感想 漫画。 《感想》アニメ・漫画:鬼滅の刃|mito|note

漫画本の感想と画像の使用について、著作権侵害をしないために

感想 漫画

本屋の平台に積まれてあって、あっ、これは面白そう! と思って購入。 田中角栄といえば、鉄道オタク的には上越新幹線の漢というイメージしかなかったり。 『ムダヅモ無き改革』の大和田秀樹先生の描くマンガですから、 面白くないわけないだろうな、ということで期待していたのですが、 期待以上の面白さでした。 以下ネタバレ含む感想。 ん? でも田中角栄の伝記マンガにネタバレも何もないかな?• マンガ的面白さがここにある 『ムダヅモ無き改革』はまさにそうだなってとにかくド派手な絵が読んでいて勢いを感じさせます。 台詞一つ言うのにもこの(ナゾの)迫力… なんでも名言に聞こえてきますね笑 正直言って、『ムダツモ』の印象が強かったので、 怖い顔しておバカなこと言ってなんかすごみを出す感じで、 もっとギャグ味にあふれている内容になってるんじゃないか? って思っていたのですが、 おバカさが抜け、迫力が残ると何か高尚なものを読んでいるんじゃないかと思えてきます。 田中角栄ってこんなにすごいの? いやいや、まだ1巻でこんなに面白いのってすごくないですか? 天才的な人たらしであったといわれる田中角栄ですが、二十歳そこそこでこんな マンガ的な活躍本当にしてたの? って思っちゃいます。 上京、いくつもの仕事を経験し実力をつけ、そして大河内先生に見初められ、理研の職員として故郷に錦を飾る… 雑な言葉でいえば、リアル「なろう」ですよね。 この成り上がっていく感じ。 大河内先生に気に入られていく過程も、ちゃんと段階を踏んでいってるので、 角栄が着実に力をつけてきている、色々な人から学んで器のでかい男になっているのがよくわかります。 ・・・段階を踏んでいる、ってそんなのあたりまえじゃん。 って一瞬我に返ったんですが、最近そういう過程をすべて吹っ飛ばして 「でかい結果をいきなり出して雑に認められる」 が流行でもありますしね。 続きに期待 『角栄に花束を』は続けば続くほど面白くなっていくと思うんですよね。 設定でスタートダッシュを切る漫画が多い中で、続けば続くほど話のスケールがでかくなっていくと確約されている伝記漫画ですから、続きが楽しみです。 あと、尊敬するのが 参考文献の多さね!.

次の

浅析丰子恺感想漫画的审美特征

感想 漫画

本の表紙を見てなんか面白そうだなぁと思って読んだ作品。 サスペンスホラーのような感じでグロいシーンがちょこちょこ出てくる。 他の作品よりグロ!って思うシーンもあってページを開いてビックリしたほどだった。 グロいのは良いんだけど最初のアイドルたちがちょいセクシーなのでそんなチョいエロ要素があるのかと思いながらみていたんだけどほとんどなかった。 最初だけだった。 マンガより映画を見ることが多かったのでまじまじと漫画を見比べたことがなかったが読んでいてなんか好みでない絵なんだよなーって思えてきて、その原因は背景に一つの答えがあったと思った。 電人の背景は写真をトレースもしくあ簡易トレースしたような雰囲気がありトレースでも漫画のような雰囲気にしているより実写っぽくそのまま使っているような雰囲気がある。 そこが冷たさを感じて漫画の面白みを感じなかったのだと思った。 例えば漫画「終末のノスフェラトゥ」では写真をベースにしているかもしれないけど写真にはない書き込みがたくさんされているように思う。 多少雑には見えるものの面白みがある絵で冷たさを感じない。 そこが漫画の面白みを高めていると僕には感じる。 もちろん人それぞれ好みは違うだろう。 それの理由は背景と同じように静止したものをトレースした背景に心のようなものを感じないように人物にもどこか漫画が見せる人間味を感じなかったからじゃないかなと思った。 つまり絵を描くのが好きというわけではないような雰囲気を与えてくるのだ。 作者は描くのが好きだったとしてもどこか好きでない印象を僕には与えてきた。 それと人物にあまり魅力を感じない。 これは性格ということではなく見た目の魅力が感じなかった。 わかりやすいのが女性。 勝手に漫画家でもない僕が批評して批判しちゃうけどそれも僕の感想だ。 携帯に映されている女性はかわいい雰囲気がある。 髪にも躍動感があり顔、体のバランスも良い感じだ。 明暗があまりなくあまり好みではないがカワイイ雰囲気はある。 一方、アイドルが歌うシーンでは髪に流れはあるもののものすごく固い印象を受ける。 この作者女性を描くのが好きじゃないのかただ手抜きしているだけなのかわからないが髪を見ても動きのない印象を与えてくる。 絵は下手でも「へたうま」というのもあり下手でも面白くかわいくうまく見えたりする。 女性だけでなく他の人物やグロいシーンも僕には固い印象を与えてきて悪く言えば「やっつけ感」があって技術的に言えば静止画をコマごとに張り合わせて文字の「ドン」とかでなんとかして動きをだそうとしている印象を与えてくるのだ。 「やっつけ感」を感じるとせっかくのグロシーンがなんかよく見るとグロくない感じに見えてきてなんか違うと思うってくるのだ。 動かない背景ばかりたくさん描いているからかもしく人間などを動いていないものを参考しながら描いているからか命を感じない。 アートにおいても死体をみながら描いている人は絵が死んだ人のようになってくるように命のないものばかりもしく命を吹き込むように描いていなければ動きのないロボットもしくはどこか死んだ人のように見えてくるのだ。 リアルとバーチャルの境界のように生きているようで死んでいるようにも見える顔。 電人の作者のグロシーンに細かな描きこみがないのでそこまで人体に興味を持っているわけでもないのだろうが躍動感のない人物からはまるで死の宣告があるかのように死への布石のようにも感じてくる。 電人Nの魅力がグロなので死体をたくさん見て描いているのかもしれないがそのおかげで全体的に死んでいるように見える不気味さもある。 そこも漫画の魅力でもあるのだろうけど。 僕がものすごく怖く感じたのが映画で死人を使ったアートなんだけど死んだ男の子の顔を笑わせるのは普通のホラーの残虐シーンよりも気持ち悪く怖く道徳観にも突き刺さるものだった。 電人Nの死んでいるのか生きているのかわからない顔からは少しだけどハウスジャックビルドのように死体で遊んでいるような嫌な恐怖も感じる。 「ドン」で好きなのは女性アイドルのシーンとは違うけどワンピースやら笑うセールスマンやら躍動感がものすごく出ている。 グロシーンで細かく描いていないリアリズムに拘ってないのにグロいなぁと思うアートがある。 フランシスコ・ベーコンの絵からは躍動感があり現実にはありえない雰囲気ではあるが恐怖や気持ち悪さも感じてくる。 エミール・ノルデは細かくは描いていないのに気持ち悪くどこかグロくも見えてくる。 堅苦しさはなくどこか躍動的で見ているだけで気味が悪くなってくる。 これらのアートからは絵ならではの感情表現が出来ていて絵ならではの魅力が出ている。 現実のパースや現実をトレースしたものよりも真実を見せ、見るものに衝撃を与えてくるのだ。 ちなみにホラー漫画「うずまき」は写実的に背景を表現していないため躍動感や不気味さが出ている。 どこかゴッホの絵の雰囲気も感じられる。 絵ならではの魅力だと思う。 背景や人物の絵は僕の好みではなかった。

次の

浅析丰子恺感想漫画的审美特征

感想 漫画

本文章の内容は専門家ではない個人が調べたものです。 情報の正確性を保証するものではないので、参考程度にお願いします。 こんにちは、TAKAです。 前回「ブラタモリ」の書籍版についての記事を書きました。 書いた本人の感覚なのですが、かなり楽しかったです!! 世の中に多くの書籍や漫画本に関する紹介ブログがありますが、やはり皆さん楽しいからやっているのだろうな~と身を持って体験しました。 私も続けて何かの感想、漫画本などの内容を書きたい!っと強く思うようになりました。 しかし、一つ懸念がある点として著作権がありました。 ・漫画の内容について文章化して良いのか? ・漫画の画像は使用して良いのか? ・その他、注意点は無いのか? 今後の活動を安心して行う意味を込めて、私が調べうる範囲でまとめてみました。 著作法における非親告罪化 著作権については日本ではこれまで長い間、親告罪という形がとられてきました。 これは著者が著作権を侵害している者に対して直接訴訟するというものです。 しかし、この親告罪の弱点は違反している者が大量にいると著者側が摘発する費用が莫大となるため、目をつむらざるを得ない状態、公の良心に任せる状態でした。 そのような現状を鑑み、 2018年12月30日に法改正が施行され著作権の非親告罪化が起こりました。 内容については以下のリンクに大変詳しく乗っているので、ご興味のある方はご覧ください。 リンクの中段に法改正の概要が載っています。 これによると著作権侵害に当たる行為としては「 原作のまま複製された複写物を公衆に譲渡し」という言葉があります。 この文章が正しいとすると私が行いたいと考えていた ・漫画の内容について文章化して良いのか? ・漫画の画像は使用して良いのか? は原作をそのまま複製するわけではないので良いと思われます。 漫画の内容を文章化するのはある意味、読んだ人の感想も入るので原作のままということにはなり得ません。 漫画の画像もあるページをそのまま引用するのではなくページの一部のコマであれば原作のままという文言を回避できると理解しました。 漫画のコマの引用方法について 漫画の画像については引用という手法をとることになります。 この場合画像がどの書籍のどのページから引用されたのか、また自身の著作物と引用元の著作物が混同しないような表記をすることが必要だと思われます。 例えば下の画像に示すような感じです。 私も今後も著作権に関する知見を深めて、正しく、楽しくブログを書いていければと思います。 virtue000000.

次の