パソコン ツクモ。 【2020年】ツクモの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

BTOパソコンツクモ(TSUKUMO)通販の評判悪い?口コミをチェック!|【快適ゲーミングPCどっとこむ】初心者向け選び方!

パソコン ツクモ

使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス• プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない• 安く抑えたい• せっかくだから省スペース化 安さを追求したBTOパソコンです。 簡易的な使用用途前提なので、ゲームや画像・動画編集、プログラミングといった作業には向いていません。 また複数の常駐ソフトを入れたり、沢山のアプリを同時に起動させるなど、 マルチタスク処理にもあまり強くないので、 あくまで簡単なWEBサイト閲覧、YoutubeやAmazon、NetFrixなどの動画視聴、メールや軽ファイル容量のオフィス作業など、 割り切った使用を前提にしています。 AeroSlimの低価格PCではIntelのCeleron G4900(2コア2スレッド)がありますが、 性能に対するコスパが高いためこちらをおすすめしています。 まずコアスレッド数が倍なことで、動作が快適であること、 また内蔵グラフィックスがIntelよりも強いため、 軽いゲームであればある程度動作してしまう性能になっています。 メモリだけ4GBでは少ないので8GBへのアップグレードをおすすめします。 厳密には最安のノートPCがこれっていうのがありますが 笑 CPUはモバイル用のCorei3-8130U 2コア4スレッド を搭載しており、 高性能まではいきませんが、今回の使用前提であれば快適に動作します。 また240GBのSSDなのも問題ないです。 ただ唯一メインメモリが4GBなのが残念な点。 アップグレードできれば良いのですが、このモデルはカスタマイズできないので、 この点は妥協するしかありません。 ここからは本格的なゲーミングPCとなっており、G-GEARシリーズのCorei5 9400Fモデルです。 CPUでは同価格にてAMDのRyzen5 2600 6コア12スレッド モデルもあるのですが、 ゲーミング性能重視であればCorei5 9400Fが良いです。 ただ 動画編集や配信などマルチタスク性能重視であればRyzen5 2600モデルを選択しても良いです。 グラボの初期構成はGTX1050tiになっています。 安さ重視ならそのままでも良いですが、最新世代のGTX1650のほうが性能が高く、 また今後のゲームのほうが性能を発揮しやすい構造になっているため、 将来性からも GTX1650のアップグレードをおすすめします。 フルHD高~最高画質で遊べる• 低画質120~240fpsで遊べる• ゲーム配信など高負荷マルチタスクも対応できる• 動画編集もある程度可 さらにCPUおよびグラフィックボードの性能を高めたモデルを選択しています。 この辺りになってくると、作業をできることはもちろん、 質や速さ、快適性を追求できるラインナップになります。 幅広いゲームはできることはもちろんですが、 動作スペックの高さを要求されるゲームでも、 フルHDであれば高画質60fpsで遊べます。 さらにCPUのマルチコア、マルチスレッド化を高めているので、動画編集にも対応し、 ゲーム配信をするといったこともできるようになってきます。 最新世代のRyzen5 3600を搭載したモデルで、 シングル・マルチ性能ともに 同クラスのIntelを凌駕しており、 ゲーミング性能はもちろん、動画編集・配信性能も高いです。 もちろん、プログラミング作業も容易。 さらにグラボは最近価格改定で安くなったRTX2060を搭載。 フルHDでは何不自由ないゲーミング性能で、 最高画質60fpsはもちろん、中~高画質144~240fpsゲーミングモニター利用もできます。 ゲーミングモニター利用を考えているのならおすすめのPCです。 初期構成から16GBメインメモリ搭載で、 記憶容量もある程度あるので、動画編集マシンとしても活用できます。 同クラスIntelの9700よりもマルチ性能は凌駕しており、 シングル性能もほぼかわらず、ゲーミング性能も同等以上となっており、 価格と性能の良さ両方ともRyzenが優勢となっています。 グラフィックボードはRTX2070 SUPERを搭載。 ハイクラスのグラフィック性能を有し、WQHDゲーミングも十分に対応できます。 3700Xとの組み合わせによって、ハイクオリティなゲーム体験・動画配信もでき、 動画編集作業もかなり快適です。 3Dレンダリングなどもある程度こなせるようになっています。 ただし熱をもちやすいCPUなので、 性能をしっかりできるようCPUクーラーはオプションのものを選択しましょう。 ツクモが提供するゲーミングノートPCでは最上位機種です。 グラフィックボードはRTX2070を搭載し、 CPUも高速なのでかなり快適にゲームができるでしょう。 動画編集・配信に関してはデスクトップ型とはまではいきませんが、ある程度こなせます。 ゲーミング性能とマルチタスク性能のバランスから見て3900Xがおすすめです。 対応するグラフィックボードは現最強のRTX2080tiにアップグレード。 もはや無敵の組み合わで性能は言うまでもありません。 マザーボードは高品質・高耐久なX570を使用しています。 X570はグラフィックボードなどの通信に使われる規格の次世代PCIe4. 0に正式に対応してますので、 今後の将来性も十分に確保できています。 ノートパソコンの場合 この要件で該当するノートPCはありません。 2020年ツクモのBTOラインナップ ツクモではデスクトップ型とノート型の両方を取り扱っています。 ノート型は、「スタンダード」と「ゲーム」向け、 デスクトップは、主に「スタンダード」「ゲーム」「クリエイティブ」に大別できます。 スタンダードパソコン ミニタワー型の「AeroStream」、ミニPC型の「Aeromini」、 スリム型の「AeroSlim」、小型ビジネスPCの4種類の大きさにわけられます。 ミニタワー型を除き、大きさ的にグラフィックの拡張性が無いため、 オフィス利用や基本PC作業を前提にしたエントリークラス向けのほうが向いています。 ミニタワー型では、RTX2070のグラフィックボードまでカスタマイズできるので、 ハイクラスの入門ぐらいまでなら選ぶことが可能なのですが、 利用されているマザーボードはコスパ重視の種類であること、 またCPUは一部を除きRTX2070ではボトルネックになりやすいことを考えると、 エントリー~ミドルクラスぐらいまでのBTOパソコンを作るのに適しています。 ハイスペックを狙うなら、ゲーミングPC群から選ぶのがおすすめ。 ゲームパソコン グラフィック性能を強化した、ゲーム向けのBTOパソコンです。 「G-GEAR」というブランド名で展開されており、 超小型「alpha」、ミニタワー「mini」、ミドルタワー、ハイタワー「neo」の4種にわけられます。 使用されるマザーボードも上位モデルが多く、熱対策も考慮されているので、 ミドルスペック以上を狙うならスタンダードBTOより、こちらのほうがおすすめです。 なおゲーミング性能の目安としては、 フルHDで低~高画質60fpsならGTX1050ti、GTX1650、 フルHDで高画質60fpsや画質こだわらず120fps以上ならGTX1660、GTX1660ti、RTX2060、 WQHDや4K、フルHD高画質120fps以上ならRTX2070以上を選ぶと良いです。 超小型「G-GEAR alpha」は省スペース性に特化したモデルで、拡張性はあまりありません。 グラボはカスタマイズ性がなく、CPUを選ぶ(Intel系のみ)という感じです。 性能的に フルHDで中~高画質60fpsを狙えるようなゲーミングPCですね。 ただ現在は旧世代のグラボのみなので、省スペース性が欲しくなければ、 特別選ぶ理由はないかなという印象です。 ミニタワー「G-GEAR mini」は省スペース性を考慮するなら、選びたいラインナップかなと思います。 ミドル以上のゲーミングPCになると排熱問題がネックになるのですが、 あまり小型すぎると、中々上手にいかず性能低下を招きやすくなるんです。 ミニタワーであれば排熱もある程度こなせます。 また ミドルタワーに比べて、やや価格が安いです。 グラボはGTX 1050Ti~RTX 2080までなので、 ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。 Intel系はCorei5 9400F~Corei9 9900Kのミドル~ハイクラスまで選べ、 AMD系はRyzen5 2400G、Ryzen5 2600~Ryzen7 2700Xのミドル~ハイクラスまで選べます。 ただ予算があるのであれば、AMDは第3世代を使用しているミドルタワーから選ぶのがおすすめ。 ゲーミング性能がかなり向上しているからです。 ミドルタワー「G-GEAR」は、ゲーミングPCを組むなら個人的に一番おすすめです。 ミドル以上になってくると、後から機能を追加したりすることもあり、拡張性があったほうが便利。 また排熱対策も取りやすいので、ゲーミング性能低下が防ぎやすいです。 ただミニタワー型より少し価格が高いので、このあたりは予算と相談です。 グラボはGTX 1050Ti~RTX 2080tiまでなので、 ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。 ミニタワー型では選べないRTX2080tiが選べます。 Intel系はCorei5 9400F~Corei9 9900K、 AMD系はRyzen5 2600~Ryzen9 3900Xまで選べます。 第3世代Ryzenは現在ミドルタワー型からしか選べません。 ハイタワー「neo」は、一般向けでは一番大きいケースです。 拡張性がすごいですが、個人的にはミドルタワーぐらいで丁度良いかなとは思います。 基本はミニタワー型とミドルタワー型と同じようなラインナップですが、 グラフィックボードを2枚するSLIモデル、RTX TITANはハイタワー型にしかありません。 ゲーム推奨モデル ゲーミングPCの中にはゲーム推奨モデルが用意されています。 細かいスペックはわからないけど、このゲームがやりたい!と明確に決まっている場合は、 こちらから選ぶと適したBTOパソコンを選ぶことができます。 クリエイティブモデル NVIDIA Quadroモデルとして展開されている、CADや3DCGレンダリングなどを得意とする、 Quadroシリーズのグラフィックボードが選べるBTOパソコンです。 上記の作業を沢山やらない場合は、ゲーミングPCでも仕事がこなせますが、 高負荷の作業を前提としている場合は、こちらから選ぶのが良いです。

次の

TSUKUMO(ツクモ)の評価・評判を徹底調査 2020年版

パソコン ツクモ

使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス• プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない• 安く抑えたい• せっかくだから省スペース化 安さを追求したBTOパソコンです。 簡易的な使用用途前提なので、ゲームや画像・動画編集、プログラミングといった作業には向いていません。 また複数の常駐ソフトを入れたり、沢山のアプリを同時に起動させるなど、 マルチタスク処理にもあまり強くないので、 あくまで簡単なWEBサイト閲覧、YoutubeやAmazon、NetFrixなどの動画視聴、メールや軽ファイル容量のオフィス作業など、 割り切った使用を前提にしています。 AeroSlimの低価格PCではIntelのCeleron G4900(2コア2スレッド)がありますが、 性能に対するコスパが高いためこちらをおすすめしています。 まずコアスレッド数が倍なことで、動作が快適であること、 また内蔵グラフィックスがIntelよりも強いため、 軽いゲームであればある程度動作してしまう性能になっています。 メモリだけ4GBでは少ないので8GBへのアップグレードをおすすめします。 厳密には最安のノートPCがこれっていうのがありますが 笑 CPUはモバイル用のCorei3-8130U 2コア4スレッド を搭載しており、 高性能まではいきませんが、今回の使用前提であれば快適に動作します。 また240GBのSSDなのも問題ないです。 ただ唯一メインメモリが4GBなのが残念な点。 アップグレードできれば良いのですが、このモデルはカスタマイズできないので、 この点は妥協するしかありません。 ここからは本格的なゲーミングPCとなっており、G-GEARシリーズのCorei5 9400Fモデルです。 CPUでは同価格にてAMDのRyzen5 2600 6コア12スレッド モデルもあるのですが、 ゲーミング性能重視であればCorei5 9400Fが良いです。 ただ 動画編集や配信などマルチタスク性能重視であればRyzen5 2600モデルを選択しても良いです。 グラボの初期構成はGTX1050tiになっています。 安さ重視ならそのままでも良いですが、最新世代のGTX1650のほうが性能が高く、 また今後のゲームのほうが性能を発揮しやすい構造になっているため、 将来性からも GTX1650のアップグレードをおすすめします。 フルHD高~最高画質で遊べる• 低画質120~240fpsで遊べる• ゲーム配信など高負荷マルチタスクも対応できる• 動画編集もある程度可 さらにCPUおよびグラフィックボードの性能を高めたモデルを選択しています。 この辺りになってくると、作業をできることはもちろん、 質や速さ、快適性を追求できるラインナップになります。 幅広いゲームはできることはもちろんですが、 動作スペックの高さを要求されるゲームでも、 フルHDであれば高画質60fpsで遊べます。 さらにCPUのマルチコア、マルチスレッド化を高めているので、動画編集にも対応し、 ゲーム配信をするといったこともできるようになってきます。 最新世代のRyzen5 3600を搭載したモデルで、 シングル・マルチ性能ともに 同クラスのIntelを凌駕しており、 ゲーミング性能はもちろん、動画編集・配信性能も高いです。 もちろん、プログラミング作業も容易。 さらにグラボは最近価格改定で安くなったRTX2060を搭載。 フルHDでは何不自由ないゲーミング性能で、 最高画質60fpsはもちろん、中~高画質144~240fpsゲーミングモニター利用もできます。 ゲーミングモニター利用を考えているのならおすすめのPCです。 初期構成から16GBメインメモリ搭載で、 記憶容量もある程度あるので、動画編集マシンとしても活用できます。 同クラスIntelの9700よりもマルチ性能は凌駕しており、 シングル性能もほぼかわらず、ゲーミング性能も同等以上となっており、 価格と性能の良さ両方ともRyzenが優勢となっています。 グラフィックボードはRTX2070 SUPERを搭載。 ハイクラスのグラフィック性能を有し、WQHDゲーミングも十分に対応できます。 3700Xとの組み合わせによって、ハイクオリティなゲーム体験・動画配信もでき、 動画編集作業もかなり快適です。 3Dレンダリングなどもある程度こなせるようになっています。 ただし熱をもちやすいCPUなので、 性能をしっかりできるようCPUクーラーはオプションのものを選択しましょう。 ツクモが提供するゲーミングノートPCでは最上位機種です。 グラフィックボードはRTX2070を搭載し、 CPUも高速なのでかなり快適にゲームができるでしょう。 動画編集・配信に関してはデスクトップ型とはまではいきませんが、ある程度こなせます。 ゲーミング性能とマルチタスク性能のバランスから見て3900Xがおすすめです。 対応するグラフィックボードは現最強のRTX2080tiにアップグレード。 もはや無敵の組み合わで性能は言うまでもありません。 マザーボードは高品質・高耐久なX570を使用しています。 X570はグラフィックボードなどの通信に使われる規格の次世代PCIe4. 0に正式に対応してますので、 今後の将来性も十分に確保できています。 ノートパソコンの場合 この要件で該当するノートPCはありません。 2020年ツクモのBTOラインナップ ツクモではデスクトップ型とノート型の両方を取り扱っています。 ノート型は、「スタンダード」と「ゲーム」向け、 デスクトップは、主に「スタンダード」「ゲーム」「クリエイティブ」に大別できます。 スタンダードパソコン ミニタワー型の「AeroStream」、ミニPC型の「Aeromini」、 スリム型の「AeroSlim」、小型ビジネスPCの4種類の大きさにわけられます。 ミニタワー型を除き、大きさ的にグラフィックの拡張性が無いため、 オフィス利用や基本PC作業を前提にしたエントリークラス向けのほうが向いています。 ミニタワー型では、RTX2070のグラフィックボードまでカスタマイズできるので、 ハイクラスの入門ぐらいまでなら選ぶことが可能なのですが、 利用されているマザーボードはコスパ重視の種類であること、 またCPUは一部を除きRTX2070ではボトルネックになりやすいことを考えると、 エントリー~ミドルクラスぐらいまでのBTOパソコンを作るのに適しています。 ハイスペックを狙うなら、ゲーミングPC群から選ぶのがおすすめ。 ゲームパソコン グラフィック性能を強化した、ゲーム向けのBTOパソコンです。 「G-GEAR」というブランド名で展開されており、 超小型「alpha」、ミニタワー「mini」、ミドルタワー、ハイタワー「neo」の4種にわけられます。 使用されるマザーボードも上位モデルが多く、熱対策も考慮されているので、 ミドルスペック以上を狙うならスタンダードBTOより、こちらのほうがおすすめです。 なおゲーミング性能の目安としては、 フルHDで低~高画質60fpsならGTX1050ti、GTX1650、 フルHDで高画質60fpsや画質こだわらず120fps以上ならGTX1660、GTX1660ti、RTX2060、 WQHDや4K、フルHD高画質120fps以上ならRTX2070以上を選ぶと良いです。 超小型「G-GEAR alpha」は省スペース性に特化したモデルで、拡張性はあまりありません。 グラボはカスタマイズ性がなく、CPUを選ぶ(Intel系のみ)という感じです。 性能的に フルHDで中~高画質60fpsを狙えるようなゲーミングPCですね。 ただ現在は旧世代のグラボのみなので、省スペース性が欲しくなければ、 特別選ぶ理由はないかなという印象です。 ミニタワー「G-GEAR mini」は省スペース性を考慮するなら、選びたいラインナップかなと思います。 ミドル以上のゲーミングPCになると排熱問題がネックになるのですが、 あまり小型すぎると、中々上手にいかず性能低下を招きやすくなるんです。 ミニタワーであれば排熱もある程度こなせます。 また ミドルタワーに比べて、やや価格が安いです。 グラボはGTX 1050Ti~RTX 2080までなので、 ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。 Intel系はCorei5 9400F~Corei9 9900Kのミドル~ハイクラスまで選べ、 AMD系はRyzen5 2400G、Ryzen5 2600~Ryzen7 2700Xのミドル~ハイクラスまで選べます。 ただ予算があるのであれば、AMDは第3世代を使用しているミドルタワーから選ぶのがおすすめ。 ゲーミング性能がかなり向上しているからです。 ミドルタワー「G-GEAR」は、ゲーミングPCを組むなら個人的に一番おすすめです。 ミドル以上になってくると、後から機能を追加したりすることもあり、拡張性があったほうが便利。 また排熱対策も取りやすいので、ゲーミング性能低下が防ぎやすいです。 ただミニタワー型より少し価格が高いので、このあたりは予算と相談です。 グラボはGTX 1050Ti~RTX 2080tiまでなので、 ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。 ミニタワー型では選べないRTX2080tiが選べます。 Intel系はCorei5 9400F~Corei9 9900K、 AMD系はRyzen5 2600~Ryzen9 3900Xまで選べます。 第3世代Ryzenは現在ミドルタワー型からしか選べません。 ハイタワー「neo」は、一般向けでは一番大きいケースです。 拡張性がすごいですが、個人的にはミドルタワーぐらいで丁度良いかなとは思います。 基本はミニタワー型とミドルタワー型と同じようなラインナップですが、 グラフィックボードを2枚するSLIモデル、RTX TITANはハイタワー型にしかありません。 ゲーム推奨モデル ゲーミングPCの中にはゲーム推奨モデルが用意されています。 細かいスペックはわからないけど、このゲームがやりたい!と明確に決まっている場合は、 こちらから選ぶと適したBTOパソコンを選ぶことができます。 クリエイティブモデル NVIDIA Quadroモデルとして展開されている、CADや3DCGレンダリングなどを得意とする、 Quadroシリーズのグラフィックボードが選べるBTOパソコンです。 上記の作業を沢山やらない場合は、ゲーミングPCでも仕事がこなせますが、 高負荷の作業を前提としている場合は、こちらから選ぶのが良いです。

次の

【2020年】ツクモの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

パソコン ツクモ

TSUKUMO(ツクモ)の評価 ここではパーツ販売は無視してBTOパソコンのデスクトップとノートに関連する評価だけをまとめます。 デスクトップゲームPCの満足度5年連続No. 1 「イード・ゲームPCアワード」というものが存在します。 イードという会社が毎年アンケートを取り、ゲーミングPCの満足度を調査しています。 ツクモはなんと5年連続でデスクトップゲーミングPCの満足度で最優秀賞を獲得しています。 これって凄くないですか?ユーザーが本当に満足したBTOメーカーを1つ選んでいるわけですから、デスクトップゲーミングPCを買おうとしているならツクモを選んでおけば後悔しないことがわかります。 最優秀賞だと曖昧なのでもう少し細かく説明すると、 例えば2015年だとクオリティ、コストパフォーマンス、カスタマー(サポート)、カスタマイズの部門で1位を獲得しています。 デスクトップで重要なすべての項目で高く評価されています。 ノートPCは少ない デスクトップが優秀な一方、ツクモはノートPCの機種が非常に少ないです。 普通のノートPCもゲーミングノートPCも少ないです。 カスタマイズを前提にしているせいかパソコン初心者にはかなりハードルの高くなっています。 ちなみにノートPCの部門だと2015年は、2017年はが最優秀だと評価されています。 カスタマイズ性はそこそこ さてカスタマイズが評価されているわけですが、実はほど豊富なパーツを取り揃えているわけではありません。 ドスパラと同等か、やや少ないくらいです。 ただ「隠し」はほとんどないので信頼性の高いパーツを選べるのは嬉しいですね。 サイトの作りが不親切でBTOパソコンの選び方で迷ってしまうことが多い印象があるものの、 ある程度知識がある人にはツクモのBTOパソコンはおすすめできます。 出荷の早さは平均的 あと気になるのは出荷の早さです。 BTOメーカーの多くは注文が入ってから5日後に出荷します。 もちろんパソコンのモデルやカスタマイズによって変動するわけですが、基本的には5日後出荷です。 Mouseやが大体5日であることを考えると、遅くもないですし早くもありません。 ドスパラの2日後出荷が異常に早いだけなのでしょう。 1週間後くらいに届けばいいや、と考えている人にはツクモで問題ありません。 TSUKUMO(ツクモ)の評判 Twitterでツクモの良い評判と悪い評判を探してみました。 にっき。 母上のパソコンをツクモBTOで買ったら初日から警告なしでいきなり電源おちるから何とかしてって送った。 マザボダメでしたすまんなってメールきた。 — セルノリアン norimasanorimas あと私みたいにPCは使うけどえ?スペック何それ?人間にはBTOパソコンの存在を知ったのはとてもありがたい。 特にピンポイントでこのソフトならこのスペック搭載して動作確認してますよ!って表記してくれてあったのは心強かった。 今回はツクモさんにお願いしました。 駅から近くて便利。 それにしても、音源作ってるのかパソコン作ってるのか、わからんくなってきたぞ。。

次の