子連れで出来る仕事。 子連れ出勤制度はオススメできない理由7つを紹介。超ホワイト企業でなければ無理?

名古屋で子連れでできる仕事!ブログで在宅ワークを始める方法!

子連れで出来る仕事

子連れ出勤制度のある職場のメリット・デメリットは? 子どもを出産すると喜びと共に育児に追われ忙しく過ぎていく日々。 そして生活費の事も考えながら過ごさなくてはいけない現実。 さらに子どもの将来の学費を考えると貯金も必要になるなど、考えることばかりで疲れちゃいますよね、、しかし子どもを保育園に預けて働きたくても3歳までは保育料が高すぎて働いてもデメリットが多すぎてしまいネガティブになりがちです。 そこで働きたいと思うママのリアルな気持ちをまとめてみました。 子連れで働きたいママの本音• 生活費が必要• 夫に「働いて~」と言われる• 子どもと離れたくない• オシャレがしたい• 貯蓄がしたい などなど、働きたい理由は様々あります。 事前によく検討をして子連れ出勤を選択してくださいね。 気力・体力勝負 小学生のお子さんは言い聞かせるのが大変だったり、お子さんが小さいと抱っこをした状態で仕事をするなど、子連れママは気力・体力が必要です!! 時間に追われバタバタ 子連れ出勤のなかで最も大変なのが、仕事をしながら育児をこなさなくてはいけないところです。 子供が泣いたり、グズッた時は仕事の手を休め、あやしてから再び仕事をするスタイルになるので柔軟に仕事をする必要があります!! 周囲の理解 子供がグズったりジッとしていられない時は周りに迷惑をかけてしまうので、周囲に気を使う必要があります。 有限会社モーハウス モーハウスのビジネススタイルは「母乳育児を応援」や「授乳服があれば子育てはもっと楽しめる」など、ママの気持ちを考えた授乳服と授乳用インナーの製作・販売を行っている企業です。 ワークスタイル• 子連れ出勤を実施しママと子どもが一緒に出社できる• 母乳育児中のママでもストレスなく働くことができる• 仕事と育児を両立しながら働くことができる• 子どもの生活スタイルに合わせ働くことができる• 自然体で働くワークライフスタイル 求人・採用情報• 協調性、想像力をもって自ら行動できる方• 人と接したり、会話が好きな方• 何事もポジティブに考えられる方• スピタリティが高く、コミュニケーションができる方• 健康管理、体調管理ができる方• どんな仕事にも前向きにチャレンジし、責任意欲のある方 2. ワークスタイル• 多様な働き方を可能とする制度• 仕事と家庭を両立しやすい• 忙しくても負担を減らせる在宅勤務• 勤務時間がずらせるウルトラワーク• 子どもに合わせた育児休暇 2014年8月、小学校の長期休みに子連れ出勤制度の仮運用を開始しました。 キャリア• U-29• インターン• ポスドク• 障がい者.

次の

子連れで出来る仕事はある?子供OKな職場や職種を探してみよう

子連れで出来る仕事

【東京】 2014年より「学童保育に行きたがらない」「子どもの預け先が無い」といった問題解決のために子連れ出勤制度を開始しました。 チームの生産性を下げないなどのルールのもと、緊急時の受け皿として機能しています。 (参考:) 【東京】 1〜3歳の子どものいるスタッフが、子どもをオフィスに連れてきて同じ環境で働きます。 共に働くスタッフが少し意識を向けるだけで子連れスタッフと一緒に働くことができています。 このような取り組みをする職場が増えれば、子ども連れの方が快適に働くためのより多くの方法が生まれるかもしれません。 (参考:) 【東京】 東京都千駄ヶ谷に事業所内託児所「みずほキッズかるがも」を設置。 保育園不足が続く状況下でも、多くの社員が事業所内託児所を活用し出産後の職場復帰を果たしています。 さらに、男性の育児休業取得率100%を目指し、子どもが生まれた男性社員に「子育てハンドブック」を配布したり、管理職からの育児休暇取得の声掛けをする仕組みなども導入しています。 (参考:) 【東京】 「出産しても再就業したいと思うなら100%復帰してほしい」という願いから自社運営の企業内託児スペースを設置しました。 保育スタッフは親と同僚という立場で、全員ワークスアプリケーションズの社員として採用されており安心して子どもを預けられます。 (参考: ) 【東京】 「世界一の託児所」を目指し、2011年に社内保育所、GMO Bearsを設立。 一番の特徴は、オムツや布団などは全てGMO Bearsで用意してくれること。 保育目標に「愛と笑顔、信頼と思いやり、そして遊びとIT」を掲げるなど、インターネット関連会社らしさが見える保育所です。 (参考:) 【東京】 「子どもの近くで、わたしの時間」をコンセプトに、ママのはたらくを支援する保育サービス付きシェアオフィスです。 フリーランス、リモートワーカー、育児中の方など安心して仕事に集中できる環境を提供しています。 (参考:) 【東京】 社員8人中4人が子連れ出社をするゲンナイ製薬。 育休明けの女性社員が子どもの保育園が見つからない状況になったことから始めたのだそう。 にぎやかで明るい職場は業務にもプラスになる」と社長は話します。 参考: ) 【東京】 オフィスにキッズスペースがあり、スタッフが業務の合間に子どもと一緒に遊ぶこともあるというCAMPFIRE。 現オフィスに引っ越してきた際に「赤ちゃんが遊べるスペースを」という想いから、最初から計画に入れてスペースを作られたそうです。 また、本社から保育園まで送り迎えしてくれる「お迎えサービス」や、急に子どもを預けれなければならなくなった際の一時保育を受けることが出来ます。 (参考:) 【東京】 企業内託児所「エッグガーデン」を豊洲センタービルアネックス1階に開設。 これにより社員が待機児童問題などに悩むことなく、安心して出産・休職をすることができます。 「予定通り復職できる子育て支援」による女性社員の活躍が期待されます。 (参考:) 【東京】 2008年、本社ビルに隣接している商業施設内に事業所内保育所がオープン。 200平方メートルの広い保育所は床に桐の木材を用い、白を基調にした明るく清潔感のある室内です。 社員の1日単位での利用も可能など、柔軟な対応をしてくれます。 (参考:) 【東京】 子育てにやさしい社会・子どもたちが健やかに育つ社会の実現への一助となることを期待し、社員以外の地域の子どもも受け入れる「地域型保育事業」の形を取っています。 仕事と生活の調和を図り充実した人生を送るため、育児休業などの育児支援制度の導入など、他にも幅広い取り組みを実施しています。 (参考:) 【東京】 2015年4月より、休日や祝日に勤務する従業員を対象とする事業所内保育所を開設しています。 また、病児保育を行う「認定NPO法人フローレンス」と契約しており、病児保育サービスも割安で利用可能。 子育て中の従業員の就業を支援をしています。 (参考:) 【東京】 多様性を尊重するグループ会社の考えの元、2008年に「ブリヂストン小平保育園(愛称:ころころ保育園)」を開所。 広い園庭がある事業所内保育所はめずらしく、定員も120名という都内最大級の事業所内保育施設です。 より一層の多様性尊重のため、更なる発展に繋げていく考えです。 (参考:) 【東京】 産休・育休明けの従業員の育児と仕事の両立を目的とし、雇用形態に関わらず利用できる保育施設を開設。 東京に次いで待機児童が多いとされる沖縄県に最初の施設を設置しました。 今後も多様な働き方の実現を進める、従業員が長期的に安心して働ける環境整備を進めていく方針です。 (参考:) 【東京】 女性の働き方の選択肢を増やして行くために、東京と福岡に事業所内保育所「Kuukids(クーキッズ)」を開所しています。 保護者の荷物を軽減するために、おむつ・ミルク・布団等は保育所で用意。 さらに専属の栄養士や調理師を配置しており、手作りの給食を楽しめます。 (参考:) 【東京】 2007年より事業所内保育所「Thavasa Room-タバサルーム-」を設立し、社員が仕事と家庭の両立できるように配慮されています。 女性社員のみならず、男性社員も安心して仕事に打ち込めるように工夫されています。 (参考:) 【東京】 プロの保育スタッフによる保育や、栄養士さんによる食事の提供など、保育所自体のプログラムの工夫や利用環境の整備を進めています。 今後も社員の多様なワークスタイルの確立に取り組んでいくそう。 (参考:) 【東京】 2006 年度より、社員の子どもを対象に祝日のみ集合託児を事業所内に設けています。 祝日は保育所や小学校が休みの為、預け先が無く出勤できないといった声から実現したものです。 若手社員にも子育てに対して前向きなメッセージとなっており、子育てする社員に対しての理解が社内に浸透するキッカケにもなっています。 (参考:) 【東京】 従来より事業所内保育園を全国に4ヶ所(東京、神奈川、埼玉、沖縄)に設置。 今後もより多くの社員の仕事と子育てを支援する目的で、全国48ヶ所に企業主導型保育所の利用を開始しました。 (参考: ) 【東京】 2017 年春、札幌事業所を一部改装して企業内保育所を開設しました。 会社の将来を担う社員がより安心して働くことができるようにすることが目的です。 他にも在宅勤務制度の導入し、出社に支障をきたす社員に適用するなど、働く形の多様化に適応していく環境を整備しています。 (保育所) (参考:) 【東京】 同社は、保育士在住の託児スペースを仕事場に併設した「ニア宅オフィス」を展開。 子どもと一緒の環境にいながら働ける安心感があり、育児による退職不安を取り除くことで、お子さんを持つ女性の就労復帰を支援する場を提供しています。 (参考: ) 【東京】 ワークライフバランスと子育てを支援を目的として、事業所内託児所を開設しました。 寮や研修センター、公園などの福利厚生施設内にあるため、従業員は子どもと一緒に通勤できたり、休憩時間に子どもの様子を見にいったりすることも可能です。 社員が安心して働ける職場環境づくりに今後も努めていきます。 (参考: ) 【東京】 グループ従業員の福利厚生として、 2015 年 9 月に茨城県つくば市に 100 %子会社の保育所を設立しました。 2017年3月には茨城県牛久市に、さらに多くの社員が子育てをしながら仕事で活躍できる職場作りのため、 2 施設目となる保育園を開園しました。 (参考:) 【東京】 様々な社員の能力を引き出すオフィス作りを行うとともに、制度面でも整備を進めてきました。 「女性の活躍できるチャンスを」という狙いで、本社内に事業所内保育所を開設しました。 今後も社員が安心して働ける環境作りを目指し、新しいワークスタイルを実践していきます。 (参考: ) 【東京】 ダイバーシティ推進に向けた職場環境整備の一環として、事業所内保育園を開設しました。 元々ある「保活支援制度」に続き保育園の開設により、仕事と家庭を両立させる社員の支援に引き続き取り組みます。 (参考: ) 【東京】 ワークライフバランスの重要性を考え、社員が安心して働き続けられる職場環境の整備が必要と判断。 事業所内保育所を設立しました。 将来的に、国内外の設置も検討しています。 (参考: ) 【東京】 小さなお子様がいても安心して働けることを目的とした企業内保育所を開設しました。 子どもの安全と働くお母さんの安心を最優先にしており、さらにヤクルトレディとして働いている場合、保育料が安くなるなどの特典もあります。 (参考: ) 【東京】 「次世代の育成支援に積極的に取り組む企業」として、社員の育児と仕事の両立支援を積極的に行ってきました。 その一環として、ワークライフバランスの向上などを目的に事業所内保育所を新宿と仙台に開設しました。 (参考: ) 【東京】 "子ども一人ひとりにあった言葉がけを心掛けた"事業所内保育所を保有。 言葉を大切にすることで、子どもの感情を引き出し笑顔や思いやりの気持ちを養います。 また、有料老人ホームが併設しており、お年寄りと頻繁に交流する機会を設け、イベントなどを一緒に楽しむことができます。 (参考: ) 【東京】 「仕事と家庭の両立」「男性育児参加の促進」を支援し、地域社会の発展に貢献しています。 育児休業をはじめとする、出産祝い金、繰り上げ繰り下げ勤務などの多くの制度があり、多様性のある柔軟な働き方を従業員が選択できるように取り組んでいます。 ( 参考: ) 【東京】 託児付ワーキングスペースの運営、コールセンター事業などを展開しています。 オフィスと育児スペースを隣接させて子連れ出勤を積極的に行っており、働くのは全て子育て中の女性たちで、大手企業から事務や営業などの仕事を請け負っています。 育児スペースには数名の保育者が常駐しており、勤務の合間にお子さんの様子を見ることもできます。 ( 参考: ) 【東京】 つくば市の業務用チョコレート製造メーカーの東京フードでは、試験的に子連れ出勤を支援。 丹羽弘社長は「女性が長く、安心して働けないと会社は淘汰される。 」と女性活躍による企業の成長に期待を示しています。 ( 参考: ) 【東京】 デジタルコンテンツやWEBサービス事業を展開する同社では「働きたい社員が気持よく働けるオフィス」を目指して、出産する社員が増えたのを機に、子供がいても働きたい社員のための部屋をつくっています。 管理は親の自己責任で、特に厳しい決まりも作らず、社員のモラルに任せているのが特徴的です。 ( 参考: ) 【東京・大阪】 "社員が健康で豊かな生活のための時間を確保し、その時々のライフステージに応じた働き方を選択できることは、活力あふれる企業風土の醸成に資するもの"と考える住友化学株式会社。 すでに4ヶ所の事業所内保育所を開設しています。 一時保育が可能だったり、保育所を利用する社員には自家用車通勤を許可し、周辺の駐車料金の補助をするなど、幅広いニーズに対応しています。 (参考:) 【東京、佐賀】 「すべての従業員がそれぞれの力を発揮し、仕事に専念できる環境を。 」をテーマにマタニティ休暇、産前産後休業、育児休業、保育料サポートなど、女性に嬉しい福利厚生が多くあります。 さらに、九州本社では社内託児所も完備。 保育時間は勤務時間に合わせてを設定されていますが、事前申し出により時間の延長にも応じています。 (参考:) 【神奈川】 保育環境を整えて家庭との連携を図り、働きながら子育てをする保護者の悩みや相談に乗りながら、心豊かな保育を目指します。 リズムに合わせて体を動かす機会を積極的に取り入れるなど、脳の発達や身体の成長を促しています。 (参考:) 【神奈川】 在宅勤務制度フレキシブル休日など、数々の子育て支援策を取り入れている三菱ふそうトラック・バス株式会社。 2016年には商用車業界初となる従業員向け保育施設を開設しました。 保育施設設置プロジェクトには育児と仕事を両立する女性メンバーによって構成され、従業員にとって使い勝手の良い施設になるよう工夫されています。 (参考:) 【千葉】 事業所内保育所は、3歳児未満が入園対象。 定員のうち従業員の子ども枠を設けられ、優先的に保育を受けることが可能です。 365日開園しており、いつでも子どもを預けることができます。 (参考: ) 【埼玉】 多様な働き方を認め、スムーズな職場復帰を目的に企業内保育園を開所しました。 多様な人材が活躍できる企業を目指し、仕事と育児の両立を支援するために育児休業や時短勤務などの制度も導入しています。 (参考: ) 【埼玉】 子育て中の職員が安心して働ける環境を目指し、企業内保育所を開設。 高齢者施設が併設され、子どもの頃から高齢者と触れ合う機会を持つことで、子どもたちの様々な価値観を養います。 (参考: ) 【茨城】 従業員の仕事と育児の両立支援を目的に、事業所内保育所の運営をしています。 日立グループ従業員の要望に応えられるよう、月極だけにこだわらず一時保育にも柔軟に対応しています。 (参考: ) 【群馬】 2017 年 4 月に開園した事業所内託児所には、土日も子どもを預けることが可能です。 安心・安全を提供出来るように認可基準を満たす設備、運営環境を整えています。 (参考:) 【大阪】 関西空港内にある事業所内保育所。 2フロアにて展開される施設内は保育室以外にアトリエやスタディルームがあり、施設横には屋外園庭も設置されます。 多様化する保育ニーズや関西空港内従業員の就業形態に合わせ、365日開園しており、空港職員だけでなく地域住民の方も利用することが可能です。 (参考:) 【大阪】 仕事と子育ての両立を支援し、働きやすい職場環境の整備を目的に事業所内保育所を設置しました。 施設運営がうまくいった場合、運営施設に来所する医療従事者向けに一時保育施設としての開放も検討しています。 (参考: ) 【大阪】 「オフィスワーカーの子育てと仕事の両立支援」と「あべのハルカスに来館されるお客様の利便性のために」をモットーにした、あべのハルカス17階に保育園を設立。 安全・丁寧・誠実等の元気な子どもに育つように寄り添いながら保育をしており、一時預かり保育も行なっています。 (参考:) 【大阪】 従業員の満足度の向上と子育て支援を目的に、2008年10月に本社内(大阪府寝屋川市 に事業所内保育園「A Kiddyland」を開設しました。 「A」は、創業家の苗字の頭文字であり、大阪弁の「ええ」=「良い」と言う意味合いが込められているのだそう。 充実した保育内容を目指し、将来的に子どもが社会に大きく羽ばたけるように、整備を進めていくのだそう。 (参考:) 【兵庫】 「元気にあそんで いっぱい食べて 健康に生きる力を身につける」を保育理念に置いた、こだわりのある事業所内保育所を保有。 デザイナーが手がけた遊具を設置したり、庭に自分たちで野菜を育てるエリアを設けたりと、一味違った事業所内保育所です。 (参考:) 【京都】 出産後、復職できない従業員が増えると見込し、2017年よりグループ初となる事業所内保育園「SGH Kids Garden」を開設しました。 (参考:) 【京都】 女性社員が働きやすい環境を整えるため、本社に託児所を設置。 仕事中も子どもが近くに居ることで、子どもがいる女性が安心して仕事に取り組めるよう配慮しました。 子どもの成長をサポートしたいと考えています。 (参考: ) 【静岡】 当初は従業員の福利厚生の一環として、仕事と育児の両立を目的として開設計画を進めていましたが、近隣地域の住民や他企業の方にも利用できる施設として2016年に開設しました。 (参考:) 【静岡】 「仕事と家庭の両立」を広く支援するため、事業所内託児所施設を開設しました。 保育時間は最大で20時まで対応が可能で、本社勤務の社員にとっての利便性の高さが好評です。 今後も仕事と家庭の両立を望む社員が安心して働ける環境作りを進めていきます。 (参考: ) 【愛知】 トヨタグループ5社が共同で運営する社員向け託児所を開設しました。 設備面が充実しており、天然芝の庭園や日光を多く取り込めるようにデザインされた部屋など、子どもの成長をサポートする「安全」「安心」「快適」な保育環境を提供しています。 (参考: ) 【愛知】 従来から育児時短勤務制度や育児休業期間の延長など、従業員の育児の支援をしてきたアイシン精機株式会社。 こうしたワークライフバランス支援の一環として、事業所内保育所「AIマミーズサポート」を設立しました。 本社に隣接しているので昼休みに様子を見に行くことも可能です。 (参考:) 【愛知】 「安心して働くことのできる環境づくり」「地域の子供たちの為に私たちができること」の 2つ をテーマに掲げ、事業所内保育所を設置し子育て期のお母さんを応援しています。 今後も素敵な職場を目指し、店作り、会社作りに取り組み続けます。 (参考:) 【愛知】 自動車部品の金型メーカー・エムエス製作所は、 出産後も女性が働き続けられるようにと、社内に「子ども部屋」を設けています。 一般的な託児所とは違って保育士はおらず、子連れで出勤した社員が同じ室内で働きながら子どもを見守ることができます。 (参考:) 【愛知】 医療機関専門のブランディング会社。 「女性がイキイキと働ける会社」を目標とし、子連れ出勤をするスタッフも在籍しています。 介護や育児だけなく一人ひとり働く上で課題となる問題が起きたとき柔軟に対応できる体制をづくりをしています。 (参考:) 【岐阜】 2009年4月1日より本社事業場内(岐阜県本巣市上保)に社内託児所「わくわくひろば」を開設。 かねてより在宅勤務制度などを導入していましたが、更なる職場環境の向上に向けて託児所を設立しました。 経験豊富な女性社員が、出産や育児を理由に退職することなく本人の希望次第で仕事を続けて行ける環境を整備しています。 (参考:) 【岐阜】 仕事中も安心して子どもを預けられる保育園として、仕事と子育ての両立を応援しています。 少人数制で一人ひとりに十分目が行き届く保育をし、子どもの成長をサポートしてくれます。 (参考:) 【岐阜】 「全従業員が安心して仕事に取り組め、その能力を十分に発揮できる職場環境整備」が会社の成長に繋がるとして、仕事と家庭生活との両立を支援しており、多様な人材を活かす職場作りを進めています。 (参考: ) 【岐阜】 新築工事・建築工事・リフォーム工事などを取り扱う同社では、2016年から「カンガルー出勤」として子連れ出勤を推進するなど、女性の活躍できる職場づくりに力を入れています。 キッズスペースも新設され、子どもを見ながら仕事をすることができるようになっています。 (参考: ) 【北海道】 「人」が財産の同社が立ち上げた「すくすく保育園」は、IT企業の経営する保育園だけあって、子どもの情報は全てデータベース化。 Webカメラを設置しているためパソコン、スマホから状況を確認することが可能です。 広い施設内に定員48名と、ノビノビと広い施設で遊ぶことが可能です。 今後も、地域に根付いた、保育園へと成長していきたいと考えているそう。 (参考:、) 【広島】 社内保育施設「わくわくキッズ園」を保有するマツダ株式会社。 2002年と早くから開所し、事業所内保育所の先駆け的な存在です。 看護師が常駐しており、体調不良時の保育も可能となっています。 (参考:) 【福岡】 保育所不足に少しでも役立ちたいという思いから、認可外保育園を開設。 定員15名の少人数制を採用し、グループ以外の方も利用できます。 育児中の従業員が引き続き能力を発揮できるよう、子育てを応援しています。 (参考: ) 【宮崎】 株式会社アラタナでは、従業員が仕事と子育てを両立し、働きやすい環境をつくることによって従業員が能力を十分に発揮できるようにするため、行動計画を策定しています。 そのひとつとして、希望の保育園に入れない、小学校が休みで子どもが預けらないというケースでも働けるよう、「子連れ出勤」を実施しています。 (参考:) この他にも子連れOK、または事業所内保育所の情報をお持ちでしたら、ぜひまで!お待ちしております。

次の

子連れ出勤が出来る!!子連れ出勤で働く前に必ず読んで欲しい体験談

子連れで出来る仕事

Contents• 子連れでも仕事OKな職種、業種はある? 子連れでもOKな職種というよりは、• 会社が託児所を備えているか• 子連れ出勤が認められているか というところがポイントです。 必ずしも平日日中だけの仕事ではなく、土日もあるシフト制の仕事であっても、子連れがOKなら出勤できる、出勤したいという人もいますよね。 そんな要望に応えようとする企業が徐々に増えつつあるんです。 子連れで出勤を認めている起業は結構ある 子連れで出勤できる会社なんてそうそうないんじゃないの?と思ったら以外にあることに驚きました。 モーハウス 授乳服や授乳用ブラの企画、販売を行っている「モーハウス」。 元々は、代表である光畑さんが自宅で授乳服を作り始めたのがきっかけだそうです。 段々と販売数が増えていき、2002年にモーハウスを設立。 その時のスタッフが全員子育て中だったことから子連れ出勤が始まりました。 元々あった会社が子連れを認めたのではなく、みんなが子連れでないと仕事ができなかったということなんですね。 みんなが当たり前のように子連れ出勤をしているので、先輩ママからのアドバイスなどももらえて育児のストレスも軽減されるそうです。 事務スタッフだけでなく店舗のスタッフも子連れで仕事をしているので、店員ではなくお客さんと間違えられることも。 そのくらい、自然に子供と一緒に仕事ができているということでしょう。 青野社長自らが3度の育児休暇を取得していることでも知られています。 働き方改革を次々に断行しているサイボウズ。 そのおかげで、以前は28%もあった離職率が4%以下に。 これは• 在宅勤務制度• 副業許可• 最長6年もある育児・介護休暇制度• 時短勤務制度 に加えて、2014年から導入された「子連れ出勤制度」が大きく影響しているのではないかと思います。 学童保育に行きたがらない• 学童に入れないなどの小1の壁、小4の壁• 子供の預け先がない などのスタッフの悩みから子連れ出勤制度が導入されました。 子供を連れてくる親も、他の社員も気持ちよく仕事をするためにはどうすればいいか、というところを探りながら、多様な働き方を認めているというが素晴らしいと思います。 文字通り、体験をプレゼントする冊子やカタログ、チケットを作っている会社です。 元々はスタッフの1人が出産のために休職したことをきっかけに始まった制度だそうです。 当時はまだ社員の数も多くなく、1人が担っている業務が多かったため、1人休むということは非常な痛手だったため、子連れで来てみてはどうかと社長自らが提案したことから始まりました。 今では常時3〜4人のスタッフが子連れ出勤をしているのだとか。 毎日の人もいれば週に1回の人もいて、自分のペースで子連れ出勤できるというのも魅力です。 基本的には保育園に預けることを推奨しているのですが、ただ、入れなかった時などに子連れ出勤が認められることで、キャリアを中断しなくてもいい、という安心感がありますね。 以前、テレビで子連れ出勤制度について取材を受けた時に、悪意のある編集をされたと社長がブログに書いたことで話題になったことがあります。 基本的には「預け先が確保できない」という時に子連れ出勤が認められていますが、ママだけでなくもちろんパパも子連れOKです。 不動産業ですから土日もお仕事がありますが、水曜日を除く週5日勤務でOK。 平日休めるので、子供の学校行事などにも参加しやすいと思います。 ここには「ママプラス」という働き方があります。 カンガルーワーク(抱っこしながら働く)• ペアワーク(2人1組になり、片方が仕事、片方が子供の面倒を見る)• 単身(普通に仕事) など、子供の年齢に合わせて柔軟な働き方が出来るのが魅力。 なんといってもペアワークが他の企業にはない発想。 ある程度の年齢になると抱っこは厳しいし、かといってずっと一人遊びが出来るわけでもない。 放置すれば飽きてしまってぐずりだすこともあると思います。 でもママがペアになって、1人が仕事をしている間はもう1人が子供の面倒を見るので、安心して仕事ができますね。 ホール業務、キッチン業務でも子連れ出勤が出来る、なかなかない職場だと思います。 ママスクエアの中にはワーキングスペースと親子cafeスペースがあり、子供を連れて行っても、自分は仕事、子供はキッズスペースで遊んでいることが出来るので、仕事に集中することが出来ます。 職場は東京だけでなく、埼玉や千葉などの関東圏に広がっています。 介護業界はおよそ7割を女性が占めています。 ですから、女性が育児で仕事から離脱するというのはかねてから大きな問題になっていました。 そこで、中小介護会社を中心に子連れ出勤制度が徐々に広まりつつあります。 子連れがOKになると、これまで短時間しか働けなかった人や休日に働けなかった人たちもシフトにはいれるようになるんですね。 また、介護施設の利用者にとっても子供とふれあうことで前向きに、明るくなれるというメリットもアリ、利用者の満足度も上がったそうです。 例えばヤクルトレディ(ヤクルトの配達)などは営業所に託児所があるところもあり、しかも企業内の託児施設なので保育料金がかなり割安であるというメリットも。 子供を預かってくれる上に保育料も安いならとても働きやすいですね。 やってみてわかった、子連れ出勤のメリット、デメリット 実際に子連れ出勤をされている方の声から、メリットでメリット、両方ご紹介したいと思います。 子連れ出勤はそれなりに大変なこともあるので、人によっては余計に仕事が大変になってしまうかもしれませんが、独身の人にもメリットがありそうです。 母乳育児が続けやすいなどのメリット 一緒にいる間は、ぐずったらすぐに母乳をあげることが出来ますから、母乳育児を続けたいママにとっては大きなメリットになりますね。 子どもがいたらうるさくて仕事にならないのでは?と思われがちですが、実際に導入している会社では、それほど困っていないようです。 もちろん子供のことなのでたまにぐずってしまうことがあるとはいえ、根を詰めて仕事をしているときに子供の泣き声や話し声が聞こえるのはかえって息抜きになる、という声もありました。 独身でまだ子育ては先、という人でも、子供と接することで、結婚とか子育てっていいな、と思う人もいるようですよ。 ぐずってしまうなどのデメリットも 子供の月齢、年齢にもよりますが、長時間同じところにいればぐずってしまうのは仕方のないことです。 しかし、仕事をしている場所なので、ぐずった時の対処法を考えておく必要があるでしょう。 少し大きな子なら、• マンガを読む• ゲームをする など、好きなことをして過ごすことが出来ると思いますが、小さい子供はおもちゃでどのくらい静かに遊んでいられるか、一人遊びが出来るかどうかというところも大きなポイントになりそうです。 子連れ出勤が認められていても泣いたりすれば部屋から出てあやさなくてはいけません。 自分なりの仕事の生産性を高める工夫も必要ですね。 また、通勤ラッシュに子供と一緒に電車に乗れるか、というところも問題です。 都心の場合は殺人的なラッシュですので、出社時間を早く、または遅くずらして勤務できるかどうか、というところも課題になりそうです。 子供を産んでも無理なく仕事ができる、そんな世の中にしたい 育児と仕事の両立、これは女性にしか言われない言葉です。 既婚男性に対して「育児と仕事、両立できてますか?」なんて聞きませんよね。 子供が欲しい、仕事もしたい、でも今はどちらかを選ばなくてはいけないママたちも多いのではないかと思います。 おかしいですね、女性だからといって生き方を制限されるのは。 ママになっても子育てを楽しみながら仕事ができる、そんな企業がもっと増えていって欲しいと思います。

次の