りんごプレート。 りんごの大量消費に役立つ簡単レシピ20選!美味しく飽きずに食べ切る方法

りんごプレート スプーン・フォーク付き お名入れタイプB【 出産祝い 食器セット 男の子 女の子 ベビー 人気 おしゃれ アグニー agney 】 :AG

りんごプレート

手のひらサイズの「餃子の皮」や「ピザの生地」で作る簡単スナックパイ。 軽やかな食感のアップルパイをホットプレートで作ってみました。 おやつやおつまみとしてもおすすめのレシピです。 りんごとバナナのスナックパイ• 「餃子の皮」や「ピザの生地」・・30枚• リンゴ・・1個• ハチミツやメープルシロップ・・お好み量• オリーブオイル・・適量 りんごとバナナのスナックパイは我が家の定番レシピ。 レモン汁やシナモンなどを加えない、フライパンやホットプレートでサッと焼けちゃうシンプルさです。 りんごの甘酸っぱさとシャキシャキ感、バナナのコクある甘みとこってり感、果実の素朴な甘みと歯ざわり口あたりの絶妙なバランスがとても美味しいです。 りんごとクリームチーズのスナックパイ• 「餃子の皮」や「ピザの生地」・・30枚• リンゴ・・1個• クリームチーズ・・100〜150g• ハチミツやメープルシロップ・・お好み量• こちらも大好きです。 ぱりぱりアップルパイの作り方。 作り方はとっても簡単。 今ある材料でアレンジも可能です。 冷蔵庫にワンタンの皮とクリームチーズがありましたので、今回はクリームチーズのアップルパイをワンタンの皮で作ってみようと思います。 餃子の皮よりも薄いワンタン皮ですが、おいしく焼きあがってくれることを祈って・・では、さっそく作ってみましょ。 刻んだリンゴと甘味料お好み量を、シリコンスチーマーや耐熱皿に入れ、電子レンジで加熱します。 (目安600wで2分)• 一度取り出して混ぜてから、再度電子レンジでお好みの歯ごたえまで加熱します。 (目安600wで2分)• 粗熱がとれたリンゴのコンポートに、小さくちぎったクリームチーズ(またはフォークでつぶしたバナナ)を入れて混ぜます。 ちょっと味見。 うん、おいしい!• 餃子の皮に乗せ 写真はワンタン皮ですが 、折り合わせ部分に水を付けて包みます。 フォークの背で押すとスピーディーにしっかりと閉じることができます。 フライパンやホットプレートにオリーブオイルをたっぷりめに塗り、こんがり焼き色が付いたら出来あがり。 皮は薄いですが「中はしっとり外はパリっと」よい感じに焼きあがってくれました。 あっという間に食べちゃいました。 「美味しーい!」味見の時点で美味しいできあがりが予想できた30個。 ふたりであっというまに完食です。 つまみやすいミニサイズの スナックアップルパイ、作るのも早かったけれど食べるのも早かった。 焼くとぱりぱりに、揚げるとサクっ。 冷めても美味しくいただけますが、ほのかに甘酸っぱいりんごのコンポートに滑らかなクリームチーズがとろりとなじんだ 焼きたてアツアツ がおすすめです。 おやつにもおつまみにもおかずにも、餃子のみならずいろんなジャンルで活躍する餃子の皮。 皮の種類や包む具材、加熱方法によって、パイ生地とはまた違ったピザクラフトやトルティーヤ的な食感になったりもしますし、具材をつまみやすくダイレクトに味わいたい時に、乗せたり軽く包める便利な生地ですよね。 今日もおいしかった。 ごちそうさま!.

次の

美味しいりんごをつくる剪定作業とは|味の農園

りんごプレート

吉澤奈保子さんのリンゴシリーズの白プレートが登場。 全国的にも有名な陶器の産地、栃木県の益子町。 益子焼の産地として知られるこの地域は、窯元が約250とも言われ、陶器店は約50店舗もあるとか。 まさに陶器の町です。 若手からベテランまでこの地域に窯を構える陶芸家も多く、切磋琢磨しながら作品を生み出しています。 その作風はまさに多種多様、自由な気風の中で人気作家を数多く輩出しています。 この益子焼の中でも、土ものならではの質感を生かしつつ独自のデザインと融合させた素朴で温かみのある器が人気の作家、吉澤奈保子さんをご紹介します。 有名雑誌などにも紹介されることもあり、その独特な作風が人気の作家さんです。 吉澤さんの作品は陶器ならではの質感をいかしたオリジナルのデザインが魅力。 成型した器に一つ一つ手作業で削りながら模様をつけ、白化粧という加工後、模様を立たせるためのカキ落としという行程を経てやっと焼に入るのだとか。 大きさの異なるそれぞれの器に合わせてその都度考えながら模様を入れているそうで、 「ボールやマグカップなどは器ごとにその時のイメージで模様を入れていきます。 だから同じ形の器でも一つとして同じ表情がないんですよ」と語る吉澤さん。 削りという行程で生まれる不ぞろい感を活かしあえてごつごつとした手触りをつくる。 土の温もりを感じ、こころがほっこりと温まる…吉澤さんの作品はそんな器です。 今回は吉澤奈保子さんの代表的な「りんご」柄の器をご用意しました。 数量限定となります。 りんご プレート 白・・・使いやすい大きさなので日常でも活躍してくれます。 白地なのでサラダなども映えますよ。 トーストなどにも。 ご購入前に・・・ この商品は作家さんが一つ一つ手作業で作っていいます。 商品の特性上お届けする商品は模様の出方や色合いが写真と同じものではないことをあらかじめご了承願います。

次の

りんごの木の「プレート」

りんごプレート

吉澤奈保子さんのリンゴシリーズの白プレートが登場。 全国的にも有名な陶器の産地、栃木県の益子町。 益子焼の産地として知られるこの地域は、窯元が約250とも言われ、陶器店は約50店舗もあるとか。 まさに陶器の町です。 若手からベテランまでこの地域に窯を構える陶芸家も多く、切磋琢磨しながら作品を生み出しています。 その作風はまさに多種多様、自由な気風の中で人気作家を数多く輩出しています。 この益子焼の中でも、土ものならではの質感を生かしつつ独自のデザインと融合させた素朴で温かみのある器が人気の作家、吉澤奈保子さんをご紹介します。 有名雑誌などにも紹介されることもあり、その独特な作風が人気の作家さんです。 吉澤さんの作品は陶器ならではの質感をいかしたオリジナルのデザインが魅力。 成型した器に一つ一つ手作業で削りながら模様をつけ、白化粧という加工後、模様を立たせるためのカキ落としという行程を経てやっと焼に入るのだとか。 大きさの異なるそれぞれの器に合わせてその都度考えながら模様を入れているそうで、 「ボールやマグカップなどは器ごとにその時のイメージで模様を入れていきます。 だから同じ形の器でも一つとして同じ表情がないんですよ」と語る吉澤さん。 削りという行程で生まれる不ぞろい感を活かしあえてごつごつとした手触りをつくる。 土の温もりを感じ、こころがほっこりと温まる…吉澤さんの作品はそんな器です。 今回は吉澤奈保子さんの代表的な「りんご」柄の器をご用意しました。 数量限定となります。 りんご プレート 白・・・使いやすい大きさなので日常でも活躍してくれます。 白地なのでサラダなども映えますよ。 トーストなどにも。 ご購入前に・・・ この商品は作家さんが一つ一つ手作業で作っていいます。 商品の特性上お届けする商品は模様の出方や色合いが写真と同じものではないことをあらかじめご了承願います。

次の