野田 洋次郎。 『エール』野田洋次郎、初登場でトレンド入り 驚きと期待の声が続々 /2020年5月6日 1ページ目

RADWIMPS野田洋次郎さんの英語力が凄まじい!?そのワケとは!?

野田 洋次郎

キリン 午後の紅茶の新テレビCM「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。 幸せの紅茶。 」篇と、キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズシリーズの新テレビCM「ザ・マイスターズ 深田恭子 ミルクティーリニューアル&オレンジティー新登場」篇が、3月17日から全国で順次放送される。 3月から新たに「幸せの紅茶、午後の紅茶。 」をテーマとしたコミュニケーションを展開するキリン 午後の紅茶。 深田恭子をメインキャストに起用し、「日常生活の何気ない瞬間に、自分では気づかなくとも、その一つ一つに『幸せ』があること」「『キリン 午後の紅茶』が「一人一人の「幸せ」の瞬間に寄り添う存在であること」をCMなどを通して表現するという。 「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。 幸せの紅茶。 」篇では、深田恭子が学校の音楽室でピアノを演奏する様子と、様々なシチュエーションで午後の紅茶を手にする姿が交錯する。 「ザ・マイスターズ 深田恭子 ミルクティーリニューアル&オレンジティー新登場」篇では、深田が髪を結ぶ場面や「裏切られました。 午後ティーなのに甘くない」というナレーションなどが確認できる。 また、CMの放送とあわせて「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ 甘くない午後ティーいつ飲もう? プレゼントキャンペーン」を実施。 キリンビバレッジの公式Twitterアカウントをフォローし、「 甘くないミルクティー」もしくは「 甘くないオレンジティー」と「 甘くない午後ティーいつ飲もう」をつけてツイートすると、抽選で1000人にキリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー、キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ オレンジティーがプレゼントされる。 締切は3月23日。 野田洋次郎(RADWIMPS)のコメント 人間の「慣れる」力はすごいです。 良いも悪いも。 少しのキッカケでいつも通りの朝ごはんや、「おかえり」の声や、家までの帰り道が愛しく大事に思えたりします。 この世界で楽しく生きるコツは、もしかしたら大それたことではなく、その小さな喜びに気づく才能なのかもしれません。 あともう一つ、毎日一緒に過ごす「自分」という存在も、いつの間にか僕たちは知った気になって生きていることがあります。 自分さえ知らない自分が、まだまだ隠れているかもしれません。 そんな想いで作りました。 現在RADWIMPSのメンバーと一緒にバンドバージョンも作っています。 そちらも楽しみにしていてもらえると嬉しいです。

次の

RADWIMPS

野田 洋次郎

転校のたびに学校やクラスの常識、ルール、空気は一変し、毎回イチから。 自分はどこに行ってもマイノリティー、異物のような感覚がずっとあった。 ロサンゼルスには日本人もたくさんいて、外国人の友達とばかりつるむ僕は、彼らからしたら面白くなかったんだと思う。 いじめられるようになった。 無視されたり、殴られたり。 日本人が嫌いになった。 日本に帰ってからは洋次郎という珍しい名前をからかわれたり、「英語話せよ、アメリカ帰り」と 茶化 ちゃか されたり、いびられたり。 ランドセルも持たない僕は日本に帰っても、やはり異物だった。 アメリカでも日本でも、大体そういう嫌な経験があると僕は下を向いていた。 その「いやな時」が過ぎるのをただじっと待った。 下を向いて。 ギターを弾き始め、中2で初めて歌詞を書いた そんな状況が続いた半年後くらい、いよいよやってられなくなり「いい加減にしろよ」と反撃に出た。 振り絞るように怒った。 ちょうど身長も急激に伸びた頃で、そこからパタッと嫌がらせはなくなった。 自分の居場所を確立するために誰かをのけ者にする 奴 やつ 、誰かをからかうことで注目を集めようとする奴、親や教師の前ではいい子ぶるのが天才的にうまい奴。 そんな人間を軽蔑した。 きっといじめてきた奴らは、それがいじめだとも思っていなかったと思う。 そして、僕がこの 歳 とし になっても鮮明に覚えている一つひとつのことを、彼らは1ミリだって覚えてはいないと思う。 今頃、当たり前に親になっていたりもするんだろう。 音楽がいい居場所に 日本に帰ってしばらくすると、家にあったギターを弾き始めた。 中学に上がると徐々にのめり込み、バスケの部活を終えて帰ると「もう寝なさい」と言われるまで弾いて歌い続けた。 はじめて歌詞を書いたのは中2。 友達はいた。 部活の仲間もいた。 スタメンで活躍もした。 でも、「どこにも居場所なんてない」感覚の僕にとって偶然なのか必然なのか、音楽はちょうどいい居場所となってくれたんだと思う。 中学くらいからは親への反抗、不信、葛藤、色々な感情が生まれた。 物心ついた時から、両親には敬語で接するのがウチのルールだった。 一般的な家庭より厳しく、他の家みたいな家族がいいなとずっとどこかで思っていた。 幼い時は父が家にいるのが少し怖かった。 常に緊張して、会社に行っている時は心が休まった。 怒ると手も出す人だった。 なんというか、「最後の昭和の父親」みたいな人。 殴られたりしなくなったのは、恐らく僕のほうが身長を追い抜き、力でも圧倒的に強くなった頃だろう。 僕は結局、一度も反撃をすることはなかった。 それが果たして良かったのか、悪かったのか。 殴り返すかわりに、家の2階から飛び降りたり、運転している車から飛び降りたりした。 怒鳴 どな られるたび、傷つけられるたび、「なんで僕を生んだの?」と思った。 逃げ方もわからず、そういう行動を取ってなんとか保っていたんだろうと思う。 20歳を超えて親に会った時、「僕はあなたの子供に生まれてきたのがずっと嫌だった」と伝えた。 すると父は「俺もいきなり親になって、どうしていいかわからなかった」と言った。 本音だったと思う。 自分を棚にあげて、絶対者としての「親」を作り上げないと不安だったんだろうと思う。 自分が親になる時、同じように僕も苦悩するんだろう。 そんな親だけど、今ではすっかりおじいちゃんになり、丸くなり、会えば気さくに話せる関係だ。 とても感謝している。 進学校でクラスは能力別。 高3になると誰が大学の指定校推薦をとるとか、誰の成績がヤバいだとか、蹴落とし合いも始まった。 仲の良かった同士でギスギスしたり。 プライドばかり高い人たちも多く、そういうものを冷めた 眼 め で見ていた。 徐々に授業をサボって、電車に揺られそのまま江ノ島の方まで行ったり、逆に新宿まで出向いたり。 あの時はなんだか全てが絵空事のようだった。 現実感がなく、実感もなく、ずっと宙に浮いているようだった。 ほとんどの人間が嫌いで、くだらなく見えて、あんな奴らに俺はならないと威勢ばかりよく、受験で必死になっている人たちもどこかで見下し、音楽だけはやり続けた。 かといって学校をやめる勇気もなく、未来を決められず、すべてを先延ばし、先延ばしにしていた。 高3の秋頃、バンドを一時中断していよいよ切羽詰まり、勉強をはじめた。 高卒で無目的に社会に乗り込む勇気もなく。 大学に奇跡的に合格し、いざ入学式の日、駅を出てサークルや多種多様の企業勧誘、何千人と 溢 あふ れかえる人の群れに気 圧 お され、門の前で引き返した。 19歳でデビューが決まり、大学は中退した。 結局、僕は 卑怯 ひきょう なのかもしれない。 小学校からずっと高校も、大学も、今の音楽業界も、家族も、自らその枠組みに属しておきながらいつでも逃げ出したくて、そこから離れた一番遠いところに行きたくて。 何にも属さず、染まらず、実体のない何者かになりたいのかもしれない。 ずっと世界の異物として生きてきた僕にとっては、一生つきまとう欲求なのかもしれない。 僕は君に生きていてほしい 今の若者への思いを語る野田さん 死にたいと思っている君へ。 君の苦しみは僕にはわからない。 君の苦しみは君のものだ。 君の身体にまとわり続ける、その苦しみだ。 君を苦しめるその原因は、きっと君がどんな 想 おも いで日々を生きているか考えたこともない。 君が苦しいことさえ知らないかもしれない。 起きて、ご飯を食べて、トイレに行って、家を出て、歩いて、帰って、お風呂に入って、眠るまでの間、ずっと鉛のように君にまとわり続けるその苦しさを想像したこともきっとない。 朝目覚めて、全部あの苦しさは夢だったんじゃないかと本気で願ったりする気持ちなんか想像もできないと思う。 君の苦しさを何ひとつ知らないのに、僕は言う。 無責任かもしれないけど言う。 僕は君に生きていてほしい。 君がおじいちゃんやおばあちゃんになるまで生きていてほしい。 「時間がたてば、新しい景色が見える」 こんな優しくなくて、不平等で、残酷で、 嘘 うそ つきばっかりで、やってられない世界だけど、それでもやっぱり生きていてほしい。 こんな狂った世界なんだから、君が苦しかったり、悲しかったり、違和感を覚えるほうが自然だ。 逃げ出したくなるのが当たり前だ。 こんな狂った世界で当たり前の顔をして、疑問も持たず生きられる奴らの方がよっぽどどうかしている。 あいつらの方がよっぽどおかしい。 君がいなくなって、そんな奴らばっかりの世界になるのなんて、僕は嫌だ。 君を今支配している悲しみ、苦しみ。 それは一生は続かない。 これだけは約束する。 今そいつらに覆われていて、何も変わることはないと思っているかもしれない現状は、実はそんなことはない。 「時間」を経ると物事は変化する。 新しい景色が見える。 新しい角度が見えてくる。 「今」とは違う未来がくる。 その時まで待てるなら待ってほしい、全力で逃げてもいい、叫んでもいい、泣いてもいい。 君が操縦席に座る「君」という人を守ってあげてほしい。 読んでくれて、ありがとう。

次の

深田恭子出演「午後の紅茶」新CM 曲は野田洋次郎の書き下ろし“猫じゃらし”

野田 洋次郎

RADWIMPSのボーカルとして、 日本を代表するロックスターとなった野田洋次郎さん。 現在でこそモテモテの彼ですが、 インディーズが出始めた頃には、 マキという名の、一般人の彼女がいました。 当時の野田洋次郎さんのブログを見ていた方は、 そのマキさんの存在は知っていることでしょう・・・。 野田洋次郎さんは隠すことなく、 彼女に関してはオープンに綴っていました。 そんな野田洋次郎さんの彼女だったマキさんですが、 バンドが売れ出した後に、芸能人の方との交際が囁かれ、 知らぬ間に消えてしまった印象があります。 野田洋次郎さんとマキさんが、 いつどのような理由で破局してしまったのか? 一部のファンの間では、 マキさんが亡くなったと噂され、 その死因を知りたがる方が多くいます。 また、楽曲の中には、 辛い別れを感じる切ない大人な曲も増え、 その曲はマキさんのために書いたのか?とまで・・・。 野田洋次郎の彼女・マキの死因 噂 と曲 少なくとも野田洋次郎さんとマキさんは、 アルバム「おかずとごはん」までは、 ラブラブだったと言われています。 そして、2006年にリリースされた、 「有心論」という楽曲を皮切りに、 マキさんとは破局したと言われてます。 マキさんが亡くなったと噂される理由には、 「有心論」の歌詞の中身から、 もう会えない、二度と会えないような、 まるで亡くなった人に向けたニュアンスがあったのです。 「地球上でいつ出会えるかみ」という歌詞があるのですが、 この 神の部分が「KAMI」から「MAKI」に重ねたと憶測されてます。 確かにRADWIMPSの歌詞遊びの特徴があれば、 そのマキさんを表現した裏の意味があってもおかしくないです・・・。 ただ、野田洋次郎さん自身が、公式に公言してないので、 あくまで一部のファンの中での憶測に過ぎないので、 ここはまだまだ信じないようが良さそうです。 いつか、野田さん自身の口から、 何か情報が聞けるかもしれません。 野田洋次郎は元カノのマキを現在でも愛しているのか? 野田洋次郎さんがマキさんと別れてから、 すでに10年の歳月が経っていますが、 現在でも彼女のことを想っているのでしょうか? どのアーティストも、バンドの出だしの頃に支えてくれた、 一般人の彼女を、思い出に強く残してる方が多いです。 もしかしたら、野田洋次郎さんも、 その類に該当するのかな?との声も・・・。 現在までの野田洋次郎さんの歌詞を見てみると、 著名な美女との派手な交際をイメージする恋歌はなく、 素朴で素直な、まっすぐな愛情表現が多いです。 吉高由里子さんなど、 なかなかな美女と交際もしれますが、 歌に表現が出るとしたら、 マキさんの方が可能性は高いです。 しかし、前の彼女を引きずった意味での、 後悔を持ち続けているようなイメージはなく、 時に、新しい恋の始まりを予感させる歌詞も多いです。 マキさんと破局して10年前後の歳月が流れた現在、 野田洋次郎さんの中で、彼女はそのような立ち位置に来てるのでしょうか? 今後のRADWIMPSの楽曲の中に、 彼女との思い出や経験にかすめた曲は登場するのか? これからの楽曲の内容に、出ると思うので、その部分にも注目です。 個人的には、野田洋次郎さんに合う、 素敵な女性に出会いながらも、 昔お世話になった女性への感謝も持ち続けていたらなーっと思います。

次の