アリクロ クイズ。 クイズイベント「レティシアのお茶会」

【アリクロ】クイズイベント「チェスターの旅支度」の答えと問題一覧

アリクロ クイズ

クロオオアリとは? クロオオアリとは、ヤマアリ亜科オオアリ属のアリです。 日本では非常によく見ることができる大型のアリで、 日本最大のアリの一種でもあります。 その大きさは大型の働き蟻で12mm(1. 2cm)ほどになり、私が執筆しているMacBookProの厚みと変わらないくらい大きさなのです!(わかりにくい?) とはいえ、12mmのサイズの働き蟻はクロオオアリの中でも大きい個体なので、巣の中の全てが12mmのアリというわけではありません。 クロオオオアリには階級がある 大型働き蟻 12mmの働き蟻は大型の働きアリで、実際には10〜12mmほどの大きさです。 大きいのはサイズだけではなく、頭部が大きく発達しており一際目立つ存在ですね。 見た目からしてもカッコいいアリです。 この大型働き蟻は兵アリとも言われることがあり、大型の獲物を運んだり、護衛的な役割もこなします。 別名メジャーワーカー。 小型働き蟻 そして、次に7mm〜9mmほどの大きさをした小型働き蟻が存在します。 この働きアリがクロオオアリのコロニーを構成する主要の階級となります。 これらの小型働き蟻が多数を占めるため、先にご紹介した大型働き蟻の大きさが際立っているんですね!別名マイナーワーカー。 女王アリ クロオオアリの女王アリは、18mmと超大型です。 一つのコロニーには必ず1匹の女王がおり、熟成したコロニーでは女王は巣の中心で働き蟻に守られながら産卵に専念します。 普段は外に出てくることがないので、女王アリを観察するのは働きアリに比べ非常に難しいです。 女王アリは最初羽がついていますが、交尾後に羽を切り落とし、新しいコロニーを作り始めます。 夏の終わりに巣の中で羽化したオスアリは、そのまま冬を越します。 クロオオアリが巣から羽のついた新女王アリとオスアリを飛ばすのは5月ごろです。 巣を飛び出したクロオオアリのペアは、飛行中に交尾をして地上へ降り立ちます。 女王アリはそのまま羽を自ら落として新たな巣を1匹だけで作り始めます。 一方オスアリはというと、そのまま力尽きて一生を終えるのです。 まるで、大きなエンジンと片道の燃料だけを積んだかの様なフォルムはあながち間違いでは無いのです。 クロオオアリの分布は? 日本では全国的に分布するアリです。 奄美群島以南を除く、九州から北海道まで広く生息が確認されています。 公園や市街地、都市部でも普通にみることができる種類で、最も一般的なアリの一種です。 比較的乾燥した土中に巣を作る土に依存するアリといえます。 クロオオアリの生活は? 先程の雄アリの項目でも簡単に書きましたが、5月から6月に羽アリを飛ばします。 特に雨上がりの晴れて蒸し暑く無風の日に、巣から多くの新女王アリと雄アリが飛び出して結婚飛行を行い、飛行中に交尾します。 時間帯は午後で、夕方までには結婚飛行は終わります。 交尾を行った新女王アリは地面に降りると翅を自ら落として(切り落として)単独で土を掘って土中に潜り込みます。 その後、密閉された小さな巣内で数個から10個程度の卵を産卵し、女王アリ自らがつきっきりで世話をします。 働き蟻は早いと1ヶ月後には羽化しますが、最初のアリは女王の体内の栄養だけで育て上げられるため、成熟コロニーの働き蟻と比較すると非常に小さく可愛らしい姿をしています。 その後は、10数匹から20匹程度まで働きアリが増えて最初の冬を迎えます。 働きアリの寿命は1年ちょっとですが、女王アリの寿命は10年と言われています。 (20年と言われることもあります)アリのコロニーの寿命は基本的に女王アリの寿命と一致します。 ということは、クロオオアリのコロニーは10年、20年という長い年月をかけて生命をつないでいるのですね。 クロオオアリは害虫? アリ専用の殺虫剤はホームセンターなどで沢山売られていますよね。 でも、必ずしも「アリ=害虫」ではありません。 クロオオアリは普段の人間の生活の中では害虫になることはほとんどありません。 ですから、クロオオアリは基本的に害虫では無いのです。 もちろん、その様な場合は適宜、対策をすることは悪いことではありません。 ですが、クロオオアリには毒などは無く、有害な昆虫ではないのです。 そのことからも、無闇な殺虫は出来る限りしないほうが良いといえます。 クロオオアリの飼育について 実はアリの飼育で最も人気のあるアリのひとつがこのクロオオアリです。 特にアリを初めて飼うような方にも安心してオススメできる飼育の容易さが魅力的です。 クロオオアリはどこで手に入れる? 自分で採集する方法とインターネットで購入する方法があります。 自力採集の場合は、既存の巣を狙うのはNGです。 なぜ駄目かというと、地中深くに作られたアリの巣の中にいる女王アリや働き蟻をピンポイントで採集するのは困難を極めるためです。 採集は5〜6月の新女王アリの発生時期に巣穴を掘る前の女王アリを採集するのがベストです。 インターネットで購入する場合は、別記事にまとめました!.

次の

クイズイベント「レティシアのお茶会」

アリクロ クイズ

アリは日本に280種以上! 日常的に見かける蟻ですが、沢山の種類がいるなんて知らないですよね。 でも、日本には300近いアリが確認されているのです。 みんな同じだと思っていたアリも、もしかしたらそれぞれ違う種類のアリなのかもしれません。 今回は膨大なアリの中から日本最大種をご紹介します。 カタチはほとんど同じ。 でも違う。 そんなこの2種が日本最大のアリとして君臨します。 第1位 クロオオアリ まず最初はクロオオアリ。 読んで字のごとく、黒くて大きなアリ。 体長は7mmほどの小型ワーカー(働きアリ)から、12mmほどの大型ワーカーまでサイズの振れ幅がある種類です。 アスファルトや歩道を堂々と歩く大きな黒いアリはクロオオアリの大型ワーカー(メジャーワーカーともいいます)で間違いないです! さらに、実は超大型サイズの階級が存在します。 その大きさ18mmにもなります。 約2センチの巨大アリですが、それはクロオオアリ の女王アリです! 普通、女王アリは巣の中から出てこないので見ることはできません。 しかし、新たな巣を作るために、ある一定のシーズンだけ新女王を巣から旅立たせます。 クロオオアリの旅立ちシーズンは5月。 しかし、同率1位のアリがまだ1種います。 同率1位 ムネアカオオアリ 読んで字のごとく、胸が赤い大きなアリ。 ただの色違いでしょ?って言われても、そうです。 としか答えようのないアリ。 でも別種。 大きな違いはカタチではなく生態にあります。 ムネアカオオアリは都会や住宅街にはいないアリです。 森林性のアリで、朽ちた木に巣を作るため自然が豊かな環境でないと生息していません。 なので山地帯から標高の高い亜高山帯まで分布しているようですね。 レア度はクロオオアリよりは高め。 でもアリの中ではそこまで希少種ではありません。 山に行けば普通に見られるのがムネアカオオアリです。 こちらの女王も5月から6月ごろに新女王アリを旅立たせます。 ムネアカオオアリの女王も18mmほどで巨大!普通の働きアリよりも赤みが少ないですが、赤黒く艶やかで綺麗なアリです。 また、赤いのでしばしば「ヒアリでは!?」などとSNSであげられているアリです。 全然ヒアリじゃありませんし、毒もありません。 ご安心を。 アリの中では人気がすこぶる高く、身体も丈夫なためムネアカオオアリを飼育するアリファンが実はたくさんいます。 私も飼育していますが、女王のツヤツヤな黒色ボディと赤い差し色がキレイで美しくて見るたびに惚れ惚れしますね。 働きアリも大きいため観察しやすくとても楽しいアリです。 ですから飼育するにはオススメな種類です。 ちなみに、本州の中国地方以西には、「ニシムネアカオオアリ」という通常のムネアカオオアリよりも赤の色の部分が異なるアリも存在します。 こちらも大きさは全く同じですから今回は「ムネアカオオアリ」と同じ括りでご紹介させていただきます。 ということで、 日本で一番大きなアリは「クロオオアリ」と「ムネアカオオアリ」の2種類となります。 この2種類はどちらも害の全く無い安全なアリです。 駆除をしたり騒いだりする必要は全くありませんので、もしも道端やお庭で見かけてもそっと見守ってあげてください。 と、ここで終わりになるのですが、実はこの2種にも劣らない大きさのアリが日本にはまだ複数存在するのです。 ただし、上記2種類に比べて生息エリアや一般度は低く、ご紹介してもこれらのアリに遭遇する可能性は低いかもしれません。 カラフトは樺太のことですが、実は本州にもいるのです。 生息域は北海道。 あとは本州中部山岳地帯。 かなりポイントの限られたアリです。 北海道については平地でも見られるようですが、本州の生息域はほとんどが国立公園に位置する超自然豊かな場所で見られます。 そしてもう一つの特徴は、寒い地域でないと生きられない。 ということでしょうか。 中部山岳地帯に生息しているのはそのためで、標高2000mを超えるような夏でも涼しい気候の場所でしか見ることができません。 文字通り希少種です。 標高2000m以上の高地で撮影した個体 さて、カラフトクロオオアリなのですが、生息域が違うだけでパッと見はクロオオアリです。 しかし細かな違いは見られます。 女王は艶がある• 女王はより四角い• 前伸腹節後背縁はより角ばる• 後縁の傾斜はより急になる これくらいでしょうか。 知ってる人が見たら明らかに違うアリだと区別ができます。 しかし、クロオオアリと同じくケブカクロオオアリの働きアリも女王アリも大型のサイズをしています。 上記の他のオオアリと区別する点は、頭部や胸部背面に立毛がたくさんあることで見分けます。 ぱっと見ただけではクロオオアリやカラフトクロオオアリとほとんど同じに見えますが、よく観察すると簡単に見分けることができる種類でもあるのですね。 主に山地の朽木に営巣するため、普段の生活ではほとんど見ることができない稀な種類と言えるでしょう。 そのため普通に生活している上では全くお目にかかれないアリでしょう。 ですが、 ツヤミカドオオアリの働きアリはなんと大きい個体で13mmにもなるのです。 一番最初にご説明したクロオオアリの大型働きアリでも12mmと言われています。 それよりも大きい働きアリが見られるということは、日本のアリの中で最も大きな働きアリはこの「ツヤミカドオオアリ」と言っても過言ではないのです。 今回ご紹介したアリとほぼ同じ大きさの巨大アリです。 しかし、上記のツヤミカドオオアリと同様、生息地域が限られるため普段は見ることができないアリでもあります。 このアリは、頭部が黒褐色、胸部あら腹部にかけては赤褐色の体色を持ち、日本の中では珍しい色合いをしたアリです。 多くのアリ愛好家の憧れの種類でもあり、私もこの目で見てみたいアリの一つですね! まとめ 以上が日本で最も大きなアリです。 みなさんが普段生活している中で見ることがあるのは基本的に「クロオオアリ」と「ムネアカオオアリ」です。 「でかいアリがいる!」とびっくりされてインターネットで調べた方も多いと思います。 でも、実際には全く害のない可愛いアリの一種なのです。 今回ご紹介したアリ6種類はどれも人に害を与えるアリではありません。 決して駆除などはされずに、そっと見守ってあげてくださいね! ちなみに、この6種はどれもヤマアリ亜科オオアリ属のアリたちです。 似た者同士が揃い踏み。 オオアリ強し!ですね。

次の

【昆虫クイズ 全20問】子ども向け!!簡単(10問)&難問(10問)を3択形式で紹介!

アリクロ クイズ

当サイトはDMM GAMESの アリスクローゼット アリクロ の攻略情報をまとめたwikiとなります。 当wikiは著作権法第32条に基づき画像を引用しております。 著作権は権利者様側へ帰属しておりますので画像の転載・流用はご遠慮下さい。 また、権利者様側からの画像等の削除の依頼や警告は速やかに対処いたします。 アリスクローゼット アリクロ の概要 とある日、とある時間、とある場所。 現代で暮らす貴方は ひょんなことから花人形と呼ばれる 美しい人形と出会う。 驚いたのもつかの間、突然の光によって 貴方は異世界に飛ばされてしまう。 目を覚ますとそこは不思議な世界、 ワンダーランドだった。 ワンダーランドでは、花人形を着せ替えて戦う、 花競と呼ばれるコーデバトルが行われていた。 花人形の持ち主となった貴方は、花競を行いながら、ワンダーランドを巡る旅にでる。 アリスクローゼット アリクロ 攻略 Wikiについて 当wikiは、DMM GAMESが運営する「アリスクローゼット アリクロ 」の攻略情報をまとめたWikiです。 ユーザの皆様のご協力により情報更新・編集を行っております。 どなたでも自由にページの作成、編集を行っていただいて構いません。 wikiの情報が誤っている場合は、情報の修正をしていただくか、もしくは該当ページのコメントフォームにてご指摘いただけますと管理人が修正いたします。 項目荒らし、ページ削除などの荒らし行為は、編集規制をさせていただきますのでご了承ください。 当wikiはリンクフリーです。

次の