現象や鳥、そして蝶などに造詣が深いのですね。 素晴らしい。 投稿者: 冨田 投稿日:2016年10月 2日 日 22時21分6秒 9月の三連休に函館にゴルフに行ってきました。 工場のメンバー12名と本社から行ったのが4名。 初日は函館山が見える「函館KGゴルフ場」を回りました。 翌日は女房と観光。 しかし函館で見ていない所はナシ。 そこで函館赴任の後で再建された五稜郭内の奉行所へ。 なかなかの出来栄えで感心。 最終日には駒ケ岳ちかくの大沼レイクというゴルフ場で楽しんできました。 行きは飛行機でしたが、帰りは函館 新函館北斗駅)まで開通した新幹線で帰ってきました。 プチ移住の目的が、ゴルフができる処と勝手に夢見ているので、一応、函館が有力候補です。 プチなので夏の数か月かな。 今回も、ゴルフの腕は上っていないことを実感。 でも、景色と海鮮丼は堪能してきました。 学年同期会に向けて準備を進めています。 各クラスの幹事さんを決めて、アナウンスを開始しています。 [学年同期会 要領] 11月20日 日 14時から17時 開催場所:PORTA神楽坂 6階 理窓会倶楽部(飯田橋駅、神楽坂駅から5分程度) 新宿区神楽坂2-6-1 電話03-3260-0725 交差点「神楽坂下」を越えて、神楽坂を約150m上った1階のテナント「天丼のてんや」、地下のテナントが「サイゼリア」のビル。 手前の右側にファミリーマート。 会費:3000円。 投稿者: 大谷内 投稿日:2016年 9月 5日 月 12時00分42秒 プチ移住の、次の候補は千葉の印西市ここは住みやすい街で上位のところ。 親父が残してくれたゴルフ会員権を引き継いで、割と かなり異常なくらい頻繁に 通っています。 田圃が多く、周辺を散策しても風が気持ち良い。 この夏、会社の休みを利用して、3泊4日で近くのビジネスホテルに滞在女房とゴルフ三昧。 初日はカート利用のコースで夕暮れハーフラウンド。 翌日は会社メンバーを誘って16名で ゴルフコンペ。 翌日は成田、新勝寺までドライブ。 小江戸雰囲気の街並みも満足。 最終日は、練習コースを朝から回ってスーパー銭湯に入って埼玉帰ってきました。 ここも、プチ移住の候補です。 ちょうど下北半島の東突端、尻屋岬を通過。 「おわら風の盆」の前夜祭があることを知り、延泊 モチロン自費です ,、八尾という駅まで行ってきました。 土砂降り。 ガーン!町内での踊りは中止。 でも、公民館での踊りは見ることができました。 帰り、土砂降りの中をバスもないので駅まで歩き、道に迷った??? と思い車を停めたら、その好青年が駅まで送ってくれました。 ホッコリ思い出の残る旅でした。 今日も仙台までの出張。 新幹線の中から掲示板にアップしました。 写真:おわら風の盆 本田さんの壱岐移住ほど本格的ではないのですが、移住には憧れています。 仕事を辞めたら、函館に数ヶ月間住みたいなぁ、と女房と話をしている。 勝手知ったる土地なので。 余裕があるのか? お金の、、、まぁ、頭の中だけで考えるのは、自由でしょうから。 そのような思いで、今年の5月末に函館へ。 工場赴任の1年半の間には、地元では有名な 「恵山のツツジ」を見ていなかったので。 まずは、ツツジの花を観賞。 ちょっと盛りを過ぎていたが、 良い天気で満足。 夜は、工場のメンバーと10名ほどで宴会。 次のチャンスには、是非ともゴルフを、と 誘われる。 今回は土曜日は函館、郊外の恵山周辺。 翌日は青森に渡って、しらかみリゾート号で白神山地へ。 景色の良い海岸線を眺めて、目的の「青池」へ。 光の当たり具合の良い時間だったので、、満足のいく 写真が撮れました。 住宅検索のスーモで調べると、函館市内の賃貸2K位だと、2万円台からある。 これは実現可能かも。 などとプチ移住を考えています。 写真は、恵山のツツジ、しらかみ号、青池です。 石地君、幹事で企画から、そしてこの掲示板での報告と、何から何までありがとうございました。 様子が伺い知れて、未参加の小生としても擬似体験させていただきました。 それにしても本田さんの壱岐への移住とは何と言って良いのか分かりませんが、ちょっと憧れますね。 小生、結婚以来実家を出てからは色々なところに点々と動くのが楽しみみたいなもので、今は名古屋地区を楽しんでいるのも事実ですが、壱岐となるとちょっと一大決心という気がします。 さて、プライベートですが、石地君と同じように、小生も旅、飯、鉄道、写真っていうのが楽しみで、暇さえあればどこかに行っています。 トーマスに乗りに行って写真を撮ったお話しは、ここにも書かせていただきましたが、その前には近鉄特急「しまかぜ」という豪華特急で伊勢志摩サミット直後の、志摩に行って来ました。 あいにくの天気でしたが、目的は乗り鉄、撮り鉄、そして志摩の食べものですので、天気は気にせずです。 てなことで、また撮り鉄記録をアップさせてくださいませ。 先頭車が運転席越しに正面の景色が流れるようにみることができます。 車内は、広々と3席並びの革張りシートでした。 JRなどに比べて、2時間も乗車しないのでもったいなですが、、、、.

次の

新・青森高校野球ファン掲示板

青森 県 高校 野球 掲示板 teacup

ベイダーさん。 お返事遅れてすみません。 自分の話題にお相手していただきありがとうございます。 ベイダーさんの言われる通り横浜高校は格闘技で有名な人がかなり出てるのですね。 情報をありがとうございます。 たしかに宇野薫が横浜高校だったのは何かで聞いたことはありました。 それと横浜高校はボクシング部が強いんですよね。 高校野球が名門のイメージがありますが格闘技界も凄いのですね。 全国でもさまざまな高校がありますが仙台育英も野球、サッカー、ラグビー、バレーボール、駅伝と強豪ですよね。 全国的にどうしても私立高校が複数のスポーツが強い高校が目立ちますね。 大阪桐蔭も野球、ラグビー、サッカーと強豪ですね。 青森山田もサッカー、野球、卓球と強豪ですね。 卓球の福原愛さんが青森山田出身みたいですね。 神奈川県はやはり横浜、桐蔭学園、東海大相模、慶応あたりが複数のスポーツが強豪ですよね。 ラグビーの相模台工業が一時期花園で2連覇したのは公立校としては本当に立派だと思いました。 相模台工は社会人や大学のラグビー界でも出身者が多い名門ですよね。 神奈川県の高校野球もセンバツの優勝は数年前の横浜高校、夏の優勝も松坂大輔の時の優勝とやはり横浜高校が引っ張っている感じはありますが今夏の東海大相模の復活や横浜隼人の台頭や桐光学園や慶応あたりも最近の甲子園に顔を出していますよね。 桐蔭学園も高木大成や副島孔太や関大輔や高橋由伸が揃っていた時代は全国制覇してもおかしくないメンバーでしたよね。 同時期に横浜高校は平馬や多村 ソフトバンク や紀田 元横浜 や斎藤 元巨人など や横山がいた時期も全国制覇レベルでしたが。

次の

新・青森高校野球ファン掲示板

青森 県 高校 野球 掲示板 teacup

投稿者: V 投稿日:2020年 5月23日 土 00時21分5秒 夏の甲子園中止 8都県で独自の大会を予定 2020年5月22日 21時03分 夏の甲子園中止 8都県で独自の大会を予定 夏の全国高校野球が中止となったことを受けて各都道府県の高校野球連盟が独自の大会を開催するかどうかについてNHKが取材したところ、22日までに8つの高野連が大会の開催を予定していることがわかりました。 このほかの高野連は検討中としていて、開催に向けた課題に、練習不足でけが人が出るのではないかという懸念や、無観客で開催する場合に入場料収入がなくなることなどをあげています。 夏の全国高校野球の中止決定を受けて、NHKでは47都道府県の高野連に対し、ことしの夏に独自の大会を開催するかどうかや開催する場合の方式などについて取材しました。 その結果、22日までに東京、千葉、愛知、岐阜、岡山、香川、長崎、宮崎の8つの高野連が大会の開催を予定していることがわかりました。 残り39の高野連は「検討中」と答え、このうち10以上の高野連が開催を前向きに検討するとしています。 地域の実情に合わせた運営を検討 NHKの取材では、各地の高野連が都道府県独自の大会の運営について、参加校の数など地域の状況に合わせた方法を検討していることがわかりました。 具体的には長時間の移動や宿泊を避けるため、いくつかの地域に分けて大会を実施することや、ブロック予選を行ったうえで県大会を開くことなど、できるかぎり地域を分散して開催する案が出ています。 また、1つの球場で午前と午後に1試合しか行わないことも検討されています。 このほか、練習が十分ではなく選手の体力不足が心配されるため、1試合7イニング制とすることや、授業時間を確保するため土曜日と日曜日で開催すること、それに観客を入れる場合、観客どうしの間を2メートルの距離をあけることなどが上がっています。 また、3年生の思い出作りの大会にするのか、優勝校を決める大会にするのか、大会の位置づけが難しいという意見もあり、各地の高野連は独自の大会を開催する場合、どのような対応が必要となるのか、今後さらに検討を進めることになります。 開催にはさまざまな課題 都道府県独自の大会の開催に向けて各地の高野連から、さまざまな課題が出ています。 最も多かったのは、大会を運営するための財政面での不安です。 無観客で開催した場合、運営資金の大半を占める入場料収入がなくなるうえに、秋以降の大会を行うのにも支障が出るということです。 そして学校の休校が長期化したことで、大会日程の確保も課題です。 高校野球の大会が、定期テストや学校行事と重なるおそれがあるほか、夏休みが短縮された場合、授業の無い休日が減るため、日程の調整が難しくなっています。 このほか、練習不足によって選手のけがや熱中症の危険性が増すといった声も上がっています。 また、地域独自の課題として、秋田県では3時間以上のバス移動が必要となる学校が出る可能性があることや、長崎県と香川県にある離島の学校は、長距離の移動や宿泊が必要で、感染リスクが高まることが懸念されています。 高野連はそうは考えていないようです。 来春センバツ予断許さない「長期的闘い」甲子園中止 だが、新チームの中心となる2年生たちにとっても予断を許さない状況が続く。 コロナはひとまず収束傾向にあるとはいえ、未知のウイルスの先行きは不透明だからだ。 八田会長は「専門家が(コロナの)第2波、第3波が来るのは確実と言っている。 終息の見込みが立たないところで、長期的な闘いである。 秋についても長期的、中期的に感染状況がつかめない。 その時に考えさせていただく」と説明した。 センバツ出場校の重要な選考資料になる秋季大会は開催できる保証はない。 、最悪、センバツが中止になる可能性を否定しなかった。 今春涙をのんだ32校の救済策は何も決まっていない。 もし秋季大会が中止になれば、来春のセンバツに出場させてはというプランも浮上するかもしれない。 だが、3年生は取り返せない。 その無念は計り知れない。 歴史的決断が下された一日。 コロナ禍はどこまで続くのか。 【石橋隆雄】 ソース・日刊スポーツ.

次の