スプリット 勤務。 ストリッパーの世界に飛び込んだ元外資系コンサルの生き様「ストリップ劇場では“飾らない自分”でいられる」 20’s type

シフト勤務時間の労働基準法での位置づけについて

スプリット 勤務

こんにちは。 本日は、現在まさに危機が迫っている「 」への対応について、 考えてみたいと思います。 COVID-19はCoronaVirusDisease, 2019の略です。 国民一人一人が実施すべきことについては、からも案内が出ています。 【参考】 企業としてはからの案内を確認しましょう。 が与える企業へのリスクは? はすでに中国での営業を停止する企業なども出てきており、 営業への影響を与えだしています。 また、そもそも罹患者が増えると、会社に来れなくなる方が増え、業務が回らなくなります。 会社にとっては、業務の効率性が非常に落ちるため、最終的には業績影響も多くあります。 また、コンテナ輸送では港がすでに荷役を停止しており、ダイレクトな物流停止も発生します。 海外からのの申請停止も影響があります。 すでに2020年3月現在インドでは日本人の入国ビザ無効化を発表しています。 海外駐在員への対応や、異動への影響も生じそうですね。 それに対して、会社の対応が遅いなど、会社に対して不満を言う方や、 在宅勤務にしろ!やら、避難させろ!やらと色々な要求をしてくる人も増えます。 会社として、対策本部のような組織で緊急対応をしている会社も多いと思いますが、 従業員全体に対してどのような情報を発信し、どう対応するかという点が難しく、 会社全体が混乱することも想定されます。 WHOからの発表や、国からの情報など、信ぴょう性の高い情報をもとに冷静に判断をしましょう。 2020年2月25日、より以下の基本方針が発表されました。 各社はこれに基づいて対応することが求められます。 会社として、従業員を守るため、感染拡大防止のためにできることは何か?を考えて、トゥプダウンでコストをかけて対応することも必要です。 例えば、災害用の備品として持っていたマスクを無償で配布する、 マスクを会社経費で購入する、などです。 現在はビデオ会議も非常に進んでいるため、在宅勤務の環境がないようであれば、 可能な限り在宅勤務にできるように対策を進めることが重要です。 現在在宅勤務の環境がない会社は今後のことを考えても、 すぐに在宅勤務の環境を整えるべきです。 例えば大が発生した場合や、大型台風が来た場合なども、 在宅勤務は有効な事業活動継続の手段となります。 なにがあったら、会社に駆け付けるという時代はもう終わっています。 まだできていない会社は1日でも早く環境を整えることを推奨します。 また、 スプリットチーム制の導入も有効です。 部や課を2つのチームに分け、物理的な拠点や、 交代勤務を行い、勤務者を削減したり、 同時罹患を無くすという対応です。 従業員への給与支払い• お客さんの安全や命に関わる仕事• 社会インフラを担うような仕事、等々 会社にとって継続すべき業務を特定し、その業務に会社の人員リソースを集中させることが重要です。 (まさに事業継続計画( と言われるものです。 については別途解説します) 目安として、国内発生から終息するまで最低でも2ヶ月はかかると見込んでください。 場合によっては、半年間続く事もあり得ます。 例えば2ヶ月以上止めるとどのくらい影響があるのか?を想定して、 絶対に止められない業務を特定しましょう。 例えば新規商品開発などは一旦止めて、既存の商品や事業の運営に助勤を出し、 計画的な業務停止とリソース集中を行うことが想定されます。 ここで重要なことは、「 捨てる業務を決める」ということです。 今後感染が進むと、業務が回らなくなります。 不要不急の業務は計画停止し、重要な業務にリソースを集中させることが重要になります。 現在、その特定ができていないようであれば、早急に対応を進める必要があります。 また、何パーセントの社員が出社できなくなったら、 業務の計画停止やリソース集中を発動するかを考えておくことが重要です。 そのためには、特定した会社としての重要業務に、 最低何人のリソースが必要で、 どのような環境 システム、マニュアル、スキル含む が必要か、 を特定しておくことが重要です。 発動するトリガーを決めておいて、で意思決定を行うことで、 従業員の混乱を防ぎ、事業影響を最小限に留めることが可能になります。 コロナを理由に納期遅延や対応できない業務が発生した場合は、不可抗力条項に該当するかを確認し、先方と交渉することが重要です! まとめ 簡単ではありますが、への対策をまとめました。 過去に流行ったエンザの対応が会社に残っていると思いますが、 その時の対応を参考に、早急に対応を進めましょう。 個人的に、危機管理の専門家という立場からも、少しでも被害が拡大しないことを祈り、記事を書きました。 ただし過剰な統制も個人的には控えるべきだと思います。 2次被害を避けるためにも、状況を踏まえて冷静に対処しましょう。 過度な自粛は不要だと思います。 倒産してしまっては元の子もありませんので、、 また、これを機に業務のIT化や、いつでもどこでも仕事ができる環境を 整えていくことをお勧めします。 それにより、大やその他の未曾有の災害や、 事故やテロなどが起きた際にも業務が停止せずに継続できるようになります。 ご一読ありがとうございました。

次の

新型コロナウイルス(COVID

スプリット 勤務

「今までの人生、いわゆる王道を歩んできました。 でも強く、ストリッパーに憧れてしまったんです」 そう話すのは、東京都内を中心に活躍中の現役ストリッパー・宇佐美なつさん。 ストリッパーとしてステージに立つ彼女は現在26歳。 大学卒業後、25歳までは外資系コンサルティングファームでITコンサルタントとして働いていたというから驚きだ。 一般的にエリートと言われる生き方を捨ててまで、ストリッパーになりたかった理由は一体何なのか……。 知られざる「ストリッパーの世界」の魅力とともに、彼女が仕事に求めるものについて教えてもらった。 年収ベースでは前職の外資系コンサルタントの時よりは減ったものの、同世代に比べると十分にもらっているという。 その時はストリッパーになるどころか、もともと興味があったというわけでもなかったという。 「飲み会の帰りに、その場のノリで『 ストリップ劇場って女の人も入れるらしいよ、気になるね』って話になって、友だちと見に行ったのが始まりです。 「初めて見た舞台は、自分の持っていたイメージと違い過ぎて驚きました。 劇場の中はきれいだし、ステージの内容は多種多様で、クオリティーも高い。 良い意味でイメージとのギャップを見せつけられ、別のステージも見てみたいと思うようになって。 それから気付けば3年以上、渋谷を中心に関東のストリップ劇場に顔を出す常連になってしまいました(笑)」 当時の宇佐美さんの勤務先は、超有名外資系コンサルティングファーム。 いくら「好きだったから」「はまったから」と言って、コンサルタントのキャリアを捨ててストリッパーに転身というのは、すぐに決められなかったのではないか。 しかし、「そんなに悩まなかったんですよ」と宇佐美さんは微笑む。 「劇場に通っているうちに、 自分もストリッパーとして踊ってみたいという気持ちが増していったんです。 仕事への不満は全然なかったんですが、強いて言うなら3年間同じ会社に在籍して、これから自分がどの時期に昇進して、どんなポジションでプロジェクトを回して……という未来が予想できるようになってしまった。 もう少し 予想不可能な日々を過ごしたいと思うようになっていたタイミングで、ストリップのステージを見ながら『私だったらこんなステージや衣装がいいな』と妄想を広げている自分に気付いたんです」 誰にも相談しないまま、常連だったストリップ劇場の面接を受け、2カ月後のデビューに向けて準備を進めていった宇佐美さん。 コンサルタントの仕事に未練はなかったが、この大幅なキャリアチェンジについて、家族や友だちの反応は気にならなかったのか。 「実は親と前職の関係者には、未だに隠しています。 小学校の頃から私立に通わせてもらって、良い大学、会社に入って……と生きてきたので、 親に言ったら勘当されちゃうんじゃないかなと。 自分の仕事をやましいと思っているわけではないですけどね。 一方で、私が転職したことを知っている友だちは『意外だね』と驚きはしたものの、応援してくれています。 当たり前のように背中を押してくれたので、つくづく自分は友だちに恵まれているなと思いますね」 ステージでは、飾らない自分を肯定してもらえる ストリップと聞くと「 ステージの上で裸の女性が踊っている、いやらしいもの」というイメージを持つ人も多いはず。 自ら進んでストリッパーになりたいと思った彼女に共感するのは難しいかもしれない。 私も最初はそうだったんですけど、行ってみたら全然違いました。 観客の皆さんは、踊り子が気持ち良くステージに立てるように盛り上げてくれたり、ちゃんと順番を守り節度を持って写真を撮影してくれたり、 かなり民度が高い場所。 ここでは踊り子が主役で、決して見下されるようなことはないんです」 踊り子が主役の場。 それはまさに宇佐美さんがストリップの世界にはまっていった理由の一つだ。 「踊り子が主役だなと感じるのは、観客の皆さんがつくる空気感だけではありません。 実は、踊り子って皆が皆、いわゆるモデル体型というわけではないんです。 ふくよかな人もいれば、やせ型の方もいる。 でも、 自分のありのままの姿を美しいと思わせるのが、ストリップの世界です。 見ていても、踊っていても、『飾らない自分でいていい』と自分が肯定された気分になれる場。 きっと一度見に来たらハマる人が多いと思いますよ」 また、実際に自分がストリッパーになったことで、新たに見えた世界もあるという。 「民度が高く、女性を尊重している世界とはいえ、やっぱり飲み会帰りのサラリーマンやノリで来てみただけの人も多くいらっしゃいます。 彼らの中には私たちを見下していたり、冷やかしに来たりする方がいるのも事実。 でも、 そういう人たちが来たときこそ、ストリッパーの腕の見せ所だと思うんですよね。 そこで惑わされずに堂々と振る舞うことで、彼らが騒ぐのを辞めて息をひそめて見入ってくれたときや、ステージ後に『すごかった! イメージが変わりました』って興奮しながらお話してくださるときは、心の中で思わずガッツポーズしてしまいます」 私はかわいそうなんかじゃない。 そんな宇佐美さんが、ストリッパーの仕事にやりがいを感じるのは、自分自身が魅了された世界で、活躍している毎日そのものだという。 「私自身が常連だったこともあって、自分が表現したい世界をはっきりと持っていたんです。 そんな世界観を思う存分披露できる今が楽しくてしょうがない。 そんな中でもストリッパーを続けられているのはなぜなのか。 「 私の仕事選びの基準って、刺激的な毎日を送れるかどうかということなんです。 そういう意味で、今は毎日が刺激的で楽しくて仕方がありません。 それにこの業界は自分で勤務スタイルを決めることができるので、私は10連勤したら10連休、その後また10連勤……というサイクルで働いている。 この勤務体系が意外と自分には合っていて、メリハリをつけながら仕事ができるのはうれしいですね」 最後に今後、宇佐美さんがこれから実現したいことを聞いてみた。 でも私のように自ら進んでこの仕事を選ぶ人も多いんですよ。 だから、 私のステージを通して、あらゆる偏見とか固定概念を覆せたらいいなと思っています。 前職の時もそうでしたが、もし明日の私を予想できるようになったら、この仕事を辞めてまた別の刺激的な毎日を求めるかもしれません。 でも、今は今が楽しくて仕方がないので、そう思えるうちは、見た人に何か強いインスピレーションを与えられるような踊り子でいたいですね」 取材・文/於ありさ 撮影/河西ことみ(編集部) 写真/先方提供.

次の

【新型コロナウイルス】企業としてできることは?

スプリット 勤務

2019年12月以降、世界中で感染者が拡大している、新型コロナウイルス。 日々の報道で感染者数の増加や、学校の臨時休業、大型イベントの自粛が報じられ、「企業としてどのような対策をとっていく必要があるのか」など、雲をつかむ思いで不明点が多いのが現実かと思います。 今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止に備えて、企業対策Q&Aを作成しました。 その中で拭き取り消毒をしたほうがいいのか、しないほうがいいのか、また頻度はどのくらいが良いでしょうか」 【Answer】 現在、アルコール類の購入が困難な状況かと思います。 ふき取り用のアルコール消毒の購入が難しい場合は、次亜塩素酸ナトリウムが有効です。 次亜塩素酸ナトリウムとは、一般的に「塩素系漂白剤」と呼ばれているものです。 次亜塩素酸ナトリウム薄めて、手が荒れてしまう可能性があるので、直接触れないようペーパータオルなどに十分に含ませて拭いたのちに、水拭きをします。 製品に記載されている濃度を元に、用途に応じて薄めてご使用ください。 city. fukuoka. html) スプレーボトルでの薬液の噴霧は、実はウイルス飛散の可能性があるので、お勧めできません。 また、頻度につきましては、ひとが触れるたびにというのは難しいと思います。 手指消毒は社員各自で徹底して実施していただくという前提で、物品類の消毒は、 できれば1時間に1度程度の頻度で消毒の実施が良いとされています。 どのように対応すればいいですか?」 【Answer】 感染リスク、かつ感染後の業務停滞を少しでも防ぐような対策する必要があります。 フレックスタイムや時差出勤等は既に、以下で紹介されています。 doctor-trust. スプリットチーム制(班交代制) 感染者が仮に社内で発生した場合に、業務が停滞しないように、スプリットチーム制の導入による同じ場所での勤務者数の削減する方法です。 スプリットチーム制とは、各部や課を2チームに編成し交代勤務とする勤務体制です。 感染者が発生した時に、業務従事者全員が濃厚接触者とならないように、チームを分けて別日、別拠点で勤務することにより、同時期の感染防止も有効となります。 社員同士の濃厚接触を極力避け、定期的な換気を 新型コロナウイルスのこれまでに判明している感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫感染と接触感染と言われています。 現状では、空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。 感染者と濃厚接触かどうかを判断する大切な要素は距離の近さと時間の長さです。 mhlw. html Q16) 厚労省ウェブサイトでは、上記のように記載されていますので、濃厚接触を避けるため以下を見直してみましょう。 そのため、社内では換気扇を回したり、日中は2,3時間ごとに窓を開けたりしましょう。 密閉した環境で業務をする……のではなく、窓やドアをあけて、空気の流れを作るようにしましょう。 pref. oita. doctor-trust. 感染者本人(従業員)に対して まず、感染者本人へは、医師の許可が下りるまでは、自宅待機を命じましょう。 感染者本人の机や、接触していたと思われる場所の消毒を行ってください。 また、感染者本人へ行動範囲等を保健所が聴取し、企業に対しても保健所が関与してくることとなりますので、その際には保健所の指示に従ってください。 社内対応 現在、企業から保健所へ届出をしなければならないといった義務はありません。 社内で感染を拡大させないためにも、社内で感染者が発生した事実は、社内に周知しましょう。 その上で、手洗い・うがい、マスクの着用などの感染対策方法を社内全体への周知を徹底する必要があります。 しかし、他社員に対して過度に不安を煽らないよう、感染者の名前や発覚した日などについては最小限の記載としたほうが望ましいです。 また、産業医との連携もしましょう。 企業としては、社員の安全配慮義務の観点から、産業医から医学的な情報提供や意見を求めるなど専門的な支援を仰ぐことが重要となります。 新型コロナウイルスに関して産業医との情報共有を十分に行うことで社員それぞれの感染予防対策への意識を高めることが、社員同士の協力体制の構築につながります。 ぜひこれを機に、会社全体でこの危機を乗り越えていきましょう。 maff. pdf).

次の