コーヒー ハウス かこ。 コーヒーハウス

コーヒー・ハウス

コーヒー ハウス かこ

主要空港• 東京(羽田・成田)• 大阪全て• 成田国際• 関西国際• 札幌(新千歳)• 名古屋(中部)• 福岡(福岡)• 沖縄(那覇)• 北海道• 札幌・定山渓• 小樽・ニセコ・ルスツ・キロロ• 千歳・苫小牧・支笏湖• 登別・洞爺・虎杖浜• 富良野・トマム• 帯広・十勝川・日高• 釧路・阿寒・サロマ・知床• 函館・湯の川・大沼・江差• 青森・八戸・弘前• 岩手(盛岡・花巻・北上)• 宮城(仙台・秋保・松島・遠刈田)• 秋田(田沢湖・十和田・男鹿)• 山形(あつみ・かみのやま・庄内・銀山)• 福島・郡山・会津・磐梯熱海・いわき• 北関東• 群馬(高崎・伊香保・四万・水上・草津)• 茨城(つくば・水戸・日立)• 栃木(那須)• 栃木(日光・鬼怒川・宇都宮・佐野)• 銀座・晴海・築地• 東京・神田・日本橋• 御茶ノ水・湯島・本郷• 九段・四谷・水道橋周辺• 六本木・麻布・虎ノ門• 赤坂・溜池• 青山・白金台• お台場・有明• 汐留・竹芝• 品川・高輪・天王洲• 新橋・芝公園• 墨田・錦糸町・両国• 荒川・足立• 池袋・目白• 板橋・赤羽• 中野・杉並• 吉祥寺・三鷹・武蔵野• 恵比寿・目黒• 五反田・大崎• 葛飾・江戸川• 調布・府中• 八王子・多摩・町田• 立川・東村山• 御茶ノ水・湯島・九段・水道橋• 六本木・麻布・赤坂・青山• お台場・汐留・新橋・品川• 上野・浅草・両国• 池袋・目白・板橋・赤羽• 新宿・中野・杉並・吉祥寺• 渋谷・目黒・世田谷• 蒲田・大森・羽田周辺• 葛飾・江戸川・江東• 八王子・立川・町田・府中・調布• 青梅・奥多摩• 伊豆七島・小笠原• 南関東(東京以外)• 埼玉(浦和・大宮)• 神奈川(横浜・みなとみらい・川崎・鶴見)• 神奈川(湘南・鎌倉・横須賀・厚木・海老名)• 千葉(TDR・舞浜・浦安・幕張・千葉市内)• 千葉(成田・柏)• 千葉(南房総)• 箱根・熱海・伊豆• 箱根・湯河原・小田原• 東伊豆(稲取・今井浜・河津)• 伊東・伊豆高原• 南伊豆(下田・下賀茂)• 西伊豆(沼津・戸田・土肥・堂ヶ島)• 中伊豆(伊豆長岡・修善寺・天城湯ヶ島)• 甲信越• 山梨(河口湖・八ヶ岳・甲府・石和)• 長野(軽井沢)• 長野(蓼科・諏訪)• 長野(昼神・飯田・下伊那)• 長野(白馬・大町・安曇野)• 長野(長野・上田・野尻湖・小布施・志賀高原)• 長野(松本・浅間温泉・上高地)• 新潟(新潟・長岡・湯沢・妙高高原・佐渡)• 富山(砺波・庄川)• 石川(金沢・和倉・能登)• 石川(加賀・山代・山中・片山津)• 福井(あわら・三国)• 岐阜(岐阜・下呂)• 岐阜(高山・飛騨)• 愛知(名古屋)• 三重(鳥羽・伊勢・志摩・津・四日市)• 愛知(犬山・知多・豊橋・渥美・蒲郡)• 静岡(静岡・御殿場)• 静岡(浜松・袋井・掛川)• キタ(梅田・中之島・桜ノ宮・新大阪)• ベイエリア(USJ・南港)• ミナミ(なんば・心斎橋・上本町・堺)• 大阪郊外(伊丹・茨木)• 関西空港• 近畿(大阪以外)• 京都(市内中心部)• 京都(嵐山・貴船・高雄)• 京都(舞鶴・天橋立・丹後)• 滋賀(大津・長浜)• 和歌山市周辺• 南紀白浜• その他和歌山県• 兵庫(神戸・有馬)• 兵庫(淡路・城崎・姫路)• 岡山(岡山・倉敷)• 広島(広島・呉・宮島・福山)• 鳥取(三朝・皆生)• 島根(玉造・松江・しんじ湖)• 山口(下関)• 山口(宇部・山口)• 山口(萩・湯田・湯本)• その他山口県• 徳島(徳島・鳴門)• 香川(高松・琴平)• 愛媛(松山・道後・今治・新居浜)• 福岡(中州・天神)• 福岡(博多)• 福岡市内(その他)• 福岡(小倉・門司・黒崎)• 北九州空港周辺• その他福岡県• 佐賀(鳥栖)• 佐賀(佐賀・古湯)• 佐賀(唐津・呼子)• 佐賀(嬉野・武雄・有田・伊万里)• その他佐賀県• 長崎(長崎・雲仙・平戸・壱岐)• 長崎(ハウステンボス・佐世保)• 熊本(阿蘇・黒川)• 熊本(熊本・天草・山鹿・人吉)• 大分(別府)• 大分(湯布院)• 大分市内• その他大分県• 鹿児島• 屋久島• 種子島• 奄美大島• 沖縄(沖縄本島)• 石垣島・小浜• 宮古島・伊良部• 久米 到着• 主要空港• 東京(羽田・成田)• 大阪全て• 成田国際• 関西国際• 札幌(新千歳)• 名古屋(中部)• 福岡(福岡)• 沖縄(那覇)• 北海道• 札幌・定山渓• 小樽・ニセコ・ルスツ・キロロ• 千歳・苫小牧・支笏湖• 登別・洞爺・虎杖浜• 富良野・トマム• 帯広・十勝川・日高• 釧路・阿寒・サロマ・知床• 函館・湯の川・大沼・江差• 青森・八戸・弘前• 岩手(盛岡・花巻・北上)• 宮城(仙台・秋保・松島・遠刈田)• 秋田(田沢湖・十和田・男鹿)• 山形(あつみ・かみのやま・庄内・銀山)• 福島・郡山・会津・磐梯熱海・いわき• 北関東• 群馬(高崎・伊香保・四万・水上・草津)• 茨城(つくば・水戸・日立)• 栃木(那須)• 栃木(日光・鬼怒川・宇都宮・佐野)• 銀座・晴海・築地• 東京・神田・日本橋• 御茶ノ水・湯島・本郷• 九段・四谷・水道橋周辺• 六本木・麻布・虎ノ門• 赤坂・溜池• 青山・白金台• お台場・有明• 汐留・竹芝• 品川・高輪・天王洲• 新橋・芝公園• 墨田・錦糸町・両国• 荒川・足立• 池袋・目白• 板橋・赤羽• 中野・杉並• 吉祥寺・三鷹・武蔵野• 恵比寿・目黒• 五反田・大崎• 葛飾・江戸川• 調布・府中• 八王子・多摩・町田• 立川・東村山• 御茶ノ水・湯島・九段・水道橋• 六本木・麻布・赤坂・青山• お台場・汐留・新橋・品川• 上野・浅草・両国• 池袋・目白・板橋・赤羽• 新宿・中野・杉並・吉祥寺• 渋谷・目黒・世田谷• 蒲田・大森・羽田周辺• 葛飾・江戸川・江東• 八王子・立川・町田・府中・調布• 青梅・奥多摩• 伊豆七島・小笠原• 南関東(東京以外)• 埼玉(浦和・大宮)• 神奈川(横浜・みなとみらい・川崎・鶴見)• 神奈川(湘南・鎌倉・横須賀・厚木・海老名)• 千葉(TDR・舞浜・浦安・幕張・千葉市内)• 千葉(成田・柏)• 千葉(南房総)• 箱根・熱海・伊豆• 箱根・湯河原・小田原• 東伊豆(稲取・今井浜・河津)• 伊東・伊豆高原• 南伊豆(下田・下賀茂)• 西伊豆(沼津・戸田・土肥・堂ヶ島)• 中伊豆(伊豆長岡・修善寺・天城湯ヶ島)• 甲信越• 山梨(河口湖・八ヶ岳・甲府・石和)• 長野(軽井沢)• 長野(蓼科・諏訪)• 長野(昼神・飯田・下伊那)• 長野(白馬・大町・安曇野)• 長野(長野・上田・野尻湖・小布施・志賀高原)• 長野(松本・浅間温泉・上高地)• 新潟(新潟・長岡・湯沢・妙高高原・佐渡)• 富山(砺波・庄川)• 石川(金沢・和倉・能登)• 石川(加賀・山代・山中・片山津)• 福井(あわら・三国)• 岐阜(岐阜・下呂)• 岐阜(高山・飛騨)• 愛知(名古屋)• 三重(鳥羽・伊勢・志摩・津・四日市)• 愛知(犬山・知多・豊橋・渥美・蒲郡)• 静岡(静岡・御殿場)• 静岡(浜松・袋井・掛川)• キタ(梅田・中之島・桜ノ宮・新大阪)• ベイエリア(USJ・南港)• ミナミ(なんば・心斎橋・上本町・堺)• 大阪郊外(伊丹・茨木)• 関西空港• 近畿(大阪以外)• 京都(市内中心部)• 京都(嵐山・貴船・高雄)• 京都(舞鶴・天橋立・丹後)• 滋賀(大津・長浜)• 和歌山市周辺• 南紀白浜• その他和歌山県• 兵庫(神戸・有馬)• 兵庫(淡路・城崎・姫路)• 岡山(岡山・倉敷)• 広島(広島・呉・宮島・福山)• 鳥取(三朝・皆生)• 島根(玉造・松江・しんじ湖)• 山口(下関)• 山口(宇部・山口)• 山口(萩・湯田・湯本)• その他山口県• 徳島(徳島・鳴門)• 香川(高松・琴平)• 愛媛(松山・道後・今治・新居浜)• 福岡(中州・天神)• 福岡(博多)• 福岡市内(その他)• 福岡(小倉・門司・黒崎)• 北九州空港周辺• その他福岡県• 佐賀(鳥栖)• 佐賀(佐賀・古湯)• 佐賀(唐津・呼子)• 佐賀(嬉野・武雄・有田・伊万里)• その他佐賀県• 長崎(長崎・雲仙・平戸・壱岐)• 長崎(ハウステンボス・佐世保)• 熊本(阿蘇・黒川)• 熊本(熊本・天草・山鹿・人吉)• 大分(別府)• 大分(湯布院)• 大分市内• その他大分県• 鹿児島• 屋久島• 種子島• 奄美大島• 沖縄(沖縄本島)• 石垣島・小浜• 宮古島・伊良部•

次の

『名古屋にある素敵な老舗コーヒーハウス かこ 』by 毎日外食グルメ豚さん : コーヒーショップ カコ 花車本店 (coffee shop KAKO)

コーヒー ハウス かこ

コーヒーハウスの始まりは諸説ありますが、一般的には1650年にユダヤ人のジェイコブズという人がオクスフォードに開店したことから始まったといわれています。 ジェイコブズは、開店後数年でロンドンに新しい店を開きました。 同じ頃フランスの上流階級では、おいしいコーヒーの茶器と共にトルココーヒーが流行っており、コーヒーサロンが作られています。 当時1ペニーを払えば身分に関係なく誰でも気軽にコーヒーを飲めるコーヒーハウスは人気を博し、17世紀末にはロンドンだけで3000店以上、1714年には約8000店も誕生したといわれています。 最初に開いた、オクスフォードのコーヒーハウスは、ユダヤ人のジョブソンが受け継いでおり、その後もいくつかの店を出店するほど流行りました。 オクスフォードにはエール・ハウス(酒場)が350件もあったようで、コーヒーは二日酔いの特効薬としても使われたとか? コーヒーハウスでは、たばこが盛んに吸われたようです。 コーヒーに入れる砂糖は、かなりの消費量だったとか。 砂糖、たばこ、コーヒーなどが新大陸から輸入されることで、経済効果ももたらしています。 これは、イギリス産業革命の資本となった、ヨーロッパ本土と新大陸アメリカ(イギリス植民領)、西インド諸島とアフリカ大陸間で行われていた三角貿易によって輸入されたものです。 もちろん経済効果だけではありません。 世界中の植民地から集まる情報交換の場となり、新聞や雑誌などが置かれ、最新ニュースが提供されていました。 しかも、字が読めない人のために、新聞や雑誌を朗読してくれる人までいたようです。 自分と同じ趣向を持つ人同士が楽しく語り合える場所となり、政治を始め、文学や芸術など多彩な話題が飛び交っていました。 当時のロンドンって実は不潔で不衛生だったのです。 このことから病に伏せる人も出てくるほどで、ペストの大流行も起こっています。 こういう状況下にあり、にせ医者やインチキ薬が出回りました。 そういう人たちは、どうしたら宣伝ができ、注目を浴びて大儲けできるかを考えるのは今も昔も変わらないことですね。 コーヒーは当時薬の一つとされており、宣伝に使われた場所がコーヒーハウスでした。 コーヒーハウスで有名になった医者の逸話があります。 スコットランドの洋服屋だった、ウィリアム・リードです。 彼はアン王女の眼を治したとし、コーヒーハウスで大々的に宣伝しています。 有名な眼科医となり、ナイトの称号も与えられています。 でも、『ガリバー旅行記』などで有名な作家のスウィフトは彼のことを、「イカサマ医師」と断言しているようです。 コーヒーハウスは王政にとって危険な存在になると危惧し、チャールズ2世は自身が死ぬ1685年まで、ニュースの流布や国事を悲観することを禁じていました。 このコーヒーハウスの存在には手を焼いたようです。 1660年にブレダ宣言を提示して王政復古を果たした王だからこそ思いも強かったんでしょうね。 でも、王権と議会の対立はその後もどんどん深まり、議会政治が始まりました。 コーヒーショップでは、王の対策に反して、政治との関係がますます深まっていきます。 当時議会政治の2大政党として権力をふるっていたのが、トーリーとホイッグでした。 この2大政党の中からも、自分の政治的な思いを同じくする仲間同士が集まって、政治クラブが誕生します。 彼らは、議会の開催地であるウエストミンスターホールの近くにあるコーヒーハウスで連日のように論議を繰り広げていたようです。 ロンドンにある世界有数の保険会社として知られるロイズですが、実はコーヒーハウスから始まっています。 1688年頃に、エドワード・ロイドがロンドンにロイズ・コーヒー・ハウスを開店したのです。 このお店には、貿易商や船員などが特に多く集まり、大人気店へと成長しました。 店舗が手狭になり、銀行や保険会社が建ち並ぶ金融街となっているロンバード・ストリートに移転しています。 最新の開示ニュースを発行するサービスを行ったことが、繁栄の要因だったとか。 次第に保険引受業者(アンダーライター)が集まるようになり、ロイズ海上保険会社の先駆けとなっていきました。 このことからも見えるように、立地などの条件から商人が出入りする店、芸術家が論争を繰り広げる店、法律家が集う店など、この頃のコーヒーハウスは、個々に特徴を持つようになっています。 初期のコーヒーハウスは、庶民が気軽に訪れることができる上品な社交場といったものでした。 コーヒーやココア、紅茶などを提供し、酒類は禁止という健全を重要とする場だったのです。 18世紀になると、このようなしばりつけは一切無くなり、酒を飲む人、トランプやサイコロなどの賭博も行われるようになっていきます。 静かに会話を楽しむ場ではなく、喧嘩が絶え間なく起こりました。 それにより、人々の足が遠のいたのです。 客が話すゴシップネタを集めた『コーヒー・ハウス・ガゼット』という新聞が、1729年にコーヒーハウスの店主の発案により発行されることとなりました。 常連客たちは自分の話したことが記事になったと大喜びしたのです。 いつしか記事に対する批判が殺到するようになり、情報を集める場としての信頼を失ったことも衰退の起因となりました。 時代の変化で、これまでアラビアのモカコーヒーが主に使われていたイギリスですが、ヨーロッパでは18世紀の半ばにジャワ・コーヒーが安値で取り引きされるようになります。 しかし、もっと安い中国茶が、主な輸入品となり、次第にコーヒーの輸入量が激減したのです。 コーヒーが高く取り引きされるようになると自ずとコーヒーハウスは激減しました。 そこに、女性の入店を禁止していたことで、女性批判を生みコーヒーハウスは衰退していったのです。 店舗は、酒場や宿屋、書店などに変わっていきました。 コーヒーハウス自体はヨーロッパ各地でカフェという存在に変化していきました。 カフェでコーヒーを楽しむ人は多いですよね。 このようにカフェが成り立つ上でも、コーヒーハウスは大切な存在だといえます。 ロンドンにはいくつもの名門クラブが残っており、現在もイギリスの政財界に影響を及ぼしているといえます。

次の

『ドキュメント72時間』登場の名古屋レトロ喫茶はコンパル大須本店!名物小倉トーストとは

コーヒー ハウス かこ

2018年12月02日 伊藤 みさ/更新:2018. 03 コーヒーハウス KAKO(かこ)花車本店、名古屋モーニング「小倉トースト」を昭和レトロな店内で 名古屋を訪れたら「コーヒー(飲み物)を注文するとパンがサービスで付いてくる」というお得なモーニングの文化を味わいたい!と、観光客からも人気なのが コーヒーハウス KAKO(かこ)花車本店。 名古屋市中村区にある「花車ビル」の1階にあるお店です。 名古屋で初めて自家焙煎珈琲を始めたという、コーヒーハウス KAKO(かこ)花車本店。 1972年創業で、お店はオフィスビルのような建物の1Fにヒッソリとあり、看板もけっこう年期が入っているため分かりづらい。 注意して見ていないと初めて訪れる人は気づかずに通りすぎてしまうかも? レトロな雰囲気の店内では、おいしいコーヒーとちょっとかわった「あんトースト」がいただけます。 お店スタッフのイチオシメニューなのだそう。 普通のトーストを選ぶと、ドリンクとセットのサービスでいただけます。 おすすめは、お店手作りのオレンジマーマレードをはじめとするジャム(コンフィチュール)4種と生クリーム+あんこがのったスペシャルな「あんトースト」にグレードアップ! 餡は甘さ控えめだったので、甘すぎることもなく美味しく頂けます。 このほか、トーストに ・生クリーム+コンフィチュール+バター ・クリームチーズ+コンフィチュール+バター ・コンフィチュール+バター などの組み合わせがあり。 他県出身者の筆者は、こういった老舗の喫茶店での「名古屋モーニング」のトーストはシンプルに【トースト+バター】+追加で餡 というような、コメダ珈琲のようなシステムを思い浮かべていたのですが こんなカラフルなトーストが出てくるとは意外な感覚でした。 コーヒーハウス KAKO(かこ)の店内には、常連さんらしき方から、美味しいものに目がない若い方までほぼ女性で埋め尽くされており、混雑時はテーブル席でも相席となる場合があるとのこと。 外観は「知る人ぞ知る」という感じですが、人気店で満席の場合もあるので待ち時間も考慮しつつ余裕をもって訪れるとよさそうです。 営業や時間などを確認してからお出かけ下さい。 変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

次の