インド の シリコン バレー。 【インドのシリコンバレー】バンガロール留学

シリコンバレーとバンガロールの違い 2020

インド の シリコン バレー

ナレンドラ・モディ首相ののもと、近年IT産業を中心に、インドがめざましい発展を見せています。 同時に,国際的な存在感も急速に高まってきています。 インドの人口構造を見ると若年層が非常に多く、日本にとってはこれからの市場として非常に大きなポテンシャルを秘めています。 また地政学的にも、インドは日本にとって重要なパートナーとなる可能性があります。 われわれは、2020年1月末から2月上旬にかけてインドを訪問しました。 私にとっては4回目のインド訪問となりましたが、これまでの訪問と比較しても、インドは飛躍的に発展していました。 米中に次ぐ超大国になる可能性が、そろそろ現実味を帯びてきたと思うほどでした。 しかしこうした可能性と同時に、この巨大で多様なインドには、旧時代の歴史的後遺症などの複雑な問題が随所に色濃く残っています。 これらは、大国にふさわしいを世界で発揮するために克服するべき、大きな課題であるという側面も否定できないと思います。 以下、そうした論点に関する私の感想を申し上げたいと思います。 インドのIT産業は南部の都市、バンガロールを中心に、20年ほど前から急速に発展していました。 しかし、近年では、インド全土に点在する主要都市にIT産業が集積しつつあり、インドのIT立国化とも言うべき現象が進んでいます。 バンガロールの世界のIT産業の中核としての急激な成長は、アメリカの西海岸にあるシリコンバレーの影響を強く受けています。 20年ほど前に、シリコンバレーのいわば下請け基地としてバンガロールは発展しました。 シリコンバレーでIT産業の仕事量が膨大になるにつれて、ソフトウェアなどの作業を発注する必要が出てきました。 人材が豊富で、賃金が安く、さらに13. 5時間の時差という条件を最大限に生かし、シリコンバレーのオフショア投資の基地として、バンガロールは発展したのです。 なぜ時差が有利な条件となったのでしょうか。 シリコンバレーの技術者が、ITシステムの設計などの業務を午後5時に終えると、彼らはバンガロールの契約業者にその設計をもととしたソフトウェア製作などの業務を発注します。 すると、翌朝、シリコンバレーの技術者が出勤してくると、インドでつくられたソフトウェアが完成しているというサイクルだったのです。 このように、シリコンバレーとバンガロールは分業と協業で、24時間、休みなくフル回転できる稼働体制を世界規模で構築し、そろって目覚ましい発展を実現したのです。 このような状況を反映して、インドのIT産業は大量のを行っています。 IT業界の規模は、直接だけでも約370万人です。 ちなみに日本は約90万人です。 さらに、インドは非常に高度なIT人材を大量にできる唯一の国です。 理工系の大学新卒が、毎年、100万人以上輩出されています。 そのうち20万人がIT業界に就職します。 加えてインドには、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)にならったインド工科大学(IIT)や、国立工科大(NIT)などの、コンピュータ科学の分野では世界でも有数のレベルにある教育機関があります。 そこから人材が輩出されてきます。 インドのIT産業は、かつては米欧先進国の下請けとして発展してきました。 その下請けの仕事に取り組むうちに、さまざまなことを学びました。 そして、徐々に上流の業務に取り組むようになり、とうとう最近では独自のを実現するようになりました。 また詳しくお話ししますが、そのの中には、リープフロッグ(カエル跳び)つまり先進国を追い越していくようなもあります。 それからインドの得意なリバースがあります。 つまり、インドには非常に深刻な貧困や環境汚染などの悪条件が多くあるので、そうした問題を前提にして使える技術開発を行います。 これは先進国では想像もつかない技術開発となるのです。 このような現象が、今さまざまな領域で広がっているそうです。 さらにインドでは、最近スタートアップ企業が目覚ましく増えています。 2010年には480でしたが、2016年には4800となり、2020年には1万を超えるといわれています。 これは世界でもトップの水準です。 これには、スマートフォンの急速な普及と、ネット経由でさまざまなビジネスの提供が可能になったことが背景にあります。

次の

シリコンバレー

インド の シリコン バレー

県は30県(ジッラガル)分かれている。 人口1234万を数える大都市で インド第3位、さらにインドのIT産業の中心地です。 日本からは 直行便はなくデリー、香港、バンコク、クアラルンプール、シンガポールからの乗り継ぎで 約14時間ぐらいのフライトとなっています。 私が使ったエアアジア航空では2ヶ月前にとってバンコク経由で 片道約33000円でした。 国内線ではバンガロールは南から北まで様々な空港とつながっています。 また入国にはビザが必須で学生ビザや観光ビザによって必要な書類などが違います。 詳しくは別の記事に書こうと思います。 日本では東京と大阪のインド大使館の二つででき 費用は3000円以内ととても安いです。 更に街中ではUberやオートリキシャと呼ばれる乗り物が発展していて、交通に困ることはありません。 html 上が最大気温と、平均気温と最低気温なのですが年間を通して 平均20度くらいということが読み取れます。 これは920mという高原に位置しているおかげで一年を通してかなり過ごしやすくなっています。 この時期は毎日のように降ることがあるので 折り畳み傘があると便利です。 ただこっちにインド人はあんまり傘をさしているのをみた事がありません。。。 だいたい止むまでそこらへんの店で待機したりしています。 バンガロールの食事情 日本ではあまり考えた事がないですが、インドでは宗教上の問題やベジタリアン、ノンベジタリアンなどで食べれる食材が違ったり、タバコやお酒などを吸ったり飲んだりという文化があまりないと言われています。 これは少し複雑で店では必ずベジ、ノンベジフードで分かれています。 更にアルコールの販売に関してはお店ではライセンスを会得しないと販売できないので 日本や他の先進国と比べて普通のお店では基本的に販売していません。 これはバンガロールでも同様に起きていますが街の中心部や栄えているところにはお酒を販売したり飲んだりできるパブなどのお店も多々あります。 更にほとんどのお店ではチキンかマトンが提供されていますがインドでは神とみなされている 牛肉も食べる事ができます。 そしてそもそもの人が多いので タバコを吸ったりお酒を飲んだりお肉を食べたりする人もたくさんいます。 canstockphoto. jp インドの公用語は ヒンドゥー語であるが州や県によって様々である。 バンガロールのあるカルナータカ州は州公用語がカンナダ語であり県ごとにそれぞれ2個ぐらい言語があるのでカルナータカ州だけでも 60以上の言語がありインド国内では 800以上の言語があると言われている。 更に 英語が第二公用語としてあり中学校、高校、大学と英語で基本的に行われるため教育を受けてきた人なら 英語を結構喋ることができる。 更に自分の州の公用語と国の公用語も喋れるため 3言語ぐらい話せる人も多い。 私のインド人の友人は3言語話す事ができて 「なんで英語勉強する必要があるの」と言われたぐらい()。。。 ただ発音に関してはすごい濁りがある人もいるので ヒンディー語か英語を喋ってるのかわからないなんてことも。 html 「バンガロール留学ってどうなんだろう!」って人に向けて少し紹介します。 インドは広くて北部と南部でも全然違うと言われています。 ITパークと呼ばれるIT会社の集合地帯があったりすることで 多様な人種の人が様々な国から集まり街を作っています。 歩いてみると英語を喋れる人がたくさんいたり語学学校なども様々なところにあります。 また IT地帯なのでプログラミングスクールなどもあります。 現在人口2位でGDPも日本を抜く日は近いと言われています。 そんな現状を勉強しながらその国にいることで感じて見てはどうでしょうか。 自分自身もインドにいながら自分が感じたことを発信していけたらなと思っています。

次の

シリコンバレーとバンガロールの違い 2020

インド の シリコン バレー

シリコンバレーとバンガロール シリコンバレーとバンガロールは、米国とインドの2つの重要なITハブです。 シリコンバレーとバンガロールの違いを理解するには、バンガロールとシリコンバレーの両方について少し知っておく必要があります。 シリコンバレーは米国の北カリフォルニアにありますが、バンガロールはインド南部ではあまりにもよく知られている大都市です。 シリコンバレーと呼ばれるこの地域の理由は、Google、Yahoo、Microsoftなどの世界最大のエレクトロニクスおよびIT企業が存在するためです。 当初、それはシリコンチップメーカーのために呼ばれましたが、後にフレーズが固執し、ハイテクの他の中心にもかかわらず、この地域はITや他の関連業界ならば、依然として拠点となっています。 BangaloreのIT革命は1990年代に始まり、すぐにアウトソーシングとオフショアリングのために米国のIT企業の拠点になった。 インドのシリコンバレー(Silicon Valley of India)は、米国の元のシリコンバレー(Silicon Valley)と類推するために造語されたフレーズです。 トポグラフィ的に言えば、シリコンバレーがある谷ですが、バンガロールの場合はデカン高原にありますので、シリコンプラトーという言葉が適しています。 インド最大のIT企業の2社InfosysとWIPROはバンガロールに本社を置いています。 しかし、バンガロールとカリフォルニア州のシリコンバレーを直接比較することは、あまりにも遠くになるだろう。 シリコンバレーはここ60年前から存在しており、バンガロールのIT産業が90年代に始まり、まだ初期段階にあるインフラストラクチャーが整っています。 両者には類似点がありますが、製品やソフトウェアの開発という点では相違点があります。 以下は、シリコンバレーとバンガロールのITベンチャーにおける大きな違いの説明です。 そこに生まれて開発されたMicrosoft、Yahoo、Google、Twitter、Facebookのような企業の姿に目を向けるべきだ。 バンガロールの生態系は初期段階にあり、シリコンバレーに近づくにはさらに25年かかるかもしれません。 シリコンバレーの企業や起業家は、バンガロールの企業や企業家よりもオープンです。 最高の人材を募集し、トップ投資家を引き付けるためには、会社を閉鎖するよりもむしろオープンにする必要があることを彼らは学びました。 これは、彼らが自社の製品やサービスに関する話題をつくる方法です。 一方、インドの企業は、最新のプロジェクトについての情報があまりないという意味で閉鎖されています。 なぜなら、サイトでは利用できず、メディアでは話されていないからです。 シリコンバレーのベンチャー企業は、プレスリリース、ブログ記事、ベータ版への招待状、その他の潜在的な顧客に情報を提供し、関心を持つ多くの活動を積極的に行っています。 インドの企業はメディアに恥ずかしがり、自社の製品やサービスを宣伝していない。 シリコンバレーの企業はより論理的ですが、バンガロールの企業はより感情的です。 シリコンバレーではどんな提案や考えも歓迎されていますが、バンガロールでの侵入とみなされています。 シリコンバレーの企業は社会的かつ外出しているが、バンガロールの起業家はメディアから切り離された孤独な生活を送っている。

次の