それがだいじ wifi デメリット。 圧倒的コスパのそれがだいじワイファイ(WI

それがだいじWi

それがだいじ wifi デメリット

この記事の目次• FS030Wスペック WiFi規格 IEEE802. 3mm 重量 128g バッテリー容量 3,060mAh 連続通信時間 最大20時間 同時接続台数 15台 特徴的なのは、• バッテリーが 最大20時間と長持ち• 同時接続台数が 15台と多い ことです。 また、 サイズもコンパクトなので持ち運びに適しています。 他社でよくある「2年目以降値上がり」なんてこともありません。 なので、 長く使い続けてもOKです。 海外でもそのままモバイルルーターを持っていくだけで使えるようになっています。 たとえば、MUGEN WiFiや限界突破WiFiなどがその仕様です。 しかし、それがだいじWi-FiはクラウドSIMではないので、 国内のみでしか使えません。 「 国内と海外の両方に対応しているWi-Fiサービスが良い」 という方にとっては、 それがだいじWi-Fiは 選択対象外になってしまうでしょう。 更新月に解約すれば費用は掛かりません。 更新月以外で解約した場合に 9,500円の契約解除料 が発生します。 それだけではなく、 端末代金の支払も発生 してしまう点に注意してください。 ただし、割引も同時に適用されています。 なので、月額料金に端末代も含まれているため特に気にしなくてもよくなっています。 しかし、端末代を支払い終わる前に解約してしまうと、 割引も終了となります。 残りの端末代費用は実費となってしまうのです。 【WiMAXとは】 国内では最も契約者数の多いWi-Fiサービスで、最大通信速度の速さが魅力的。 国内料金の安さ…それがだいじWi-Fiの勝ち• 海外料金…MUGEN WiFiの勝ち それがだいじWi-Fiは海外利用不可能• ネットの繋がりやすさ…ほぼ同じ• 通信速度…ほぼ同じ• 契約の縛り…MUGEN WiFiの勝ち MUGEN WiFiは国内と海外で使えるクラウドSIMのモバイルルーターの中では コスパNO1です。 しかし、それがだいじWi-Fiの使い放題プランとの比較では、 100円だけMUGEN WiFiが高いです。 3年間の月額料金の総支払額 それがだいじWi-Fi 使い放題プラン 114,480円 MUGEN WiFi 118,080円 それに、それがだいじWi-Fiでは使うデータ通信量に合わせて4つのプランがあります。 30GBや50GB程度でもいいというのなら、 それがだいじWi-Fiのほうがずっと安くなります。 その代わり、それがだいじWi-Fiでは• 契約縛りが3年自動更新になっている• 海外利用ができない などが MUGEN WiFiに劣っています。 【WiMAXとの比較】• 国内料金の安さ…それがだいじWi-Fiの勝ち• 海外料金…どちらも海外利用不可能• ネットの繋がりやすさや…それがだいじWi-Fiの勝ち• 通信速度…WiMAXの勝ち• 契約の縛り…それがだいじWi-Fiの勝ち WiMAXと比較すると、利用料金は圧倒的に それがだいじWi-Fiのほうが安いです。 ただ、WiMAXはキャッシュバックが出るのでこれも含めると僅差になります。 それでもやはりそれがだいじWi-Fiが勝っています。 3年間の月額料金の総支払額 それがだいじWi-Fi 使い放題プラン 114,480円 WiMAX キャッシュバック込 120,722円 また、当然50GBプランや30GBプランなどにすればもっと差は開き、 それがだいじWi-Fiのほうが圧倒的な安さ となっています。 ネットの繋がりやすさはWiMAXよりそれがだいじWi-Fiのほうが• エリアが広い• 地下でも繋がりやすい という点も勝っています。 契約期間の縛りはお互い3年自動更新契約とはなっていますが、解約金が違います。 それがだいじWi-Fiは 9,500円一律• WiMAXは 2年以内だと24,000円、以降9,500円 です。 なので、どちらかというと それがだいじWi-Fiのほうが勝っています。 【それがだいじWi-Fi がおススメではない方】• 海外でも使いたい人• 3年以内に解約の可能性がある人 それがだいじWi-Fiは 海外利用ができません。 また、3年自動更新契約のため3年以内に解約した場合、• 解約金9,500円がかかる• 端末残債が発生する ので、すぐに解約するかもしれないという人にもおすすめできません。 これらに当てはまる人には MUGEN WiFiがおすすめです。 MUGEN WiFiであれば、• 海外でも利用可能• 最低利用期間25カ月目以降であればいつ解約してもOK です。 それにもしMUGEN WiFiで2年間の最低利用期間以内に解約したとしても• 端末は買取型ではないため返却すれば費用はかからない• 解約金も1年以内なら9,000円、1年以上2年以内なら5,000円と安い金額 です。

次の

【150GB保証】それがだいじWi

それがだいじ wifi デメリット

各社ポケットwifiの在庫が枯渇している中、 それがだいじwifiは 在庫が安定しているようで申し込めた。 それがだいじwifiの悪い口コミや評判 ・どんな時もwifi ・それがだいじwifi どっちを使おうか悩んでたのですが、「それがだいじ」の口コミをツイッターで調べたところリアルユーザーはほぼ見つかりませんでした。 一方、「どんな時も」はリアルな口コミが沢山あって一長一短を理解できたので… 今月中に「どんな時も」に切り替えます🎉 — みの 哲学と読書とFXが好きな思想家 FHR5xWkjCw8bSf5 それがだいじ WiFiも安いけど契約解除でめちゃくちゃ高い料金が発生するのなんなのよ。。 サクッと書いてありますが、解約時は違約金の他に端末残債がかかるのは要注意。 800円を2年(24回払い)で払っていることになっているらしい。 — metpem metpem それがだいじwifiの口コミや評判、メリット・デメリットのまとめ それがだいじwifiの口コミや評判をまとめると以下の通りです。 悪い口コミ評判とデメリット ・やや知名度が低い ・通信容量は無制限でなく150GB保証 ・2年以内解約は違約金と別に端末残債金がかかる 良い口コミ・評判、メリットとしては、 回線が比較的安定しているという口コミが見られます。 また、 月額が3,250円と大容量の中では安い点、 違約金も9,500円と安い方です。 各社在庫が枯渇する中、 端末の在庫が安定しているのもメリットです。 一方で、悪い口コミ・評判としては、他のポケットwifiと比較すると やや知名度が低い点や、通信容量は無制限でなく、 あくまで150GB保証である点が挙げられます。 また、最大のデメリットは端末が買取扱いとなり、もし2年以内に解約した場合は、 違約金の別に端末代の残金も支払う必要があります。 この点は他のポケットwifiと異なるため、特に注意が必要です。 150GB上限や端末残債金が気になる場合は それがだいじwifiは良い口コミやメリットも多いwifiですが、前述のとおり 150GB上限や端末残債金がかかるデメリットがあります。 これらのデメリットが気になる場合は、 他のポケットwifiで代用する手もあります。 それがだいじwifiよりも好条件のwifiは多くありませんが、「 」などが候補となります。 どこよりもwifiとギガwifiの基本情報の基本情報を比較すると以下の通りです。 製品名 容量 無制限 上限150GB 端末 U2s U3 月額 2,880円 -6ヶ月 3,380円 7ヶ月- 3,250円 初回手数料 3,000円 3,000円 契約期間 2年 2年 違約金 9,500円 9,500円 +端末残債 まず、容量に関しては、どこよりもwifiは 無制限であり、通信容量に余裕を持って使用することが可能です。 月額に関しては、通常はそれがだいじwifiの方が安いですが、どこよりもwifiは現在キャンペーン中であるため、 最初の6ヶ月を2,880円で使用することができるメリットがあります。 契約期間は同じ2年であり、違約金も同じですが、どこよりもwifiは解約時に端末残債金はかからないため、 2年以内の解約時にかかる金額はどこよりもwifiの方が安く済みます。 どこよりもwifiの注意点としては、月額や安くなるキャンペーンはU2s端末のみである点があるため、安く使いたい場合は必ずU2sを選択しましょう。 また、 月額割引のキャンペーンは期間限定であるため、どこよりもwifiを検討する場合はなるべく早く申し込むようにしましょう。 \今だけ月額割引キャンペーン/.

次の

気をつけて!それがだいじWi

それがだいじ wifi デメリット

月150GBまで使える• 月額3,250円と業界最安級に• 3キャリアのLTE回線で安定した通信速度• 海外でもそのまま利用可能• ルーターは実質無料で返却も不要 100GB以上使えるポケットWiFiとしては最安となっているので、大容量のポケットWiFiを探していた方にぴったりのWi-Fiと言えるでしょう。 ただし、これから申し込むのであれば、 いくつか注意するべきデメリットがあります。 公式サイトを見るだけではわからない、様々な落とし穴をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。 「色々見てみたけど、私には問題ないかな」と納得してから申し込むようにしましょう。 それがだいじWi-Fi(公式):• 1ヶ月で150GBも使える• 月額料金はずっと変わらない• ルーターが実質無料でもらえる• 最短即日で発送可能• 3キャリアのLTE回線なので、全国どこでも使える(地下でもOK) 1ヶ月で150GBも使える 「それがだいじWi-Fi」は1ヶ月で150GBも使うことのできる大容量ポケットWiFiです。 データ通信量の目安「150ギガでどれだけ使える?」 ネット検索 45万回 LINEのやりとり 7,500万回 LINE通話 6,000時間 Instagramで画像・動画閲覧 150時間 Twitterでタイムライン更新 15万回 YouTubeなど動画視聴 (標準画質) 1,000時間 YouTubeなど動画視聴 (高画質) 225時間 Amazonプライムビデオ (高画質ストリーミング再生) 82時間 Amazonプライムビデオ (高画質ダウンロード再生) 255時間 Netflix (中画質) 210時間 Netflix (高画質) 50時間 GoogleMap 22万5千回 ZOOM会議 225時間 参考:、、、 これだけ使えれば、よほどのヘビーユーザーでない限り「ギガが足りない!」となることはないでしょう。 月額料金はずっと変わらない 月額料金はずーっと定額です。 「初月だけ安い」とか「2年目から値上げする」といったことはありません。 ルーターは実質無料でもらえる ルーターは実質無料でプレゼントになっています。 他のクラウドWiFiのようにレンタルではないので、解約時に返却する必要がありません。 最短即日で発送可能 土日祝日を除き、基本的には 申し込みをした日に発送手配を行ってくれます。 早ければ翌日から使えるようになるので、急いで欲しい人は大助かりですね。 3キャリアのLTE回線なので、全国どこでも使える(地下でもOK) 3キャリア(ドコモ、au、ソフトバン)のLTE回線を使用しているので、全国どこでもつながります。 地下でも安心して使うことができるでしょう。 ソフトバンクの通信可能エリアはHP()にて確認することができます。 以上が「それがだいじWi-Fi」の特徴でした。 それがだいじWi-Fiの口コミ・評判 それがだいじWi-Fiの口コミ・評判を見ておきましょう。 いつもどおり回線速度に厳しいTwitterの方々の声を「」で調べました。 どんなときもWiFiから乗り換えて正解 どんなときもWiFiからそれがだいじWi-Fiに乗り換えたけど、割とよかったよ。 通信も安定してるし、速度も問題なし。 YouTube普通に観れるもんね。 通信制限もかからないし、快適だわ。 あのまま障害だらけのWiFi使ってたらと思うと…。 やはり安心の物理SIMといったところでしょうか。 残念ながらTwitterで発見できた「業者以外」の口コミはこの1件だけでした。 Twitterで話題になる場合は、だいたいが「悪評」です。 口コミが見つからないということは、特に悪い部分がないということの裏返しなのかもしれませんね。 続いては料金などの基本スペックを確認しておきましょう。 それがだいじWi-Fiの料金・ルータースペック・補償 「それがだいじWi-Fi」の料金・ルーターのスペックなどを確認しておきましょう。 それがだいじWi-Fiの料金プラン まずは料金プランから確認しておきましょう。 多少の傷や汚れを気にせずに使うことができますね。 それがだいじWi-Fiの違約金 それがだいじWi-Fiは2年以内に解約すると違約金が発生します。 3年後にはもっと良いポケットWi-Fiが出ている可能性が非常に高いので、更新月に解約することをおすすめします。 それがだいじWi-Fiの違約金 0~24ヶ月目 9,500円 更新月 0円 26ヶ月~ 9,500円 Wi-Fi安心サービス(端末保障)の概要 端末の故障、破損、水没、全損、盗難・紛失時に 2,000円でリファブリッシュ品と交換することができます。 解約後の再加入は不可。 補償未加入の状態でルーターを壊してしまった場合、 ルーターの再購入費用は30,000円となります。 万が一に備えて、補償は加入することをおすすめします。 モバイルルーターの仕様 「それがだいじWi-Fi」からレンタルするモバイルルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。 2mm 連続使用可能時間 12時間 最大通信速度 下り:150Mbps 上り:50Mbps WiFi規格 IEEE802. ですが、実行速度が20~40Mbps出ているので、ポケットWi-Fiとしては十分です。 「ソフトバンクのスマホでないと使えない」という意味ではありません。 ドコモでもauでも格安SIMでも、関係なく使えますので安心してください。 それがだいじWi-Fiは海外でもそのまま使える 「それがだいじWi-Fi」のルーターは、海外でそのまま使うことができます。 面倒な設定や手続きなども一切不要です。 これから海外へ行く際は、わざわざポケットWi-Fiをレンタルする必要はありません。 アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、「それがだいじWi-Fii」があれば世界中で使うことができます。 以上が「それがだいじWi-Fi」の特徴でした。 最後に、絶対見落としできない5つのデメリットについて解説します。 それがだいじWi-Fi 5つのデメリット 「それがだいじWi-Fi」5つのデメリットについて解説します。 申し込む前に必ずチェックしてください。 ギガが無制限ではない• 初月が日割りにならない• 3年ごとの自動更新• 補償未加入時の再購入費用が高い• 毎月150GBまでとなっています。 毎月100GB以上使いたい方は、別のクラウドWiFiを選ぶようにしましょう。 参考: 初月が日割りにならない 初月の料金は日割りではなく1ヶ月必要です。 月途中に申し込むと損になってしまいますね。 なるべく月初に申し込むようにしましょう。 2年ごとの自動更新 「それがだいじWi-Fi」は2 年ごとの自動更新となっています。 2年も経てばもっとコスパの良いポケットWiFiが発売されていると思うので、2年経ったら解約して乗り換えたほうが良いでしょうね。 これにプラスで違約金も必要になるので、2年以内に解約するかもしれない場合は気をつけましょう。 補償未加入時の再購入費用が高い 端末補償が月額400円、さらに補償内容に水没や盗難まで含まれているのはかなりメリットです。 ですが、補償に加入しなかった場合の、 端末再購入費用が30,000円もします。 万が一のことを考えれば、補償には加入しておいた方が良さそうですね。 口座振替では使えない 「それがだいじWi-Fi」は クレジットカードでないと申込みができません。 クレジットカードをお持ちでない方は、支払い専用で1枚作るか、ご家族の方に申し込んでもらいましょう。 比較的審査の通りやすく、年会費無料で、最短で届くクレジットカードとしてはをおすすめしています。 以上が「」5つの注意点(デメリット)でした。 「ぜひ使ってみたい!」という方は、よく検討してから申し込むようにしましょう。 端末(ルーター)も実質無料でもらえるので、解約時に返却する手間がないのは嬉しいですね。 デメリット部分をよく考えて、特に問題がなければ選ぶ価値のあるポケットWiFiだと思いますよ。 それがだいじWi-Fi(公式):.

次の