携帯 料金 比較。 携帯電話料金比較 3分で分かる携帯電話の料金を安くする方法

【2019年10月】ドコモ・au・ソフトバンク3大キャリアの携帯料金比較|モバシティ

携帯 料金 比較

目 次• 1【2019年】料金プランの仕組み いままでの携帯料金は料金プランと本体代金がセットになっており、本体の割引が料金プランから引かれるなど複雑でわかりにくいと言われていました。 なので、わかりやすくするために10月に「分離プラン」が登場し、 セットになっていた料金プランと本体代金は切り離される形に。 さらに、「基本料金とウェブ使用料がそれぞれいくらで~」と 細分化されていた内容は一つの料金プランにまとまりました。 まとまった料金プランの中身は以下のようになります。 基本料金(電話を使うための基本料)• ウェブ使用料(インターネットやメールを使うための料金)• 本体代金に対する割引は無くなった 本体代金に関しては3キャリアともに高くなります。 以前は、本体を買うと24か月割引が入る、いわゆる「実質〇円」方式でした。 現在は割引が無くなってしまい、10万円以上する本体は買いづらくなっています。 2各キャリアの料金プラン比較表 ここでは実際に3キャリアの料金プランを比較しながら見ていきます。 基本的に料金プランは以下の2パターンになっています。 基本的にdocomoとソフトバンクは「定額制」と「段階制」のシンプルな作りですが、 auはかなりややこしい作りです。 以下の記事でauの料金プランの内容をわかりやすく解説しているので気になる方は確認してみてください。 関連記事 『』 2年契約の割引額と解除料が変更された 2019年10月以前は2年契約を3キャリアで組むと料金プランから1,500円引きされていました。 そのかわり、2年以内に解約などをすると解除料が9500円かかる仕組みでした。 10月以降、この2年契約の割引金額と解除料が3キャリアで以下のように変更になっています。 キャリア 2年契約時の割引額 解除料 補足 docomo -170円 1,000円 なし au -170円 1,000円 なし ソフトバンク なし なし 契約期間・解除料 共に廃止 この変更の対象者ですが、docomoだけ少しややこしいですので注意です。 もし、10月以前に2年契約をしてしまっている場合は次の更新月を待たないといけない。 通話定額オプションも料金プランと別になった 以前だと通話定額オプションは基本料金に含まれる形になっていましたが、現在は通話定額オプションも別々になっています。 通話定額オプションは各キャリアともに基本的に以下の2つです。 5分以内の国内通話料が無料。 5分以上かける場合は30秒あたり20円。 24時間国内通話料が無料。 では各キャリアの通話定額オプションを見ていきましょう。 基本的に全キャリア共通で3つです。 決まった期間中だけ入る割引• 家族の人数によって入る割引• フレッツ光などの固定回線と携帯回線をセットにすることで入る割引 わかりやすく表にしていますので参考にしてください。 割引が入らない料金プランもあるので注意しましょう。 家族が4人以上の方はソフトバンクがおすすめです。 4まとめ ここまで各キャリアの料金プランをご紹介してきました。 新たに「分離プラン」が始まり、料金プランは比較しやすくなりましたね。 料金プラン・通話定額オプション・割引サービス・本体代金を単純に足していくだけで大体いくらになるかわかります。 ぜひ、自分に合ったプランを探してみてください。 ちなみにキャッシュバックはなくなったと言われていますが ウェブ代理店では引き続きやっています。 たとえば、当店「」ではソフトバンクへの携帯乗り換えで現金キャッシュバックをしています。 さらに、• 待ち時間なしで自宅で乗り換え可能(来店もある)• 「Xperia5」や最新のiPhoneなど豊富な在庫• 頭金5,000円~10,000円はかからない 見積りも簡単に出せるので是非一度ください。

次の

【月額料金を比較】格安スマホ会社5選|料金・速度・キャンペーンを調査!

携帯 料金 比較

目 次• 1【2019年】料金プランの仕組み いままでの携帯料金は料金プランと本体代金がセットになっており、本体の割引が料金プランから引かれるなど複雑でわかりにくいと言われていました。 なので、わかりやすくするために10月に「分離プラン」が登場し、 セットになっていた料金プランと本体代金は切り離される形に。 さらに、「基本料金とウェブ使用料がそれぞれいくらで~」と 細分化されていた内容は一つの料金プランにまとまりました。 まとまった料金プランの中身は以下のようになります。 基本料金(電話を使うための基本料)• ウェブ使用料(インターネットやメールを使うための料金)• 本体代金に対する割引は無くなった 本体代金に関しては3キャリアともに高くなります。 以前は、本体を買うと24か月割引が入る、いわゆる「実質〇円」方式でした。 現在は割引が無くなってしまい、10万円以上する本体は買いづらくなっています。 2各キャリアの料金プラン比較表 ここでは実際に3キャリアの料金プランを比較しながら見ていきます。 基本的に料金プランは以下の2パターンになっています。 基本的にdocomoとソフトバンクは「定額制」と「段階制」のシンプルな作りですが、 auはかなりややこしい作りです。 以下の記事でauの料金プランの内容をわかりやすく解説しているので気になる方は確認してみてください。 関連記事 『』 2年契約の割引額と解除料が変更された 2019年10月以前は2年契約を3キャリアで組むと料金プランから1,500円引きされていました。 そのかわり、2年以内に解約などをすると解除料が9500円かかる仕組みでした。 10月以降、この2年契約の割引金額と解除料が3キャリアで以下のように変更になっています。 キャリア 2年契約時の割引額 解除料 補足 docomo -170円 1,000円 なし au -170円 1,000円 なし ソフトバンク なし なし 契約期間・解除料 共に廃止 この変更の対象者ですが、docomoだけ少しややこしいですので注意です。 もし、10月以前に2年契約をしてしまっている場合は次の更新月を待たないといけない。 通話定額オプションも料金プランと別になった 以前だと通話定額オプションは基本料金に含まれる形になっていましたが、現在は通話定額オプションも別々になっています。 通話定額オプションは各キャリアともに基本的に以下の2つです。 5分以内の国内通話料が無料。 5分以上かける場合は30秒あたり20円。 24時間国内通話料が無料。 では各キャリアの通話定額オプションを見ていきましょう。 基本的に全キャリア共通で3つです。 決まった期間中だけ入る割引• 家族の人数によって入る割引• フレッツ光などの固定回線と携帯回線をセットにすることで入る割引 わかりやすく表にしていますので参考にしてください。 割引が入らない料金プランもあるので注意しましょう。 家族が4人以上の方はソフトバンクがおすすめです。 4まとめ ここまで各キャリアの料金プランをご紹介してきました。 新たに「分離プラン」が始まり、料金プランは比較しやすくなりましたね。 料金プラン・通話定額オプション・割引サービス・本体代金を単純に足していくだけで大体いくらになるかわかります。 ぜひ、自分に合ったプランを探してみてください。 ちなみにキャッシュバックはなくなったと言われていますが ウェブ代理店では引き続きやっています。 たとえば、当店「」ではソフトバンクへの携帯乗り換えで現金キャッシュバックをしています。 さらに、• 待ち時間なしで自宅で乗り換え可能(来店もある)• 「Xperia5」や最新のiPhoneなど豊富な在庫• 頭金5,000円~10,000円はかからない 見積りも簡単に出せるので是非一度ください。

次の

携帯・スマホ月額料金のキャリア比較をプロが解説! [スマートフォン] All About

携帯 料金 比較

各携帯電話会社の基本料980円の最安料金プラン。 どれも同じようですが、詳細を見てみると微妙な違いがあるんです。 あなたにとって最も安い電話会社を、ズバリお教えします! 980円の料金プランとは? 基本使用料980円というソフトバンクのホワイトプランに追随する形になり、ドコモとauも980円の料金プランを開始しました。 ドコモとauの最大のセールスポイントは「無料通話分がある」ということ。 対して、ソフトバンクは「ソフトバンク同士の通話が時間帯限定で国内通話料が無料になる」こと。 いったいどこが同じでどこが違うのでしょうか? 基本料金が980円になる、ドコモの「タイプSSバリュー」、auの「プランSSシンプル」、ソフトバンクの「ホワイトプラン」を比較してみました。 「ホワイト家族24」加入で24時間無料。 基本使用料は各社同じ ソフトバンクの「ホワイトプラン」は基本使用料が980円ですが、ドコモの「タイプSSバリュー」は1,957円、auの「プランSSシンプル」は1,961円となっています。 ドコモとauは割引サービスに加入することで最終的に基本使用料が980円になるという仕組みです。 よって、割引後の基本使用料は各社横並びで980円です。 ドコモとauは条件がある ドコモの場合、FOMA対象機種をバリューコースで購入し、なおかつ「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割」に加入する必要があります。 auの場合、シンプルコースで携帯電話を購入し、なおかつ「誰でも割」に加入する必要があります。 ドコモの「バリューコース」とauの「シンプルコース」とは、携帯電話機の購入方法のことで、値引きのない定価販売のことです。 携帯電話機の代金は高いですが、12回・24回の分割払いができたり、基本使用料が安いことが特徴です。 ソフトバンクのホワイトプランは購入方法に条件はありません。 使っていない携帯電話をショップに持ち込んで電話番号をもらった(回線契約した)場合でもホワイトプランに加入できます。

次の