お手数 を かける。 「手数をかける」と「迷惑をかける」

お手数おかけしますって英語でなんて言うの?

お手数 を かける

I'm sorry for the trouble. のtroubleは 「面倒」、「厄介なこと」という意味です。 I'm sorry for your inconvenience. の inconvenienceは、「不都合」、「迷惑」 という意味を表します。 I'm sorry for bothering you. の botherは「迷惑をかける」、「~の手を焼かせる」 という意味になります。 「お手数おかけしますが、よろしくお願い致します」 と言いたいのであれば、 I'm sorry for the trouble but thank you for your cooperation. と言えば大丈夫です。 上記の表現は決まり文句ですので、 そのまま覚えておいて下さいね。 参考になれば幸いです。 この言葉をつけることで、へりくだることができて、「当たり前に頼んでるのではありません」みたいな念押しができるということだと思います。 例)お手数ですがお返事いただけますでしょうか? そうなるとやはり、直訳しようとはせずに、全体的な伝わり方でとらえると。。。 Would you kindly answer the question? Would you please answer the question?

次の

お手数 の例文10パターン (意味と類語)

お手数 を かける

「すみませんが」という言葉は使う場面も多く、よく耳にする言葉ですよね。 ですが、 「お手数おかけします」という言葉は、学生生活では使う場面が少ないため、これまであまり使ったことがない方も多いと思います。 就職活動をするようになって初めて 「お手数おかけします」」という言葉を見たり聞いたりした方もいらっしゃるかもしれません。 言葉を覚えるのは素晴らしいことですが、意味や使い方を間違えてしまうと覚えた経験も台無しになってしまいます。 ビジネスシーンでよく使うからこそ、意外と間違って使ってしまっている場合もあるので注意しましょう。 こちらでは、 「お手数おかけします」の正しい使い方や意味についてご紹介します。 上司や目上の方に対しも使用できる言葉なので、就職活動中に覚えておくと役立りますよ!インターンや社会に出た時のために参考にしてください。 目次 []• 「お手数おかけしますが」の意味と読み方は? まずは 「お手数おかけします」という言葉の意味について知りましょう! 「お手数おかけします」という言葉は 「手間をかけてしまいますが、よろしくお願いいたします」という意味が込められています。 「手数」は 「てかず」と 「てすう」と言う2種類の読み方がありますが、「お手数おかけします」という言葉は一般的に 「おてすうおかけします」と読みます。 この言葉は 「手数(てすう)」という単語が込められていますが、手数が指す意味を知っていますか?「手数」は、「相手のために行うための労力や面倒ごと」という意味ががあります。 そのため、その手数をかけるというのは、「労力やお時間をとらせてしまうかもしれない」ことへの謝罪の気持ちが含まれています。 また 「お手数おかけします」という言葉は手数をとらせて何かをしていただく相手に対しての、感謝の気持ちも同時に込められています。 「お手数おかけします」というのは、 お詫びと感謝を同時に丁寧に伝えることができるとても便利な言葉です。 就職活動を始めたり、社会人になって働いたりすると、自分だけでは完結しない仕事に出会います。 社内の同僚や社外の取引先に何か依頼する機会も多く、「お手数おかけします」という言葉を様々な場面で使うようになりますよ。 「お手数おかけします」は 「おてすうおかけします」と読み、 「手間をかけてしまいますが、よろしくお願いいたします」という意味になります! 「お手数おかけしますが」の正しい使い方は? これまでの生活で、 「お手数おかけします」という言葉を使い慣れていないと、どう使えばいいか悩んでしまいますよね。 まずは「お手数おかけします」という言葉をどのような場面で使えばいいかを知りましょう!実際に活用できる例文を用いて使い方をご紹介します。 是非、参考にしてください。 相手に依頼するときの冒頭につける場合 「お手数おかけします」というのは、相手に何かを依頼するときによく使われます。 例えば、メールでこんな風に使用します。 例文 その2 弊社のサービスに興味をお持ちいただきありがとうございます。 お手数おかけしますが、ご希望内容について詳しくご教示いただけますでしょうか。 ご連絡お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。 このように 「お手数おかけします」の後に、 確認や連絡の返事のお願いするような内容を記載して使用します。 2つ目の例文で使われている 「ご教示いただけますでしょうか」という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃると思います。 「ご教示いただけますでしょうか」という言葉は 「教えてもらえますか」という旨を丁寧に伝えたい時に使われる言葉です。 社会に出て先輩や上司、取引先の方に対して使うことが多くなる言葉なので 「お手数おかけします」と一緒に覚えておくと便利ですよ。 これらが一般的な使い方になります。 参考にしてみてください。 クッション言葉として「お手数おかけします」を使う場合 「お手数おかけします」という言葉は、お詫びや感謝を伝えるだけではなく、クッション言葉としても使えます。 クッション言葉は、 依頼内容や確認内容などの用件の前に添えて使用する言葉のことをいいます。 クッション言葉を使うと 直接的な表現を和らげて丁寧な印象を与えられます。 ビジネスを円滑に進めたいときに活用出来ます。 「お手数おかけします」をクッション言葉として使用すると へりくだった印象を与えることが出来ますよ。 「お手数おかけします」をクッション言葉として使う場合、以下のように使用します。 「お手数おかけしますが」の類語は? 「お手数おかけします」と似た意味を持つ類語はどのようなものがあるかご存知ですか?メールや手紙は、 同じ言葉を繰り返し使用すると読みづらくなることがあります。 そのため、ほかの表現も覚えておくと便利です。 これからご紹介する類語は 「お手数おかけします」という言葉では伝えきれない、謝罪や感謝の気持ちを伝えたい場面で使えます。 類語の使い方も覚えて、コミュニケーションを円滑に進めましょう! 類語その1. 何かを依頼するときに使用出来る言葉は? 相手に何かを依頼したいときに、 「お手数おかけします」という言葉以外にどのような言葉が使用できるでしょうか?こちらでは、 「お手数おかけします」の類語や使い方をご紹介します。 例文を読みながら覚えましょう! まず 「お手数おかけします」は 「お手間をおかけします」という言い換えが出来ます。 「手数」と「手間」は似た意味を指す類語のため、言い換えとして使用することが出来ます。 「恐れ入りますが」• 「恐縮ではございますが」• 「お忙しいところ申し訳ありませんが」 また、「お手数おかけします」を短縮して、 「お手数ですが」という表現もよく利用します。 どの表現もビジネスのやり取りで使用する場面が多いので、覚えておきましょう。 「お手数おかけしますが」正しく使えているか確認しよう 「お手数おかけします」という言葉は、 様々な場面で活用出来るとても便利な言葉です。 文頭につけるだけで、 丁寧な印象を与えることが出来ます。 ですが、使いやすい言葉だからこそ、 誤った使い方をしていないか確認しましょう。 どんな文章にも 「お手数おかけします」を使ってしまうと伝えたいことも伝わらなくなってしまいます。 言葉は正しい使い方をすることで初めて相手に伝わります。 誤った使い方をしていないか、例文を読みながらチェックしましょう! 「お手数おかけします」は自分に対して使うことは出来る? 「お手数おかけします」というのは、相手に手数をかけるという意味を持ちます。 そのため、自分の行動に対して使用すると間違いになりますので、注意しましょう。 例えば、以下のような表現は間違いになります。 例文(正しい使い方)• ご足労おかけしますので、私が明日お伺いいたします。 書類を送付いたします。 お手数おかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします。 「ご足労おかけしますので、私が明日お伺いいたします。 」の 「ご足労おかけしますので」は相手に対して 「わざわざ来ていただくのは申し訳ないので」という気持ちを伝えたい時に使います。 この後に 「お忙しい中恐縮ではございますが、お待ちしております」と加えるとより丁寧になりますよ。 「書類を送付します。 お手数おかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします。 」は、書類を送付する宛先は自分のためクッション言葉はつけなくて大丈夫です。 相手に送付した書類を確認して欲しい場合は 「お手数おかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします。 」と付け加えるのが正しい使い方になります。 どうしても 「お手数おかけします」の言葉の使い方が分からなくなってしまった時は、 「お手数おかけします」の言葉を 「誰が行うことに対して使うのか」考えてみてくださいね。 慣れてくれば失敗せずに正しく使うことが出来ます。 相手に「お手数かけさせます」と使うのは正しい? 実際によく見かけるのが、 「お手数かけさせます」という言葉です。 手数というのは、あくまで 相手の手間や労力という意味です。 お手数かけさせますというのは、 相手の手間を自分が要求しているような意味合いになるので、避ける必要があります。 この場合は 「お手数おかけしてしまいますが」や 「お手数おかけしております」と言い換えれば相手に気持ちが伝わりますよ。 「お手数かけさせます」は 相手に手間や面倒を押し付ける失礼な表現になるので、注意しましょう。 「お手数おかけします」は目上の人に使っても大丈夫! 「お手数おかけします」という言葉には、相手に手間や面倒をかけることの お詫びや 感謝の気持ちが含まれていますが、目上の人に使っても大丈夫な言葉なのか心配な方もいらっしゃると思います。 この言葉は、丁寧な表現になっているので、目上の人や上司、社外の人に使っても全く問題ありません。 また、会社の同僚に使っても大丈夫ですよ。 基本的に丁寧な表現になっているので、きちんとした文章の時には、積極的に「お手数おかけします」を文面に入れていきましょう。 より相手に敬意を伝えられます。 今のうちに正しく使えるように使い方を知っておきましょう。

次の

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お手数 を かける

「お手数をおかけしますが」は目上の人や上司、取引先に使える依頼やお願いの言葉 ビジネスシーンで多用される「お手数をおかけしますが」というフレーズは、 相手へお詫びと感謝の気持ちを伝えるための表現です。 相手を敬う尊敬語表現なので、目上の人や上司、取引先に対して依頼やお願いの言葉として使用できます。 何かを依頼する際、単に「お願いします」と言うよりも「お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」と一言付け加えるだけでより丁寧な印象になるため、ビジネスシーンのみならず日常生活でも幅広く使うことができます。 ですが依頼の内容によっては謝罪の意を込めなければ失礼に当たる場合もあるため、類語を身に付けておき、その場面やシチュエーションに応じたフレーズを選択できるようしておくと安心です。 「お手数をおかけしますが」の意味や注意点 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「手数」は何かを行うのに要する動作・細工・作業などの数や、自分以外の第三者のためにことさらにかける手間という意味です。 「おかけします」の「おかけ」は「かける」を「お〜する」と表現した謙譲語で、あることや物のために時間・費用・労力など費やす・負担をかけることを示しています。 そのため「お手数をおかけしますが」は、相手に手間をかけさせる・負担をかけることに対する恐縮の念を込めた表現となります。 また一見良さそうに聞こえる「お手数をかけさせますが」という表現にも注意が必要です。 前述の通り「お手数」は相手の手間や労力を意味しています。 したがって「お手数かけさせますが」というと、自分が相手に「お手数」を要求をしているという意味合いになってしまいます。 ほんの少しの違いで意味が真逆になってしまうため、十分注意して正しい使い方を心がけましょう。 「お手数をおかけしますが」はクッション言葉としての役割も持っている 「お手数をおかけしますが」というフレーズは、ビジネスシーンでは依頼やお願いをする場面以外でもクッション言葉として多く活用されています。 「クッション言葉」とは、相手に何かをお願い・お断りしたり異論を唱える場合など、きつくなりがちな言葉の前に添えて使用する言葉です。 クッションという名の通り、言葉の衝撃をやわらげてくれる働きをもつ言葉です。 他のクッション言葉には「恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」などがあります。 実際には 相手に負担がほとんどかからない内容でも、ビジネスシーンでは「お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します」などと使うことが多くあります。 クッション言葉は丁寧で優しい印象を相手に与える効果があるため、ビジネスや人間関係をスムーズに進めることにも役立ちます。 ぜひ身に付けて、状況に応じて活用できるようにしましょう。 「お手数をおかけしますが」は自分に対して使えないため注意が必要 「お手数おかけしますが」は目上の相手に対して使う尊敬語のため、 自分自身の行動に対しては使用できません。 例えば「お手数をおかけしますが、本日中に連絡いたします」といった表現は間違いとなります。 この場合「自分が相手のために手間をかける」という意味合いに捉えられるため、非常に失礼な表現となります。 自分の行動に対してクッション言葉を添える場合は、「恐れ入りますが」や「お急ぎのところ申し訳ありませんが」などを使うと良いでしょう。 「お手数をおかけしますが」の使い方 「お手数をおかけしますが」というフレーズは、 お詫びと感謝を伝える際に使う場合とクッション言葉として使う場合があります。 ただし使い方としては、必ずしもどちらかだけの役割に分けられるものではありません。 ここではどのようなシーンで使い分ければ良いのか、例文をあげてご紹介します。 ビジネスメールでも使える「お手数をおかけしますが」を使用した例文 「お手数をおかけしますが」は、 会話内だけでなくビジネスメールでも使用できる表現です。 ビジネスシーンでは依頼や交渉をメールで行うことは少なくありません。 ですがメールでのやりとりは、マナーや書き方を誤ってしまうとぶしつけな印象を与えてしまう場合も。 そのためできるだけ相手に良い印象を与え、スムーズに自分の要望や依頼を受けてもらうためにも「お手数をおかけしますが」を上手く使いこなせるようにしておきましょう。 ・お手数をおかけしますが、ご返信をお待ちしております 相手から返信が欲しいときに「お手数をおかけしますが」を結びの言葉として使う例文です。 「お手数をおかけしますが、ご返信をお待ちしております」と同様、返事を催促するビジネスメールの結びの言葉として多く使われています。 相手への催促をやんわりと伝える表現なので、取引先などの社外宛に限らず上司や目上の人への社内宛のメールにも使えます。 ぜひ覚えて活用してみましょう。 ・お手数をおかけしますが何卒お願いいたします 相手に依頼やお願いをする際に「お手数をおかけしますが」を結びの言葉として使う例文です。 そのため 「お手数をおかけしますが」と比べると感謝の意味は含まれず、主に謝罪やお詫びの際に使用する表現です。 敬語表現であるため、クライアントや上司に対しても使用できます。 すでにかけてしまった迷惑に対する謝罪はもちろん、例文のように将来迷惑をかけてしまうかもしれない場合にも使えるので、相手との関係や状況に応じて使い分けましょう。 また「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」との使い方は間違いになるので注意が必要です。 この表現は「不利益や不快感を生じさせてしまいますが、よろしくお願いします」といった、迷惑を押し付けてしまうニュアンスになります。 この場合は「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」と伝えたほうが適切です。 「お手数をおかけしますが」の英語表現 「お手数をおかけしますが」を英語で表現すると.

次の