さざなみ 街道。 さざなみ(野呂山)スカイライン

【瀬戸内海サイクリング】とびしま海道、さざなみ海道、はまかぜ海道、ゆめしま海道を自転車で旅しよう|シクロの家

さざなみ 街道

瀬戸内海のサイクリングルート シクロの家のある愛媛県今治市の周辺には、芸予諸島の島々を結ぶ数々のサイクリングルートがあります。 最も整備が進んでいるのは、世界的なサイクリングルートとしても知られる「しまなみ海道」。 その東側には、小さな島々を結ぶ「ゆめしま海道」。 西側には近年、風光明媚なサイクリングスポットとして注目されている「とびしま海道」があります。 広島県側の呉~尾道ルートである「さざなみ海道」は、しまなみ海道ととびしま海道を結び、「瀬戸内トライアングル」と呼ばれる三角形コースを形成しています。 また、愛媛県側では「愛媛マルゴト自転車道」として県全体でサイクリングルートの整備が進められており、特に今治~松山の海岸線ルートを「はまかぜ海道」と名付け、ブルーラインやサイクルオアシスなどが設置されています。 香川県方面へと抜ける「いしづちルート」は、石鎚山のある四国山地沿いに遍路道でもある讃岐街道を抜け、「四国一周サイクリング」の北側ルートとして整備されています。 それでは一つ一つのルート情報をご紹介していきます。 安芸灘とびしま海道 しまなみ海道の西には、7つの島を7つの橋で結ぶ「安芸灘とびしま海道」がのびており、近年サイクリストの注目を集めています。 とびしま海道、岡村島~呉・安芸灘大橋入り口までは最短ルートで約30kmの道のり。 とびしま海道の一番端に位置する岡村島までは、今治港からフェリーで渡ります。 かつては、中~上級者向けと言われたとびしま海道サイクリングも、ここ数年で自転車積載可能な船の航路が充実し、ゲストハウスが誕生、本格的なレンタサイクルサービスも開始されるなど、初めてでもチャレンジできる環境が整いつつあります。 海岸線ぎりぎりを走るルートで、防波堤も低めなので海を身近に感じながらのサイクリングがとびしま海道の醍醐味。 御手洗地区の歴史的な町なみなど見どころも点在し、のどかな風景を楽しめます。 はまかぜ海道(たかなわロード) 高縄半島を縦断しながら今治と松山を結ぶ「たかなわロード」の海側ルートは「はまかぜ海道」と呼ばれ、約50kmの道のり。 国道196号線がメインルートとなる文字通り浜風の気持ちよい道です。 しまなみ海道を走ってシクロの家に一泊。 翌日にこの「はまかぜ海道」で松山・道後温泉を目指すサイクリストが多いです。 沿線には、愛媛県最北端、朝陽も夕陽も見える風光明媚な岬「大角鼻(おおすみのはな)」や野生の鹿の生息する「鹿島」、瓦造りで有名な「菊間」、花崗岩の巨石群「白石の鼻」、ドラマ『東京ラブストーリー』の有名な最終回のロケ地となった「梅津寺駅」など見どころもたくさんあり、平坦ながら走りがいのあるルートです。 いしづちルート(讃岐街道) いしづちルートは、西日本最高峰「石鎚山」有する四国山地の北壁に沿って、瀬戸内海の燧灘沿いに愛媛~香川を抜けるルート。 湧き水の町・西条市や、かつて世界一の銅山だった別子銅山の新居浜市、日本有数の製紙工場群のある四国中央市など、四国の産業の豊かさを感じる旅ができます。 四国88カ所の遍路道や、香川県琴平市のこんぴらさん(金刀比羅宮)への参拝道でもある讃岐街道に沿っているため、随所に歴史を感じることができるスポットを巡るのも楽しいかもしれません。 このルート沿いにもサイクルオアシスが整備されています。 幹線道路は交通量が多く狭い道は走りにくいので、国道196号や国道11号と平行した、いわゆる裏道には地元のサイクリストも多いです。

次の

さざなみ海道サイクリングロードを整備

さざなみ 街道

~さざなみ海道でサイクリングを楽しもう!~ 広島県では,平成24年度よりさざなみ海道サイクリングロード推奨ルート上の管理道路で,車道へ5km毎に推奨ルートを明示するブルーラインと距離標の路面標示など計画検討し,平成25年度末までに整備しました。 整備状況(竹原市忠海長浜) 整備状況(三原市須波町) <インデックス> 2-1 ブルーラインの目的 2-2 距離標示(方向標示)について さざなみ海道サイクリングロード推奨ルートは,平成25年7月に国や広島県,呉市,東広島市,竹原市,三原市などから構成される「国道185号西瀬戸海道道路環境整備協議会(みちばたフォーラム)」のなかで設定され尾道市とも連携し,ルートを決めております。 ルートは,国が管理する国道,県が管理する県道,市が管理する市道などから構成されています。 ルート距離(幹線ルート)は,JR呉駅(呉市宝町)~JR尾道駅(尾道市東御所町)を結ぶ約82kmです。 <サイクリングロード推奨ルート>(国土地理院地図を使用) 2-1 ブルーラインの目的 ブルーのラインは,車道左端に幅20cmで設置しております。 設置目的は次のとおりです。 サイクリング推奨ルートを明示し,多くの人に分かりやすい案内を行う。 車道を走行する自転車利用者に対し,左側走行の原則に対する注意を喚起する。 自動車運転者に対して,自転車への注意を喚起する。 2-2 距離標示(方向標示)について ラインと併せ路面に整備した距離標示は,推奨ルート上における目的地(呉,尾道)までの距離を示しています。 5kmおきに設置しておりますので,走行の目安としてお役立てください。 また,推奨ルート以外から来られた人へも方向を示すため,主要交差点では距離表示のない方向標示も設置しております。 通常の道路区画線と比べ,濡れた状態でも非常に滑りにくくなっています。 車道を通行しなければならない。 道路の左端に寄って通行しなければならない。 とされています。 しかし,道路標識などにより通行することができるとされている歩道では,歩道の中央から車道よりの部分を通行することが可能であり,また自転車の運転者が,児童や幼児の場合や道路の状況によりやむを得ない場合は歩道を通行することができるとされております。 推奨ルート上の歩道においても,おおむね普通自転車の歩道通行可の交通規制がなされておりますので,現地の道路標識に従い適切な自転車通行をお願いします。

次の

初めての琵琶湖:#2 大津~さざなみ街道~近江八幡~彦根

さざなみ 街道

今回のドライブツーリングは、「 さざなみ(野呂山)スカイライン」へ。 県道33~59号線にて南下し、まずは日の出を拝む場所として選んだ竹原市忠海町にある「」へ。 登山口でクルマを停めて少し歩いたら、トイレや休憩舎っぽい建物(さくら堂)がある。 4:15頃到着したのだが・・・ ここからさらに登山道を登って山頂まで行かないとダメなの!? 標高266mの黒滝山は、登山遊歩道や頂上からの眺望が素晴らしく、眼下には瀬戸内の多島美や、遠く四国連山を一望できる・・・ ということだが。 約20~30分ほど登らなければならないようだ(常人での話だよね!?) 初日の出スポットとして紹介されていたのだが、今は太陽が昇る位置が違っててどうやら日の出はムリっぽい。 国道185号線を西へ進み、「大井バス停」信号より右折して集落の中の狭い道を進んで行く。 途中には「」の案内表示があったが、もちろん今の時期に桜は咲いてなんぞいないし。 5kmの広島県道248号・野呂山公園線の通称である。 野呂山(標高839m)へアクセスする観光道路で、かつては「 さざなみスカイライン」という有料道路だった。 1983年4月に無料化された後も「さざなみスカイライン」の通称がそのまま使用され、「 野呂山スカイライン」とも呼ばれている。 国道185号線から折れてしばらくは集落の中を走るが、やがて・・・ 山を駆け上がる道にしては長いストレートもあり、途中でふと気付いたのだが、道沿いには桜の木が多い。 コース全体としては、ヘアピン~ロングストレートまでと多彩で、ヘアピンでもRの小さいヘアピン、Rの大きなヘアピンとを楽しめる。 弘法大師が前後2度にわたって入山修業するなど、古くから霊山として信仰の対象になっている山だ。 頂上付近には、宿泊施設野呂高原ロッジ、キャンプ場 オートキャンプ場 、筆づくり資料館などの施設がある。 中国自然歩道、登山道、遊歩道も整備され、瀬戸内海の景色を眺められる展望台、巨石・奇岩が密集する岩海などの名所も。 野呂山頂はロータリーになっていて、あちこちへとアクセスしやすいようになっている。 野呂山ビジターセンターそばにある「 氷池」 水中生物やスイレン・ジュンサイなどの水草を見ることができ、昔はこの池で天然氷の製造を行っていた。 今でも冬には全面に氷が張り、周囲の樹氷と織りなす風景が見事・・・ らしい。 へぇ~、瀬戸内地方の標高1000m以下の場所でもそんなの観れるんやね、知ってしまうと観たくなるナ ・・; 「 かぶと岩展望台」 野呂山の代表的な展望台であり、眼下に広がる瀬戸内海の多島美の眺めは素晴らしく、遠くは四国の石槌連峰や「 しまなみ海道」の来島海峡大橋が望め、春には「ヒラドツツジ」が一面に咲き誇る。 まぁ、角度的には「鉢巻展望台」と大差ない感じだが・・・ そして「 星降る展望台」 代表的な3つの展望台は、基本、同じ方向を向いていて「安芸灘とびしま海道」を眼下に見下ろすカタチ。 瀬戸内の多島美を大パノラマで楽しめ、付近には「弘法寺」ぐらいしか無くて光害が少ないことから、ここでは名前通り満天の星空を満喫できる展望台でもある。 ただ、今現在をもってしても「通行止め」の区間があるようだ。 ピストンロードではないが、他のルートで下りていってもしょうがないので戻っていくことに。 「安芸灘とびしま街道」の入口である「安芸灘大橋」を横目にもう少し先へ進み、県道279号線で海岸線へ。 狭いところで幅約90mの「 音戸の瀬戸」と呼ばれるこの海峡は、古くからの交通の要所である。 音戸大橋を渡る前に手前の駐車場へクルマを滑り込ませたのだが、また不思議な光景が眼の前に! 橋の両端はループ橋になっているの!? こんなの初めて見た・・・ ・・; 音戸の瀬戸は大型船舶も通る海峡であるため、大きな桁下制限が設定され、航路を確保する都合上、海峡中央に橋脚を建設することが出来ず、さらに問題となったのが倉橋島側は用地が少ないということであった。 航行を邪魔しないよう、「海上部分には橋脚を立てない」、「倉橋島側の用地は少ない」という困難を ループ橋(呉市側)、 らせん橋(倉橋島側)で克服している。 昭和36年架橋の音戸大橋は、架橋当時は有料道路だったが、昭和49年に無料化された。 ここはパスする。 どうせ角度的に大した景色は拝めそうにないし・・・ 倉橋町尾立より県道35号線へ 左に観えていた海が右側へと変わり、これから渡る「鹿島大橋」が見えてくる。 だが、標高230mの山を中心に斜面が海岸線まで迫り、江戸時代の頃には倉橋島からの出作りや採草地としての利用はあったものの農耕地として不向きだったことから、その頃は定住には至らなかったようだ。 県道121~300~国道487~県道36号線と繋いで海岸線を・・・ 江田島は倉橋島よりも更に複雑な形状をした島で、住人も多いため人工物も当然多い。 江田島最北部付近の江田島町大須より こっちの方が「厳島」の全貌を拝みやすいかな、角度的にやや小さめに観えてしまうが・・・ この辺りにも、瀬戸内らしくないゴツゴツした感じの海岸線がお目見えする。 1961年(昭和36年)、瀬戸内海における初めての離島架橋事例として「音戸大橋」が架けられ、その後50年が経過したことにより、交通量増大とそれに伴う慢性的な交通渋滞と歩道に対応するために警固屋音戸バイパスが整備され、2013年(平成25年)、「第二音戸大橋」が架けられた。 「 第三音戸大橋」(正式名称:坪井広場横断歩道橋) 第二音戸大橋の音戸側に架かる歩道橋で、2013年(平成25年)12月27日に供用を開始。 歩道橋の上からは、音戸の瀬戸が一望でき、2本の真紅の橋も綺麗に眺めることができる。 今回のコースは「〇〇海道」的な名前はないが、ここは3つの島を3つの橋で繋いでいるだけだからなぁ・・・ それでも、実際に走ってみれば他の「〇〇海道」と十分肩を並べられるドライブコースという印象。

次の