水泳 コンタクトレンズ。 プールでコンタクトを付けても本当に大丈夫!?ゴーグル万能説の真実

水泳の時はコンタクトレンズをどうする?ゴーグルは必要?【正しい使い方】

水泳 コンタクトレンズ

水泳する時にコンタクトレンズは外されていますか?付けたままですか? 普段の日常生活で私はコンタクレンズを使用しています。 ちなみにスポーツジムのプールで水泳する時はコンタクトレンズは外しています。 眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正している人にとって、プールで裸眼になるというのは少し勇気がいりますよね。 視界がぼんやりとしてしまうのであまり心地のよい状態ではありません。 水中ウォーキングやアクアビクスなど 顔を水につけない場合はほとんど問題ありませんが、クロールや平泳ぎなど泳ぐことを目的としてプールに入る場合は、多少のリスクがあることを知っておきましょう。 私は 水泳を1年間続けたことで10kg減量することができました。 その時に意識したこと、やっていたことをまとめましたので是非こちらもお役立てください。 コンタクトレンズを外すほうがよい理由 水中ゴーグルを着用して水泳する場合、水さえ入ってこないように注意すれば付けたままでも泳ぐことは可能です。 視界も安定するので安心できますよね。 しかしコンタクトレンズを付けたまま水泳する場合、多少のリスクを伴います。 コンタクトレンズが外れる 最も可能性が高いリスクは コンタクトレンズが外れることでしょう。 プール内で水中ゴーグルを外すタイミング(顔を拭いたい、レンズの曇りを取りたい、など)や飛び込みによるゴーグルのずれにより目に水が入ってしまう可能性があります。 ソフトレンズの場合は密着面積も広いので多少の水なら大丈夫だと思いますが、ハードレンズの方はそういったシーンでは注意が必要ですね。 レンズが水中に流れてしまった場合は回収することはほぼ不可能になります。 ワンデーや1週間、2週間の使い捨てコンタクトレンズの場合は予備があると思いますので、困らないと思いますが、そうでない一般のコンタクレンズの場合は紛失したら替えがないので大変ですね。 コンタクトを装着したまま泳ぐ場合は気をつけましょう。 関連記事: コンタクトレンズがずれる クロールやバタフライなど激しい泳ぎ方をする場合、コンタクトレンズがずれてしまう可能性があります。 泳いでいる最中、目はあちこちと動いていますのでレンズが乾燥して目にフィットしていないと、ズレたり、最悪の場合は落ちてしまうこともあります。 こちらもソフトレンズに比べるとハードレンズを着用されている方のほうが注意が必要ですね。 プールの水が目にしみる プールに限ったわけではありませんが、コンタクトレンズをしている状態で目に水が入るとしみますよね。 目が開けられないぐらい痛くなるときもあります。 水中ゴーグルをしていても水が入ってくる可能性は十分にありますので、そういったときにパニックにならないように心の準備はしておきましょう。 水泳後に目が洗えない プールの水は塩素消毒されているといってもきれいな水ではありません。 細菌が潜んでいる可能性もあります。 水泳後はそういった細菌による目の感染症を防ぐため、学生の頃から「しっかりと目を洗うように」と指導されてきましたよね。 もちろん、学生の頃はゴーグルを付けずに裸眼のまま水中を泳いでいたので、大人になってゴーグルをした状態で泳いでいるのと環境は違いますが。 目にプールの水が触れる可能性はゼロではないことを考えると、水泳後は目を洗うほうがよいといえます。 プールの水が付いたままレンズを装着するのは、細菌が媒介してしまう可能性もありますので、そういったことを考慮すると裸眼で泳ぐほうがより安全といえるかもしれませんね。 水泳とコンタクトレンズでみんなが気になるアンケート 私もコンタクトレンズを利用していますが、日常生活でコンタクトをしている方は、ジムのプールではどのようにして泳いでいるのでしょうか?「私はこうしているけど、みんなはどうしているのかな?」と気になる 水泳に関するアンケートをリアルタイムで公開しています。 ぜひこちらの回答にもご協力頂けますと嬉しいです。 今後このページをご覧になる方にとってもお役に立つ情報になると思います。 読み込み中... 度付きゴーグルを着用してみよう プールで泳ぐ場合、コンタクトレンズを外すほうが個人的にはおすすめです。 水中で動くことを考慮するとやはり裸眼で泳ぐほうが安心できますよね。 とはいえ、やはり裸眼は心配だ、不安だという方も多いでしょう。 私もそうです。 スポーツ用品店に行くと度付きのゴーグルがたくさん並んでいます。 自分の 視力に合わせたレンズの度数が選べます。 度付きのゴーグルを着用することで、ほぼ日常生活と同じ状態でプール内で活動できますので、個人的にとてもおすすめです。 私も使っています。 関連記事: コンタクトレンズは更衣室で外す? 皆さんはコンタクトレンズを外して水泳をする際、どこで外して保管していますか? 私は更衣室で外して自分のロッカーの中に置いてプールに向かいます。 もちろんカギをかけます。 人によってはプール内の荷物置き場で外している方もたまに見かけます。 眼鏡をかけられている方はプール内に置かれている方が意外と多いんですよね。 しかしプール内の荷物置き場はたくさんの方が自由に荷物を置くので、何かの拍子に落ちてしまったり、間違って持って行かれてしまうリスクを考えるとおすすめはできません。 帰ろうと思ったらコンタクトレンズが無くなっていた、というのはあまりに悲しいですからね。 コンタクトレンズは貴重品として扱うことが大事だと思います。 関連記事: サウナに入るならコンタクトレンズは外そう 水泳を終えて、冷えた体をお風呂で温めて帰るのは最高ですよね。 スポーツジムのお風呂にはサウナを併設しているところも多いと思います。 運動後にサウナでじわ~っと汗をかくと気持ちいいですよね。 サウナに入る場合もコンタクトレンズは外しておいたほうがよいでしょう。 使い捨てコンタクトレンズは含水率が高いものが多いです。 そのため、乾きやすいという特徴があります。 サウナに長時間いると徐々にレンズも乾燥してきます。 あまりに長時間いるとレンズの水分がなくなって 目に貼り付いてしまい取れなくなるという場合もあります。 サウナにゆっくり入る予定であればコンタクトレンズは外されることをおすすめします。 最後に 普段、コンタクトレンズをつけているとプールでもそのまま泳ぎたくなりますよね。 水中ゴーグルしてるし、注意して泳ぐから大丈夫、という感じで。 大切な目とその役割を補助してくれるレンズですから、ご自分のスタイルに合った安全に水泳ができる手段を選んでいただければと思います。

次の

泳ぐとき、コンタクトレンズはつけたままでいいの?

水泳 コンタクトレンズ

水泳をするときにコンタクトレンズはしてもいい? 陸上のスポーツであれば、視力が悪い人はコンタクトは必須という人がほとんどです。 プロのスポーツ選手が試合でメガネをかけている姿は見かけないでしょう。 例えば、バスケットや野球、バレーボールなどの球技では、球のコントロールが外れて球が顔面に飛んできたとき、メガネをしていたら大ケガに繋がってしまいます。 では、接触の少ない水泳はどうなのでしょう。 結論から言うと、プールで泳ぐ時にコンタクトレンズを付けていても問題はありません。 ただし、正しい使い方を出来ればの話です。 水泳をするとき意外にも、コンタクトレンズの使用法を守らないと、目に炎症が起きたり、逆に視力低下に繋がってしまうこともあります。 特に、普段とは違う水のある環境でコンタクトレンズを安全に使うには衛生管理にきをつけながら使わなくてはいけません。 水泳をする時の正しいコンタクトレンズの使い方 水泳をするときにコンタクトレンズ使用する場合には、使い捨てのコンタクトレンズを選びましょう。 確かに、不特定多数の人が利用するプールでは、水の中に細菌がある可能性もありますし、プールの水を消毒するための塩素が目に刺激を与え、炎症を起こしてしまうことも考えられますが、水泳を楽しむ場合には、ゴーグルを着用するはずです。 ですから、目に直接プールの水が接触する機会は限りなく少ないのです。 とは言え、ゴーグルが外れてしまう可能性もありますし、ゴーグルの隙間から少量のプールの水が入り込んでしまうこともあるので、水泳のときにコンタクトレンズを使いたければ、プールから上がったあと、コンタクトレンズを外し、目を軽く洗ったら新しいコンタクトレンズを入れてあげるのが良いでしょう。 普段コンタクトレンズを使っている人がコンタクトレンズを外して水泳を楽しむ方法は? 視力が悪い人が趣味や競技で水泳をするときに、初めからコンタクトレンズをつけないで泳ぐという人もいます。 その様な人たちは、視力が悪い人様に作られた度が入ったゴーグルを着用して水中でも快適に周囲が見れるようにしているのです。 陸上でメガネをつけているのと同じ感覚でゴーグルで視力を調整するのも有効な手段なので、プールでコンタクトレンズを使用することに抵抗がある人は、度付きのゴーグルを着用することをおすすめします。 メガネ屋さんでメガネのレンズを選ぶ様に豊富にゴーグルの度を選択することは出来ませんが、度付きのゴーグルは度の強さが何段階かに分けられて販売されているので、自分にピッタリ合うものを選べば快適に泳ぐことができます。 水泳が趣味な人は、実際にコンタクトレンズをどうしてる? 視力が悪い人が水泳をする時には、使い捨てのコンタクトレンズを入れたまま泳ぐ方法と、度付きのゴーグルを使用して視界を確保する方法があります。 実際に水泳に取り組んでいる人はどちらが多数派なのでしょうか? 本格的に水泳をトレーニングする場合は、水から顔を上げて時計を見たり、コーチからアドバイスを受ける際にメニューの書かれた紙を見る機会があるでしょう。 健康のために長時間泳いでいると言う人も、休憩を取るときにはゴーグルを外したくなるでしょう。 そんな時、しっかり物を見ようと思ったら、泳いでいないときでも、度付きのゴーグルをかけなくてはいけなくなってしまうので、かなり視力が悪い人はコンタクトレンズをしたまま、度なしのゴーグルで泳いでいる人が多いようです。 また、プールサイドにメガネを持ち込んで、水中から上がった時にはメガネを着用し、水中では度付きのゴーグルを使用している人もたくさんいます。 自分の視力の具合や、どんなスタイルで水泳に挑んでいるかによって、水泳中にコンタクトレンズを使うか、使わないかが違ってくるようです。 視力が悪い人は、一度コンタクトレンズをしたまま泳いだ場合と、度付きのゴーグルをつけて泳いだ場合の感覚を確かめてみるのが良いでしょう。 自分の感覚に合う方を選んで衛生的に使っていけるなら、コンタクトレンズをしたままでも、度付きのゴーグルでも、どちらも正解です。 まとめ:コンタクトレンズをしたまま水泳をしても良いの?と密かに疑問に思っていた人も実は多買ったのではないでしょうか? 疑問に思っても、誰に聞いたら良いものかわからずに、自信のないままコンタクトレンズを付けて水泳をしていた人、度付きのゴーグルををしていた人、結果的に自分に合うならどちらも正解です。 コンタクトレンズを使う場合は、必ず使い捨てのものを使うこと、ゴーグルを使う場合は、ゴーグルを使用することにきちんと洗って清潔に保つことが大切です。

次の

水泳でコンタクトって使っていいの?

水泳 コンタクトレンズ

夏の暑さがぐっと高まり、水泳やダイビング、水遊びのシーズンがやってきました! そこで視力の良くない人が 水遊びを満喫 するために気になること、 それは 眼鏡をかけている場合に必ずコンタクトを装用する必要があるのか、 そもそも コンタクトを装用したままでも水中に入って良いのかということです。 水場でのコンタクトには危険が潜んでいます! 海やプールの水には塩素が含まれています。 元々コンタクトは涙を吸収して形を保持する製品のため吸水率が高く、 水中での不純物も目に引き寄せやすくなっています。 菌などの付着した、水中で使用済みのコンタクトを付け続けることは 眼の炎症や病気を引き起こす可能性を高めてしまいます。 さらに考えられるのは、水の抵抗を受ける事でコンタクトがはずれて 紛失する可能性 も非常に高くなること。 1枚数千円~数万円するコンタクトを紛失した日には楽しい気持ちも半減です。 ではどうしたらいいの…? ・1日使い捨てコンタクトの使用…? コンタクトの使用は、メガネハットのスタッフとしてはおすすめできません。 使用を推奨していないメーカーもありますが、もしコンタクトを付けるのであれば、使用後すぐに処分できて衛生的な 1日使い捨てタイプの製品です。 商品に添付している説明書をよく読んでいただき、使用する際には予備として多めに用意し、違和感や痛みがあればすぐにはずして、 眼科にご相談ください。 メガネハットの取扱ワンデーコンタクト ・スイミングゴーグルの着用 やはり衛生面でも、体質でも、度付きの スイミングゴーグルがおすすめです。 度数は-1. 50~-8. 00と強度数にも対応しており、また 片目ずつ カスタマイズをするため左右で視力が違っても対応が可能です! まとめ 海やプールでのコンタクトレンズの使用はおすすめしません。 度付きスイミングゴーグルであれば、幅広い視力に対応しており、店舗で 1セット 3,106円 (税込) で購入できるので、手も出しやすいですね! しかし、 どうしてもコンタクトレンズを使わなければいけない場合は、必ずワンデーコンタクトを使用し、使用後はすぐに処分してください。 普段コンタクトやメガネを使用しているならご持参のうえ当店へご相談ください。 快晴の空の下、景色もクリアに見えると楽しさも倍増です! 自分に合った方法でレジャーを楽しみましょう! さぁ!海・プールに READY GO! 関連ページ.

次の