ラーメン チャーシュー 作り方。 大勝軒のレシピで自作チャーシュー|作り方簡単でプロの味!アレンジ方法も紹介

何度も作ってコツ発見! 我が家の秘伝チャーシューレシピ

ラーメン チャーシュー 作り方

ラーメン屋で実際に作っているチャーシューのレシピを元に、家庭でも作れるチャーシューのレシピを紹介しています。 プロの作り方を参考においしいチャーシューを作るコツなどを説明していきます。 チャーシュー作りの豆知識もあります。 レシピ・作り方 ラーメンに入れるチャーシューの基本的なレシピを紹介します。 実際にラーメン屋さんで作られているレシピです。 自宅でチャーシューを作る時の参考にしてみてください。 材料として用意するものは豚バラ肉塊 半身ブロック・約1㎏。 チャーシューのタレ用の調味料に醤油 500㏄ とみりん 750㏄ を使います。 ほかに肉を縛るタコ糸を用意します。 タコ糸は太い方が良いので10号ほどのものがあると良いです。 それでは作り方です。 まずは豚肉の処理を行います。 半身ブロック肉は前後2分の1に切り分けます。 このとき脂身が均一に入っていないところがあれば取り除いておきましょう。 切り分けたバラ肉は折りたたみ、上下の端肉は切り落とします。 お肉を巻いた時に全体の太さが均一になるように前後左右を切り揃えておきます。 次に肉をタコ糸で巻きます。 この工程は肉の煮崩れ防止の意味があります。 タコ糸を巻く時は中心を縛ってから前後左右に糸を巻き付けていきます。 きっちりと最後まで力を入れて縛ってください。 巻き終えたら両端からはみ出した肉を切り落として成型します。 これで煮込む前の下準備は終わりです。 豚肉は寸胴鍋 家で作るなら普通の鍋でも にいれて、ラーメン用のスープで煮込みます。 およそ2時間。 お肉を煮こんでいる間、スープは沸騰させないようにします。 火が通る前のお肉は鍋の底に沈んでいますが、肉に火が通ると自然と浮かんでくるので、ここで火の通りを確認します。 一度取り出してから、肉の中心に竹串などを刺します。 火が通っていれば透明な肉汁が出てきます。 赤い汁が出てきたら、まだ十分に火が通っていないので、もう少し煮込んでください。 火が通ったお肉はスープの入った鍋から取り出して、味付け用のチャーシューのタレに素早く移します。 ラーメン屋ではこのたれは継ぎ足し継ぎ足しで利用されていて肉の旨みが溶け込んでいる、いわゆる秘伝のタレを使っていることも多いです。 チャーシュータレはお鍋に醤油とみりんを入れたものを沸騰させてアルコールを飛ばします。 10分ほど煮込めば大丈夫です。 ラーメン屋ではチャーシューの仕込みで減った分を継ぎ足しながら使います。 継ぎ足していく内に味にまろやかさやでて旨みが増します。 タレの入った鍋に肉を移したら、ひたひたに浸かるようにして10分ほど弱火にかけます。 火を止めたら蓋をして、ゆっくり冷ましながら寝かしておきます。 味が良く染み込むように一晩は置いた方がよいでしょう。 じっくり寝かせたらチャーシューの完成。 あとはタコ糸を外して終わりです。 いかがでしたか。 ラーメン屋さんが作っている煮豚のレシピをご紹介しました。 家でチャーシューを作る時の参考にしてみてください。 おいしくなるコツと豆知識 ラーメンチャーシューの基本の作り方を紹介しました。 実際にラーメン屋さんで作られているレシピを元に、自宅でもおいしく作れるコツや、チャーシューの作り方の豆知識も紹介します。 まずは使う豚肉について。 豚肉は冷凍していないものを使うようにしましょう。 冷凍肉は硬くなりやすいです。 バラ肉はお店によっては最初からロールに巻いてあるものもあります。 タコ糸でうまく巻けないのであればこれを使っても良いです。 ただ脂身が均一に入ったワンランク上のチャーシューを作ろうと思ったら、ブロックを1本買ってしまうのがおススメです。 切り落とした端肉は別の料理にも使えますし、ブロック肉から質の良い部分を切り出して作ると、よりおいしいチャーシューが作れます。 お肉を煮こむ時、ラーメン屋では出汁をとったラーメンスープで煮込んでいましたが、自宅で作る時にお肉を柔らかく煮込むポイントを紹介します。 タコ糸を巻き終えたお肉はフォークなどで穴をあけておきます。 大き目の鍋にお肉を入れて、一緒にくさみ取りのための生姜やにんにく、ネギの青い部分などを入れます。 生姜やニンニクは1かけらほど、ネギは10cm程度のものがあれば良いです。 ほかにも冷蔵庫に余っている野菜の切れ端などを加えると出汁が出るのでおいしくなります。 お肉と野菜を入れた鍋に、肉がひたひたに浸るほどの水を入れて火にかけます。 これで2時間~3時間ほど弱火にかけてコトコトと煮込んでください。 途中ででるアクはていねいに取ります。 煮込んだらレシピと同じようにチャーシュータレに漬け込んで味を付けます。 チャーシューをおいしくするために欠かせないのは、味を付けた後の寝かせる行程です。 冷めていく過程で味が染み込むので、タレにチャーシューが浸かっている状態で、じっくりと寝かせます。 密閉袋などに移して冷蔵庫にいれて寝かせても大丈夫です。 保存する時はタレに漬けて冷蔵庫にいれておけば数日大丈夫です。 チャーシューを食べる時は温める前に、冷えたままで切り分けるとキレイに切ることができます。 さらに保存は冷凍保存も可能。 使いやすいサイズに切って、汁ごと密閉袋にいれて冷凍しておきます。 汁ごと冷凍しておいたほうが、解凍した時のパサつきを防ぐことができます。 いかがでしたでしょうか。 ラーメン屋のチャーシューというと一見難しそうですが、お肉をタコ糸で縛る以外は難しい行程もないですし、材料や調味料も普通に家庭で揃うもので作れます。 保存もききますし、一度作ってみてはどうでしょうか。

次の

自家製チャーシューの作り方【#002】How to make “CHAR SIU (Chashu)”|ラーメンクッキングチャンネルのブログ

ラーメン チャーシュー 作り方

ラーメン屋のチャーシューの作り方 材料 ・豚バラ肉 600g ・にんじん 1本 ・たまねぎ 1個 ・ニンニク 1個(1かけではない) ・醤油 750mL(ボトル1本)(今回は減塩醤油を使ってみました) ・酒 150mL 作り方 豚肉は半分に切り、二つに折ります。 そこをたこ糸でかなりきつく縛っていきます。 縛り終えたら、それを他の糸の中にしまいこみ、縛らなくてもほどけないようにします。 こうすることで、糸を外すときかなり楽に外せます。 にんじんは、良く洗い皮のまま、3cm間隔にカットします。 最後に取り出すので、小さく切りすぎると面倒です。 たまねぎは皮を剝き、大きめにカットします。 ニンニクは皮のまま、横から半分にカットします。 こうすることで、あまりバラバラになりづらく、取り出しやすいです。 鍋の中に、醤油と酒を入れ強火にかけます。 沸騰したら豚肉と野菜を投入します。 火加減ですが、弱火から中火にしてコトコトと野菜達が少し踊るほどにします。 ボコボコとなっていると、強すぎます。 そして、1時間半ほど煮込みます。 フタはしません。 1時間半煮込んだら、すぐにお肉を取り出し冷まします。 煮込んでいた野菜達は、トングや網ですくい捨ててしまいます。 すぐに食べたいところですが、あついと煮崩れしやすいのであら熱を取り冷蔵庫へ入れ寝かします。 翌日、ひもを外し薄くスライスしたのがこちら。 これだけだと物足りないので、バーナーであぶってみました。 鍋のほうは、一面にラードがはっているので丁寧にすくいタッパで保管します。 煮汁は、1本使用した醤油瓶の中に詰めます。 これは、ラーメンのかえしにもなりますし、チャーハンやスープなどにも有用に使えます。 また、これに醤油をつぎ足しチャーシューを再度つくることで、よりうま味が凝縮されるらしいです。 市販のラーメンに載せて完成! う、うまい。 うますぎる。 そして、ちゃんと出来ているという感動が半端ない! スポンサーリンク 激うまチャーハンへの変貌 みなさんそれぞれに、普段作っているチャーハンのレシピがあると思います。 そのレシピの油を、このラードに。 そして、そのレシピの醤油を、この煮汁にしてみてください。 もちろん、チャーシューはこの端っこの部分を使いましょう。 完成したのが、こちら。 まだまだ!手作りラーメンを作る。 チャーシューの煮汁は、ラーメンのかえしになるらしい。 でも、前回作ったときは市販のラーメンだったので、かえしを使う場面はありませんでした。 かえしをつかうとしたら、スープも作らなければなりません。 けど、鶏ガラを煮たり、色々するのはちょっと面倒。 ということで、手持ちの無添加出汁の素を組み合わせてラーメンを作っていきます! 材料 ・チャーシューの煮汁 大さじ2杯 ・カツオの出汁の素(塩分無添加) 大さじ1 ・いりこの出汁の素(塩分無添加) 小さじ1 ・鶏だし(塩分無添加) 大さじ1 ・塩 1つまみ ・鶏皮 1パック ・長ネギの青いところ 1本 ・市販の麺 ・お湯 250mL ・半熟卵 ・長ネギ 白い部分 薄切りにしたもの 少し ・チャーシュー 今回、使用している出汁の素はこちらを使用してます。 塩分が含まれていないので、すごく使いやすいです。 作り方 まず、フライパンを熱して、鶏皮と長ネギの青い部分を炒めていきます。 火加減は中火で十分です。 青ネギは焦げてきたら取り出し、鶏皮も全体的に焼けたら取り出します。 そうすると、フライパンの中にたくさんの油が出ていると思います。 鶏油であり、ネギ油でもある、香りたっぷりの油です。 どんぶりに、先ほどの油大さじ1と、調味料達を加えていきます。 ここにお湯250mLを加えてしっかりと混ぜます。 ゆでた麺を加え、半熟卵、チャーシュー、長ネギを添えたら完成です。 これがめちゃくちゃ美味しい!!! 今回は魚介系スープにしましたが、鶏でとった出汁があればなおさら美味しそうです。 まとめ はじめは、チャーシューを作るときに、え?こんなに醤油使うの?という感じでしたが、こんなに有効活用できるんであったら、もっと早く作れば良かったという感じです。 スポンサーリンク.

次の

自家製チャーシューの作り方【#002】How to make “CHAR SIU (Chashu)”|ラーメンクッキングチャンネルのブログ

ラーメン チャーシュー 作り方

チャーシューの作り方って、難しいと思っていませんか? 実はチャーシューを自作するのは、レシピなんていらないくらい簡単です。 でも本当に美味しいんですよ?) 大勝軒のレシピの良いところは 塊の豚肉だったら、好きな部位を使ってOKな作り方ということ。 大勝軒は全国にのれん分けしたお店がありますが、八王子市内にも加盟店があります。 よりプロの味に近づけたい方は、一度実際の大勝軒に足を運んでみた方が再現性が高くできますね。 豚肩ロース お好みでバラ肉・モモ肉でもOK …780g• 醤油…適量• 日本酒…80㏄• しょうが…適量• 長ネギの青い部分があれば、それを使ってくださいね。 みりん=素材を引き締める作用• お酒=素材を柔らかくする作用 と似ているようで、真逆の作用をするみりんとお酒なので、その他の調理をする場合にも覚えておくと良いですね。 チャーシューの作り方 1:鍋に材料を全て入れて、強火にかける まずは、 常温に戻した豚肉を、半分に切ってお鍋に入れます。 冷蔵庫から出したばかりのお肉だと、あくがたくさん出てしまうので、チャーシューを作り始める30分前くらい前には、冷蔵庫から出しておくのがおすすめ。 そのままの大きさで鍋に入るなら、切る必要はありません。 ただ、小さなお鍋の方が、使う調味料が少なくて済みます。 参考にした大勝軒のレシピでは、お肉の量の3倍という、かなり大量の醤油を必要とします。 大勝軒のレシピでも、 お肉は半分お醤油につかればOKと言うことになってます。 お肉の上に小ねぎと、生姜をのせて、強火にかけます。 はちこは生姜を細切りにして冷凍保存しているので、写真のようになってますが、洗った生姜を皮つきのまま5ミリ幅程度にスライスしたものを使えば大丈夫です。 2:ふたをして、弱火で30分煮る レシピでは、蓋をしてから強火にかけるとなっていますが、その場合は必ずコンロのそばで見張っていてください。 吹きこぼれる確率が、かなり高くなります。 はっきり言って、これだけ濃いお醤油を吹きこぼしたら、後片付けはかなり面倒なものになります。 その時点で、簡単でも何でもないレシピになること間違いなし。 あくをすくう必要もないと書かれていたので、はちこはブクブクと沸騰してから、ふたをしました。 ふたをしたら、弱火にして30分煮ます。 3:お肉をひっくり返し、もう30分煮る 30分煮たら、お肉をひっくり返して、もう30分煮ます。 お醤油をいっぱい使って、お肉が浸っている場合は、そのまま30分追加で煮てください。 4:火を止めて、冷ます 煮物は冷ましている間に味がしみこむので、火を止めて、10分~15分ほど放置します。 熱々だと、柔らかすぎて切りにくいですし、肉汁も出てきてしまいます。 手もやけどする危険があるので、出来立てを切るのではなく、しっかり放置する時間をとってみてください。 — 2018年 6月月26日午後8時22分PDT でも、やっぱり作った日に食べたくなりますよね。 この日はチャーシュー丼にしてみました🍚 スライスして、タレをかけたら絶品でしたよ🤤 醤油タレを使い切るべし このチャーシュー、作った後に残ったタレがまた使えるんです! 飯通で紹介されていたように、冷奴にかけるのも良かったですし 翌日に浮いた脂も捨てずにチャーハンに使ったりすると、お肉の旨味がうつったタレなので、一段と美味しく仕上がります。 一緒に煮た、生姜の千切りと小ねぎもしっかりいただきました。 残ったタレに、お醤油と日本酒をつぎ足して使うことで、どんどんタレが美味しくなるのですが、使い切ってしまうことも多いです。 大勝軒のレシピを知ったきっかけを作ってくれた、インスタグラムのフォロワーは、煮汁をベースにラーメンスープをつくったりもしているそうですよ。 チャーシューの作り方アレンジ方法 この作り方を覚えておくと、いろいろアレンジがききます。 ほんとうにおすすめなので、みなさんもぜひマスターして、プロ顔負けのチャーシューを作ってみて下さいね。

次の