カフェ ハイチ 新宿。 新宿サブナードおすすめカフェBEST5

カフェハイチは新宿にまだある

カフェ ハイチ 新宿

一時は新宿本店・二号店と、飯田橋他各地に暖簾分けで展開していたハイチ。 「現地の人ですら飲んだどこころか見たこともないという幻のコーヒー・ハイチコーヒー」と、ツッコミどころ満載のプラスチックプレートが飾ってあり、初めての友人を連れて行く度に笑いのネタにしていたのですが、2016年2月に最後に残った新宿二号店も閉店しました。 元・本店は、今はタマル商店という居酒屋になっています。 ここが、イイ。 最初は「ハイチを潰した(言いがかり)のはコイツか?!」と乗り込んで行ったのですが、今ではすっかり常連になってしまいました。 これは別のお話で。 二号店閉店でついにあの独特のドライカレーを食うチャンスは無くなったかと悲しみましたが、一念発起。 再現してみました。 ところが現在は中野・丸井裏に「カフェ・ハイチ」として移転オープンしています。 ラグ・デ・ベフとか、無くなっちゃったメニューもありますけどね。 作り方については、新店のスタッフにもなるべく詳しく確認してきました。 分量等のレシピまでは教えてくれませんでしたが、ほぼ近いところまでいけたと思います。 合い挽き 300g• タマネギ 3個• にんじん 1本• セロリ 1本• ニンニク 2かけ• 生姜 1かけ• トマト水煮缶 1缶• ホールスパイス:シナモン・カルダモン・クローブ・鷹の爪 各少々• パウダースパイス:ターメリック(ウコン)・シナモン・カルダモン・パプリカ・クミン・チリペッパー 各小さじ2• オリーブオイル 大さじ2• 塩・胡椒 適量• パセリ 飾り用に適量 作り方• タマネギは粗めのみじん切りにします。 にんじん・セロリ・ニンニク・生姜はすりおろします。 冷たいフライパンにホールスパイスを入れ、オリーブオイルを回しがけて弱火から中火で香りを出します。 ホールスパイスを取り除き、タマネギをしっかりと炒めます。 飴色にならなくても、全体が透き通ればOKです。 焦がさないように注意!• にんじん・セロリ・ニンニク・生姜を加えて炒め、水分を飛ばします。 合い挽き肉を加えて全体をよくかき混ぜながら炒め、しっかりと火を通します。 塩・胡椒少々を加えて全体に馴染ませます。 トマト水煮を手で潰しながら加えて混ぜ、ターメリックを入れて水100cc程度を加えて煮込みます。 全体が馴染み、水気が参考写真(最下段)程度になったらパウダースパイスを入れて全体に馴染ませます。 味見して、塩・胡椒で味を調えます。 ポイント• お店のスタッフに「野菜3:肉1」と聞きました。 そこまで野菜が多いとは!野菜の旨味・甘みがハイチの味だと思います。 新宿サブナード店・センタービル店でも食べましたが味がかなり違いました。 それぞれ美味しいけれどサブナードはスパイスが効いている・センタービルは辛めでした。 「こんなに野菜が甘いのか!?」というぐらいがちょうど、です。 ピリっとした辛さを目指します。 食べた瞬間は甘さが際立ちます。 オイルは「サラダ油」と効きましたが、私が好きではないのでオリーブオイルにしています。 ホールスパイスは香り出し用、パウダースパイスは色や味用です。 パウダースパイスはそれぞれ香りが違います。 いわゆる 「カレーの香り」はクミンが担当しています。 カルダモンがサブですね。 ターメリックとパプリカは色と、少々の香り、チリペッパーが辛さを担います。 パウダースパイスの量は適宜調整してください。 小さじ2はだいたいの目安です。 入れすぎても大きく味が崩れることはありません。 「絶妙の香り」は材料の大きさや水分量によって変わるので、「これで絶対!」という量はありません。 ターメリック以外のパウダースパイスは、煮込みすぎると香りが飛ぶのでなるべく最後に加えます。 スパイスはカルディで買えば一袋100〜200円です。 スーパーで売っている瓶のヤツだと、かなり高い買い物になってしまいます。 ひとこと 実は最初は鶏挽肉で作って、かなり近い味まで生きましたが「何かが違う??」と思っていました。 インドカレーじゃ合い挽きは使わないですものね。 作っては食べ、中野に食べに行っては修正を繰り返しています。 お店はたいへん目立たない場所にあります。 袖看板も無いため、目の前に立つまでどこにあるのか不安になるほどです。 店内は二号店よりも本店のイメージを強く残しています。 こちらは中野「カフェ・ハイチ」の本物。 パセリはドライを使っていますね。 必ず、福神漬けを添えましょう!.

次の

カフェ・ハイチ新宿二号店 閉店の報を聞き駆けつける

カフェ ハイチ 新宿

Contents• 新宿本店は閉店・跡にできたのがタマル商店 「30年近くも通った大好きなハイチを乗っ取った(言いがかりw)のはどこのどいつだ!?」と、新宿西口・甲州街道沿い・ヤマダ電機(元ソフマップ)裏・プロント隣地下のタマル商店に初めて入ったのが数年前。 当時はガラガラでしたが、今は予約でもしないと「ポチさん、今日はいっぱい、ごめん〜(だいたいどこの店でも顔を覚えられる/下手すると電話の声で「ポチさん?」と言われる)」なんて言われる繁盛店になりました。 カフェ・ハイチはすぐそばに2号店もありますが、まあそれでも本店ほど頻繁に行くことは無く。 ふと「おうちで作ってみよ〜」と思い立ちました。 レシピを検索したけれどそんなものは公開されていないので、自分の舌と勘が頼りです。 割とカラッとしている。 辛さは控えめ。 けっこう甘い。 基本的にキーマカレー。 たぶん野菜が多い。 ゴロッとした具は入っていない。 後は想像です。 タマネギ1個• 鶏挽肉300g• トマト缶半分• ホールスパイス(カルダモン・粒胡椒・コリアンダー等、うちにあった物)• パウダースパイス(ターメリック・パプリカ・シナモン・ジンジャー等、うちにあった物)• 三つ葉(ジャパニーズハーブで/本来は何かのハーブ・不明)• オリーブオイル50ccぐらい• 生姜半かけ• ニンニク2かけ• ジャム小さじ山盛り2• ウェイパー少々 作り方 基本的にインドカレーです。 ホールスパイスを冷たいオリーブエイルに入れて火にかけ香りを出す。 本当は最後まで入れっぱなしだけど、食べる時に邪魔なので香りが出たら茶こしで取り出しても良し。 タマネギをみじん切りにして炒める。 鶏挽肉をほぐしながら炒める。 トマトをつぶしながら加え炒め煮にする。 基本的にずっと強火。 三つ葉をみじん切りにして加える。 ハーブは後で気づいたので、冷蔵庫にあった三つ葉で代用。 本当は何を入れたら一番かな?今後研究。 生姜とニンニクはミキサーでペーストにして加える。 ウェイパー、ジャムを加える。 塩で下味程度に入れて煮込む。 水分を飛ばしながら焦げないように20分ぐらい。 パウダースパイスを入れる。 塩味を調整。 チリペッパーで辛みを調整。 ご飯を丸く台形に盛り、上から• なるべく平たくカレーをよそう。 感想 肉多すぎ!野菜もっと入れなきゃ。 インドカレーの香りは鮮烈すぎた。 本家はもっと穏やかな香りだな? にんじんのすりおろし・セロリのみじん切りを入れるべきでした。 想像以上に野菜が必要です。 野菜3:肉2ぐらいだと思います。 今回は1:1ぐらい。 トマトはもう少し少なくて良いかもしれません。 トマトが勝って、いかにもインドカレーっぽくなってしまいました。 見た目としては、パセリも必須。 カフェ・ハイチそっくりにはならなかったけど、とても美味しかったです。 例年の反省を(やっと)活かして、大きなデイパックを背負っていきます。 ビジネスタイムから入るので、最速レポートします。

次の

新宿ランチ♪ドライカレーならココ!カフェハイチに行ってきました☆彡

カフェ ハイチ 新宿

blog. fc2. 松宏彰さんも中野店について、Twitterでつぶやいてらっしゃいますね! 「カフェハイチ、中野にて復活!」 創業1974年。 東京を代表するドライカレーのお店として、数々のカレー屋に影響を与えてきた新宿「カフェハイチ」。 新宿西口にある本店が惜しまれつつ閉店したのが、2011年10月25日。... ブランデー?! 🥃 飲めないくせにせっかくだからと数滴... gnavi. スパイスのバランスが絶妙でぎゅぎゅっと凝縮された旨味が深みを出していて、本当に美味しいです。 そして、ちょっと懐かしい味がするのもカフェハイチのドライカレーの特徴です。 パンチ系ではなく優しい味わいなので、スパイシーなのに癒されるんですよね~ 大好きなドライカレーです! スポンサーリンク 吉祥寺「カレーハウスゴッド」の雪山カレーにビックリ! ビジュアルでインパクトなのは、「カレーハウスゴッド」の チーズドライキーマカレーです。 カレーハウスゴッドは吉祥寺サンロードにある焼肉屋「炭きち」が、昼間だけカレー屋さんになるという変わったお店です。 ランチしか食べられないので、吉祥寺では 幻のカレー店と言われているそうです。 まるで雪山のようにチーズがたっぷりかかった「チーズドライキーマカレー」は一番人気です。 吉祥寺で見つけた、ランチタイム限定のカレー店「カレーハウスゴッド」。 人気メニューの「チーズドライキーマカレー」は雪山のようにこんもりとかかったすりおろしチーズが食欲をそそります。 カレーは少し辛めなので卵を崩して、ドライカレー・チーズ・ライスを一緒に食べるとマイルドな味わいになります。 カレーハウスゴッドは、「チーズドライキーマカレー」以外にも色々なカレーメニューがあります。 O15:30 定休日: 月曜日 電話:080-8809-6150 ランチタイムしかやっていないので、行く際はご注意下さいね! 美味しいのはもちろんですが、インスタ映えすること間違いなしのカレーです。 もともとはバーでしたがカレーが美味しいと評判になり、現在はランチタイムも営業しています。 キーマカレーはこだわりの国産の合い挽きと数十種類のスパイスを配合しています。 チーズキーマカレーが定番で人気です。 渋谷区の千駄ヶ谷と明治神宮前の間にあるカレー屋『MOKUBAZA』のチーズキーマカレー キーマカレーを濃厚なモッツァレラチーズで包んで更に卵黄が乗っていた。 チーズをかけていない通常のキーマカレーも美味い。 飲んだ後でも食べたくなる、体を労ってくれるような味だった。 それにしても美しいな — まつじ matsujun5213 今回のマツコの知らない世界では、ナッツカレーが紹介されていました。

次の