コロナ禍 挨拶文。 コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

新型コロナの影響による取引先様へ返信・お見舞い等のメール文例集(テンプレート)

コロナ禍 挨拶文

コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛・3密を避けるなどで仕事のやり方も変わってきていますよね。 リモートワークを取り入れている会社では、在宅でメールやテレビ電話・ネットワークを利用しお仕事を進めている方も多いでしょう。 そんな中、 お取引先やお客様とのメールのやり取りではコロナウイルスについて気遣う言葉を添えたいですよね。 また、リモートワークが出来ない会社・職種もあるでしょうから、 打ち合わせ・イベントやセミナーなどの延期・中止などをメールで伝えなければならない人もいるでしょう。 そんな時も、お客様に気遣いの言葉をかけたいですよね。 今回は、 ビジネスメールでコロナウイルスについて気遣う言葉を使ったビジネスメールの例文をご紹介していきます。 他にも、打ち合わせやイベント・セミナーなどを延期・中止したい場合の例文もご紹介します。 本文 普段であればこのような挨拶をしてから、本文に入っていくと思います。 コロナウイルスの影響で経済状況が苦しい中『ますますご清栄のこと』などという言葉を使うのは、相手に失礼なのではないか?と思う方もいるでしょう。 ただし、ご清栄は相手の安否を伺うものではないので問題ないということを前置きしておきます。 現在弊社では、新型コロナウイルスの影響により、お取引先様との接触を控えるよう通達がございました。 ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご検討いただけますようお願い申し上げます。 あなたのせいで打ち合わせを延期・中止になるわけではありませんが、 最後に謝罪の文言を入れるのはマナーかな?と思います。 相手によってはそれでも会って打ち合わせするのが当たり前だろう! こちらは感染対策を万全にしている、そちらの勝手な言い分だろう! などと思う人もいるかもしれませんよね。 あなたのせいではない。 と分かってくれそうな相手でも、謝罪の一文は入れておいた方がいいですね。 イベント・セミナーの延期・中止を知らせる 厚生労働省からも、換気の悪い・多数が集まる・間近で会話や発声をする。 つまり 「密閉・密集・密接」の3密を避ける事が要請されました。 これにより イベントやセミナーなどを延期・中止する主催者も増えていますよね。 仮に開催してもキャンセルなどが相次ぎ、開催できない状況にもなっているようです。 そんなことを鑑みて、イベントやセミナーを延期・中止するお知らせをメールで送る例文をご紹介します。 新型コロナウイルス感染症の動向に鑑みて、当社主催のイベント セミナー の開催を中止 延期 させていただくことになりました。 なお、状況が改善され再開できる状況が整いましたら、改めて日程や詳細などをお知らせさせて頂きます。 未曾有のことで、弊社としても対応が行き届かない点もあるかと思いますが、何卒ご承知の程、お願い申し上げます。 【申し込みや料金徴収済みの場合】 すでにお申し込みが完了している段階でのご連絡となり大変申し訳ございません。 事前にお収めいただいております参加費 チケット の払い戻しに関しましては、ご指定の口座にご返金させていただきます。 どうぞよろしくお願い致します。 <自分の署名> 今回の例文はイベント・セミナーの延期や中止により、返金があるという内容でした。 もちろんお客様にどのように対応するかによって内容が異なりますので、あなた会社などのケースに合わせてくださいね。 さいごに 今回は、コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介しました。 コロナウイルスの影響により仕事の仕方も変わってきましたよね。 会社に出社しても、会社からの指示で在宅で仕事をしたり待機したとしても、 お客様との約束に対応しなければなりません。 コロナウイルスの感染予防のために、打ち合わせやイベント・セミナーを延期したり中止することもあるでしょう。 そして、 会わないという配慮から要件をメールでやり取りする機会も多いはずです。 今回ご紹介したビジネスメールの例文を、 お客様の体調を気遣う時などの参考にしてみてくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

コロナ禍に送る暑中見舞いの例文を紹介!送る相手方に分けた文例集|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ禍 挨拶文

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は土井田みきさん(仮名・メーカー勤務・28歳)からの質問です。 「緊急事態宣言が解除され、6月1日からうちの会社も出社が基本となりました。 とはいえ、順次ということなり、社内でも誰がどのように働いているのかが把握しきれていません。 社外の人はなおさらで、コロナ前に比べると、締め切りなどのバッファも広めにとっていて、業務の進みが遅く感じています。 それは仕方がないと思っていますが、困るのはメールのやりとりです。 相手の状況がわからないだけに、急かしてもいけないし、とはいえのんびりしすぎても仕事になりません。 どのように書けばよいでしょうか」 感染者が少なくなってきて、緊急事態宣言も解除され、ひとつの区切りがついたかに思われたコロナ禍。 ですが、第2波の警戒が広がり、仕事だけに集中できないという社会になっています。 しかしながら、働いている限り、業務は進めなければいけません。 ビジネスのやりとりのベースにもなっているメールにも、新しいマナーが必要です。 冒頭の挨拶文や文末の締めには、どのような言葉が適切なのでしょうか。 鈴木真理子さんに聞いてみましょう。 件名は本文の具体的な内容がひと目でわかるように、本文は箇条書きやインラインを用いて、過去のメールを掘り返さずとも、そのメールだけ読めば解決できるように作成するといった、効率に特化したメール作成は、コロナ禍でも基本です。 冒頭の挨拶文も、すぐに本題に入ったほうがビジネスメールとしての機能を果たしますので、社外には「お世話になっております」、社内では「お疲れ様でございます」「おはようございます」といった、いつも通りのもので問題ないでしょう。 相手からの問い合わせや、自分が出したメールの返信にさらに連絡事項をメールする場合には、いつもの「ご連絡ありがとうございます」といった、感謝の言葉に加え、「おかわりありませんか?」といった相手の状況を気遣う言葉を添えられるといいですね。 文末は、自分の状況に相手への思いを添えて では、結びの一文はどうでしょうか。 コロナに一切触れないというのも方法です。 ここまで事態が混とんとし、数か月、言ってみれば「コロナに振り回されている」という気持ちになっている人も少なくありません。 さまざまなストレスから、ふつうに仕事をしたい、コロナの話はもうちょっと控えたい、という人もいます。 そのため、通常のビジネスメールの一般的な結びである「以上です。 どうぞよろしくお願いいたします」「以上です。 ご返信(ご検討)なにとぞよろしくお願いいたします」だけを用いても、特に問題ないといえます。 ただやはり、相手に寄り添い、ひとことでも思いやる言葉があれば、気持ちが伝わりますし、相手もほっとするのではないでしょうか。 たとえば、「どうぞ、ご安全にお過ごしください」という言葉。 これはもともと、メーカーの工場や、建築現場に関わる人同士では普通に使われているビジネスメールの締めの言葉ですが、コロナ禍では一般企業でも多用されています。 押しつけがましくなく、相手への思いやりが伝わると思います。 社内の場合など、立場が同等の相手であれば、「お互い元気に乗り越えましょう」という一文もよいと思います。 また、「お困りのことがありましたら、遠慮なくおっしゃってください」というのもよいでしょう。 会議や打ち合わせがなくなり、メールでのやりとりに変更された場合には、「次回元気なお姿でお会いできるのを楽しみにしております」という将来に繋がる言葉もよいですね。 自分の働き方をお伝えするというのも、相手を安心させる締めの文章となります。 たとえば、「在宅勤務となっており、メールの対応は〇時から〇時とさせていただいております」「リモートワークのため、対応は〇曜日となりますがご了承くださいませ」などという説明も有効です。 つい、「いつでも対応できます」などと書いてしまいがちですが、ここで自分が負担になってしまうようなことを書く必要はありません。 正しく書くことが、結果的に現状でもっとも効率よく業務を進めることになります。 現在の非常がいつまで続くかは誰にもわかりませんが、少しずつ、仕事の現場にも新しい日常を作り出していきたいですね。 相手の状況がわからないときのビジネスメールって難しい……。 相手の現状がわからないならわからないなりに、思いやる言葉を書き添えるとよいでしょう。 セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。 著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 vitaminm.

次の

コロナ禍に送る暑中見舞いの例文を紹介!送る相手方に分けた文例集|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ禍 挨拶文

菊原智明 [営業サポート・コンサルティング代表取締役] 営業コンサルタント、関東学園大学 経済学部講師、社団法人営業人材教育協会理事。 群馬県高崎市生まれ。 工学部機械科卒業後トヨタホームに入社し、営業の世界へ。 自分に合う営業方法が見つからず7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。 お客様へのアプローチを訪問から「営業レター」に変えることをきっかけに4年連続トップの営業マンに。 約600名の営業マンの中においてMVPを獲得。 2006年に独立。 営業サポート・コンサルティング株式会社を設立。 現在、上場企業への研修、コンサルティング業務、経営者や営業マン向けのセミナーを行っている、2015年までに52冊の本を出版。 ベストセラー、海外で翻訳多数。 主な著書に『訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書』(日本経済新聞出版社 、『売れる営業に変わる100の言葉』(ダイヤモンド社)、『訪問ゼロ!残業ゼロ!で売る技術』(日本実業出版社)などがある。 (メルマガや無料レポートもあります 、【営業通信講座】、著者ブログ• 内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。 コロナ禍の今こそ、アナログな紙の「営業レター」が効果的?(写真はイメージです) Photo:PIXTA 新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの営業職は顧客を訪問したり、面談したりすることができず、苦戦を強いられているようだ。 しかし、こんなときこそ、役立つ営業手法がある。 それはお客さんに役立つ情報を、あえて郵便などの紙の手紙で送る「営業レター」というものだ。 その重要なノウハウや心構えとは。 (営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明) コロナ禍で 制約を受ける営業活動 ご存じの通りコロナウイルスの影響で働き方が一気に変わってしまった。 自由に出社ができなくなったため、自宅で仕事をしたり、テレワークをしたりする人が増えている。 営業活動も例外ではない。 これまで営業活動といえば、 ・飛び込み訪問をする ・会社でお客様先へ電話をかけアポイントを取る ・得意先に顔を出して注文を取る などだった。

次の