カタツムリ のか たと は 何。 日本のカタツムリ!種類の見分け方は?生態や特徴や生息地は?

カタツムリ って何を食べて生きていますか?

カタツムリ のか たと は 何

カタツムリの殻が割れたら再生するの? 飼っているカタツムリの殻が割れたら、その部分は割れたままになるのか気になりますよね。 私の家で飼ってるカタツムリは、今のところキレイな殻のままですけど…。 結論からお伝えすると、カタツムリの殻は、割れてしまっても再生します。 カタツムリの殻は、成長するだけでなく、壊れた部分を修復する機能も備わっているからです。 ボロボロの殻のままでは、カラダを守るという殻の役目を果たせないですからね。 ただ、割れた殻は、少しずつ修復されていきます。 ですから、みるみる修復される訳ではないので、ずぅ~っと眺めていても、修復していく過程を確認することは出来ないですョ。 あと、カタツムリの殻は、乾燥を防ぐ機能も備わっています。 カタツムリが眠るときは、カラダを殻の中に入れて眠ります。 カタツムリが眠っている間、殻の入り口が開いたままだと、殻の中が乾燥してしまうので、殻の入り口をタンパク質の膜で塞ぐことが出来るようになっているんです。 カタツムリは、乾燥に弱いですからね。 ただ、殻の入り口を完全に密閉してしまうと、カタツムリは窒息してしまいます。 ですから、呼吸をするための小さな空気穴が開いています。 ちなみに、軽い休眠のときは、エピフラムが1枚だけです。 でも、乾燥が激しいときや、深い休眠を取るときは、カラダを殻の奥に縮めて、エピフラムを2~3重に張るそうです。 上記の画像のように、カタツムリが枝に密着して外れないのは、エピフラムによって、殻が枝に接着されるからです。 という訳で、カタツムリの部分的な機能について説明しましたけど、次の章では、カタツムリの殻の全体的な構造について説明させて頂きますので、そちらもご覧下さいね。 Sponsored Link カタツムリの殻の構造は、どうなってるの? ヤドカリは、カラダと殻は別ですから、カラダが大きくなると殻を脱いで、カラダの大きさに合った殻を探して、それを使いますよね。 でも、カタツムリの殻は、カラダの一部です。 ですから、カラダの成長と共に、殻も大きく成長していきます。 その殻は、炭酸カルシウムの結晶なのですが、カタツムリの体内で、化学反応によって作られるそうです。 ちなみに、カタツムリのカラダの表面は「外套膜 がいとうまく 」と呼ばれるモノに覆われているのですが、そこから炭酸カルシウムの結晶が分泌されて、殻を大きくしていると考えられているそうです。 なお、殻は2方向に成長していきます。 これは、カタツムリの殻だけじゃなく、二枚貝の殻なども同じらしいですョ。 ところで、汚れているカタツムリの殻を見たことは無いのではないでしょうか。 何故、カタツムリの殻は汚れていないのか、その辺りのことは次の章で説明させて頂きますね。 カタツムリの殻は、どうして汚れないの? カタツムリの殻の表面には、無数の微細な溝があります。 これは、雨どいのように、水が流れる構造になっています。 その溝に水が流れると、汚れが浮き上がって落ちやすいようになっているんです。 ですから、カタツムリの殻は汚れないんです。

次の

カタツムリの飼い方 餌は?寿命は?自由研究にもぴったり!

カタツムリ のか たと は 何

陸上生活をしている貝の仲間です。 日本全国はもちろん、海外でも多く生息していて、生息地域ごとに種類が分かれます。 日本では、4月~9月頃、湿気のある雑木林、低山や平地でよく見られます。 日本で一般的にカタツムリと呼ばれるものでは、ニッポンマイマイ科やオナジマイマイ科のカタツムリが種類として上げられます。 カタツムリは世界に約2万種、日本には約800種類いると言われています。 「カタツムリ」は何類? カタツムリには特定の分類群がないので、何類か?と聞かれても答えられません。 カタツムリは多くの科にまたがっているので定義はありません。 生物学の分類では一応、軟体動物門 腹足網に属しています。 「カタツムリ」の体 カタツムリには口があり、小さな歯が1万本以上も並んでいるヤスリのような歯舌があります。 その他に食道、胃、肛門があります。 カタツムリの頭には触角があります。 大触角と呼ばれている大きな2本の触角の先端には丸い目玉が付いていて、明暗を見分けることができます。 小さな2本の触覚は味覚と臭覚を察知します。 カタツムリは雌雄同体の生き物なので、オスメスの区別はありません。 「カタツムリ」の殻 石灰質で作られているカタツムリの殻と体は、筋肉によって殻の内にくっ付いています。 体と殻は体の器官の1つで、セットになっています。 殻が傷ついたら、自己治療で直すことが出来るんですよ。 ちなみに、カタツムリの殻は体の一部なので、カタツムリの殻を取ったらカタツムリは死んでしまうんです。 カタツムリの殻は右巻きと左巻きがあり、カタツムリの種類によって変わります。 「カタツムリ」とナメクジ ナメクジは軟体動物門 腹足綱・有肺亜目の柄眼目に分類され、カタツムリの近縁種ですが、ナメクジ科に属しているので、カタツムリとは違います。 ナメクジが成長してもカタツムリにはならないんです。 アフリカマイマイは東アフリカのサバンナで生息しているのですが、日本には食用目的で1932年頃に持ち込まれました。 ですが、アフリカマイマイに宿った寄生虫に感染して死者がでたことなどもあり、現在は日本本土への持ち込みは法律で禁止されています。 世界各国でも危険な生き物として、アフリカマイマイの持ち込みは禁止されているんです。 エスカルゴとは、食用として養殖され、衛生管理されたものです。 きちんと管理されたエスカルゴは食べても問題ありませんが、天然のカタツムリには寄生虫がいるので、食べると感染しています。

次の

カタツムリ って何を食べて生きていますか?

カタツムリ のか たと は 何

先日、キャベツを購入した時に小さなカタツムリが葉の中から出てきて、子どもたちに大人気。 姿形は知っているけれど、どんな生き物なのか知らないので少し調べてみました。 カタツムリの目はどこ? ですよね~。 パッと見ると目なんかないですよね。 「上についてるのが目だよ」と強気に答えたのですが念の為に。 カタツムリの 頭部に上を向いてピョコピョコと動いている触角の先に目が付いています。 この目は、人間みたいに色や形、距離などは見ることができず、現段階では 「明るい」「暗い」を感じるぐらいだそうです。 カタツムリは夜行性なので夜行動するのに丁度良いそうです。 触角の数は全部で何本? カタツムリ頭部に上に向いてついてる長い触角を大触角といい2本あります。 頭部の下側に小さな触角を小触角といい、こちらも2本あります。 答えは4 本です。 触覚は大切な役目をしています。 大触覚は先端に目があり、この触角をキョロキョロさせ辺りの様子をうかがい行動します。 触覚を1本なくすと方向感覚がなくなり真っ直ぐ進むことができなくなりますが100日ぐらいで元通りになります。 先端に付いてる目もです!(すごい再生能力!) 小触覚は餌を探すのに使います。 こちらも触覚がなくなると臭いがわからなくなるようです。 スポンサードリンク 成長する速さは? 子どもから大人に成長するまで、 大体期間で表すと 1 年から2 年かかるようです。 子どもと大人の違いは殻を見るとわかるようです。 子どもの殻の入り口は何も変化が見られませんが、大人になると殻の入り口が反っています。 カタツムリといえばスローなイメージですが再生能力、成長速度の早さ、驚きです。 冬には冬眠したりするようなのでもっと詳しく生態を調べてみたいものです。 スポンサードリンク.

次の