パジャマあわせ。 おうち時間を今よりもっと心地よく。パジャマ・ルームウェアの選び方

睡眠状態を計測するスマートパジャマ、アプリで改善サービスも|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

パジャマあわせ

満足できるパジャマを選ぶための3つのポイント パジャマの素材と作りに注目してみよう パジャマに使われる素材の多くは綿と麻です。 綿と麻の違いは皆さんもご存じの通りだと思いますが簡単におさらいしてみます。 綿はふわふわで水もある程度吸ってくれる万能な素材です。 麻は水を綿よりも良く吸収するさらさらな素材という感じで、主に夏用のパジャマに使われます。 また、素材がどのように織られているのかということでもパジャマの感じは変わります。 たとえば、薄手のガーゼ状になったものや、厚手にもこもこになったものという違いがあったりします。 ぜひ、使われた素材とどんな織られ方がされているのかということを確認してみましょう! 動きやすそうかどうかを見てみよう 「夜、寝るときに使うだけなのに、なんで動きやすいものがいいのか。 」と疑問に思うかもしれません。 ですが、寝ている時にも寝返りで体は相当動いています。 個人差がありますが、夜に20回も寝返りを打っている方もいるほどです。 寝返りは良い睡眠を取るにはかかせない動きなんです! パジャマが動きやすいかどうかは、ズボンの締め付けがそれほどきつくないかといったことや、寝返るときに引っかからないような柔らかな生地であるかといった見分け方があります。 着ていても苦しくなさそうなものであれば動きやすいものといえますので、そんなパジャマを選んでみてください! 吸湿性が高いものかどうか見てみよう 寝ている時には大量に汗をかきます。 その量はなんとコップ一杯分、300mlといわれています!汗をかくのは夏だけだと思ったら大間違いで、冬にも大量の汗をかきます。 それだけの汗が肌についたままだと、寝心地も悪くなってしまいますし、体が冷えて風邪を引いてしまう可能性もあります。 しっかりした睡眠をとるためにも、吸水性があるものを選んでみてみてください! 春、秋に重宝する綿製のメンズパジャマおすすめの4商品をご紹介 暑くもないし、寒くもないちょうど良い過ごしやすい季節の春と秋。 ですが、意外と日によって気温の変化も激しいです… そんな安定しない春、秋の夜に大活躍するような綿製のメンズパジャマのおすすめを4商品、紹介します! 2重ガーゼで敏感肌にも優しい!「コムシコムサ メンズパジャマ」 出典: こちらのパジャマは綿100%でできています。 そのため吸水性、通気性も抜群で、快適な寝心地を提供します。 また、2層ガーゼ構造でとても柔らかな肌触りを実現。 オーガニックコットンはその名の通り、化学薬品が一切使われていない純コットンで、コットン全体のわずか2%しか生産されない、とても珍しいものです。 また、作っていく過程で、化学薬品をほとんど使わないように気を付けられています! このように敏感肌の方に非常に優しいパジャマになっているので、肌の弱い方でも安心して着ることができますよ。 そして、極上の柔らかさの肌触りになっており、ふんわり感は袖に腕を通した瞬間に分かるようなものだそうです! 愛用されている方の感想が届いています。 暑い夏におすすめのメンズパジャマを3商品ご紹介 エアコンをつけていても汗をかいてしまう夏の夜。 「そんな暑い夜には通気性と吸水性の高いパジャマを着て少しでも楽に寝よう!」ということで、夏用メンズパジャマを3つの商品を紹介していきます。 ちょっとそこまでなら着たまま出て行ける!「HACAI メンズパジャマ 夏 ストライプ」 出典: 普通のTシャツと短パンといわれても、違和感のないようなおしゃれなデザインが目を惹きます。 使われている素材はモダールコットンといって、吸水性がとても優れています!そのため大量の寝汗をかいてもしっかりと吸収してくれるので、快適な睡眠を取ることができますよ。 さて、モダールとは木材のセルロース繊維を加工した天然素材なので、安全性も抜群。 肌荒れのしやすい方でも安心して着ることができるのもうれしいポイントですね! 実際に使っている方の声を聞いてみましょう。 麻と綿の絶妙なコンビネーション!「綿麻混 メンズ パジャマ」 出典: 麻の服というと、とても通気性が良く、汗もよく吸ってくれる代わりに、伸びが悪く独特のざらざら感があって苦手というような方もいらっしゃると思います。 麻混素材ながら、麻素材の独特の使いづらさは全くないということで、不思議な使い心地だと思います! それでいて、機能は麻の良いところをしっかり受け継いでいます。 吸水力の高さはコットンの比ではないですし、通気性も圧倒的です! また、大人っぽい渋く味のあるデザインも素晴らしいですね。 実際に使ってみた感想を教えてください。 寒い冬の夜におすすめの厚手のメンズパジャマ3商品 なんとか眠ったものの、翌朝起きたら鼻水が…なんてことにならないように、冬には暖かい格好で寝ることが大切です。 ここではそんな寒い冬に大活躍する冬用メンズパジャマを3商品ご紹介していきます! 汗もしっかり吸収してくれるニット地パジャマ「パジャマ メンズ ニットキルト」 出典: 冬、お風呂を上がった後の部屋はとてつもなく寒いので、一刻も早くパジャマを着たいと思いますよね。 そんな願いを叶えるのがこちらの商品です。 すっぽりかぶるタイプのパジャマなので、着替えがとても楽々! また、綿100%の生地で表地、裏地が作られているので、吸水性、保温性ともに抜群です。 首まですっぽり覆われてしっかり暖かい!「マイクロフリース メンズ パジャマ 」 出典: こちらのパジャマはフリース素材でできたパジャマです。 フリースとは、ポリエステル素材で作られた繊維で、とても暖かい上、速乾性もあるという特徴を持っています。 まさに冬用のパジャマにはピッタリな繊維なんですが、しわができたりとゴワゴワしたりと苦手な人もいます。 そんなフリース素材が苦手という人でも着られるのがこちらのパジャマです。 とても細かく薄いスーパーマイクロフリースという素材が使われているので、ゴワゴワ感がかなり軽減されています! 気になるのは暖かさですが、起毛が密集しているのでほっとするような暖かさがあります。 また、タートルネックになっているのもこの商品のポイントです。 もちろんパジャマを着ると、良い睡眠がとれるようになって翌朝の目覚めも良くなります。 実はパジャマを着ることはそれ以外にも良いことがあるんです! 皆さんは「スリープセレモニー」という言葉を聞いたことがありますか?簡単に紹介すると、寝る前にルーティンを行うことで良く眠れるようになることをスリープセレモニーといいます。 パジャマを着ることを習慣にすれば、スリープセレモニーと同じような効果が得られ、良く眠ることができるようになります。 これがパジャマを着るメリットです! ぜひ、パジャマを着る習慣をつけてみてください。 「パジャマはどのくらいの頻度で洗うべきなんでしょうか。 」 「お風呂で体をキレイにしてから着るパジャマなんだから、そんなに洗濯する必要ないでしょ。 」と思っている人は意外といますが、大きな間違いです… ポイントのところでも少し触れましたが人間は寝ている間300mlも汗をかきます。 汗には体内からでた汚れが含まれているので、立派な汚れになります。 では、洗濯するべき頻度ですが、汗を大量にかく夏は毎日、冬場でも週に3回は洗濯をすることが理想です。 理想はこうですが、そんなにパジャマも持っていないという方もいらっしゃると思うので、最低でも週に2回は洗濯するようにしてくださいね。 「毛玉の処理のやり方を教えてください。 」 彼女が家に来たときに、毛玉だらけのパジャマを着ていては、だらしない男と思われるかもしれない…そんなことを考えたりするとパジャマは家で着るものとはいえ、毛玉がついていると気にはなります。 そんな毛玉の処理は小さなはさみで切るのが最も効果的です!服を傷つけないように気をつけながら、優しく切り落としてみてください。 さて、下の記事では、はさみで切る以外にも簡単にできる毛玉の処理の仕方を分かりやすく紹介しています。 気になる方はぜひ参考にしてみてください!.

次の

おすすめのメンズパジャマを10枚ご紹介!快適な睡眠で明日も元気に♪|RELITEM by ユアマイスター

パジャマあわせ

満足できるパジャマを選ぶための3つのポイント パジャマの素材と作りに注目してみよう パジャマに使われる素材の多くは綿と麻です。 綿と麻の違いは皆さんもご存じの通りだと思いますが簡単におさらいしてみます。 綿はふわふわで水もある程度吸ってくれる万能な素材です。 麻は水を綿よりも良く吸収するさらさらな素材という感じで、主に夏用のパジャマに使われます。 また、素材がどのように織られているのかということでもパジャマの感じは変わります。 たとえば、薄手のガーゼ状になったものや、厚手にもこもこになったものという違いがあったりします。 ぜひ、使われた素材とどんな織られ方がされているのかということを確認してみましょう! 動きやすそうかどうかを見てみよう 「夜、寝るときに使うだけなのに、なんで動きやすいものがいいのか。 」と疑問に思うかもしれません。 ですが、寝ている時にも寝返りで体は相当動いています。 個人差がありますが、夜に20回も寝返りを打っている方もいるほどです。 寝返りは良い睡眠を取るにはかかせない動きなんです! パジャマが動きやすいかどうかは、ズボンの締め付けがそれほどきつくないかといったことや、寝返るときに引っかからないような柔らかな生地であるかといった見分け方があります。 着ていても苦しくなさそうなものであれば動きやすいものといえますので、そんなパジャマを選んでみてください! 吸湿性が高いものかどうか見てみよう 寝ている時には大量に汗をかきます。 その量はなんとコップ一杯分、300mlといわれています!汗をかくのは夏だけだと思ったら大間違いで、冬にも大量の汗をかきます。 それだけの汗が肌についたままだと、寝心地も悪くなってしまいますし、体が冷えて風邪を引いてしまう可能性もあります。 しっかりした睡眠をとるためにも、吸水性があるものを選んでみてみてください! 春、秋に重宝する綿製のメンズパジャマおすすめの4商品をご紹介 暑くもないし、寒くもないちょうど良い過ごしやすい季節の春と秋。 ですが、意外と日によって気温の変化も激しいです… そんな安定しない春、秋の夜に大活躍するような綿製のメンズパジャマのおすすめを4商品、紹介します! 2重ガーゼで敏感肌にも優しい!「コムシコムサ メンズパジャマ」 出典: こちらのパジャマは綿100%でできています。 そのため吸水性、通気性も抜群で、快適な寝心地を提供します。 また、2層ガーゼ構造でとても柔らかな肌触りを実現。 オーガニックコットンはその名の通り、化学薬品が一切使われていない純コットンで、コットン全体のわずか2%しか生産されない、とても珍しいものです。 また、作っていく過程で、化学薬品をほとんど使わないように気を付けられています! このように敏感肌の方に非常に優しいパジャマになっているので、肌の弱い方でも安心して着ることができますよ。 そして、極上の柔らかさの肌触りになっており、ふんわり感は袖に腕を通した瞬間に分かるようなものだそうです! 愛用されている方の感想が届いています。 暑い夏におすすめのメンズパジャマを3商品ご紹介 エアコンをつけていても汗をかいてしまう夏の夜。 「そんな暑い夜には通気性と吸水性の高いパジャマを着て少しでも楽に寝よう!」ということで、夏用メンズパジャマを3つの商品を紹介していきます。 ちょっとそこまでなら着たまま出て行ける!「HACAI メンズパジャマ 夏 ストライプ」 出典: 普通のTシャツと短パンといわれても、違和感のないようなおしゃれなデザインが目を惹きます。 使われている素材はモダールコットンといって、吸水性がとても優れています!そのため大量の寝汗をかいてもしっかりと吸収してくれるので、快適な睡眠を取ることができますよ。 さて、モダールとは木材のセルロース繊維を加工した天然素材なので、安全性も抜群。 肌荒れのしやすい方でも安心して着ることができるのもうれしいポイントですね! 実際に使っている方の声を聞いてみましょう。 麻と綿の絶妙なコンビネーション!「綿麻混 メンズ パジャマ」 出典: 麻の服というと、とても通気性が良く、汗もよく吸ってくれる代わりに、伸びが悪く独特のざらざら感があって苦手というような方もいらっしゃると思います。 麻混素材ながら、麻素材の独特の使いづらさは全くないということで、不思議な使い心地だと思います! それでいて、機能は麻の良いところをしっかり受け継いでいます。 吸水力の高さはコットンの比ではないですし、通気性も圧倒的です! また、大人っぽい渋く味のあるデザインも素晴らしいですね。 実際に使ってみた感想を教えてください。 寒い冬の夜におすすめの厚手のメンズパジャマ3商品 なんとか眠ったものの、翌朝起きたら鼻水が…なんてことにならないように、冬には暖かい格好で寝ることが大切です。 ここではそんな寒い冬に大活躍する冬用メンズパジャマを3商品ご紹介していきます! 汗もしっかり吸収してくれるニット地パジャマ「パジャマ メンズ ニットキルト」 出典: 冬、お風呂を上がった後の部屋はとてつもなく寒いので、一刻も早くパジャマを着たいと思いますよね。 そんな願いを叶えるのがこちらの商品です。 すっぽりかぶるタイプのパジャマなので、着替えがとても楽々! また、綿100%の生地で表地、裏地が作られているので、吸水性、保温性ともに抜群です。 首まですっぽり覆われてしっかり暖かい!「マイクロフリース メンズ パジャマ 」 出典: こちらのパジャマはフリース素材でできたパジャマです。 フリースとは、ポリエステル素材で作られた繊維で、とても暖かい上、速乾性もあるという特徴を持っています。 まさに冬用のパジャマにはピッタリな繊維なんですが、しわができたりとゴワゴワしたりと苦手な人もいます。 そんなフリース素材が苦手という人でも着られるのがこちらのパジャマです。 とても細かく薄いスーパーマイクロフリースという素材が使われているので、ゴワゴワ感がかなり軽減されています! 気になるのは暖かさですが、起毛が密集しているのでほっとするような暖かさがあります。 また、タートルネックになっているのもこの商品のポイントです。 もちろんパジャマを着ると、良い睡眠がとれるようになって翌朝の目覚めも良くなります。 実はパジャマを着ることはそれ以外にも良いことがあるんです! 皆さんは「スリープセレモニー」という言葉を聞いたことがありますか?簡単に紹介すると、寝る前にルーティンを行うことで良く眠れるようになることをスリープセレモニーといいます。 パジャマを着ることを習慣にすれば、スリープセレモニーと同じような効果が得られ、良く眠ることができるようになります。 これがパジャマを着るメリットです! ぜひ、パジャマを着る習慣をつけてみてください。 「パジャマはどのくらいの頻度で洗うべきなんでしょうか。 」 「お風呂で体をキレイにしてから着るパジャマなんだから、そんなに洗濯する必要ないでしょ。 」と思っている人は意外といますが、大きな間違いです… ポイントのところでも少し触れましたが人間は寝ている間300mlも汗をかきます。 汗には体内からでた汚れが含まれているので、立派な汚れになります。 では、洗濯するべき頻度ですが、汗を大量にかく夏は毎日、冬場でも週に3回は洗濯をすることが理想です。 理想はこうですが、そんなにパジャマも持っていないという方もいらっしゃると思うので、最低でも週に2回は洗濯するようにしてくださいね。 「毛玉の処理のやり方を教えてください。 」 彼女が家に来たときに、毛玉だらけのパジャマを着ていては、だらしない男と思われるかもしれない…そんなことを考えたりするとパジャマは家で着るものとはいえ、毛玉がついていると気にはなります。 そんな毛玉の処理は小さなはさみで切るのが最も効果的です!服を傷つけないように気をつけながら、優しく切り落としてみてください。 さて、下の記事では、はさみで切る以外にも簡単にできる毛玉の処理の仕方を分かりやすく紹介しています。 気になる方はぜひ参考にしてみてください!.

次の

おすすめのメンズパジャマを10枚ご紹介!快適な睡眠で明日も元気に♪|RELITEM by ユアマイスター

パジャマあわせ

2020年04月13日更新 「家にいるときしか着ないから…」と、つい妥協して選んでしまいがちなパジャマ・ルームウェア。 引っ越しのときなどに、揃えるのを後回しにしてしまう方も多いのではないでしょうか。 ですが家にいる時間や睡眠時間は意外と長く、身につけているものが心地よいか、気に入っているかどうかで、リラックスタイムの質は大きく変わってきます。 満足できる1着を見つけられたら、おうちで過ごす休日もきっともっと楽しくなるはず。 今回はおうち時間をより上質にするための、パジャマ・ルームウェアの選び方をご提案します。 あわせて当店が自信をもっておすすめする4着をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。 パジャマ・ルームウェアの選び方 まずは今よりもっと快適に過ごすための、パジャマ・ルームウェアの選び方から見ていきましょう。 ワンランク上の1着を見つけるためのポイントを、3つご紹介します。 肌触りに関しては、商品によって工夫はさまざまですが、例えば編み目が細かく刺激が少ないもの、綿やガーゼといった柔らかく肌触りのいい素材を使っているものなどがおすすめです。 また細かいことですが、ブランドタグがどのように付いているかも大切。 位置や大きさによっては肌触りを損ねてしまうので、肌に触れない位置に付いていたり、プリントされていたりするものが理想です。 締め付けの少なさは、ボトムスのゴムがよく伸びるもの、紐で調整できるものもいいですが、とことんこだわるならワンピースタイプという選択肢も。 ウエストまわりに圧がなく、どんな体勢でも楽ちんです。 例えば程よい光沢感があり、パジャマらしさのない生地が使われているもの。 またはシンプルなTシャツとあわせるだけでコーディネートが完成するような、華やかで洗練された柄のもの。 ゆったりしていてもシルエットがきれいで、重たい印象のないものなど。 そうしたパジャマ・ルームウェアを選べば、お部屋の中でスマートに装えるのはもちろん、ちょっとしたお出かけのためのワンマイルウェアにもなります。 人を家に呼んだとき、相手に失礼なく、なおかつリラックスできる服としても活躍しますよ。 適切な温度調節ができ、寒さや汗のべたつきを感じにくいことが、眠りやすいパジャマとして大切なポイントです。 今よりもっと心地よく休めるパジャマをお求めの方は、ぜひ吸水性に優れた生地を使っているかどうかチェックしてみてください。 吸水性がよければ汗をかいても不快な蒸れを感じず、また汗が肌にとどまり身体が冷えてしまうこともありません。 特におすすめなのは、ガーゼを使ったパジャマです。 ガーゼは吸水性がいいため湿気を放出しやすく、また空気をためこむ層があるため、適度な保温性もあります。 ふんわりと軽やかな質感なので、重さも感じませんよ。 今よりも「ちょっといい」が叶う、おすすめのパジャマ・ルームウェア TUTIE. 柔らかくふわふわな肌触りを味わう TUTIE. の接結 リブワンピースは、ふわふわとした気持ちのいい着心地が魅力のルームウェア。 「接結天竺」という柔らかい生地で作られていること、また内側が極細のリブ状になっており、肌への刺激が少ないことがその理由です。 商品写真の撮影時、「肌触りがゴワっとしたものを着ると、すぐに肌が赤くなってしまう」というモデルの方も「ふわふわしていてとにかく気持ちいい!」と絶賛するほどの着心地でした。 ブランドタグがプリントになっているため、首元がチクチクすることもありません。 伸縮性があり、なおかつワンピースタイプのルームウェアなので、締め付け感もなし。 着心地のよさにとことんこだわった1着です。 細かな部分も、ルームウェアとしての着心地を大事にして作られています。 例えば袖口。 リブがあり、きゅっと手首に沿うような形なので、冬場や肌寒い夜も冷気が入り込みにくくなっています。 たくし上げたときにきちんとキープされるため、洗い物や洗濯など、家事をするときも安心。 袖がずり下がってきて、せっかくのルームウェアが濡れてしまう…という不快感がありません。 着心地がよくシンプルなデザインのルームウェア。 こちらはグレーですが、グリーン・ネイビーもあわせて3色展開なので、色違いで揃えて着回すのもおすすめですよ。 えらび手のコメント:こちらは、TUTIE. がオリジナルで作っている接結素材を見て、当店がルームウエアを作って欲しいとリクエストした事から生まれたアイテムです。 肌触りの良さは抜群。 ルームウエアとして、体を冷やさない為の細かな配慮がされているのもポイントです。 家だけで着るのはもったいないパジャマ 「パジャマは寝るためだけのもの」「ルームウェアは家の中だけで着るもの」そんなイメージががらりと変わるのが、NellsのGARAパンツです。 まず目を引くのが、花をモチーフにした美しくユニークな柄。 組み合わせるトップスをあれこれ考えたくなってしまうこのデザインは、Nellsのためにクリエイターが描き下ろしたオリジナル柄です。 ゆったりめですが野暮ったさのないきれいなシルエット、またシルク混素材のほどよい光沢感もあり、いかにもパジャマといった雰囲気になりません。 無地のTシャツやシンプルなシャツを上にさっと着るだけで、すぐにでもお出かけできてしまいます。 見た目だけでなく、パジャマとしての着心地も優秀です。 汗をかいてもすぐ吸収し発散してくれるので、快適な温度で眠ることができます。 シルエットがゆったりとしており、ウエストを紐で調整できるので、寝心地を損なう締め付け感もありません。 デザインは外出用のボトムスと遜色ありませんが、身に着けてベッドに入れば、パジャマとしての機能性をフルに発揮してくれますよ。 えらび手のコメント:Nellsは、着替えのいらないパジャマをテーマに作った、当店のオリジナルブランドです。 素材選びに始まり、個性的な柄や形に至るまでこだわり、試作を重ねたこちら。 デザインにのみ目が行きがちですが、快眠の為の条件もきちんとクリアしています。 ガーゼを重ねて作られているこちらのパジャマは、理想の寝床内環境を作るのにぴったりです。 優れた吸水性と適度な保温性があり、就寝中の肌をさらりと快適に保ちつつ身体の冷えを防止。 寝床内の理想の温度は32度前後、湿度は50%と言われていますが、それに近い環境を作ることができます。 また圧迫感のないゆったりとしたシルエットで、寝返りなど睡眠中の動きを妨げません。 お休み前のひとときもベッドに入ってからの睡眠時間も、どちらも快適にしてくれます。 さらに注目したいのが、「和晒(わざらし)」という昔ながらの製法で作られている点。 化学薬品に頼らず、4日間という長い時間をかけて綿を窯熟成し、繊維の奥にある不純物まで除去しています。 この製法のおかげで、生地がなめらかな肌触りに。 おまけに柔軟剤を使わなくても、洗うたびにふわふわになっていきます。 糊付けも天然の澱粉糊を使用し、最低限のみ行っているので、敏感肌の方やご自宅に赤ちゃんがいる方でも安心。 パジャマとしてはもちろん、ルームウェアとしてもお使いいただけるデザインなので、ぜひパンツやレギンスとあわせて、リラックスタイムにご活用ください。 えらび手のコメント:この生地は洗えば洗うほど肌触りが柔らかくなっていくところが一番の魅力。 ガーゼ生地のパジャマと言うと前開きのいかにもパジャマらしいデザインのものが多い中、こちらはルームウェアとしても着られる貴重な存在です。 「良い眠り」を実現するパジャマ 日本有数の先染織物の産地・播州で作られた、「雲ごこち3重ガーゼ生地」を使用しているパジャマ。 通常の3重ガーゼ生地より肉厚な分、より多くの空気を含み、眠っているときに適温を保ってくれます。 吸水・放湿性にも優れているため、汗による蒸れ、冷えも気になりません。 ふんわりと織られているため糸の量が少なく、またガーゼ生地の肌離れのよさもあり、軽やかな着心地です。 さらに寝返りなども考慮して、動きを妨げず締め付けない、立体的なつくりに。 体への負担や、腕や足を動かしたときの突っ張り感が少ないため、快適にお休みいただけます。 就寝中の快適さをとことん追求した、まさに「寝るための服」です。 細かな部分も、眠っているときの快適さを妨げないよう、最大限に工夫されています。 ウエストゴムには独自に開発された「ソフティーゴム R 」を使用。 伸びがいいため、ゴムによる締め付け感をあまり感じずにいられます。 また折れたり捻じれたりしない仕様なので、ゴムがゴロゴロする…という不快感もありません。 ブランドネームをプリントにすることにより、首元のチクチクも解消。 生地の縫い目がフラットで、また肌への刺激が少ない糸が使われているため、肌当たりのよさも抜群です。 どこをとっても柔らかく、気持ちのいい肌触りに仕上がっています。 サイズはS、M、L、LLの4種類。 自分の体に合うものを選びやすいように、豊富なサイズ展開となっています。 「パジャマの中で体が泳がないよう、ジャストサイズを」「ゆったり着たいのでワンサイズ上を」と、ご自身にとって快適なものを選んでくださいね。 えらび手のコメント:一般的に、眠りの質を高めるためには「寝ている間に蒸れたりせず、適温を保てること」、「体を締め付けず、寝返りをうちやすい状態にしておくこと」が重要と言われています。 こちらのパジャマはその2つを兼ね備えていることに加えて、生地に特殊加工が施されているので、一般的なガーゼ素材よりも肌触りがふっくら気持ち良いのが特徴。 まさに快眠のために作られた一着です。 (バイヤー・中井明香).

次の