胆嚢 摘出 痩せる。 無事退院しました!(^^) 胆石&胆のう摘出手術日記

[mixi]胆嚢摘出後体重減少された方いますか?

胆嚢 摘出 痩せる

昨日、無事退院しました。 まだ手術の傷口が痛むので今週は自宅静養です。 実はもう少し早く退院しようと思えば出来たんですけど、 居心地の良い病院だったのでお願いして退院を遅らせちゃいました。 医療保険で入院1日につき約1万円もらえるしね。 こんなのがお腹の中に入ってたらそりゃ痛いですよね。 あまりの痛さに救急車を呼んじゃったくらいですから。。 てっきり不摂生が原因のコレステロール結石が出てくるもんだと思っていたんだけどな? 油っこい食べ物が大好きだしお酒もほとんど毎日飲んでたしね。 気持ちの悪い石ですけど、不摂生な生活を見直すためのお守りとして大事にします。 【自分MEMO】 2006年~2011年 健康診断の腹部エコーで8mmの胆石が見つかる。 年々成長して15mmの胆石に成長。 胆石があるだけですぐにどーこうなる事では無いので毎年の検診で経過観察することに。 2011年3月14日 夜中に胃の辺りが鈍痛、しばらくして激痛!全然痛みが治まらないので救急車で病院に。 診断結果は胆石が原因の胆のう発作。 病院について数時間で痛みが治まった。 すぐに手術の必要は無いが次に発作が起きたら手術をした方が良いとのこと。 4月~5月 すっかり胆石の事を忘れて暴飲暴食の日々。 (2~3日に1回位の頻度) 2時間くらい我慢すれば痛みが治まるけど、そろそろ手術かなとあせり始める。。 6月14日(火) 入院1日目(手術前の検査) 激しい痛みの本格的な胆のう発作。 明け方になっても痛みが収まらないのでタクシーで病院へ。 さすがに観念して胆のう摘出手術をすることを決心した。 手術に備えてそのまま入院。 痛み止めの点滴をしながら手術前の各種検査をすることに。 各種誓約書にサイン(CTスキャン、MRI検査、麻酔、輸血、手術、不慮の事故などの同意書) 車いすに乗せられて院内グルグル(エコー、レントゲン、血液検査、肺機能検査、CTスキャン、MRI、尿検査など) 痛み止めが全然効かなくてずっとお腹が痛かったし、痛い検査もあったりして。。 入院中で一番忙しくて辛かった日です。 T 6月15日(水) 入院2日目 手術 前日から何も食べていないので浣腸無し。 (ホッ) 検査でも大きな異常は見つからなかったので4穴式の腹腔鏡下胆嚢摘出術での手術になった。 しかし手術が始まってお腹の中を見てみると炎症と癒着少々… 急遽5穴手術に切り替え。 開腹手術にならなくて良かった。 手術時間が倍以上の2時間強になったけど全身麻酔なので記憶無し。 手術後も意識朦朧&いろんな管が体中につながっていて身動きが取れないしで半分寝たきり状態。 (酸素マスク、点滴のパイプ、背中から痛み止めを入れるパイプ、おしっこのパイプ) 話は普通にしていたみたいだけど、実は麻酔が効いていたのかほとんど覚えていないです。 6月16日(木) 入院3日目 手術後1日 一晩経って術後の経過は順調!水分の補給OK&すぐに回復訓練を始めるってことです。 おしっこの管(尿道カテーテル)を取り外した時は思わず声が出た。 体を動かすほど傷の回復が早いらしい。 夕食から食事が出来るようなった。 最初なので三分がゆからスタート。 6月17日(金) 入院4日目 手術後2日 お腹の中の様子を調べるためにお腹から飛び出していた腹腔ドレーンチューブを抜いた。 背中(脊髄?)に刺さっていた痛み止めの薬を入れるための管を外した。 これで5つ開けた穴の内1つが処置完了。 体につながっているパイプは点滴だけに。 昼食から普通食に切り替わる。 栄養補給の点滴が無くなるので、あとは感染症予防の抗生剤の点滴だけに。 6月18日(土) 入院5日目 手術後3日 点滴治療が終了。 腕の点滴用注射針も外されて晴れて自由の身に。 6月19日(日)~6月21日(火) 入院6,7,8日目 手術後4,5,6日 血液検査の結果でも感染症などの心配もなく経過順調。 傷口が痛む以外はシャワーOK、食事制限も何も無し! 読書とテレビと看護婦さんと楽しいおしゃべりで一日が過ぎていく平和な日々。 6月22日(水) 入院9日目 手術後7日 退院 朝の回診で3ヶ所抜糸。 (これで合計4ヶ所抜糸済み、残り1ヶ所が未抜糸) おへその下の傷口は抜糸したのはいいけれど、パックリ割れてピンク色の断面が見る。 先生はこのままで大丈夫だって言うけれど気持ち悪くて傷口を直視出来ない。 お昼前に無事退院。 6月23日 自宅療養中。 真ん中上の抜糸してない傷口が朝からズキズキ痛む。。 もう少し入院してれば良かったかな。

次の

胆石手術は若いうちに!高齢者では難しくなる胆嚢炎の対処5つの理由

胆嚢 摘出 痩せる

診療科・部門• おなかを切らずに手術する胆のう摘出術 手術といえば、身体にメスを入れなければならないし、内臓の手術となると少なくとも2、3週間の入院が必要というのが一般的なイメージです。 ところが最近では、おなかを開かずに手術を行うことができる腹腔鏡 内視鏡の一種 下での手術法が開発され、患者にとって大きな福音となっています。 これは、腹部に小さな穴を開けて腹腔鏡を入れ、テレビモニターを見ながら手術を行う方法で、現在最も広く実施されているのが胆のう摘出術です。 傷口が小さく痛みも少ない安全性の高い術法 胆石や胆のうポリープなどの胆のうの病気はわりに身近な病気で、胆のう摘出術は、一般病院での手術数としては3番目くらいに多いといわれています。 とくに胆石の場合、薬で溶かす内科的な療法や、超音波によって破砕する療法などさまざまな方法がありますが、最も確実な治療法は胆のう摘出術だといわれています。 石ができている胆のうはすでにその働きが失われているので、再発を繰り返す原因となる胆のうを残しておく必要はないわけで、つまり病気の臓器は摘出するという単純明快な理屈のうえに成り立っているのが胆のう摘出術です。 胆のう摘出術には約100年の歴史があり、安全性の高い術法が完成されていますが、さらに痛みも少なく傷口も小さい術法として新たに開発されたのが、今回紹介する腹腔鏡下で行う術法です。 術後5日で普段の生活に復帰できます。 篠崎伸明先生のコメント 湘南鎌倉総合病院の一般外科では、1991年4月から、腹腔鏡下の胆のう摘出術に本格的な取り組みを始めました。 「すでに当院では1000人以上の患者さんが、腹腔鏡下の胆のう摘出術を受けています。 従来の開腹術では、短くても10日から14日の入院が必要でしたが、腹腔鏡下の手術では、ほとんどの場合、手術の翌日には退院できます。 この手術では、入院するのが前の日ですから、2泊3日ですむというわけです。 金曜日に仕事が終ってから入院、土曜日に手術を受けて日曜日に退院。 月曜日から平常どおりに出社するという患者さんもいるほどです。 普段の生活に戻れるまでの回復期間も、開腹術の場合だと4~6週間くらいかかるが、腹腔鏡下での手術は5日くらいですむということです。 手術に要する時間は約1時間。 全身麻酔を行い、腹部に直径約1cmの穴を2つ、約5mmの穴を2つ開け、そこから腹腔鏡、鉗子、レーザーメスなどを挿入。 腹腔鏡と結んだテレビモニターの画面を見ながら、レーザーメスを使って胆のうを摘出する。 切除をした胆のうは穴から取り出すので、大きく皮膚を切ったり、筋肉を切断したりしなくてもすむために、手術後の痛みも少なく回復も早いのです。 また、入院日数も平均2. 6日と短いので 表 、患者にとっては時間と費用の負担が軽くすむというメリットがあります。 まさに、患者側からすれば願ってもない術法といえます。 患者に好ましい技術革新は病院にもメリット大 とはいうものの、患者にとって好ましいものが病院側にとって好ましいとは限りません。 病院経営が難しくなっているといわれる昨今、入院日数が少なくなるということは、かなり経済的な痛手になるのではないのかといわれることもあります。 この点について、篠崎先生は、 「ベッドの回転が早くなるということは、病院にとってさまざまなメリットがあります。 まず、ベッドの回転が早くなれば1ベッド当たりの月間売上高が増えますから、経営にとっては好ましい結果を生み出すのです。 また、長く入院している患者さんが少なくなることは、看護婦の負担を軽くすることにつながり、看護婦不足にも対応できるというメリットがあります。 さらに、院内感染の減少ももたらします。 3日、月間入院売上高は約610万点となっており、月間入院売上高は約2倍に増えています。 98年は、外科病床数55、年間手術件数2000例、平均在院日数7. 8日、 月間入院売上約1000万点となっています。 患者にとって好ましい技術革新は、病院にとってもさまざまなメリットを生み出すことが証明されたわけです。 自然気胸や卵巣のう腫、子宮筋腫などの手術にも応用できます。 腹腔鏡下での手術は、胃切除、大腸切除、虫垂切除のほか、自然気胸、総胆管結石症、胸壁瘢痕ヘルニア、腸閉塞症、卵巣のう腫、子宮筋腫などの手術にも応用可能である。 湘南鎌倉総合病院では、さまざまな病気に対し腹腔鏡下での手術が試みられているが、いずれも良い成績を上げています。 腹腔鏡下での手術の可能性をさらに考えていくと、 「日帰り手術センター」という構想にもつながると篠崎先生は話しています。 「欧米では腹腔鏡下での手術の場合、手術後すぐに退院できるケースがかなりあります。 すでに湘南鎌倉総合病院では、日帰り手術センターが実現しました。

次の

胆のう摘出後の後遺症はどのような症状があるか? 手術後の正しい生活とは?

胆嚢 摘出 痩せる

こんにちは。 胆嚢摘出手術後の体調の変化と、注意点についてお答えします。 胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術は多くの病院で実施されている手術ですが、胆嚢摘出後の食生活についての注意点は、あまり知られていないようです。 ここで詳しくお伝えさせていただきたいと思います。 その前に、胆嚢の機能について少し誤解があるようなので、そこから説明します。 質問者さんは「胆嚢を取ってしまうと胆汁が出なくなる」と言われていますが、これは少し違います。 胆嚢の役割はあくまで 胆汁を貯めておくだけで、胆汁を作ってはいません。 胆嚢は空腹時に胆汁を貯めておき、貯めていた胆汁を食後に 十二指腸に放出する役割をしています。 では、胆汁はどこで作られるのでしょうか? 胆汁は肝臓で生成されます。 ですから、胆嚢を摘出しても胆汁は変わらず生成されるのです。 胆嚢を摘出すると胆汁が作られなくなるのではないかと誤解されている方も少なくありません。 ですので、まずはその誤解を解いてあげてください。 胆嚢摘出術により胆嚢を取っても、胆汁が出なくなることはありません。 次に、胆汁の役割についてお話させていただきます。 胆汁の働きには、 脂肪を吸収するという役割があります。 胆汁に含まれる胆汁酸が、脂肪の分解や吸収を助け、脂肪の吸収を促進させます。 では本題の、胆嚢摘出後の体調の変化と食生活における注意点について説明します。 先ほど説明した通り、胆嚢を摘出しても胆汁は変わらず肝臓で作られるので、胆汁がまったく出なくなってしまうような障害は起こりません。 ただ、胆嚢で貯蔵しておいた胆汁を、 食事のタイミングで十二指腸に放出できなくなるという違いが出てきます。 胆嚢を摘出することで、「脂肪の消化吸収の障害が起こるのではないか?」「脂っぽい食事を控えたほうが良いのではないか?」と心配する声が聞かれるのはこのためです。 では本当に、胆嚢摘出後に、消化吸収の低下が起こるのでしょうか?このことについては、はっきりとした研究結果が出されていません。 しかし、胆石症の患者さんの胆嚢は、もともと 胆嚢収縮機能が低下していると言われています。 つまり、胆嚢を摘出する前から食事のタイミングで胆汁をきちんと放出できていなかった可能性があるということです。 そのため、胆嚢を摘出しても消化吸収にあまり変化が起こらないと思われます。 また胆嚢摘出後は、肝臓での胆汁の生成が多くなり胆汁の量が保たれて、脂質などの消化吸収障害は起こらないとされています。 よほど脂肪分の高い食事を摂らない限り、術前と同じ食生活でも問題はないということです。 しかし実際には、胆嚢摘出後に便が軟便になってしまう方や、下痢が多くなる方を見かけます。 この原因は術後の腸内細菌の変化などであると考えられており、消化吸収障害ではありません。 このように、胆嚢摘出後も術前の食生活と大きな変化を起こすことはありません。 最後に、中には「胆嚢に結石ができたなら、胆嚢を取らずに中の結石だけとれば良いのではないか?」と言われる患者さんもいらっしゃいます。 これは説明したように、胆嚢に結石ができた原因には胆嚢収縮機能低下が関連しているので、結石だけ摘出しても再発してしまいます。 胆嚢を摘出しても食生活に変化は起こらないから大丈夫だということを看護師から患者さんへ説明し、安心していただいてください。 おわりに.

次の