鼻くそ が すぐ たまる 原因。 鼻くそはなぜたまる?臭い鼻くそができる理由や鼻くその色の秘密

【男女関係なし!】鼻くそを食べる心理と今すぐできる解決策

鼻くそ が すぐ たまる 原因

スポンサードリンク 実は鼻くそも自分の一部。 自分の体から出たものです。 「くそ」と名前がついている様に、 ゴミ同然のものではあるのですが、 無意識の内に愛着も湧いてしまいます。 自分の体から作られたものであるために、 食べることで体内に戻したくなる。 本能的なものがあるともいえますね。 極端な例で申し訳ないのですが、 他人の鼻くそを食べたいとは思わないですよね? それが恋人でも、家族でも、 自分以外の鼻くそには嫌悪感が生まれます。 でも自分の鼻くそになると、 どこか愛着が湧いてしまう。 これは理性ではどうしようもないことです。 鼻くそも排泄物と同じ ただし、鼻くそも他の排泄物と同じ。 排泄物を食べることはないでしょうが、 食べてしまえば体内に戻っても何の役にも立ちません。 栄養分はまったくないので、 また同じ様に排泄物になるだけです。 ・ ・ ・ 「鼻くそは排泄物と同じ」 この言葉を聞くだけで、何だか嫌な気分になりますね。 鼻をほじらないこと! 鼻くそを食べないためには、 鼻をほじらないことが唯一の対策です。 鼻の中に指を入れるからこそ、 無意識に愛着が湧いてしまうのです。 ティッシュで鼻をかんでしまえば、 鼻水と一緒にゴミ箱へ捨てられます。 ただ、どうしても指を入れたいならば、 お風呂場でやってください。 それもシャワーを浴びている最中に。 鼻くそが出て来ても、 シャワーと一緒に流してしまいやすい。 そんな気分になりやすいのです。 とにかく、自分の手を鼻に入れない。 これが唯一の解決策と言えますね。 私もこれを実践し始めたことで、 鼻くそを食べる癖が治りました。 さっそく意識して始めてください。

次の

耳鼻咽喉科医に聞く! 「鼻くそ」のメカニズムと正しい掃除方法|「マイナビウーマン」

鼻くそ が すぐ たまる 原因

が普段より多く たまりやすく 感じる場合が あると思います。 原因は、 アナタの居るその場所、環境にあります。 どういうことなのか? 詳しく説明させていただきます。 スポンサーリンク 当サイトのステップをお読みなるとより詳しくわかりますが、 鼻くそは、 鼻水と大気中のホコリが合わさって出来たものなのです。 ホコリなど大気中の異物を吸い込む時に、人間の鼻はを出します。 この鼻水が増えれば増えるほど、ホコリなどを吸い込んでいるということであり、それはつまり「鼻くそが増える原因」となるのです。 そのため、もしアナタが ホコリの多い環境で生活している場合、はなくそが多くなるのは仕方が無いことです。 また、見方を変えるならば、 「はなくそが多いことは良いこと」なのです。 なぜなら、大気中のホコリをきちんと鼻の中でキャッチ出来ている証拠だからです。 鼻くそは、 アナタの身体を大気中のホコリ ダニやフケ、微生物やウィルス から守ってくれた証として残っているのです。 とは言っても、 増えすぎると処理に困りますよね。 では、鼻くそを減らすには、どのような方法があるのか、見ていきましょう。 スポンサーリンク 鼻くそを簡単に減らす方法! 上記の通り、 環境が一番の原因であることから、 根本解決としては 「空気のきれいな場所に移ること」です。 そして二つ目は、 「鼻水が出る原因を知る」ことです。 では、ひとつずつみてみましょう。 空気のきれいな場所に移ること ホコリが増えると、鼻くそが増える、 それならば生活する場所を変えれば良いのです。 しかし、それはなかなか難しい事でもあります。 そうなると、 マスクをすることで「ホコリを吸い込まない」事が一番の解決策になります。 鼻くそは、鼻水とホコリが混ざった上に、 乾燥することで作られるものです。 あまり意識されたことが無いかもしれませんが、 「確かにそうかも!」と思う方も多いハズです。 鼻くそが多く、悩むようでしたら、 マスクをすることをオススメします。 スポンサーリンク 鼻水が出る原因は大きく3つ! ここまで鼻くそが増える原因を、 「ホコリを多く吸い込むことで、鼻水が増え、結果的に鼻くそが増える」 とお伝えしてきました。 しかし、実は鼻水が出る原因はそれだけではありません。 例えば、冬場に鼻水が増えるのにもきちんとした理由があります。 そのため、「自分自身が、なぜ鼻水が出ているのか」を把握することも大切です。 これを機に、あまり知られていない「鼻くそ・鼻水」について是非色々と学んで頂ければ嬉しいです。

次の

鼻の中のかさぶた対処法

鼻くそ が すぐ たまる 原因

鼻くそ(鼻糞)とは?成分は? 人間の鼻毛や鼻水、鼻粘液はフィルターのような役割を果たしております、通常鼻に入ったホコリや微生物は鼻毛によって入り口付近でシャットアウトされます。 そのホコリなどの異物をからめとった鼻水が乾燥して、固まったものが 鼻くそとなります。 つまり鼻くそは、鼻の中にたまる 老廃物です。 耳から出る老廃物を耳くそ、目から出る老廃物を目くそと言い、 「目くそ鼻くそを笑う」なんてことわざもありますね。 耳くそが正式名称を「耳垢」、目くそを「眼脂」(がんし)と言うのに対して、鼻くそも「くそ」という言葉があまり教育上よろしくないという理由で「鼻垢」と呼ぶべきという流れがありますが、定着率はまだまだです。 鼻くその成分は、 空気中の埃や細菌が鼻の粘膜にキャッチされたものと鼻水の混ざりあったものです。 鼻くそが貯まりやすい原因は? 鼻くそが貯まりやすい原因は様々なことが考えられます。 鼻呼吸ではなく口呼吸である• 空気が乾燥している• 空気が汚い• 花粉症の季節である• 鼻の粘膜に傷がついている• 鼻の粘膜の動きが弱っている• 花粉症などのアレルギー性鼻炎• 蓄膿症(副鼻腔炎) などの原因が考えられます。 特に多いのが環境要因ですね、空気が悪いとフィルターにゴミがよく溜まるのと同じように、鼻くそもたまりやすくなります。 また鼻をいじりすぎで鼻の粘膜に傷がついている場合、鼻の皮膚の皮脂腺から分泌液が増えるので、鼻くそが多くなります。 対策としては、• 口呼吸なら鼻呼吸に変える• 鼻と空気を保湿する• 空気の綺麗な状況を作る• 鼻の粘膜をケアする などが挙げられます。 どうしても鼻くそに気になる方は 耳鼻科に行きましょう、鼻くそがつきにくくなる軟膏などを処方してくれるので、改善されるかと思います。 正しい鼻くその取り方 鼻の中が鼻くそがたまってむず痒くなると、つい徹底的に掃除したくなりますが、それは避けましょう。 最も正しくない掃除の方法は、指で鼻の中をほじる事です。 見た目にも大変見苦しいだけではなく、鼻の健康や衛生上にも最悪なのです。 鼻くそが出やすくなる理由として「鼻の粘膜が弱っている」あるいは「傷ついている」というものを挙げましたが、指でいじる事で、その大切な粘膜をますます傷つけてしまう上に、鼻の中にたまっている雑菌や細菌に直接触れる事になるからです。 よくティッシュを捻って掃除する人もいますが、ティッシュもやわらかいものでそっと掃除するなら良いのですが、固めのティッシュをぐいぐい押し込むのは、鼻の粘膜側としては是非やめていただきたい掃除方法です。 最も適しているのは、 お風呂上がりに鼻孔内がやわらかくなっている時に優しく鼻をかむ または お風呂上がりに鼻孔内がやわらかくなっている時に綿棒で優しく掃除をする です。 綿棒で掃除をする場合も、ぐいぐい奥まで突っ込むのはNGです。 鼻の入り口と半ばまでをそっとぬぐう程度に留めておきましょう。 きっちりと保湿している場合はお風呂上がりではなくても大丈夫ですが、どんな時でも鼻のお掃除は、粘膜に優しく触れる程度で留めておきましょう。 食塩水を使って鼻うがいをするという方法もありますが、食塩水があまり綺麗ではなかった場合、鼻の粘膜にすでに傷がついていた場合、ますます鼻の粘膜を傷めてしまう場合がありますので、どうしてもしたい場合は市販の鼻うがいの薬を使ったほうが安全です。 最後に 鼻くそ掃除は、一にも二にも鼻の粘膜に優しく。 そして、自分のためにも他人のためにも、決して指でほじらない、というのが鉄則になります。 誰も見ていないから大丈夫という事で一人の時ついほじってしまうという方も、鼻の健康のためには絶対にしないように心がける必要があります。

次の