プリコネ マホ ランク。 【プリコネ】復刻マホマホ王国イベント&簡単SP攻略解説【プリンセスコネクト!】

プリコネ・イノリ実装は強い引くべき?おすすめの使い方(編成)は? | プリコネ無課金ガチ勢

プリコネ マホ ランク

概要 マホはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 プロフィール 年齢 16歳 身長 155cm 体重 42kg 誕生日 9月22日 血液型 O型 種族 獣人 ギルド 趣味 空想、ぬいぐるみ集め CV 人物 【】のギルドマスター。 京都弁で喋る獣人の女の子。 モチーフは尻尾の形状まで考慮するとおそらくはだと思われる。 ギルドハウスはマホがランドソルに住む際に親から与えられたものらしく、マホの自宅も兼ねている。 一般的に獣人は体力面で優れるらしいが、マホは非力かつ日光にも弱いという箱入り娘。 一方魔法の素養はあり、強力な魔法を容易く扱える。 しかし、全て独学で学んだらしく、失敗することが多く、基礎的な魔法にも極めて疎い。 かわいいものがとにかく好きで部屋にはぬいぐるみの山が埋まっている。 ギルドハウスにもマホのぬいぐるみやカーテンを置くことができ、各キャラの反応を楽しむことができる。 とてもゆるふわで夢見がちなところがあり、を「王子はん」と呼び、自身はマホマホ王国出身と公言して憚らない。 2019年のサマーイベント『』ではメインを務める。 同じギルドメンバーの、、そして主人公やお気に入りのぬいぐるみたちと共に海辺へ旅行に行ったが、ある時ぬいぐるみから目を離した瞬間、ぬいぐるみが意識を持ったかのように姿を消す事件が発生。 マホはぬいぐるみが自分のことを嫌いになってしまったのかと思いふさぎ込んでしまうが、仲間たちに励まされながら、消えてしまったぬいぐるみたちを探し出す。 ちなみにマホはぬいぐるみ一つ一つに名前を付けているようで、劇中には、、という名前のぬいぐるみが登場している。 ぬいぐるみの名前の元ネタは現時点では全てに登場する騎士に由来している。 味方全体を強化してTPを回復するユニオンバーストや、HP回復、敵を暗闇にするスキルで戦況を好転させる。 一目見て分かる通り、完全な僧侶系キャラ。 ただし、使用頻度は8回に1回と少なめ。 また、マホマホダークネスも物理アタッカーの命中率を大幅に下げることができ、それだけでパーティーの生存力の向上を狙いやすい。 相手にする際はなるべく2番目に物理アタッカーを置くのを控えておこう。 どうしても編成したい場合はなどの挑発持ちに吸わせることで抑えられる。 ユニオンバーストは広範囲をカバーするものだが、この時点では上昇量はどれもそんなに多くなく、ちょっと地味。 スキルの性能は上記の通りだが、マホの強さはその本体性能にある。 隊列は全キャラの中でもかなり後ろを陣取るが、魔法キャラの中ではダントツに硬い。 魔法防御力は元からかなり高いが、物理防御力もEXスキルで上げるおかげで魔法キャラキラーのや最後尾を狙うのユニオンバーストを受けても平然と立っているほど。 特にハロウィンミヤコへのデコイとしてはかなり優秀だが、やなどマホよりも後ろの配置のキャラも少数だが存在するので注意。 タンク編成を突破した後の最後の壁として立ちはだかり、彼女一人残してタイムアップ、なんてこともよく起こる。 非力なのかもしれないが、非常に逞しい身体をお持ちのようである。 2019年6月30日には専用装備「ピュアメルヘンワンド」が実装。 マホマホヒールに物理防御力バフ効果と継続HP回復状態付与が追加される強化がされた。 2020年5月15日にイベント『ヴァンパイアハンター with イリヤ』がサイドストーリーで何時でもプレイできるようになったので一層集めやすくなった。 勿論その2. ユニオンバーストが「メルヘンガーデン」から「 メルヘンキングダム」に変化し、セットボーナスによって魔法攻撃力・回復量上昇が大きく上昇する。 これまでのマホは前述の通り「本体性能は強力だがユニオンバーストが地味」という評価をされることが多かったのだが、そのUBが大幅に強化されたことでサポーターとしての隙がなくなった。 TP支援性能は実装時点の全キャラ中最高峰のもの。 と比べると初動は遅いものの、発動さえすれば継続TP回復によって恒久的にUBをサポートできる。 もともとの主戦場であるアリーナで大活躍してるのは言うまでもない。 クランバトルでも重要な役であるTP支援枠として活躍できるだろう。 ユニオンバーストの演出は、ぬいぐるみのアーサー・ランスロット・ガウェインがマホに力を与え雲の上にマホマホ王国と思わしきお城を建てるという凝ったものになっている。 またお城の周りには、ギルドハウスアイテムとしても登場したマコト・カスミ・カオリのプリぐるみが登場している。 マコトやカオリより半月遅れて登場した、期間限定のサマーバージョンである水着姿のマホ。 ヒーラーやサポートとしての役割から一転、純粋な魔法アタッカーキャラに切り替わった。 他の味方のバフや敵へのデバフスキルを持たない、と同様の火力特化型魔法アタッカー。 ただしスキルによる攻撃対象はどれもランダムであるため、クランバトルなどの攻撃対象が1体のみのボス戦向きの性能となっている。 アリーナなどで運用する場合は、のユニオンバーストを用いてどこに攻撃が当たっても高いダメージを出せるようにしておきたい。 ボス戦の場合、攻撃対象は概ね一つのみであるため、説明文通りの高火力を出すことが可能。 そういった意味では魔法版とも言える性能である。 防御力がかなり低いため敵の攻撃を耐えれないこともあるが、生き残れる場合は魔法パーティのDPSとして大きな活躍ができるだろう。 キョウカと違って単体ボス相手ならばダメージが安定する点も長所である。 公式生放送のコメント欄などに大量発生することも。 ちなみにも自分だけの王国を持っていたりする。 :が同じ関係でに一緒に出ている。 関連記事 親記事.

次の

プリコネの星6マホについて質問星6マホの適正ランクと専用装備Lvを教えてくださ...

プリコネ マホ ランク

総合評価点 【専用なし】 8. 【魔法】 後衛で味方のサポートを担当するメルヘン少女。 味方全体を強化してTPを回復するユニオンバーストや、HP回復、敵を暗闇にするスキルで戦況を好転させる。 更に、敵単体を暗闇状態にできる妨害スキルを持つため、 パーティーに編成することで安定したクエスト攻略が可能。 高い耐久力を持つ後衛キャラ マホは後衛キャラの中ではHPと魔法防御力が高い上、EXスキルを解放すれば物理防御力も大きく上げられる。 サポートキャラとしてはかなり倒れにくく、回復などの役割をしっかりこなしやすい。 ただし、 スキルレベルをあげてもTPの回復量は増えない点に注意。 少量だが全体のTPも回復できる。 ユニオンバーストも味方支援なので、自身のみで敵を倒すことは難しい。 回復スキルの頻度が少ない マホはスキル周期的に回復スキルを使用する頻度が少ない。 同じ単体回復スキル持ちのジュンなどよりマメな回復がし辛い点には注意。 また、 後衛キャラの中では打たれ強く、クエスト攻略の安定性を高める際に非常に有効なキャラだ。 Point! 魔法キャラは基本的に物理防御力が低いので打たれ弱い傾向にあります。 マホは、EXスキルによって自身の物理防御力をUPできるので、元々高い魔法防御力と合わさり打たれ強いキャラである点が非常に優秀ですね。 アリーナの防衛編成でも活躍 マホは優秀な支援能力を持ちパーティ全体の耐久力を向上できる。 アリーナでは耐久力の高いタンクキャラと組み合わせることでタイムアップを狙える耐久防衛パなどで活躍する。 ハロウィンミヤコの対策としても優秀 マホは物理防御力が非常に高いので、最後列のキャラを攻撃するハロウィンミヤコの対策としても活躍する。 ただし、マホ自身の火力はかなり低いので強力なアタッカーキャラを編成しておこう。 2種のバフも効果量が高く魔法パにおいて使い勝手が良い。 攻めの部分も強化されたが、 元々防御寄りのスキル構成なので防衛で特に強力。 Point! 攻撃面のサポートはUBでしかできないので、初速が遅い点は少し気になるところ。 マホよりもTP支援をしたいキャラも多く、無理やり攻撃の編成に採用するほどではないかと。 防御バフの優位性がでる環境では攻めでも強力になるかと思われます。 アリーナ以外でも汎用的に使っていける プリコネではUBが重要なキャラが多いため、UBを早められるTP回復が非常に強力。 初速こそ遅いものの、 全体にTPを供給できるキャラとしてはトップクラス。 暗闇などが刺さらない敵であってもTP回復要員として編成できる。

次の

【プリコネR】ランク16にすべきおすすめキャラとステータス比較表【プリンセスコネクト】

プリコネ マホ ランク

あのイベントではカォンの仲の良さやマホとぬいぐるみの絆が見れて、僕の中ですごく心に残るイベントになっています。 メモリーピースをセット• 戦力+70• 魔法攻撃力+60• 回復量上昇+10 ピュアメモリーピースをセット• 戦力+110• 魔法攻撃力+100• 回復量上昇+10 プリンセスオーブをセット(5回分合計)• 戦力+155• 魔法攻撃力+100• 物理防御力+10• 回復量上昇+10 素材のセットでは 魔法攻撃力がいい感じに上がってくれました。 ヒーラーの場合、攻撃力がHP回復量に大きく関わるので、この攻撃力アップは嬉しいところかなと思います。 それともう一つ、回復量を決める重要な要素の「 回復量上昇」も+30の大幅アップ。 魔法攻撃力と回復量上昇は、どちらもスキル1「 マホマホヒール」のHP回復と継続HP回復の回復量アップに貢献してくれます。 UBのTP回復関連には効果がないですが、ヒーラーとしての活躍をしっかり支えてくれるステータスアップとなったようです。 主人公も本当の王子様みたいにかっこよかったです。 ただ気のせいか、 ものすごくプロポーズっぽくなってるのは大丈夫なのかな?とかちょっと思ったりも…。 笑 まあマホが幸せそうだしありかも…? いや、ありです。 (断言) 基本的にそこまで一人のキャラと関係が進むことはないプリコネのストーリーですが、今回は一歩進んだ(かもしれない)物語を読めて、かなり ドキドキしながら楽しむことができました。 衣装もよりかわいくバージョンアップしています。 ワンドがゴージャスになって、背中には新たに羽衣?もつきました。 他にも細部にわたって違いがあったりして、かわいさに妥協がない凝った衣装となっています。 弱点らしい弱点が見当たらない、 高性能なステータスになりました。 特に耐久力は タンク級と言ってもよさげな感じ。 TP消費軽減が高めなのも、新UBを連発していく上で大きな意味を持ってきそうです。 星5マホ 星6マホ 戦力 21828 27599 HP 25365 31989 回避 6 6 物理攻撃力 52 52 魔法攻撃力 7191 8797 物理防御力 433 543 魔法防御力 587 630 物理クリティカル 0 0 魔法クリティカル 137 137 HP自動回復 1720 1720 TP自動回復 215 215 HP吸収 0 0 回復量上昇 198 228 TP上昇 8 8 TP消費軽減 21 21 命中 0 0 魔法攻撃力と回復量上昇は、「マホマホヒール」のHP回復で活かしていくことができます。 サポート兼ヒーラーとして、よりタフに立ち回れるステータスになったのかなと感じています。 スキル比較 変化があったのはユニオンバーストとスキル1。 それぞれ見ていきたいと思います。 ユニオンバースト「メルヘンキングダム」 ついに王国を召喚できるようになったマホの新UB。 すべての効果が大きく上がって、新たに「 毎秒TP回復」が追加されました。 魔法攻撃力と物理防御力のバフの効果はどちらも 約18秒。 バフの効果量が多く時間も長め、物理防御力もカバーしてくれるので、魔法パーティーには特に嬉しい性能となっています。 TP回復と毎秒TP回復は、 自身の魔法攻撃力や回復量上昇の影響を受けません。 その代わり、ステータスの「TP上昇」の数値によって回復量が変化するという仕様になっています。 たとえばマホの場合はTP129回復・毎秒TP10回復ですが、「TP上昇」が高いリノの場合はTP163回復・毎秒TP13回復になります。 マホ リノ ステータスのTP上昇 8 36 UBによるTP回復量 129 163 UBによる毎秒TP回復量 10 13 星6コッコロのUBのように、「TP上昇」の数値を上げるバフが入った場合には、この数字に上乗せしていくことも可能です。 108010まで回復量を増やすことができました。 バフなし…HP回復39914、継続HP回復800• バフあり…HP回復108010、継続HP回復2184 10万ってはじめてみたかも…。 笑 継続HP回復の方も、1回で2184回復。 (合計8回の回復) 単体とはいえ、この回復力は大きな魅力 ですよね。 特にタンクキャラは、このスキルのお世話になる機会も多くなるんじゃないかなと思います。 星6マホまとめ! 最大の強みは「 TP回復による味方全体のUB回転率のアップ」になりそうです。 TP回復はどこでも重宝される能力ですし、星6マホの活躍の場はかなり多そうですよね。 アリーナでも常連キャラになってきそうな予感。 どちらかというと、防衛パーティーで輝きそうな性能かも? 一度UBを使うと「流れ」が作れるので、最初のUBをいかに早く使えるかが鍵になってきそうです。 この先もいろんな場所で試してみて、また追記があれば書き足していこうかなと思っています。

次の