シマノ スピニング リール。 スピニングリールを細かく比較!インプレ!ダイワ・シマノ

【楽天市場】リール > リール > スピニングリール:フィッシング遊

シマノ スピニング リール

シマノ リール17種の順位 ランク シマノ スピニングリールの順位 ランク を載せておきます。 定価の順番になっています。 エギングやメバリング用の 自重の軽さが売りモデルなどもありますので 他のスペックなどと比較すると順位は異なります。 新しく釣りを始める方はリールを購入の際の参考にどうぞ。 シマノ リールの順位 ランク• ステラ• ツインパワー TWIN POWER• EXSENCE エクスセンス• コンプレックス COMPLEX• ソアレ Soare• カーディフ CARDIFF• セフィア Sephia• レアニウム RARENIUM• バイオマスター BIOMASTER• アルテグラ ULTEGRA• ナスキー NASCI• サハラ SAHARA• アオリスタBB AORISTA BB• エルフ ELF• セドナ SEDONA• エアノス AERNOS• アリビオ Alivio シマノ リールの順位 ランク 現行の型 定価 すべてのモデルに共通の番手は ありませんので、番手はばらばらです。 14ステラ 3000HG 89,640• 15 ツインパワー 3000HGM 46,764• 13 バイオマスターSW 4000HG 32,724• 17 アルテグラ C3000HG 18,144• 16 ナスキー C3000 13,500• 17 サハラ C3000HG 9,720• 13 アオリスタ BB C3000HG 9,396• 11エルフ C3000 8,640• 17 セドナ C3000 5,023• 16 エアノス C3000 4,277• アリビオ C3000 3,925 シマノ リール 現行の型 スペック一覧表 シマノ リール モデル スペック 14ステラ 3000HG ギア比:5. 8 実用ドラグ力(N)/(kg):68. 0 最大ドラグ力(N)/(kg)107. 5-180、3-150、4-100 フロロ 号-m :2. 5-160、3-130、4-100 15 ツインパワー 3000HGM ギア比:5. 8 実用ドラグ力:34. 5kg 最大ドラグ力:88. 0kg 自重:265g スプール寸法:46. 5mm ナイロン糸巻量 号-m :1. 0 最大ドラグ力:9. 2N 実用ドラグ力:3. 5 PE糸巻量 号-m :0. 0 実用ドラグ力:24. 5kg 最大ドラグ力:39. 5-140、3-100、4-90 フロロ糸巻量 lb-m :2-170、3-95、4-75 PE糸巻量 号-m :0. 6-140、0. 0 実用ドラグ力:2. 6N 最大ドラグ力:3. 5 PE糸巻量 号-m :0. 6-200、0. 0 実用ドラグ力:3. 3N 最大ドラグ力:9. 2N 自重:190g スプール寸法:46. 5mm ナイロン糸巻量 号-m :2. 8 実用ドラグ力:53. 5kg 最大ドラグ力:107. 5mm ナイロン糸巻量 号-m :3. 5-14. 2 実用ドラグ力:2. 6N 最大ドラグ力:2. 5N 自重:265g スプール寸法:45. 5mm ナイロン糸巻量 号-m :2. 0:1 実用ドラグ力:4. 2N 最大ドラグ力:8. 3N 自重:265g スプール寸法:径46. 5mm ナイロン糸巻量 号-m :2. 0 実用ドラグ 3. 5kg 最大ドラグ 9. 0kg 自重 250g スプール寸法 径46. 5mm 糸巻量 ナイロン 2. 5-180号-m、3-150号-m、4-100号-m 糸巻量 フロロ 2. 5-150号-m、3-130号-m、4-100号-m 糸巻量 PE 1-400号-m、1. 5-270号-m、2-180号-m 16 エアノス C3000 ギア比:5. 5 ナイロン糸巻量 号-m :2. 5-180、3-150、4-100 フロロ糸巻量 号-m :2. 5-160、3-130、4-100 PE糸巻量 号-m :1-400、1. 5-270、2-180 アリビオ C3000 ギア比:5. 2:1 最大ドラグ力:3. シマノ リール17種の順位 ランク を見ている人は他にこんなページもみています ルアー ランガンが必要な理由 あまりルアーで釣りをやらない方はなぜ面倒なランガンをしなければいけないのか不思議に思うかもしれない。 魚がいるのであれば、ひたすら釣れるルアーだけを投げればは釣れるのではないかとそもそもランガンとは何ということからランガンは簡単に言えば、ただ単にポイントを移動しながら釣りをすること。 一般的に言えばルアーでよく使われるが餌釣りの場合でも、素早く多くの魚を釣りたい場合使うことができる。 ランガンがあまり必…… サビキ釣りで釣れる時期とは? サビキ釣り時期シーズンにもよって釣れる魚やサイズが異なります。 魚の種類によっては好みの水温があり、海水温が暖かくないとあまり回遊してこない事もあります。 魚の好む水温と、釣り場の海水温がマッチした時に魚の群れが活発に湾岸に回遊してきて、サビキで本格的に釣れやすくなります。 これがサビキで釣れるとされる時期シーズンのもっとも重要な理由の一つです、なので毎年まったく同じ時期ではなく、海水温の変動によりやや…….

次の

スピニングリールを細かく比較!インプレ!ダイワ・シマノ

シマノ スピニング リール

5 2. 確かにロングストロークスプールを採用しているので、体感的にキャスト時の伸びが分かるのでしょう。 それよりも、やはりトータルで手持ち感覚が軽くなっていることが、高評価のベースとなっているようです。 以前の他機種スピニングリールなら、4000番台を軽いとは感じませんでした。 この19ヴァンキッシュ4000XGに載せ換えると、たったの200グラムしかありません。 軽くなることで、手元感度は上がりますし、キャストやフッキングによる手首・腕・肘・肩などの疲れが軽減されます。 実際に同じ番手を使って、40グラムから60グラムのメタルジグをキャストしてみましたが、あり得ない軽さに驚きを覚えます。 50センチぐらいの青物を掛けてランディングしましたが、ローターはスムーズに回って引っ掛かりやたわみなどを感じることはありませんでした。 ドラグの効きはじゅうぶんで、滑り出しや制動も良好。 ハンドルノブも握りやすくて疲れませんが、小さ目のラウンドノブでも良かったかな?という印象です。 一度この軽さと感度を味わってしまうと、他の4000番にはなかなか移ることは難しいでしょう。 1年後もこの剛性感・使用感が残っていれば、耐久性もバッチリとなるのですがどうでしょうか。 サーフでも使ってみたのですが、PEラインが拾ってくる細かな浮遊物によって、ラインローラーに若干のシャリ感が出ます。 これは帰宅後メンテナンスをすれば修正できるのですが、釣り場ではすぐに対応ができません。 となると、やや異音を感じながら使い続けることになるので、ストレスになるのは否めないでしょう。 ラインローラーの内部に異物が侵入しているわけではないので、表面に継ぎ目に付着しているのでしょうが、それがひんぱんに起こるのは、形状が原因なのでしょうか? 釣り場での分解は危険なので、絶対にやめたほうがいいですよ。 とりあえず実釣が終われば、メンテナンスを欠かすことのないようにしたいものです。 管釣りトラウトに番手の小さなリールを使うのは、ロッドも軽量でキャストするルアーも軽量、おまけにライトラインをメインに使うからでしょう。 でも60センチを超えるニジマスやブラウンをリリースしているエリアでは、掛かったら耐えられるのかな?と心配になりますが、実際に19ヴァンキッシュC2000SHGを使ってみたら、何ら問題なくフッキングして引き寄せることができました。 ハンドルが回しにくくなるようなトラブルはありませんし、ドラグ出っ放しにもなりません。 じゅうぶんに負荷を受けて、それを操っている印象が強いですね。 30センチを軽く超えるサイズが、数多く接岸してきた年でしたが、連続で12本揚げても何らトラブルは発生しませんでした。 ラインローラーにややシャリ感が出たので、帰宅後メンテナンスを施すと元通りに。 一度50センチクラスのシーバスが掛かったので、数分間ドラグを出しながらやり取りをしましたが、PE0. 3号ラインでも余裕を持ってランディングできましたよ。 ハンドルノブも握りやすいですし、ヒジを使わず手首で回すのにもすぐに慣れます。 超軽量ボディだからと剛性感が足りないと感じることは、一度もありませんでした。 同じタックルセッティングで、ハゼ釣りをおこなったことがあります。 4グラム程度のクランクベイトを付けてキャスト、リップがボトムをノックするぶん、軽い負荷がリールに掛かっています。 その程度ではローターの回転に何ら支障を与えることはなく、スムーズに巻き取れるのですが、なんとハゼの代わりに40センチ後半サイズのチヌが掛かってしまいました。 ロッドを立てて水面を浮かせようとしても、そう簡単には上がってきません。 15分ほどやり取りを続けて、ようやく水面に顔を見せたころには、それ以上暴れる気配もなく。 ランディング後リールをチェックすると、ローターやラインローラー・ドラグなどに異変はありませんでしたし、スプールに過度にラインが食い込むことにもなっていませんでした。 ただし、ハンドルによる巻き取りに関して、チヌの引っ張りに負けて回しにくいというよりは、ローターに無理はさせられないからこれ以上は回してはいけない!という感覚に陥ります。 華奢ではないのですが、やはり樹脂ローターは強めの気遣いの中で使ってしまいますね。

次の

ヴァンキッシュのユーザー評価を徹底チェック!シマノ人気の超軽量スピニングリール!

シマノ スピニング リール

つまり、2500Sだとちょっとスプールサイズが大きすぎて、飛距離が落ちてしまう、だけど巻き上げ力は落としたくない。 みたいなときに積極的に選べる番手としてC2500Sが用意されているという事です。 (これがC2000になると、ボディサイズが一回り小さくなるので、巻き上げ力が落ちてしまう) と、まずはC2500Sと2500Sの違いをまとめてみました。 使うロッドの硬さで決める ロッドにもよるので、一概には言えないのですが、ざっくりとした目安として、L(ライト)クラス以下はC2500S、ML以上は2500Sが相性がいいです。 リールに最も近いラインガイド(バットガイド)の大きさでも、どちらを使うのかある程度絞ることが出来ます。 バットガイドが小径のロッドはC2500S、そうでなければ2500Sという選び方です。 小径のガイドに2500S番はスプールサイズがデカすぎて、飛距離が著しく落ちてしまいます。 例として、レジットデザインWSS61UL 写真右 のバットガイドがめちゃ小さくて、2500Sを合わせてしまうと明らかに飛距離が落ちます。 また、重量バランスの点から見ても、C2500Sの方が相性がイイですね。 使用ラインで決める フロロカーボンに限った話ですが、3lbまでのフロロラインは、C2500Sのスプール径の方が相性が良く、4lb以上を使う場合は、2500Sがイイです。 理由としては、C2500Sで4lb以上のフロロラインを使うと、極端にライントラブルが増加するからです。 スプール径が小さいことによるラインへの負担が、C2500Sの43mmというスプール径になると顕著化するんですよね。 プロが使っている番手をマネする なんだかんだでこれがかなり有効な選び方だと思うのですが、プロが使っているタックルバランスをマネしてしまうというのが、基準となると思います。 まとめ 以上、C2500Sと2500Sの選び方についてでした。 ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

次の