カー オーディオ イコライザー。 カーオーディオのサウンドセッティング(音調整)

カーオーディオ ステレオの音を改善!イコライザーで賢く調整!

カー オーディオ イコライザー

カーオーディオやナビゲーションにはイコライザー機能を内蔵しているものがあります。 このイコライザー機能を活用すれば、より良い状態で音楽を楽しむことができますが、何処をどのように調整すれば良いか?悩んでしまいます。 しかし、スマートフォンとアプリ、調整用音源を使うと比較的簡単にイコライザー調整をすることができます。 イコライザーとは イコライザーとは、周波数帯域別にレベルを調整してコントロールする機能です。 あらかじめメーカーによって設定された、プリセット・イコライザー(ホップスやジャズといったもの)とユーザーが自由に設定できるカスタム・イコライザーがあります。 調整可能な周波数帯域はモデルによって異なります。 5バンド程度の簡易的なものから、DIATONE SOUND. NAVIのように、31バンドと本格的なものまで多彩です。 carrozzeria FH-9100DVDのイコライザー調整画面 また、イコライザーには車内の音響特性を整える側面もあります。 ダッシュボードやガラス、シートなど異なる材質が密集しているため、反射や吸収などで周波数特性が乱れてしまいます。 こうした周波数の乱れをイコライザーを使って整えてあげると、より聴きやすくなります。 イコライザー調整に必要なもの スペクトラムアナライザ 車内の周波数特性を測定するには、スペクトラムアナライザ(略してスペアナ)を使います。 横軸に周波数、縦軸に音圧レベル(dB)が表示されます。 特に専用機器を用意しなくてもアプリで代用できます。 音響用測定器メーカーのエタニ電機がリリースしているiPhone用アプリ「ETANI RTA mini」が便利です。 (フリー版でも十分使えます) このアプリ、非常に優れものでiPhoneの内蔵マイクを使ってチェックすると、かなり正確に周波数を測定してくれます。 200Hzの音を再生してみると…このように。 20kHzの場合。 私には聞こえませんが、子供たちには聞こえる音。 iPhoneでも測定されています。 測定用音源 測定にはピンクノイズ(ザーッというやつです)を使います。 アプリやYoutubeの動画を使っても良いですが、iPhone1台で測定と再生の両方はできないので、「サウンドチューニングMaster」に付属している調整用CDを使用します。 このCDには各周波数信号やピンクノイズなど、調整に役立つ信号が豊富に収録されています。 著者:石田氏の解説も非常に分かりやすいので、持っていると便利な一冊です。 専門用語の解説や調整方法など、チューニングに役立つ内容が詳しく記載。 付属の調整用CDには下記の信号が収録されています。 ・スピーカー接続チェック ・位相チェック ・ビビリ(共振)チェック ・サブウーファー前方定位、奥行き感チェック ・タイムディレイ調整チェック ・イコライザー調整用信号(31バンド対応) ・スィープトーン、ピンクノイズ 実際に調整してみる 調整してみるのは、ステップワゴンに装着しているホンダ純正ナビ(Ghaters)のVXM-145Cで、7バンドのイコライザー調整が可能です。 (スピーカーは標準装着品:6スピーカー) イコライザーをフラットな状態にして、調整用CDのピンクノイズを再生します。 アプリを立上げて耳の周辺で測定します。 調整前の状態。 各周波数が凸凹しています。 これがフラットになるようにイコライザーを上下させながら、調整・測定を繰り返していきます。 調整後の状態。 7バンドなので微調整が難しいですが、概ねフラットな状態になりました。 この時のイコライザーの状態。 フラットにしたら、後は好みに応じて微調整。 高音は十分なので、少し弱い低音を上げてみました。 まとめ 純正スピーカーの状態ですが、調整後は聴きやすい状態に。 ステップワゴンはデッドニングを全くしていない状態ですが、こもり気味の音がハッキリと聞こえるようになり、変化の違いが体感できます。 カーオーディオにイコライザー調整機能が内蔵されていれば、これを調整してみるだけでも普段聞いている音楽をより良く聞くことができます。 こうした調整もカーオーディオの楽しみ方の一つですね 著者:TAKA 元ディーラー営業。 新車・中古車・オークション仕入れなど長年クルマに関わる仕事に従事してきました。 経験からクルマ関係の話題が中心ですが、モバイルや家電・ホビーなども得意分野です。 カテゴリー• 237• 8 クルマ関連記事.

次の

女性ボーカルが「こもって」聞こえる・・・イコライザー調整「1分」で補正する方法!カーナビ/カーオーディオの高音質化。

カー オーディオ イコライザー

こんにちは! ケロケロです 愛車のナビ、またはオーディオにイコライザーとタイムアライメントはついていますか? ナビやオーディオによって色々な機能はありますが、 「イコライザー」と「タイムアライメント」は必ず調整しましょう! これらの調整を行うことで、音の艶 や 定位 が劇的に変わります。 もちろん、音質を上げるためには、イコライザーなどの調整機能だけでなく、 スピーカー や パワーアンプも重要です。 ただし、 今すぐスピーカーを交換するってのも、難しいですよね? イコライザー・タイムアライメントなら、カーナビ もしくは オーディオから 直ぐに調整できるので、 音が変わる様子を直ぐに体験できます! その後、スピーカー や パワーアンプを追加すれば、少しずつ変わっていく音質を堪能できるよ! というわけで 今回の記事では、音の 周波数帯域 の強弱を調整する 「イコライザー」にスポットを当ててまとめます! 乱れる理由とは?• 窓ガラスで音が反射して、シートに音が吸収される。 音場が乱れる• 走行中のロードノイズ、風切音などの雑音 ある周波数は強くなったり…、その逆に弱くなったり… イコライザーは、周波数の強弱を調整できる機能です。 強くなったところは弱くして、弱くなったところは強くして、周波数帯域をなるべくフラットに近づけることを目的としています。 正解はアナタだけが知っている 調整方法に正解はありません。 クルマの車種によっても、ヘッドユニットによっても、スピーカーによっても異なってきます。 ほんとは、専門のプロショップへ持って行って調整してもらうのも イイんだけど… 予算がねぇ… もし、周りに詳しい人がいれば、最初はその人の調整を参考にさせてもらうのが良いです。 それをベースに自分好みに調整していくと、聴き方が変わってくると思います。 中には 『イコライザーで味付けしすぎるのは邪道』という人もいますが、私はそうは思いません。 音の好みは人それぞれ。 自分の耳が一番聴き心地が良い音を目指しましょう! まぁ、・・・いわゆるドンシャリは、嫌いですけどね。 ドンシャリとは、低音と高音ばかりやたらに強調され、中音が充実していない音を指す俗語である。 低音がドンドン響き高音がシャリシャリ聞こえることに由来する。 オーディオ評論家やオーディオマニアの間で用いられることが多い。 調整はどうしよう? ざっくり説明すると…• (詳しくは、で確認してみてね!) ピンクノイズを再生して、ETANI RTAアプリを耳元で測定してやれば、グラフの凸凹が分かります。 後はこの凸凹がフラットになるようにイコライザーで調整しておきましょう。 なお、調整中はエンジンやエアコンはかけず、純粋にオーディオの音のみで計測した方が良いです。 なんとなくフラットに出来たら、後は自分好みに音を味付けしてください。 めんどくさ・・・と思わるかもしれませんが、音が変わっていくのが、何とも楽しいですよ! 私の調整方法 それでは、私の調整方法を紹介しましょう! (技術的な話ではなく、あくまで調整の楽しみ方だけどね…) ある程度自分好みの音に近づいたら、実際にドライブしてみます。 これは車通りの少なくなる夜中が良いです。 私は田舎に住んでいるので、民家の少ない(無いと言ってもいい)山道を走ります。 実際に走っていると、 タイヤから出るロードノイズがウルサイんですね。 まずはこれに対抗する辺りから調整を始めましょう。 ロードノイズは、ちょうど低域付近の音と干渉します。 サブウーハーに頑張ってもらうところです! 重低音を強化すれば、音に厚みも出ます。 予算が許せば、まずはロードノイズを低減させる方がいいです! その上で、イコライザーで調整しましょう! ビビっと来ることがある 調整を繰り返していると、 「これだ!」という設定に巡りあえます。 音の厚みや明るさが、最初とは打って変わって耳に届くんですよ! こんな楽器の音もあったのか! と、何かに かき消されていた音も聴こえるようになり、聴き慣れていた曲の印象が、ガラリと変わります。 ちなみに、私の設定はこんな感じで。 イコライザーの設定は、予めシーンに合わせたものもあります。 ジャズ・ロックなど。 まずはそれを設定してみて、自分なりにカスタマイズしてみるのも良いですね! メーカーによっては、車種専用に調整されている ちょっと余談ですが… アルパインのBIGXに代表される車種専用モデルは… なんと、 既にカーナビで専用チューニングがされています。 私も、アルパインでチューニングされた音を聴いたことがあります。 カーナビを取り付けた瞬間から イイ音なんです… 自分で調整したい人には、ちょっと つまらない かもしれませんが、プロのチューニングを体験できます。 今後、カーナビを選ぶ機会があれば、アルパインを検討するのもいかが? コメントありがとうございます! 高度なご質問ですね… 恐縮です。 私の感覚で、目指すべき前者です。 車内の音の反響や社外からのノイズ等で乱れた音場で、強くなってしまった箇所を弱く、弱くなってしまった箇所を強くして、グラフのデコボコを平らにするのが目標です。 …とはいえ、完全に平らにするのは難しいので、結果的に後者になると思います。 これはもう私の知識を超えてしまっています… 経験則ですが、突出しているよりも、なるべく緩やかなカーブが良いとは思います 抽象的でスミマセン… 目指すべきは凸凹を平らにすることですが、微調整は好みで良いと思います。 音の好みは人それぞれですので。 ・厚みのある音が好みなら、中低域をやや強め ・キラキラした雰囲気が好きなら、高音域をやや強め たいした回答ができず申し訳ないです。

次の

女性ボーカルが「こもって」聞こえる・・・イコライザー調整「1分」で補正する方法!カーナビ/カーオーディオの高音質化。

カー オーディオ イコライザー

カーオーディオやナビゲーションにはイコライザー機能を内蔵しているものがあります。 このイコライザー機能を活用すれば、より良い状態で音楽を楽しむことができますが、何処をどのように調整すれば良いか?悩んでしまいます。 しかし、スマートフォンとアプリ、調整用音源を使うと比較的簡単にイコライザー調整をすることができます。 イコライザーとは イコライザーとは、周波数帯域別にレベルを調整してコントロールする機能です。 あらかじめメーカーによって設定された、プリセット・イコライザー(ホップスやジャズといったもの)とユーザーが自由に設定できるカスタム・イコライザーがあります。 調整可能な周波数帯域はモデルによって異なります。 5バンド程度の簡易的なものから、DIATONE SOUND. NAVIのように、31バンドと本格的なものまで多彩です。 carrozzeria FH-9100DVDのイコライザー調整画面 また、イコライザーには車内の音響特性を整える側面もあります。 ダッシュボードやガラス、シートなど異なる材質が密集しているため、反射や吸収などで周波数特性が乱れてしまいます。 こうした周波数の乱れをイコライザーを使って整えてあげると、より聴きやすくなります。 イコライザー調整に必要なもの スペクトラムアナライザ 車内の周波数特性を測定するには、スペクトラムアナライザ(略してスペアナ)を使います。 横軸に周波数、縦軸に音圧レベル(dB)が表示されます。 特に専用機器を用意しなくてもアプリで代用できます。 音響用測定器メーカーのエタニ電機がリリースしているiPhone用アプリ「ETANI RTA mini」が便利です。 (フリー版でも十分使えます) このアプリ、非常に優れものでiPhoneの内蔵マイクを使ってチェックすると、かなり正確に周波数を測定してくれます。 200Hzの音を再生してみると…このように。 20kHzの場合。 私には聞こえませんが、子供たちには聞こえる音。 iPhoneでも測定されています。 測定用音源 測定にはピンクノイズ(ザーッというやつです)を使います。 アプリやYoutubeの動画を使っても良いですが、iPhone1台で測定と再生の両方はできないので、「サウンドチューニングMaster」に付属している調整用CDを使用します。 このCDには各周波数信号やピンクノイズなど、調整に役立つ信号が豊富に収録されています。 著者:石田氏の解説も非常に分かりやすいので、持っていると便利な一冊です。 専門用語の解説や調整方法など、チューニングに役立つ内容が詳しく記載。 付属の調整用CDには下記の信号が収録されています。 ・スピーカー接続チェック ・位相チェック ・ビビリ(共振)チェック ・サブウーファー前方定位、奥行き感チェック ・タイムディレイ調整チェック ・イコライザー調整用信号(31バンド対応) ・スィープトーン、ピンクノイズ 実際に調整してみる 調整してみるのは、ステップワゴンに装着しているホンダ純正ナビ(Ghaters)のVXM-145Cで、7バンドのイコライザー調整が可能です。 (スピーカーは標準装着品:6スピーカー) イコライザーをフラットな状態にして、調整用CDのピンクノイズを再生します。 アプリを立上げて耳の周辺で測定します。 調整前の状態。 各周波数が凸凹しています。 これがフラットになるようにイコライザーを上下させながら、調整・測定を繰り返していきます。 調整後の状態。 7バンドなので微調整が難しいですが、概ねフラットな状態になりました。 この時のイコライザーの状態。 フラットにしたら、後は好みに応じて微調整。 高音は十分なので、少し弱い低音を上げてみました。 まとめ 純正スピーカーの状態ですが、調整後は聴きやすい状態に。 ステップワゴンはデッドニングを全くしていない状態ですが、こもり気味の音がハッキリと聞こえるようになり、変化の違いが体感できます。 カーオーディオにイコライザー調整機能が内蔵されていれば、これを調整してみるだけでも普段聞いている音楽をより良く聞くことができます。 こうした調整もカーオーディオの楽しみ方の一つですね 著者:TAKA 元ディーラー営業。 新車・中古車・オークション仕入れなど長年クルマに関わる仕事に従事してきました。 経験からクルマ関係の話題が中心ですが、モバイルや家電・ホビーなども得意分野です。 カテゴリー• 237• 8 クルマ関連記事.

次の