エメラルド 乱数。 エメループで臆病2Vラティアスをゲットする方法

エメラルド

エメラルド 乱数

前回Keysaveを使って裏idを求めたので今回はその裏idを使って色固定乱数をしたいと思います。 まずGBAyaseiをDLして、起動してください。 私は色違いさえでたらなんでも良かったので一番最初、図太いのシードを使用します。 seedから待機Fがわかったらでエメループ君を起動してください。 エメループ君以外にも求められるサイトはありますがで検索できるのが評価点です。 16881Fでしたがエメループ君では16904Fにありました。 初期seed書いてないため少しずれます。 ミュウなら角に追い詰め、ならAをボタンを押したら出現するところまで追い詰めます。 追い詰めたらそこでレポートを書きます。 16904Fなら約4分28秒です。 実際に出たを捕まえてを調べてみましょう。 出てきたはエメループ君によると約-500Fでした。 その場合、エメタイマーを500F早めましょう。 いずれ時間が合うようになります。 色違いがでたら成功です。 もし色違いが出ない場合は性格値が合わないらしいので他のseedを使ってみましょう。 体感難易度は 裏ID特定<ザロクバグ ワープ<色乱数 でした。 3genSearchを使うのがオススメ。

次の

ポケモンRSE 色違い野生乱数に初挑戦した話。

エメラルド 乱数

参考にさせていただいたURL エメラルド 初期SEEDの変更について エメラルドはRSと違い、電池の有無を問わず初期シードが固定されています。 これにより、野生乱数や固定乱数で高個体を出すには長時間待機が必須となります。 BV保存や戦闘中のフレーム倍速などが発見されてかなり乱数の幅が広がりましたね。 孵化乱数では理想個体が簡単に出せるようになりました。 しかしそれでも高個体を狙うと何日も待機などザラです。 前にレジアイスを捕まえた時は何日も待機しました。 でも、初期シードが変更できれば待機時間を短くできるのはRSの電池有乱数で証明されています。 エメラルドでも初期シードを変更できるみたいなので実験しました。 実験は次の2点を検証しました。。 実験開始 1P側でニューゲームを選択し、図鑑を入手。 通信対戦をして戦闘終了後2P側でバトルビデオを保存する。 次に2P側でバトルビデオを再生後すぐに野生ポケモンと戦闘に入り、捕獲を繰り返し個体値・性格をツールで検索しました。 10分ちょっとで通信対戦に入れるので100,000フレームなら該当フレームがあるはずなのに結果0件。 初期シードを変更すると該当個体がありました。 たしかに、ニューゲームから始めたデータは初期シードが0ではなく、通信対戦では1P側の初期シードで戦闘が行われていて、バトルビデオを保存・再生することによりニューゲームの初期シードを既存のデータで使用できることがわかりました。 では手順を書きます。 必要なもの・準備 通信できるGBA 2台 BVを入手したエメラルド(メインロム) データを消していい初期SEED厳選用のエメラルド(サブロム) 1P側にサブロム・2P側にメインロムをセット。 希望個体の待機が長すぎる場合、初期シードを厳選すれば待機時間がかなり短縮できる。 表IDを確認するだけならニューゲーム開始から2分もかからないので。 特に、古びた海図で色違いミュウを狙うようなRSではできない乱数時の待機時間が数十日になるような場合はかなり有効かと・・ むじゃき6Vメタモンなども捕獲できます。 ただ、色違い理想個体は狙えません。。 くどやん• 2016年07月21日 15:39• さも自分が見つけたかのように書いていますがこのブログ記事の内容を真似しただけですよね。 blog. fc2. html TIDSEEDという名称もそうですし元の記事のURLを載せて参考にしたことを記載すべきではないですか。 2016年07月21日 16:56• ご指摘ありがとうございます。 一応自分なりに画像を使いながら検証してみました。 ご指摘の通り参考にしたURLは記載しないといけないと思いますので帰宅後記載させて頂きます。

次の

エメラルド ID厳選とか6Vメタモン

エメラルド 乱数

簡単に説明すると, 0x0から50000消費した後に対戦を行い, BVを保存し, そのBVを再生するといつでも0x0から50000消費したseedに移動することができます。 つまり, 1回の施行に多大な時間を要する乱数調整であってもBV保存を利用すれば毎回長時間待機する必要もなくなります。 ここでは, そのBV保存のやり方についてまとめます。 バトル施設の受付前でレポートを書いておきます。 今回はのレベル50を利用します。 BVは降参すると保存することができないので, すぐに負けられるを手持ちに入れておきます。 タイマーを設定します。 今回は73781Fの個体を狙いますが, 実際にはBVを再生してから個体とエンカウントするまでにも時間を要するので多少73781よりも短いフレームを設定しておきます。 また, 目標フレームを通り過ぎてしまっては元も子もありません。 71500 ゲームを起動してから戦闘を開始するまで 3. タイマースタートと同時にゲームを起動し, 戦闘開始直前の会話画面で待機します。 タイマー終了と同時に戦闘を開始し, 負けます。 BVを保存します。 デフォルトでは「いいえ」にカーソルが合わせられているので間違えずに「はい」を選択します。 実際にどれだけのフレームが保存されたかを調べます。 試しにBVを再生し, 再生終了直後に任意の個体とエンカウントします。 ここではを捕獲します。 BVを再生するときは, 再生直後にBボタンを長押ししてBVの再生を中断します。 3genSearch等で検索をかけてみます。 今回出現した個体は初期seed : 0x0から72175消費した個体であることが確認できました。 つまり, BV再生からおよそ1606F後にエンカウントすれば0x0から73781F消費した個体を捕獲することができそうですね。 消費数が多い場合, 一度の待機では目標までの消費数に届かないことが多いので, 上書きを繰り返し目標までの消費数を少なくします。 DSまたはを使用してBV保存を行う場合, 三世代さぽのラグ計算機能を使用すると, 長時間の保存であっても1回で目標の消費数に近づけることができます。 kenshin482.

次の