コロナ 岡田 教授。 コロナバブル「岡田晴恵」教授が語る“あか抜けた理由” 満身創痍の日々

【文春砲】岡田晴恵がデータ捏造?上司の田代眞人と不倫パワハラの噂も

コロナ 岡田 教授

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらぬ中、感染症の専門家としてワイドショーに連日出演し、一躍時の人となった岡田晴恵・白鷗大教授(57)。 その岡田氏が、国立感染症研究所の研究員時代に執筆した論文に「データ捏造」の疑いがあり、当時の感染研所長から論文の取り下げを要求する文書を出されていたことが「週刊文春」の取材で分かった。 文書の日付は2002年5月17日。 差出人は当時の国立感染症研究所所長・吉倉廣氏で、宛先は岡田氏の上司にあたるウイルス第三部部長の田代眞人氏だ。 共有先に岡田氏の名前もある。 「文書が問題にしたのは、岡田氏が2001年1月に発表したはしかの細胞性免疫に関する論文の元データ。 はしかにかかると、免疫が一時的に下がりますが、論文ではその実験データがあまりにきれいすぎた。 明らかに人為的だと、改ざん疑惑が浮上したのです」 事態を重く見た吉倉所長は検証を進め、田代部長を通じて岡田氏に元データを出すように再三要請した。 「しかし、田代さんも岡田さんも無視したため、所長は文書を出したのです」(同前) 文書は次のような文言が並ぶ。 〈前の依頼文でも述べましたが、論文が患者からの臨床データと分画された細胞の数、サイトカイン量の測定に基づく事を考えると直ちに提出が可能なものです。 そのような性質のものであるにも関わらず提示出来ないと云う事は、データがそもそも無い(つまり捏造されている)か、著しく歪められて発表されたか、何れかであると判断せざるを得ない状況です〉 つまり、データの捏造を岡田氏は犯していると、研究所のトップが指摘しているのだ。 さらに、 〈研究所所長の権限は、岡田研究員が元データの提示をし得なかった事の確認迄、と判断致しますので、これ以上の事は致しません。 (中略)後は、岡田研究員当人の研究者としての良心に任せるのみであろうと思います〉 〈所外の共同研究者に事の次第を説明し、論文の取り下げ位はすべきであろうと思います〉と要求している。 〈岡田研究員に関しお願いがあります〉 さらに、〈岡田研究員に関しお願いがあります〉として、 〈このような研究員が研究所外の病院、地方研究所との共同研究の窓口にすることも止めて頂きたい〉とも書かれてあった。 結局、論文は取り下げられないまま、岡田氏は2009年に感染研を辞めている。 テレビ局のハイヤーで帰宅した岡田氏に話を聞こうとしたが、車内に籠城。 家族が家から出てきたので、記者が名刺を渡し、取材を依頼したが、岡田氏は取材拒否を貫いた。 田代氏は電話取材に応じ、「論文は問題ない」と主張した。 吉倉元所長は、「週刊文春」の取材に対し、妻を通じて「確かにこの文書は自分が書いた」と回答した。 その後、白鷗大に質問状を送り、岡田氏にもメールで詳細な事実確認を行ったが、締め切りまでに返答はなかった。 医療ジャーナリストの鳥集徹氏は、こう語る。 「科学研究ではデータの捏造は絶対に許されません。 研究結果の正しさを証明する元データの提出を無視したことは、研究倫理にもとる行為。 このような人をテレビに出し続けるのは問題です」 当時の研究所トップが研究データの捏造を指摘していたことが明らかになったことで、科学者として岡田教授の説明責任が求められることになりそうだ。 3月26日発売の「週刊文春」では、吉倉所長の文書を公開し、具体的な内容を報じた上で、岡田氏が感染研で起こしたトラブルなどについて詳報する。 さらに特集「コロナの深層」として、外出を自粛する家族の健康を守る「8つの掟」や、五輪延期に伴うJOCの内紛、「コロナ詐欺」の最新事情なども紹介する。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月2日号).

次の

岡田教授が語る「あか抜けた」理由 「10キロ痩せました」

コロナ 岡田 教授

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらぬ中、感染症の専門家としてワイドショーに連日出演し、一躍時の人となった岡田晴恵・白鷗大教授(57)。 その岡田氏が、国立感染症研究所の研究員時代に執筆した論文に「データ捏造」の疑いがあり、当時の感染研所長から論文の取り下げを要求する文書を出されていたことが「週刊文春」の取材で分かった。 文書の日付は2002年5月17日。 差出人は当時の国立感染症研究所所長・吉倉廣氏で、宛先は岡田氏の上司にあたるウイルス第三部部長の田代眞人氏だ。 共有先に岡田氏の名前もある。 「文書が問題にしたのは、岡田氏が2001年1月に発表したはしかの細胞性免疫に関する論文の元データ。 はしかにかかると、免疫が一時的に下がりますが、論文ではその実験データがあまりにきれいすぎた。 明らかに人為的だと、改ざん疑惑が浮上したのです」 事態を重く見た吉倉所長は検証を進め、田代部長を通じて岡田氏に元データを出すように再三要請した。 「しかし、田代さんも岡田さんも無視したため、所長は文書を出したのです」(同前) 文書は次のような文言が並ぶ。 〈前の依頼文でも述べましたが、論文が患者からの臨床データと分画された細胞の数、サイトカイン量の測定に基づく事を考えると直ちに提出が可能なものです。 そのような性質のものであるにも関わらず提示出来ないと云う事は、データがそもそも無い(つまり捏造されている)か、著しく歪められて発表されたか、何れかであると判断せざるを得ない状況です〉 つまり、データの捏造を岡田氏は犯していると、研究所のトップが指摘しているのだ。 さらに、 〈研究所所長の権限は、岡田研究員が元データの提示をし得なかった事の確認迄、と判断致しますので、これ以上の事は致しません。 (中略)後は、岡田研究員当人の研究者としての良心に任せるのみであろうと思います〉 〈所外の共同研究者に事の次第を説明し、論文の取り下げ位はすべきであろうと思います〉と要求している。 〈岡田研究員に関しお願いがあります〉 さらに、〈岡田研究員に関しお願いがあります〉として、 〈このような研究員が研究所外の病院、地方研究所との共同研究の窓口にすることも止めて頂きたい〉とも書かれてあった。 結局、論文は取り下げられないまま、岡田氏は2009年に感染研を辞めている。 テレビ局のハイヤーで帰宅した岡田氏に話を聞こうとしたが、車内に籠城。 家族が家から出てきたので、記者が名刺を渡し、取材を依頼したが、岡田氏は取材拒否を貫いた。 田代氏は電話取材に応じ、「論文は問題ない」と主張した。 吉倉元所長は、「週刊文春」の取材に対し、妻を通じて「確かにこの文書は自分が書いた」と回答した。 その後、白鷗大に質問状を送り、岡田氏にもメールで詳細な事実確認を行ったが、締め切りまでに返答はなかった。 医療ジャーナリストの鳥集徹氏は、こう語る。 「科学研究ではデータの捏造は絶対に許されません。 研究結果の正しさを証明する元データの提出を無視したことは、研究倫理にもとる行為。 このような人をテレビに出し続けるのは問題です」 当時の研究所トップが研究データの捏造を指摘していたことが明らかになったことで、科学者として岡田教授の説明責任が求められることになりそうだ。 3月26日発売の「週刊文春」では、吉倉所長の文書を公開し、具体的な内容を報じた上で、岡田氏が感染研で起こしたトラブルなどについて詳報する。 さらに特集「コロナの深層」として、外出を自粛する家族の健康を守る「8つの掟」や、五輪延期に伴うJOCの内紛、「コロナ詐欺」の最新事情なども紹介する。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月2日号).

次の

コロナバブル「岡田晴恵」教授が語る“あか抜けた理由” 満身創痍の日々

コロナ 岡田 教授

専門家ながら、その発言は危ういこともあり、PCR検査を拡充できない原因について、「データを独占したい感染研OBがネックになっている」と根拠を示さないまま発言し、批判を受けたこともあった。 「ズバズバと政府のコロナ対応を追及するので視聴者のウケがいい。 あくまでもコメンテーターなので、その発言に事実誤認があったとしても、特に番組自体が謝罪する必要はないというスタンスでやっているので、岡田教授は相変わらず忖度なしでの発言を続けている」 テレビ朝日関係者 とはいえ、岡田氏がほぼレギュラーとなっている、テレ朝の「モーニングショー」ではコロナ感染防止のため、先月中旬からほぼ全てのコメンテーターがリモート出演になっているが、だが、岡田氏は依然としてスタジオ出演を続けている。 気になるその理由だが、発売中の「週刊文春」 文芸春秋 によると、自宅の中はかなり独特。 2階の天井に10~30センチのリアルに怖いビジュアルの魔女の人形が何十体も吊り下げられ、さらには使った物をそのまま放り投げておく性格のようで、部屋は物で溢れ返っていたというのだ。 そのため、自宅からのリモート出演を回避しているようだ。 おそらく、自宅ではああいう風にメイクできないだろう。 コロナが収束したら、岡田教授に密着して自宅の中まで公開する企画は、それなりに数字が取れるのでは」 芸能記者 今後、どこかの芸能事務所が獲得に名乗りを上げる可能性もありそうだ。 2020. 危機感を煽り人々を不安にさせる 2. 「国立感染症研究所研究員」という肩書き 3. 厚生労働省の政策を批判しているので、「国立感染症研究所」vs「厚生労働省」の構図が作れる 〇発言の信ぴょう性 著書の中で「新型インフルエンザは空気感染する」と明記しているが、インフルエンザウイルスは飛沫感染がメインで、空気感染は可能性が考えられる程度 限られた密室ならともかく、岡田晴恵氏は「屋外でも空気感染する」とも受け取れるパンフレットを監修している 厚生労働省も、「国立感染症研究所研究員」の肩書で発言するので、まるで自分たちもそれを認めてると思われるように思われて困っている そもそも岡田晴恵は単なる田代眞人部長の研究所のテクニシャンの1人にすぎず、影響力は全くない.

次の