てんちむ ヌード。 てんちむ、初フルヌードの話題作 「吐きそうになった」濃厚絡みエピソード語る

てんちむがAV?ではなく映画『妹ちょ』出演で後悔?現在語ったことは?

てんちむ ヌード

橋本甜歌の名義でも活動する。 TVドラマ「こどもの事情」(07)などで子役として活動する一方で、グラビア活動も行いジュニアアイドルとして人気を確立。 ローティーン向けファッション誌「ピチレモン」のモデルを経て、女性ファッション誌「Nicky」の専属モデルを務めるほか、「Popteen」や「Ranzuki」といったギャル系雑誌でも読者モデルとして活躍。 アメーバブログで1日20万アクセスを誇るカリスマ現役高校生モデルとして脚光を浴びた。 主演映画「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 」(14)ではフルヌードを披露。 音楽活動も行うなど幅広いジャンルに挑戦している。 関連作品(映画)• 3 2015年公開• 1 2014年公開• 5 2011年公開• 4 2004年公開 写真・画像.

次の

仕事選べず出演、ずっと後悔している…てんちむ、AV出演疑惑について言及

てんちむ ヌード

子役として芸能界デビューし、『天才てれびくんMAX』(NHK教育)には「てんかりん」として出演。 その後、ブロガー、ギャルモデル、ニート、ゲーマー…様々な立ち位置を経験してきたてんちむ。 YouTuberとして活動を始めてからは「年収は高級外車7〜8台分」とテレビで告白。 一見すると華々しく活動してきたようにも思えるが、その裏では2度の自殺未遂をはかるなど、波乱万丈とも言える人生を歩んできた。 YouTubeではそんな彼女だからこそ作ることができる、仕事観や人生観を赤裸々に語った動画が注目を集めている。 YouTuberてんちむ『私、息してる?』インタビューカット• 子役時代に抱えていた葛藤、自殺未遂の経験、亡くなった父をはじめとした家族との関係性など、これまでYouTuberとして語ってこなかった部分が赤裸々に告白されているのだ。 「YouTubeは2016年から始めています。 『よくわからない』とか『自分勝手じゃないか』とか。 でもここ1年で、状況が変わってきた。 同じ切り口の動画を配信すると、『共感した』『視野が広がった』という声をいただけるようになって。 子役のカリスマから、てれび戦士としてNHKのスターに。 休業期間を経てギャル雑誌でモデルとして活躍、アメブロで1位を獲得するほどの人気ブログも運営していた。 再び世間から姿を消し、引きこもってゲーム実況をしていたら再度注目され、Youtuberへと転身し現在にいたる。 しかしこの人生のなかで、てんちむは2度の自殺未遂を経験した。 一度目は、芸能活動を休業していた14歳のとき。 「なぜこんなに変わってしまったのか」と叩かれ、当時の人間関係や家族関係、様々なことが作用して「感情のコントロールができなくなり、鬱状態に。 死ねないのに、2階から飛び降りて死のうとした」とブログでも明かしている。 二度目は、ある映画の主演を務めたときのこと。 アダルトビデオと誤解されるほど濡れ場のシーンも多く、裸で撮影に挑まねばならなかった。 「仕事がまったくない時期で、自分が選べる立場にはないと思った」「なぜOKしてしまったのか、自分のことがどんどん嫌いになっていった」と著書でも明かしている。 「このまま生きてても、幸せじゃないよなって。 死について、考えること何回もありました。 でも考えてもしょうがないよなって。 自殺未遂を経たからこそ、たどり着いた考えだとは思うけど、結局人は生きていくんで。 今を上書きしていくしかないよなって。 その意識は徹底されていて、自分の立ち位置、やるべきことを常に客観視しているようにも見える。 「てれび戦士をやっていたときって、裏では私、父を亡くしているんですよ。 ガンが発覚して、闘病中のときで。 プライベートでは、大事な家族を失うかも。 だけど仕事場では笑顔を作らなくちゃいけない。 そういうのが諦めじゃないですけど、割り切らないともう無理だった。 でも、仕事は仕事。 テレビの前では与えられたことをしなくちゃいけないわけですし、それをやらなきゃ終わらないので。 やるしかないので、やる。 天てれ楽しかったですけど、幼いながら、あの時は難しかったですね」 「やるしかないので、やる」。 今も、仕事の取捨選択をするときにはこのときの考えが基盤にあるという。 「仕事へのスタンスは、今と昔では少し変わっている部分もありますけどね。 昔は、ただ与えられたことをやり切るだけ。 その意識ですべての仕事に挑んでいます。 昔よりも責任感やプレッシャー、すごく大きいんですよ。 私が倒れちゃったら、共倒れになる会社だってあるし。 仕事の幅が広がって、自分の人生は自分だけのものではなくなってる。 自分にもまだまだ伸びしろがあるので、成長するためにはどうすればいいかを日々考えて進んでいるつもりです」 「10〜20代がかわいいのは当たり前。 大切なのは年を重ねたときに何が残っているか」 元彼、セフレ、幼い頃からの親友…著書では彼女をよく知る周囲の人たちから見たてんちむも語られている。 「元彼とはいえ、今でも普通につながっている。 他者から見た私を言語化してほしくて、著書のコラム執筆を今回お願いしました。 私はこれまでも出会いを大切にしてきたほうだと思います。 男女の関係ではなくなったとしても、簡単に縁を切ったりはしない。 『この人は信用できる』と思い込むのも怖いし、どんなに深い関係でも程よい距離を保っているからこそ、いい関係でいられるんじゃないかなって」 特定の人との距離が近くなりすぎないよう、彼女なりの予防線を張っているようにも感じられた。 続けて、てんちむは「でも最後まで信じられるものがあるとしたら、それは家族です」ときっぱり言い切る。 「家庭環境に難ありと思われているかもしれないけど、実は愛情をたっぷり受けて育ちました。 父が亡くなったときに、何もできなかった後悔…というわけではないけど、家族はできるだけサポートしてあげたい。 親が死んだあとでは、絶対に親孝行はできないので。 それに自分のせいで家族を振りまわしてきたという実感もあるんです。 この先、弟がやりたいことを見つけたらその手助けをしたいし、母親にも残りの人生を存分に楽しんでもらいたい。 それはたぶん、自分がお金と心に余裕ができた今だから思えることなんですけど」 テレビ番組で年収が高級外車7〜8台分と告白していたことについて触れると「稼いでいる実感はある」とてんちむ。 さらにこれからは「今より2、3段階レベルアップしたいですね」と仕事への思いを明かす。 「1年前の自分に比べたら、仕事の規模は本当に大きくなっているので、それを毎年更新していって限界まで自分を高めていきたいんです。 あと、嫌なことはしないで生きていきたいので、仕事は選べる立場でいたいですね(笑)。 内面については、自分が30代40代になったときに何が残っているのかを意識していきたい。 10代20代って、かわいくて当たり前じゃないですか。 でも人間って衰えるものだし、劣化したとも今後言われるかもしれない。 だからこそ、『てんちむみたいな考え方ってあるんだ』と私の内面に対して共感してもらえるように、そういうインプットを与えられる人になりたいと思っています」 『私、息してる? 』(竹書房).

次の

てんちむの昔が悪すぎてヤバい・・!出身地・経歴や元彼氏と母親から包丁を!フルヌードも?

てんちむ ヌード

「私、息してる?」表紙(提供画像)同書は、子役スターから始まり、NHKの人気番組出演、不登校、ギャルモデル、ニート、トップゲーマー、そして実業家でありカリスマYouTuberと、波瀾万丈の人生を送っているてんちむが、その軌跡から得られた教訓を語る実用書であり、その人生を綴る告白書。 ギリギリで息をしながら生きてるのに注目されるという、希有な人生を送るてんちむが『中学生失格』以来9年ぶりに人生を回顧。 セフレの意義を強調する生き方は独立心を持つ女の子たちに、また、ビジネスマンには3億円のマンションを買った方法と理由を披露。 さらに、ヌード映像が世に出たときの思いも初告白しており、昔からのファンでも知らなかった本心など、てんちむが様々な人たちに訴えかける1冊となっている。 発売3日で累計発行10万部を記録発売前は重版も含め、4万3000部の初版でスタートした同書。 このたび5万7000部の追加重版が決定し、発売3日で累計発行10万部となった。 (modelpress編集部) てんちむ(橋本甜歌・はしもとてんか)プロフィール生年月日:1993年11月19日 2004~2006年にNHK『天才てれびくんMAX』にレギュラー出演。 その後、人気ブロガー、ギャルモデルを経て、現在はYouTuber として「てんちむCH」を配信中。 モデルプレス 2020-07-27 12:00• モデルプレス 2020-07-27 11:43• ジェイタメ 2020-07-27 11:31• しらべぇ 2020-07-27 11:30• モデルプレス 2020-07-27 11:13• ジェイタメ 2020-07-27 11:09• モデルプレス 2020-07-27 11:01• しらべぇ 2020-07-27 11:00• しらべぇ 2020-07-27 10:40• モデルプレス 2020-07-27 10:27• しらべぇ 2020-07-27 10:20• モデルプレス 2020-07-27 10:04• しらべぇ 2020-07-27 10:00• モデルプレス 2020-07-27 10:00• しらべぇ 2020-07-27 09:40• モデルプレス 2020-07-27 09:37• しらべぇ 2020-07-27 09:20• しらべぇ 2020-07-27 09:00• しらべぇ 2020-07-27 08:40• モデルプレス 2020-07-27 08:30.

次の