生理前 おりもの 白い塊。 おりもののかたまりはなぜ出る?白・茶・黄緑など色別の原因を解説!

生理前と妊娠初期のおりものの違いや特徴

生理前 おりもの 白い塊

おりものとは、女性生殖器の分泌物などが腟から体外へ排出されるものです。 思春期以降~前の女性であれば常に分泌されており、腟内を清潔に保ち、細菌やウイルスの侵入を防ぐはたらきをします。 しかし、おりものが急に白くなった場合には、注意が必要なこともあります。 外陰部のや下腹部痛と共に白いおりものが見られる• を迎えたのに白いおりものが出るようになった• おりものが白いだけでなく、臭いや性状にも変化がある このような症状が見られる場合、原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか。 病気が原因の白いおりもの 白いおりものは、月経前の黄体期によく見られますが、腟や子宮の病気によって分泌されることも少なくありません。 白いおりものが見られることがある病気には以下のようなものがあります。 腟の病気 腟内の感染症や炎症などが原因となることがあり、具体的には以下の病気が挙げられます。 カンジダ腟炎 カンジダは、腟内に常在するカビの一種ですが、通常は腟内常在菌の自浄作用によって増殖が抑えられています。 しかし、ストレスや疲れ、体調不良などによる一時的な免疫力の低下や抗菌薬の使用、腟内の過剰な洗浄などが原因となって常在菌の数が減ったり、自浄作用が低下したりするとカンジダが異常増殖し、炎症を引き起こすことがあります。 カンジダでは、白いクリーム状やボロボロとしたカッテージチーズ様の白いおりものが見られます。 外陰部の強いや 灼熱感 しゃくねつかん (焼けるように熱い感覚)、発赤などの症状を伴うのが特徴です。 腟トリコモナス 性感染症の一種で、トリコモナス原虫が腟内に感染することで発症します。 強い悪臭を放ち、白~黄色味を帯びた膿状のおりものが大量に分泌され、外陰部のを伴います。 細菌性腟炎 カンジダと同じく、腟の常在菌が減少したり、自浄作用が低下したりすることで腟内のさまざまな細菌が増殖して腟に炎症を引き起こす病気です。 魚の腐敗臭のような悪臭を放ち、白~灰色の水っぽいおりものが大量に分泌されます。 外陰部のを伴い、細菌が子宮内にまで波及するとなどの重篤な合併症を生じることもあります。 萎縮性腟炎 いしゅくせいちつえん を迎え、女性ホルモンの分泌量の低下によって、おりものの分泌量が減少するために生じる病気です。 おりものの分泌量が減少することで腟粘膜が乾燥した状態となり、自浄作用が低下するため、些細な刺激で炎症を起こしやすくなります。 腟内に細菌感染を生じることもあり、この場合、悪臭のある膿状の白いおりものがみられることがあります。 子宮の病気 子宮の分泌物は腟を通っておりものとして体外へ排出されます、白いおりものがみられる子宮の病気には以下のようなものが挙げられます。 子宮内膜炎 子宮内膜に細菌やウイルスが感染することで炎症が生じる病気です。 白い膿状のおりものがみられることがあり、悪化すると下腹部痛や発熱などの症状を伴います。 炎症が卵管などに波及して 癒着 ゆちゃく を生じるとの原因になることもあります。 高齢者では、子宮内に 膿 うみ が溜まる 子宮留膿腫 しきゅうりゅうのうしゅ を続発することがあり、非常に強い悪臭を放つ白みを帯びた膿汁がおりものとして分泌されます。 受診の目安とポイント 白いおりものは月経前によく見られるものであるため、心配のない場合も多いとされています。 しかし、腟や子宮の炎症による症状である可能性もあります。 おりものの色調が変化しただけでなく、分泌量・臭い・性状に変化はないか、おりものの異常以外に症状はないか、などが病気か性周期による生理的な色調の変化かを見極める重要なポイントとなります。 白いおりもの以外の症状があるときや、白いおりものが長く続くときはなるべく早めに産婦人科を受診しましょう。 受診した際には、白いおりものが出始めた時期やおりものの量・臭い・性状、その他の症状などを医師に明確に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 白いおりものは、カンジダや細菌性など腟の自浄作用が低下する病気によって生じることがありますが、これらの病気は日常生活での不適切な習慣によって発症する場合もあります。 ストレスや疲れ ストレスや疲れは一時的に免疫力を低下させ、腟の自浄作用を低下させる原因になります。 ストレスや疲れが溜まったときは 十分な休息や睡眠時間を確保して、心身ともに休めるようにしましょう。 また、日頃から適度なストレス解消法を身につけ、できるだけストレスを感じないゆとりのある生活を心がけましょう。 腟の過剰な洗浄 腟内は臭いや汚れが気になって、丁寧に洗いたくなるものです。 しかし、過剰な洗浄を繰り返すことで、腟内の常在菌も洗い流してしまうことがあります。 腟内を洗うときは 腟内は入り口付近を石鹸で洗うにとどめ、奥まで丁寧に洗浄することは控えましょう。 よくならないときには 日常生活での習慣を改善しても白いおりものが出続けている場合は、腟や子宮など女性生殖器に何らかの病気が潜んでいる可能性があります。 放置すると重篤な状態に陥る病気もありますので、一度婦人科の受診を検討しましょう。

次の

茶色い不正出血、病気の可能性は?

生理前 おりもの 白い塊

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医 2001年 国立横須賀病院 現 横須賀市立うわまち病院 産婦人科 2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科 2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理 2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手 現在は石野医院の副院長 専門は漢方(東洋医学)、産婦人科 患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。 診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。 女性は排卵期になるとおりものが出ますが、かたまりとして出てきたり、色やにおいがいつもと違ったりすると不安になりますよね。 おりものは病気のサインとなることもあり、しっかり状態をみておきたいものです。 この記事ではおりもののかたまりが出る理由と、色や状態別の原因をご紹介します。 色や状態別!おりものの原因について 1. 白いおりもの 白いおりもののかたまりが出る原因としては、下記の要因が挙げられます。 ホルモンバランスによるもの おりものには膣内の衛生状態を守る役割があります。 そのため生理周期によって状態が変化します。 排卵日が近づくにつれ、精子をスムーズに誘導させ、妊娠させる潤滑油の役割としておりものが増えます。 排卵後から生理前にかけて白いおりものがみられることが多いですが、これは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が増加するためです。 プロゲステロンは子宮内膜を柔らかくして妊娠の準備を整えます。 プロゲステロンの分泌量が増えるとおりものの量が減り密度が増すため、白いかたまりのような状態となって出てきます。 病気が関係していることも 白いおりものの状態によっては、病気のサインという場合もあります。 ポロポロとしたカッテージチーズのような状態で、デリケートゾーンにかゆみを伴う場合、 カンジダ膣炎の可能性が高いです。 カンジダ膣炎は自然に治ったり市販薬で治せたりしますが、一度発症すると何度も繰り返す傾向があり、早めに病院を受診して治療することが大切です。 半透明のおりもの 排卵の約1週間前から排卵直前にかけて、半透明のゼリー状のおりものが出ることがあります。 この時期は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増えるため、おりものの量が最も多くなります。 この時期のおりものには、精子が卵子にたどり着きやすいようにする役割があり、妊娠をサポートします。 また、通常のおりものは弱酸性のためやや酸っぱいにおいがしますが、排卵期のおりものはアルカリ性に傾く(酸性だと精子が死んでしまう)ため、においがあまりしなくなります。 排卵期以外にみられる場合 排卵期以外にゼリー状のおりものが出る場合、無排卵月経の可能性があります。 一度病院で検査してみることをおすすめします。 茶色のおりもの 茶色っぽいおりもののかたまりが出る場合、生理の経血が混ざっていることが考えられるため、生理前後であれば問題ありません。 ただし長期間にわたって出る場合や痛みを伴う場合は、不正出血かなんらかの病気が隠れている可能性があるため、早めに病院を受診しましょう。 黄緑・緑のおりもの 黄緑や緑色のおりもののかたまりが出る場合、 次のような性感染症にかかっている可能性があります。 また性行為を通じてパートナーにうつしている可能性も高いので、少しでも兆候がみられたらすぐに病院を受診してください。 妊娠によるおりものの変化について 1. 白っぽいおりものが増える 通常排卵後はおりものの量が減り始めますが、 着床して妊娠が成立した場合はエストロゲンの分泌量が増えます。 これによって白っぽくてサラサラした臭いのないおりものが出ることがあります。 そのほかにも「量が増えた」「水っぽくなった」「白い塊が出た」などおりものの状態は様々です。 これは胎児を雑菌などから守るために分泌されますが、妊娠したからといって必ずしもおりものの量が増えるとは限らないので、他にも妊娠の初期症状がないか確認しましょう。 茶色っぽいおりものが出ることも 月経前後と同じように茶色っぽいおりものが出ることもありますが、これは 着床出血による血液が混ざっているためで、特に問題ありません。 また、月経前の経血が混じったものと見分けるのは困難です。 しかし長期間にわたって続く場合や下腹部に痛みを伴う場合は、子宮外妊娠の可能性も考えられるので、病院で検査を受けることをおすすめします。 まとめ おりものの色や量はホルモンバランスによって変化し、形状には個人差がありますが、病気のサインにもなるものです。 そのため日頃から自分のおりものの状態を観察しておき、異変に素早く気付けるようにしましょう。 特に黄緑や緑色のおりものがみられた場合は、性感染症の可能性が高いのですみやかに婦人科を受診してください。

次の

おりものがカッテージチーズ状に!ポロポロしている原因は病気?

生理前 おりもの 白い塊

おりものとは、女性生殖器の分泌物などが腟から体外へ排出されるものです。 思春期以降~前の女性であれば常に分泌されており、腟内を清潔に保ち、細菌やウイルスの侵入を防ぐはたらきをします。 しかし、おりものが急に白くなった場合には、注意が必要なこともあります。 外陰部のや下腹部痛と共に白いおりものが見られる• を迎えたのに白いおりものが出るようになった• おりものが白いだけでなく、臭いや性状にも変化がある このような症状が見られる場合、原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか。 病気が原因の白いおりもの 白いおりものは、月経前の黄体期によく見られますが、腟や子宮の病気によって分泌されることも少なくありません。 白いおりものが見られることがある病気には以下のようなものがあります。 腟の病気 腟内の感染症や炎症などが原因となることがあり、具体的には以下の病気が挙げられます。 カンジダ腟炎 カンジダは、腟内に常在するカビの一種ですが、通常は腟内常在菌の自浄作用によって増殖が抑えられています。 しかし、ストレスや疲れ、体調不良などによる一時的な免疫力の低下や抗菌薬の使用、腟内の過剰な洗浄などが原因となって常在菌の数が減ったり、自浄作用が低下したりするとカンジダが異常増殖し、炎症を引き起こすことがあります。 カンジダでは、白いクリーム状やボロボロとしたカッテージチーズ様の白いおりものが見られます。 外陰部の強いや 灼熱感 しゃくねつかん (焼けるように熱い感覚)、発赤などの症状を伴うのが特徴です。 腟トリコモナス 性感染症の一種で、トリコモナス原虫が腟内に感染することで発症します。 強い悪臭を放ち、白~黄色味を帯びた膿状のおりものが大量に分泌され、外陰部のを伴います。 細菌性腟炎 カンジダと同じく、腟の常在菌が減少したり、自浄作用が低下したりすることで腟内のさまざまな細菌が増殖して腟に炎症を引き起こす病気です。 魚の腐敗臭のような悪臭を放ち、白~灰色の水っぽいおりものが大量に分泌されます。 外陰部のを伴い、細菌が子宮内にまで波及するとなどの重篤な合併症を生じることもあります。 萎縮性腟炎 いしゅくせいちつえん を迎え、女性ホルモンの分泌量の低下によって、おりものの分泌量が減少するために生じる病気です。 おりものの分泌量が減少することで腟粘膜が乾燥した状態となり、自浄作用が低下するため、些細な刺激で炎症を起こしやすくなります。 腟内に細菌感染を生じることもあり、この場合、悪臭のある膿状の白いおりものがみられることがあります。 子宮の病気 子宮の分泌物は腟を通っておりものとして体外へ排出されます、白いおりものがみられる子宮の病気には以下のようなものが挙げられます。 子宮内膜炎 子宮内膜に細菌やウイルスが感染することで炎症が生じる病気です。 白い膿状のおりものがみられることがあり、悪化すると下腹部痛や発熱などの症状を伴います。 炎症が卵管などに波及して 癒着 ゆちゃく を生じるとの原因になることもあります。 高齢者では、子宮内に 膿 うみ が溜まる 子宮留膿腫 しきゅうりゅうのうしゅ を続発することがあり、非常に強い悪臭を放つ白みを帯びた膿汁がおりものとして分泌されます。 受診の目安とポイント 白いおりものは月経前によく見られるものであるため、心配のない場合も多いとされています。 しかし、腟や子宮の炎症による症状である可能性もあります。 おりものの色調が変化しただけでなく、分泌量・臭い・性状に変化はないか、おりものの異常以外に症状はないか、などが病気か性周期による生理的な色調の変化かを見極める重要なポイントとなります。 白いおりもの以外の症状があるときや、白いおりものが長く続くときはなるべく早めに産婦人科を受診しましょう。 受診した際には、白いおりものが出始めた時期やおりものの量・臭い・性状、その他の症状などを医師に明確に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 白いおりものは、カンジダや細菌性など腟の自浄作用が低下する病気によって生じることがありますが、これらの病気は日常生活での不適切な習慣によって発症する場合もあります。 ストレスや疲れ ストレスや疲れは一時的に免疫力を低下させ、腟の自浄作用を低下させる原因になります。 ストレスや疲れが溜まったときは 十分な休息や睡眠時間を確保して、心身ともに休めるようにしましょう。 また、日頃から適度なストレス解消法を身につけ、できるだけストレスを感じないゆとりのある生活を心がけましょう。 腟の過剰な洗浄 腟内は臭いや汚れが気になって、丁寧に洗いたくなるものです。 しかし、過剰な洗浄を繰り返すことで、腟内の常在菌も洗い流してしまうことがあります。 腟内を洗うときは 腟内は入り口付近を石鹸で洗うにとどめ、奥まで丁寧に洗浄することは控えましょう。 よくならないときには 日常生活での習慣を改善しても白いおりものが出続けている場合は、腟や子宮など女性生殖器に何らかの病気が潜んでいる可能性があります。 放置すると重篤な状態に陥る病気もありますので、一度婦人科の受診を検討しましょう。

次の