だから もっと 愛す よ 清水 翔太。 清水翔太

清水翔太

だから もっと 愛す よ 清水 翔太

清水翔太が約8カ月ぶりとなる新曲「416」を配信リリースした。 近年多用していたオートチューンも使われておらず、翔太の地声の温もりがやさしく伝わってくる楽曲になっている。 歌詞に綴られているのは、思い通りにいかないもどかしさが甘酸っぱくてキュンとなる恋物語。 このラブソングを翔太はどんな思いで書いたのか。 気になる「416」というタイトルの理由、現在の曲作りペース、さらにはコロナ禍で自粛生活が続く現状に対する思いまで語ってもらった。 (猪又孝) ポップに可愛い方向に振り切った ーー今回の新曲「416」は、いつ頃作った曲なんですか? 清水翔太(以下、清水):トラックは去年の10月に作ってあって。 良い曲になりそうだなという感触はありつつ、日本語の歌詞が浮かばないから放っておいた曲で、今年3月くらいにバババッと仕上げました。 ーーどのような曲調をイメージして制作に取りかかったんですか? 清水:基本的に今、自分の中で、今まで通りのトラップっぽい音作りと、昔みたいな優しいポップ路線という2つの方向性が大きくあって。 トラップっぽいものができたら、優しい曲ができたりするっていう中で、次のアルバムの路線を模索している状況がずっと続いてるんです。 ただ、良い曲かなと思える曲が優しい方向の中でポツポツできてきていて。 なんとなく次のアルバムはそういう路線で行ってみようかなという気持ちもあって、その方向で行くならこれがシングルになってもいいのかなと思ってました。 ーー歌詞はどのような思いで書き始めたんですか? 清水:過去イチかわからないけど、とにかくポップに可愛い方向に振り切ってみようと思ってました。 〈君を守るナイトになる〉の辺りとか、正直ヤバイなぁと思いながら書いてましたね(笑)。 ーー今回の曲は、相手に好意を上手く伝えられない男性が主人公になっています。 清水:僕がよく書くテーマではあるんですけど、「花束のかわりにメロディーを」と一緒で、実らない恋に一生懸命になる男の子の話というか。 モテない男のラブソングみたいな感じですね。 清水翔太「花束のかわりにメロディーを」 ーー相手の女性はどんなキャラクターをイメージしていましたか? 清水:MVでは遊び慣れてる女の子と真面目な男の子っていうストーリーですけど、僕が書いてた段階ではそういうイメージはしていなかったです。 相手も主人公の男の子と同じような感じ。 あからさまに住んでる世界が違うとか、キャラが違うっていうイメージはそんなになかったです。 MVのストーリーは「416」のまた別の捉え方の一つといったところですかね。 ーー10代から20代前半くらいの男女というイメージが沸きました。 清水:年齢は若いイメージですね。 ピュアな感じ。 だからMVに登場する人物くらいの年齢でいいのかなって感じがします。 清水翔太 『416』 Music Video ーー10代に向けた曲を作ろうという意識は当初からあったんですか? 清水:男性目線のラブソングって、曲からイメージされる年齢が若ければ若いほど、男性リスナーに対して間口が狭くなっちゃうと思うんです。 俺はもうこんなふうには思えない、みたいな感じで終了というか。 だけど、女性はいくつになっても、こんなピュアに思いを寄せてくれる男性はいいな、可愛いなっていうふうに取ってもらえるんじゃないかと思うんです。 逆に20代後半とか30代くらいの感覚でラブソングを書くと、女性リスナーへの間口が狭くなっちゃう感じがしていて。 若い女性には想像できない世界になっちゃうみたいな。 今回は振り切ってポップに書こうという気持ちもあったんで、より間口を広くするという意味で、少し若いくらいの設定がちょうどいいかなと思ったんです。 ーーサウンドメイクの部分で注意した点やこだわった部分は? 清水:今回はアコースティックな雰囲気にしたかったんです。 とはいえ、音は全部打ち込みなんですよね ーーあの綺麗なストリングスも? 清水:ストリングスも全部打ち込み。 だから打ち込みでどこまでアコースティックで温かい雰囲気にできるかっていうのは頑張りどころでした。 ただギターの音はあえて少しチープな音源を使っていて。 もっとリアルなギターの音源も持ってるんですけど、あの一定のダイナミクスな感じがいちばんトラックにマッチしたんです。 だから、ギターだけはあえて打ち込みっぽくした感じですね。 僕の曲で言うと「milk tea」とか、そういう路線のアプローチですね、今回は。 ーー確かに。 清水:「milk tea」は人気のある曲だし、とりあえず次のプロジェクトに関しては、その辺のラインを狙っていってみたいかなっていうところはあります。 「milk tea」はすごく重要な曲なんですよ。

次の

ワンオクTaka&清水翔太[re:]プロジェクト発足 三浦大知、Nissyらとの豪華コラボ楽曲「もう一度」公開

だから もっと 愛す よ 清水 翔太

これまでは自分の周りにあるものを出してきました。 やっぱり、曲を作り始めた時は自分のことを知ってほしいし、1stアルバム『Umbrella』でも自分がどういう人間で、何を見てきて、何を感じて生きてきたのかを知ってもらいたかったし、それを魅力的に感じてもらえたらなと思ってたんですね。 でも、『君が好き』を作るにあたっては、自己紹介の期間が終わった気がしたんですよ。 それは20歳になったからなのか、アルバムを出したからなのか、それとも初めてのツアーをやったからなのかは分からないですけど、もうちょっと外に向いた曲作りをしていこうと思って。 他のみんなは何を思って、どういう恋愛をしていて、男性は女性に何を伝えたいのか、女性は男性に何を言ってもらいたいのかっていうことを考えたり、リサーチして、より多くの人に共感してもらえる曲を作りたいなと。 なので、特に今作のリアクションは気になりますね。 リサーチというのは? デビュー前から音楽業界のファミリーに憧れがあったんです。 例を出すと、m-floファミリーがすごく好きで。 さまざまなアーティストとコラボレーションしたLovesシリーズがあったりしたじゃないですか。 今も昔もずっと信頼し合えるアーティスト同士の絆がカッコ良くて。 ただ僕…シャイで。 シャイというか、最初の扉がすごく重いたいというか(笑)。 なので、よけいにファミリーを羨ましく思ってしまうんですね。 でも、イベントでよく一緒になる方たちと少しずつ交流を深める中で、音楽的に気の合う人たちに声をかけて今回の『Family』で念願への第一歩が実現しました。 テーマ出し以外は、それぞれに委ねて好き勝手やってくださいって感じだったのに、みんな同じ意味合いで捉えたっていうのは驚きつつもうれしかったですね。 その場のノリを大切に、みんなでワイワイとレコーディングもやっていったので本当に楽しかったですね。 『Umbrella』の中でも人気の高い「One Last Kiss」をアコースティックバージョンで3曲目に収録していますが、雰囲気が変わりまったく別モノの良さがありました。 1989年2月27日生まれ、大阪府出身。 地元・大阪のスクールでゴスペルを学び、ソウル・ミュージックに魅せられたことをきっかけに、作詞・作曲、そしてアレンジまでこなす天才肌のシンガー・ソングライターにまで成長する。 時に力強く、時に儚く歌い上げ、感情豊かな歌唱からラップまでこなせる日本では稀有なマルチな存在だ。 因みに尊敬するアーティストは、ダニー・ハサウェイ、マーヴィン・ゲイ、レイ・チャールズ。 07年秋、ニューヨークに位置する音楽の殿堂『アポロシアター』のステージに平成生まれの日本人として初めて出演。 地元の新聞からまさに「100万人に1人の生まれながらにしてのソウル・シンガー」「日本で最もセンセーショナルな歌手になる」と大絶賛される。 そして08年3月、<ソニーミュージックレコーズ>傘下のレコード・レーベル<MASTERSIX FOUNDATION>から、1stシングル「HOME」でメジャー・デビュー。 10代の男性シンガーソングライターとして史上初のオリコン初登場5位を記録。 「HOME」のリリース記念で行われた地元・大阪でのフリー・ライヴでは約4,000人を動員する快挙を成し遂げた。 同年6月、遂にニューヨークから招待という形で、セントラルパークに3万人を動員した『JAPAN DAY』のステージに登壇。 地元のニューヨーカーはもちろん、アメリカの有名アーティストらも噂を聞きつけて観覧に訪れた。 11月には、1stアルバム『Umbrella』をリリースし、平成生まれ初のオリコン週間ランキング2位を記録。 そして、2度目となるアポロシアターのステージに立ち、ニューヨークハーレムの目抜き通りに『SHOTA SHIMIZU』の文字が躍った。 間違いなく次世代を担う若手注目株のシンガー・ソングライターである。

次の

清水翔太『milk tea』 簡単ギターコードを紹介

だから もっと 愛す よ 清水 翔太

()やらが5日、[ re: ]プロジェクトを発足。 コラボ楽曲「もう一度」をYouTube公式チャンネルで発表した。 今回のコラボには、Taka、清水のほか、、Nissyこと(AAA)、KENTA()、、、が参加している。 4日にそれぞれが予告動画を投稿し、ファンらの間で話題になっていた。 YouTubeの動画ページでは、「ONE OK ROCKのTaka(Vo)と清水翔太が、『こんな時代だからこそ、同じ世代のアーティストが集まることで何かできないか?』と話し合い、[ re: ]プロジェクトを発足」とコラボに至った経緯を説明。 「8人の同じ志を持ったアーティストが想いを共鳴させることで、『もう一度』という1つの新しい曲が生まれました。 楽曲はそれぞれがリモートで撮影した映像をつないで制作。 歌詞は「気づいた時には既に 僕の手 離れて 手遅れなんて事にならないように 僕は君を痛いくらい抱きよせて 嵐が去って晴れたら もう一度手をつないで歩こう もう一度君と歩きたいんだ」などとつづられている。 この楽曲を聴いたファンたちからは「豪華すぎるコラボ!! これは夢か!! 」「こんなに素敵な人達ばかり、豪華すぎて泣けました」「ほんとにこの苦しかった時期が報われてく気がする。 ありがとう。 みんなで乗り越えよう!」と感動の声が相次いだ。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の