シバター 虎。 【YouTuber訴訟騒動】桜鷹虎VSシバターが決着か!?

【悲報】シバターさん、また訴訟されてしまう│ニュースちゃんねる

シバター 虎

パチスロ系ユーチューバーの「桜鷹虎」が、コロナ禍でも毎日のようにパチスロ動画をアップしているとして、物議を醸している。 が流行している現在、休業要請の出ている店。 改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づき、24日には大阪府、27日には兵庫県で休業要請に応じないパチンコ店の店舗名を公開したことを受け、東京都などほかの都道府県でも28日に店名公表するとしているが、県境をまたいでのパチンコ店への来店が問題視されている。 そんな中、パチスロ系ユーチューバーとして活動している「桜鷹虎」はこの状況下でも、毎日ようにパチンコやスロットのプレイ動画をアップ。 中には「新台」と記した動画も多数アップされており、撮り溜めた動画ではなく、実際にパチンコ店に足を運んで動画を撮影しているものと思われ、再生回数は少なくても10万回前後。 よく見られている動画では、再生回数50万回超えも珍しくない。 しかし、この状況下でも毎日パチンコ店に通う桜鷹虎に、ネットからは「新台実践とかありえないでしょ…」「感染して第三者に移してってやってたらいつまで経っても緊急事態宣言解かれないってなんで分からないの? 」「こういう人がいるからどんどん外出自粛期間が延びる」といった批判の声が殺到しているという。 一方、動画のコメント欄には「パチンコに行けない人のために、これからも動画投稿継続お願いします」「打ちに行けないからこの動画が楽しみです。 ありがとう」「パチ屋全部閉まっているので動画が見られて嬉しいです」という擁護の声ばかりが多く寄せられているが、ネットユーザーの指摘によると、批判コメントはすべて桜鷹虎により削除されているとのこと。 自身でもパチスロチャンネルを運用しているユーチューバーのシバターは、桜鷹虎について、26日にアップした「桜鷹虎の潰し方、教えます」という動画の中で、「 動画を 見ないようにする」「チャンネル登録を解除する」などと呼び掛け、再生回数が20万回を超えている。 youtube.

次の

パチスロYouTuber 「桜鷹虎」自粛期間も毎日動画アップで炎上

シバター 虎

パチンコ系YouTuberで知られる桜鷹虎が5月12日、同じくYouTuberのシバターを「訴えます」という動画を自身のYouTubeチャンネルにアップし、ネット上で大きな物議を醸している。 桜鷹虎は、パチンコの実戦動画を投稿する人気YouTuber。 しかし、実戦動画は自粛期間中にもかかわらず連日アップされ、その中には、4月20日導入の『PF戦姫絶唱シンフォギア2』(SANKYO)や『押忍!サラリーマン番長2』(大都技研)といった新台機種も含まれていた。 これにより、自粛前に撮り溜めた動画ではないことが証明された。 新型コロナウイルスの感染拡大により、不要不急の外出自粛が要請されているなか、パチンコ実戦を続けていた桜鷹虎。 そのデリカシーに欠けた行動に、ネット上では「他のYouTuberは撮影してないのに」「足並み揃えろよ!」など、非難の声が続出した。 それに加勢する形で、シバターも批判動画を再三にわたって投稿(現在は削除済み)。 その中には、「桜鷹虎の潰し方、教えます」というタイトルで、桜鷹虎の「動画を見ないようにする」「チャンネル登録を解除する」といった呼びかけを行い、別の動画では、登録者数や再生回数などを「業者から購入している噂がある」と、今回の件とは無関係の批判動画もアップしていた。 そうしたなか、桜鷹虎は12日の動画で「登録者数や再生回数を購入したといった事実は一切ありません」と反論。 また、シバターの発言力から盗撮行為や殺害予告までもが起きる事態に発展したそうだ。 こうした一連の被害を弁護士と協議した結果「度を超えている」と判断。 動画の説明欄には「請求金額は合計で最大数千万円」とのコメントもあり、仮に裁判が行われ勝訴すれば、シバターの金銭的ダメージは計り知れないだろう。 ただ、シバターの素性をよく知るファンの反応は冷静だ。

次の

桜鷹虎とは?炎上した?シバターを訴える?素顔や正体も!

シバター 虎

パチンコ系YouTuberで知られる桜鷹虎が5月12日、同じくYouTuberのシバターを「訴えます」という動画を自身のYouTubeチャンネルにアップし、ネット上で大きな物議を醸している。 桜鷹虎は、パチンコの実戦動画を投稿する人気YouTuber。 しかし、実戦動画は自粛期間中にもかかわらず連日アップされ、その中には、4月20日導入の『PF戦姫絶唱シンフォギア2』(SANKYO)や『押忍!サラリーマン番長2』(大都技研)といった新台機種も含まれていた。 これにより、自粛前に撮り溜めた動画ではないことが証明された。 新型コロナウイルスの感染拡大により、不要不急の外出自粛が要請されているなか、パチンコ実戦を続けていた桜鷹虎。 そのデリカシーに欠けた行動に、ネット上では「他のYouTuberは撮影してないのに」「足並み揃えろよ!」など、非難の声が続出した。 それに加勢する形で、シバターも批判動画を再三にわたって投稿(現在は削除済み)。 その中には、「桜鷹虎の潰し方、教えます」というタイトルで、桜鷹虎の「動画を見ないようにする」「チャンネル登録を解除する」といった呼びかけを行い、別の動画では、登録者数や再生回数などを「業者から購入している噂がある」と、今回の件とは無関係の批判動画もアップしていた。 そうしたなか、桜鷹虎は12日の動画で「登録者数や再生回数を購入したといった事実は一切ありません」と反論。 また、シバターの発言力から盗撮行為や殺害予告までもが起きる事態に発展したそうだ。 こうした一連の被害を弁護士と協議した結果「度を超えている」と判断。 動画の説明欄には「請求金額は合計で最大数千万円」とのコメントもあり、仮に裁判が行われ勝訴すれば、シバターの金銭的ダメージは計り知れないだろう。 ただ、シバターの素性をよく知るファンの反応は冷静だ。

次の