プリコネ クラン 怖い。 プリコネ クランバトル基礎の習得、マルチボス、持ち越しやタイムラインとは…?

プリコネ クランバトル基礎の習得、マルチボス、持ち越しやタイムラインとは…?

プリコネ クラン 怖い

Contents• 【理由その1】戦力が整っていない クランバトルは最大で3回モンスターと闘うことができます。 そしてそれぞれの戦いで別のキャラクターを使わなければなりません。 同じキャラクターを複数回戦わせることができないというわけですね。 このシステム、戦力が整っていない初心者からすれば厳しいものがあります。 主力をぶつければ初戦は何とか戦えるものの、以降の戦いでは残っているキャラの育成が進んでいないので全くモンスターに歯が立ちません。 結果、所属クランにほとんど貢献できず自己嫌悪に陥るという…。 ちなみに、現在の僕の戦力です。 主力キャラは 「ノゾミ」、 「シズル」、 「イリヤ」、 「サレン」、 「マホ」、 「アリサ」の6人となっています。 この戦力ですと、1パーティーは5人から構成されるので、2戦目からは大幅な戦力ダウンを免れないということになってしまいます。 クランバトルを楽しむためには、たくさんのキャラクターを育成して戦力の層を厚くしなければならないということが今回分かりました。 課金しなさい! 【理由その2】無言クランに所属しているから 僕は気が楽という理由から無言オッケーなクランに所属しています。 ログインするたびに挨拶しなくて済みますし、余計なやりとりもなく本当に無言オッケーなクランは快適です。 とはいえ、普段からのコミュニケーションがないぶん、クランバトルでもそれぞれが自由に無言で戦っているので、団結している感じは味わえません。 おそらく、クランバトルの醍醐味は同じメンバー同士がコミュニケーションを取りながら盛り上がることにあると思うのです。 しかし、無言クランの場合、一切のコミュニケーションがないので、クランバトルであっても、ただ強いボスと一人で戦うというイベントに成り下がってしまうのです。 「ならもっと活気のあるクランに入れよ」と思われそうですが、何気に今のクランは気に入っているので、しばらくはお世話になろうかと思っています。 クランバトルの楽しさよりも無言クランの快適さを選んだんだね 【理由その3】戦闘が単調 これはクランバトルに限らないのですが、プリコネRは戦闘が少し単調です。 同じラインストラテジーのメルクストーリアというゲームは、バックステップなどの戦術を駆使して戦うことができるます。 しかし、プリコネRはただ必殺技を使うタイミングを考えるだけです。 つまり、プレイヤーの技術ではなく、キャラそのものの強さと敵との相性が勝敗を決めるといっても過言ではありません。 しかし、僕みたいに主力キャラが少ししか育てられていない選択肢の少ない状態だと、敵との相性などを考える余裕もなく、何も考えずにボスを殴るしか他ありません。 というわけで、今の僕にとっては、クランバトルよりも同じキャラを何度も使用できるクエストのほうが敵との相性を考えることができる分楽しめるといえます。

次の

【プリコネR】1か月初心者、初のクランバトル【プレイ日記】

プリコネ クラン 怖い

プリコネでは毎月下旬にクランバトルが開催されます。 アリーナとはまた違った対人戦ランキングが開催され、新しく追加されたキャラの評価で盛り上がる時期でもあります。 今回は初心者向けにクランバトルの内容と、クランの選び方について紹介します。 クランバトルの内容 クランバトルとは 5種類のボスモンスターを順番に討伐していくイベントで、最後のボスを倒すと最初のボスに戻り、また同じ順番で永遠と戦っていきます。 ボスに挑戦するにはCPが必要になり、クト等でスタミナ300を消費すると1回復します 1日の回復上限は3回。 よくクラン募集で見られる「3凸」とは「毎日3回ボスに挑戦する」という意味になります。 ルナの塔と同じく「模擬戦」「本戦」のふたつがありますが、 クランバトルでの本戦はリタイアできないので注意しておきましょう。 シングルモードとクランモード クランバトルには「シングルモード」と「クランモード」があり、 開催前に各クランのリーダーだけがモードを変更できます。 「シングルモード」はクランに所属している各個人でボスに挑み、自分が倒した分だけ報酬が貰えるモードになります。 ボスが低難易度なので初心者向けですが、 報酬はかなり少ないです。 他人に迷惑をかけたくない初心者が雰囲気を味わうには悪くないモードです。 「クランモード」はクランメンバー全員で協力してボスを倒し、全員のダメージスコアでランキングを競い合うモードです。 ただしボスはそこそこ強く、 初挑戦の初心者は即全滅するので面白くはないです。 報酬はクランメンバー共通で貰えるため、上位クランに入ると 豪華な報酬を貰えます。 クラン詳細にどちらのモードなのか書いてあります クランバトルの報酬 主にジュエルやクランコイン、そして対象のメピースが貰えます。 クランモードでのランキング報酬一覧 クランに参加する 既に作成されているクランに参加する場合、「クラングレード」「アクティブ人数」「平均プレイヤーLv」「加入条件」を重要視しましょう。 「クラングレード」は、 前回のクランバトルのランキング順位で決まります。 10000位以内でB、7000位以内でBB、5000位以内でBBB、3000位以内でAと表示されます。 「アクティブ人数」は、クランに参加できる上限30人のうち何人がプレイしているかです。 クランに参加するまではメンバーのログイン履歴は見れないので、とりあえず30人近く人が集まっているクランを探しましょう。 「平均プレイヤーLv」は、主に等で公開されているクランプロフカードに記載されています。 「加入条件」は、 承認ありを探します。 誰でも加入できるクランではメンバーの大半が稼働していないことが多く、シングルモード目的以外で入るのはオススメできません。 クラン関連の話 人権キャラと初心者の目標 よく新ガチャキャラが追加されるたびに「人権」だとか「絶対引くべき」との評価がありますが、ほとんどがクランバトル超上位の話なので初心者は気を付けましょう。 主にクランモードでは 古参を含めた全プレイヤー同士が戦うため、「プレイヤーLv」「季節限定キャラ」「才能開花」全てに劣る 初心者がトップを目指すのはほぼ不可能です。 廃課金者であっても一年間は復刻キャラが手に入らず追いつけないので、 今から始める人はカジュアルにほどほどに楽しみましょう。 またクランバトルでは多くの「人権」と呼ばれる強キャラがいますが、1日3回までクランメンバーからサポートを借りることができるので、全て揃える必要はありません。 クトやダンジョン、ルナの塔でもサポートを借りることができるので、 初心者は人権キャラの獲得に拘りすぎないよう、ジュエルの散財には気を付けましょう。 クランバトルにむけたキャラ育成 筆者は現在PLV125前後ですが、正直全く戦力になっていません。 PLVや才能開花の差、そしてキャラ育成数が足りていないので、 開始四ヶ月でようやく下っ端程度にスコアを稼げるようになると思われます。 なので クランバトルで強いキャラの育成は後回しで全然大丈夫です。 例えば、毎日ハードクト周回をオススメされている「エリコ」なんかを初心者が周回する必要はないと思っています。 初心者はバトルアリーナやストーリーイベントVHで大活躍する「コッコロ」のハードクトを最優先に周回するのが一番オススメです。 クランバトルでは全プレイヤー同士でダメージスコアを競い合うため、 一度でも多くUBを発動した方が有利になります。 そのためUBの発動に大きく関わる「TP上昇」「回避」「HP」のステータスが重要視されます。 キャラによってはランクアップするとTP上昇ステータスが下がる• ボス攻撃を回避すると被ダメージによるTPを獲得できなくなるので、回避を上げる装備を付けない• 才能開花するとHPや防御が上昇し、被ダメージによる獲得TPが減る 上位のプレイヤーは以上の試行錯誤をしているのですが、 トップに追いつくことができない初心者にはあまり関係ない話です。 ただバトルアリーナやダンジョン等でUBを早く発動させるテクニックとして役立つので、 無暗に才能開花するのは控えましょう。 クランメンバーに装備を分けてもらう こちらは クランに所属するメリットの話になります。 クランに所属すると「装備リクト」を行うことができ、自分が指定した装備の欠片をクランメンバーから分けてもらうことが可能です。 ただし寄付する余裕のない初心者が大量にいたり、高価な素材をリクトするとあまり寄付して貰えないので、ほどほどにしておきましょう。

次の

【プリコネR】クラン探しのコツや選び方など

プリコネ クラン 怖い

先日またとクランで騒動があった。 風呂入ってたのはいいんだけど... その前にAPEXやってましたよね?今はツイ消ししてるみたいですが、ある筋よりご提供頂きました。 別に他ゲーするなとは言わないけど大勢に迷惑かけないで欲しい... 双方の主張を読んで判断していただければ幸いです。 勿論、我々にも落ち度があったとは思いますが、あそこまで言われるようなものではなかったと思います。 少なくとも問題がなければ書かれているような事をメンバーがする事もないと断言できます。 個人的な意見ですがどうか他の方が同じ被害にあわれないように🙏 子供だらけの会社ってイメージのクランです。 新人さんは歓迎されません。 少なくとも問題がなければ書かれているような事をメンバーがする事もないと断言できます 人の本性がでるときは、問題が起こったときで、 問題が起こった時にどう対処するかが大事なんですけど・・・ww まあそれはおいておいて。 クラン側はそのメンバーを叩くために一生懸命だし、 メンバー側もとくに反省してる感じもなく、どうにか頑張って自分は悪くない、自分は被害者なんだ。 と、なにも生まれない平行線のバトルが始まってる。 必死過ぎて滑稽だし早く次のアクションを起こせとワクワクしてしまう。 これは自分もプリコネをやっているからこそ理解ができる、ある種のエンターテイメントとして眺めてるんだけど、 一応僕もクラマスという立場で見てみると色々と思うことはあるので今日はちょっと感想文として書いていきたいと思う。 クラン側は器が小さすぎ 言ってしまえば、 「自分達でそのメンバーを勧誘したんですよね?」 これに尽きる。 「自分たちに見る目がなかった」 と認めて「次からはもっとよく見よう。 」って話したほうがまだ建設的とは思いませんかね。 そうせずになにをしてるかと思えば、メンバーのツイをさかのぼってアラ探し。 そして一生懸命メモに文句を連ねてスクショして貼り付け。 その行いはツイに残るわけで、仮に僕がクランを探しててこのクランから勧誘があったとしても、 「こんな小せえクラン絶対入らねえわww」 ってなる。 そうやってメンバーを叩くのは一時的にはとても気持ちよくて楽しいんだろうけど、 長い目でみたらそれはただ自分たちの首を絞めるだけっていうのも認識したらどうだろう。 まあそれも彼らの「クラン運営の一環」なんだろうしそれはそれで良いんだろうけど。 メンバーは自業自得 クラン側のほうでも言ったけど結局は、 「最終的には自分の意志でそこに加入したんですよね?」 という話につきてしまう。 それに見てると加入したときからなんか違和感を感じていたようだし、その時点で抜ければよかったはず。 それもせずにそこに居続けたのはやはり「自分でそう選択した」のでしょう。 自分で選択した以上、そこのクランの方針に従うべきだし、自分勝手に振る舞ってりゃそりゃクランからも叩かれますわ。 うちのクランでも同じことがあった 以前、僕の運営してるクランでも加入した人が全然クラバト中きてくれないことがあった。 実質29人でクラバトをしたようなもんだった。 クラマスとして何度もそのメンバーには個別に連絡をとったが一切改善はされなかった。 その上で僕がやったことは、 0時(クラバト終了)になった時点で即除名。 以上だった。 加えて言えば、除名したときのスクショをクランのディスコに貼ってネタにしたくらいだ。 もう過ぎたことだしこうやってネタにすれば笑いにもなるし、そうしたほうがみんなも多少は気が楽になるんじゃないだろうか。 ちなみにそいつはツイッターで晒されることを恐れたのかアプリ内の名前を変えていたが、 そんな小さなクラマスと思われたのも癪だけど、「こういうことしたら晒される」という認識があってそれが怖いならそもそもちゃんとやれ。 というツッコミは入れておく。 まあうちも地雷騎士くんを抱えたことはあるが、少なくともこの人達みたいにツイッターで醜い争いはしなかった。 幸いうちはそういうプレイヤーのことを晒し上げようとしたりする人もおらず、 クラバト終了後のボイチャではネタにして話すくらいの大人な方が多かったわけでそれは良かったと思う。 うちもメンバー募集でギリギリまで人が集められないってときはあるけどそれでも人柄というところでは妥協はしないようにしてる。 ツイッターの発言内容とかはわりと見るようにしてるしその上で勧誘を決めてる。 そこまでした上で、そいつが地雷だったらそれはもう僕の人選ミスということで次からより気をつければいい。 僕の人選ミスでメンバーみんなに嫌な思いとかさせてしまうのは申し訳ないけど、みんなちゃんと理解してくれてるので、 そこは本当にメンバーに救われているところだと思う。 なんだこれ会社かよ笑 以上です とりあえずいいたいことは、 自分が選択してそうなったんだから結果がどうであれ、それは自分の責任だぞ。 ということです。

次の