すき家 バイト テロ。 すき家、くら寿司、大戸屋ら外食企業が悲鳴 相次ぐ「バイトテロ」が及ぼすブランド毀損、数字で見てみると?

わいせつ画像を投稿した「すき家」女子高生バイトの顔画像が特定される

すき家 バイト テロ

話題: 先日、すき屋でわいせつ画像を掲載した女子高生が話題になったが、ついに問題視されすき家が謝罪をおこないメディアで報じられるまでとなってしまった。 当時は、掲載していたtwitterから顔画像が特定され、痴女がは働いているなら行ってみたいという声もネット掲示板では流れたが、画像は生生しく、愛液等が挿入されていたと思うと気持ち悪くて仕方がない。 ネットでは店舗は絞られておりツイッターアカウントから名前は特定されたがここでは伏せておく。 住所は特定されていない。 すき家 245号日立久慈店 茨城県日立市久慈町4-6-6 すき家 6号日立城南店 茨城県日立市城南町2-10-1 すき家 日立北店 茨城県日立市田尻町4-6-7 すき家 日立南店 茨城県日立市金沢町1-13-10 「すき家」女子高生バイト、店内でわいせつ画像を撮影 ツイッターに繰り返し投稿-産経新聞 ゼンショーホールディングス(HD)の運営する牛丼チェーン「すき家」で、アルバイトの女子高生が自らのわいせつ画像を店内で撮影、短文投稿サイトのツイッターに繰り返し投稿していたことが7日、わかった。 取材に対し、同社は「お客様に不快な思いをさせてしまい、お詫び申し上げます」(広報)と平身低頭だ。 同社によると、問題の投稿があったのは今年3~4月。 関東地方の店舗で勤務していた同バイトが、店内で制服の上半身をはだけさせたり、ズボンを脱いで下半身を露出した状態の写真を自身のツイッターに複数回投稿した。 すでに同ツイッターのアカウントは非公開となっているが、画像はネット上で拡散。 撮影場所は厨房や客席ではなく、従業員のみが出入りする場所で、健康被害などは出ていないという。 事態を把握した同社は本人に事情を聴き取ったが、動機については「なぜこんなことをしたのかわからない。 ツイッターには上司の悪口も書き込まれていたが、『仕事への不満』というより『本人の趣味』としか思えない」(同)と首をかしげる。 現段階で警察への通報はしていないが、同バイトは「社内規定に基づいて処分した」という。 世間の感想 ・問題のあるチェーンにわざわざバイトに来るのは、他では採用されなかった問題のある人間ってこと。 ・「オカズにしてください」って…何でもオカズになるわけじゃないよ。 食材が同じでも美味しいものと不味いものとあるからね。 正直気持ち悪いよ…。 ・画像見たけど正直気持ち悪い…こんなんで喜ぶ人がいるのねぇ… ・すき家のバイトの子、モラルなさ過ぎるて気持ち悪い ・また次のすき家バカッターはヤバいやつが出てきたな… 笑 さすがに気持ち悪い……。 気に入ったらいいね!を押してね.

次の

バカッターの次は「バカスタグラム」流行? 変わる“バイトテロ”の発火点(岡田有花)

すき家 バイト テロ

「くら寿司」公式サイトより 回転寿司チェーンの「くら寿司」の従業員が、切った魚をごみ箱に入れ、またすぐに拾ってまな板の上に置き直している動画をインスタグラムに投稿し、くらコーポレーションが退職処分と刑事、民事での法的措置の準備に入ったことを発表しました。 他にも、セブン-イレブンで、商品のおでんのしらたきを、従業員が口に含んで戻す動画が投稿されたり、中華チェーンのバーミヤンの厨房で、調理中に中華鍋から上がる炎にタバコの火をつける動画が投稿され問題視されるなど、不適切な動画の投稿が相次いでます。 — 2018年12月月30日午後10時34分PST バカッター事件でも被害が大きかったのが、「ブロンコビリー・冷蔵庫事件」。 2013年8月、学生アルバイトがステーキ・ハンバーグチェーンブロンコビリーの厨房で、食品を保管している大型冷蔵庫に満面の笑みで入っている写真を投稿しました。 ネット上では、この男性の素性やブロンコビリーの店舗が特定され、たちまち大拡散。 「不衛生だし、こんな悪ふざけをする店員が作った食べ物は口にできない」と、ブロンコビリーの本社に苦情が殺到しました。 件の学生アルバイトは解雇されたものの、騒動は新聞テレビにまで取り上げられて世間からの批判の声は大きくなるばかり。 店舗は営業を続けるには困難な状態に追い込まれて、けっきょく閉店に追い込まれました。 1枚の写真の投稿がもたらした被害はあまりにも大きく、ブロンコビリーの被害総額は数千万円に及び、「本件に関する損害賠償の請求についても検討しております」と発表しました。 写真を投稿した学生アルバイトは、ネットに顔と実名、学校名など個人情報がさらされ、嫌がらせにおびえる日々を過ごしていたそうです。 客がしまむら店員に土下座させた動画を投稿。 逮捕・罰金30万円 2013年10月、「ファッションセンターしまむら」で店員に土下座をさせ、その様子を写真に撮ってTwitterに投稿した40代女性が強要罪の疑いで逮捕された事件もありました。 容疑者は、「タオルケットに穴が開いていた。 この強烈な土下座写真は社会に大きな衝撃を与えました。 逮捕後、裁判所は容疑者に対し、名誉毀損を適用して30万円の罰金を科しています。

次の

バイトテロの実態は?過去の飲食店のイタズラ画像まとめ!

すき家 バイト テロ

最近やたらと多いですが、もう外食チェーン店やコンビニは行く気になれませんね。 自己顕示欲のためにSNSを利用して、所謂「バイトテロ」を起こして、それを拡散して目立った気になり、後に大炎上。。。 若者のネットリテラシーはどうなってるのでしょうか? あおり運転にバカッター。。。 世の中狂ってます😇💢。 <Yahoo! 問題の動画はTwitterなどで拡散したため「バカッター」とも呼ばれたが、実際は、Instagramの「ストーリーズ」に投稿された動画がTwitterなどに転載されて広がった。 「バカッターではなく『バカスタグラム』だ」との指摘もあり、「バカスタグラム」という言葉が定着しつつある。 10年前はmixiやニコ動 不適切投稿が行われる場は、SNSの変遷に伴って変化してきた。 10年前は、「ニコニコ動画」や「YouTube」「mixi」に投稿されていた。 例えば、2007年、吉野家の店員とみられる人が店舗の厨房で豚丼を山盛りした「テラ豚丼」を作った様子を投稿して炎上した騒動の、ケンタッキーフライドチキンの元アルバイト店員を名乗る男性が、「店内でゴキブリ揚げた」と虚偽の書き込みをしたとされる先はだった。 2011年には、ウェスティンホテル東京のアルバイト店員が、ケースがあったほか、13年には、ローソンの店員が冷蔵ケース内で寝転ぶ写真がFacebookで公開され、。 その後、アルバイト店員や客などが、店舗の冷蔵ケースに入った写真をTwitterなどに投稿し、炎上する問題が相次いだ。 このころ、Twitterに不適切な動画や画像などを投稿する人を揶揄する「バカッター」という言葉が生まれ、アルバイト店員が不適切な投稿で店舗に迷惑をかける行為を指す「バイトテロ」という言葉も誕生した。。 最近はインスタに 次はTikTok? さらにここ数年は、発火点がTwitterからInstagramに移動。 冒頭で紹介した「すき家」や「くら寿司」の動画はそれぞれ、Instagramのストーリーズに投稿されていたものだ。 ストーリーズは投稿後24時間で消える仕様のため、「多少モラルの低い投稿をしても、消えるから大丈夫だろう」「友達しか見ていないだろう」と安易に考え投稿したのかもしれない。 だが、投稿を見た人がダウンロードすれば動画は消えず、Twitterなどに転載されることで騒ぎは広がっていく。 「バカスタグラム」という言葉は今回、「すき家」「くら寿司」の炎上がきっかけで注目を浴びているが、Twitterを検索すると、2012年ごろからつぶやかれている。 当初は「バカな(笑える)画像をInstagramに投稿する」といった意味でも使われていたようだが、不適切な写真をInstagramに投稿するという意味が徐々に強くなり、17年ごろからは主に後者の意味で使われるようになった。 Twitterのトレンドワードを分析できる「Yahoo! リアルタイム検索」で調べると、今年2月上旬以降「バカスタグラム」のつぶやきは急増しており、「バイトテロ」という言葉とともに投稿されることが多いようだ。 「バカッター」が13年、流行語大賞候補になったように、今年の流行語大賞の候補語に「バカスタグラム」が入るのでは、と予想する人もいる。 「次はTikTok(動画アプリ「ティックトック」)で同じような投稿が問題になりそう」という声もあり、「バカスタグラムの次はバカトックか」との予想も。 SNSの変遷により、不適切な動画の投稿先は変わってきたが、不適切な動画投稿そのものは、なくなりそうもない。 情報源:.

次の