真矢 ミキ。 【真矢ミキ】イケメン夫【西島千博】と離婚!?子供や現在もまとめ!

真矢ミキ

真矢 ミキ

年齢を重ねて「輝きを増す人」は、常に自分をアップデートし続けている。 ARIA世代にとって憧れの女性である真矢ミキさんも、その一人。 自分らしさにこだわって新たな試みを次々と取り入れ、「革命児」と呼ばれた宝塚時代。 退団後は、女優として存在感を放ち、数多くの作品に出演、さらには情報番組の司会業にも挑戦するなど、活躍の舞台を広げてきた。 そんな真矢さんが、 53歳にして挑んだのは、「高等学校卒業程度認定試験」。 この高卒認定試験は、8科目以上合格すると大学受験資格が得られる制度だ。 真矢さんは、2017年8月に5科目を受験し、すべての科目で合格を果たした。 母の勧めで宝塚音楽学校に入ったけれど、それまでは大学に進学して勉強したいと思っていました。 宝塚を退団して芸能活動を始めてからは、勉強できるタイミングが持てなかったのですが、2015年3月から 朝の情報番組『ビビット』のMCをやらせていただくようになり、眠っていた思いがよみがえりました。 番組でさまざまなニュースに接する中、いろんなことに興味があふれ出し、もっと知りたい、学びたいという気持ちがどんどん高まっていったんです。 番組で扱う時事ネタも、知識があれば、より深く理解できるのではと。 同時に、 自分に対する「戒め」の意味もありました。 いいかげんな発言はしない、背伸びをした意見は言わないと心掛けているものの、毎日番組をやっていると、分かっているような錯覚に陥ってしまうのが怖かった。 そこで、 今の自分の頭のレベルを確かめよう、無知な自分に向き合おう、と考えたんです。 受験を決意したのは、ゴールをきちんと持って取り組もうと思ったから。 日々のやることがたくさんある大人こそ、何かを達成したいなら「期限を決めること」が重要だと思って、受験という目標を掲げました。 勉強を始めたのは、2017年1月ごろです。

次の

真矢ミキ 53歳で高卒認定試験合格「人生の穴埋める」 (1/4):日経ARIA

真矢 ミキ

「宝塚歌劇団花組」のトップスターだった 真矢ミキが旦那と離婚するのでは?と ネット上で噂になっていますね。 charge. さて、そんな真矢ミキと旦那の結婚の 馴れ初めや離婚の噂、そして子供の事 など、また西島千博にはバツイチ?の噂も ありますが本当なのか。。 いろいろと検証してみたいと 思います。 スポンサーリンク 真矢ミキと旦那、西島千博の結婚の馴れ初めや年齢について。 真矢ミキと旦那でバレエダンサーの西島千博 が結婚したのは2008年12月22日でした。 結婚した時の年齢は真矢ミキが44歳、旦那が 36歳の時ですね。 さて、旦那についてはイケメンと言う事 はわかりましたが(笑)どんな方なのか 少しWikiを紹介しますね。 出身は宮崎県でバレエを始めたのが 3歳の時。 その後は頭角を現し19歳でフランスに 渡って、「バレエコンクール」で優勝 するなど経験や自信をつけていった ようです。 その後もフランスで活躍し、12年もの間、 「プリンシパル」として活躍。 そして2006年には所属していた「スター ダンサーズバレエ団」を退団し、日本へ 戻ってくるわけですが、 その2年後に真矢ミキとめでたく結婚 となりました。 そうなると2人の馴れ初めは旦那が 日本へ帰国した後に知り合ったの かと思いきゃ、 実は2人の交際を始めたのは2003年頃 だと言われてますね。 実は真矢ミキと旦那って2002年に 共演して知り合っていたのです。 その共演作は「スターダストin上海」 と言う舞台だったのですが、 その舞台が2人の馴れ初めになるん ですね。 旦那の西島千博さんは身長が178㎝、 そして細身でイケメンだし、 そんな旦那の華麗なバレエ姿を見たら そりゃ~真矢ミキでなくとも惚れますよ。 男性からしたら憧れですよね(^^) なんでこう生まれなかったんだぁ~ と(笑) プロポーズは旦那の方からで、贈った 結婚指輪は「ブルガリ」だったようで、 値段はかなり高いんだろうねぇ(笑) 旦那からのプロポーズの言葉は、ちょうど タイミングが悪くレストランのメニュー を決めている最中だったという事もあり、 真矢ミキ曰く「最初は聞き逃してしまい ました。 」と言うエピソードも。 まあ、ほんわかして良いじゃあり ませんか。 さて、2人が結婚式を挙げたのは、結婚して から4か月後の4月4日でした。 う~ん、超お似合いの2人だし、真矢ミキ の和装も素敵です! スポンサーリンク 真矢ミキと旦那、西島千博に離婚の噂が!?旦那はバツイチなの? さて、前にも触れた真矢ミキと旦那の 離婚の噂についてなんですが、真実は どうなんでしょうか? 最初、旦那は若いし超イケメンだし 「旦那の浮気が原因で離婚なのかなぁ~」 と勝手に思ってましたが、実際には 浮気だの離婚だのって事実はないよう です。 一部のネット掲示板で、「旦那の西島千博って 川崎麻世に似てない?」って書き込みなんかも あったので、もしかしてその辺の情報から 「浮気しているのでは?」とか「離婚らしいよ」 みたいな感じでネットに拡散されていったの かも知れません。 実際の結婚生活は順調なようで2016年10月 の旦那の誕生日には一緒に食事に行った 事をブログで明かしてますし、至って 順調のようですね(^^) また旦那がバツイチで子供もいる?などの 情報もネット上で飛び交ってますが、 これはソースもないしデマの可能性 は高そうですね。

次の

【真矢ミキ】イケメン夫【西島千博】と離婚!?子供や現在もまとめ!

真矢 ミキ

Sponsored Link 年齢は?出身は?身長は?本名は?学歴は? 真矢さんは、1964年1月31日生まれ、 広島市西区南観音町生まれ(大阪府豊中市育ち)、 赤ちゃんの頃の真矢さん。 祖父母 まずは、真矢さんのお話の前に、今では想像できない時代背景のため、真矢さんのご両親のお話から。 真矢さんの父方のおじいさん・佐藤宇吉さんは、山形県庄内町廻舘というところにある呉服屋の息子として生まれると、当時、まだ珍しかった、カメラやバイオリンなど新しいものが好きなお坊ちゃんとして、裕福な家庭で何不自由なく育ちます。 そして、成長した宇吉さんは、19歳の時、隣村のきよしさん(真矢さんのおばあさん)と結婚されるのですが、華やかで派手好きだったため、豪遊を繰り返したそうです。 赤ちゃんが(真矢さんのお父さんの)隆二さん。 両側が(おじいさんの)宇吉さんと(おばあさんの)きよしさん。 その後、宇吉さんは、1927年(昭和2年)には、低価格運賃を売りにしたバス会社を設立するのですが、生来の放蕩癖に加え、1929年(昭和4年)の 「昭和恐慌」や 「東北冷害」の影響で経営が傾くと、 1934年(昭和9年)には、息子の隆二さん(後に真矢さんのお父さん)が4歳の時、宇吉さんの方からきよしさんに離婚を言い渡したのでした。 宇吉さんが設立したバス会社 両親 離婚後は、きよしさんは、女手一つで隆二さんを育てると、隆二さんが15歳の時には、湯野浜温泉でカフェを開いていた、娘の幸子さん(隆二さんの姉)のもとに隆二さんを伴って訪ね、そのカフェで働いて、生計をたてるようになり、隆二さんも、そのカフェに客として来ていた、進駐軍の兵士を相手に英語を覚えたそうで、 その後、お姉さんが横浜に料理店を出すことになると、きよしさんと隆二さんもついていき、横浜で暮らし始めます。 左が湯野浜温泉、右が幸子さん。 そして、隆二さんは、進駐軍のPX(軍隊内で飲食物、日用品などを売る店のこと)でアルバイトをして学費を稼ぎ、大学に進学されると、いつ頃かは不明ですが、買い物先の店で野本雪子さん(真矢さんのお母さん)に出会われ、交際に発展。 (野本家は工務店を営んでおり、鉄筋コンクリートを専門に工事を行っていたそうで、横浜の根岸競馬場や、満洲(中国)・遼寧省本渓の「阜新炭鉱」の立て坑の工事をしていたそうです) 隆二さんは、大学卒業後、得意の英語を活かして、アメリカ資本の台湾の航空会社 「シビル・エア・トランスポート」に就職されると、(定職についたため)雪子さんと結婚されたのでした。 家系図 Sponsored Link 父は航空会社の取締役 その後、隆二さんは、「自分を捨てた父を見返したい」と宇吉さんへの憎しみをバネに、 「KLMオランダ航空」に転職。 さらには、設立したばかりの 「東亜航空」と、航空会社を渡り歩き、最終的には 「日本エアシステム」の取締役にまでなられているのですが、 真矢さんは、そんなお父さんのことを、 私が幼い頃から、玄関に座って靴を履いている時の広い背中の印象が強い父は、大変仕事のできる多忙な人。 更にちょっとしたハンサムで、私の自慢の父だった。 付き合いもよく、知人友人の多い人だった。 空港に行くと私は、そんな父の親友、親戚のおじちゃんみたいな大人達に、よく可愛がられたものだった。 日曜だけは、父を独占して、あぐらで新聞を読む父の脚の中にすっぽりとハマって座った。 私の特等席なのだ。 また父と私は一卵性双生児のように顔も性格もよく似ていた。 互いに社交的で楽しい事が大好きだった。 「大きくなったらパパが赤いハイヒールを買ってあげるね」。 父は私を女の子らしく育てたかったようだ。 と、語っておられました。 (ちなみに、宇吉さん(おじいさん)が1972年に他界された際には、隆二さんは葬儀に駆けつけたそうですが、宇吉さんは、家族と別れた後は、小さなあばら家で暮らしていたそうです) に続く 若かりし頃の真矢さんのご両親。

次の