リアル 脱出 ゲーム ハンター ハンター。 横浜でリアル脱出ゲーム×「HUNTER×HUNTER」ハンター試験からの脱出開催!

「ハンター試験からの脱出」感想。本当にハンター試験受けてるみたいだった

リアル 脱出 ゲーム ハンター ハンター

少年ジャンプでの休載が発表されたと同時に開催が発表された本公演。 TMC地下1階で開催される公演第4弾。 これまでのTMC地下1階の公演はTMC限定公演でしたが、この公演に関しては名古屋、大阪、福岡、札幌と主要都市での開催も決まっています。 平日の昼間の公演でしたが、100人以上が参加しこの公演の期待度の高さそして作品の人気が伺えます。 ハンター試験からの脱出 『ハンター』とは、 秘宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、 希少な物を追い求める人々の総称である。 あなたはプロのハンターを目指し、 合格率数百万分の一と言われるハンター試験を受験する。 この試験の合格者にはライセンスが与えられ、 最上級のあらゆる優遇措置を受けることができる。 しかし、その会場では前代未聞の光景が 次々と繰り広げられるのであった。 試験官から発表される 絶望的な難易度の課題。 集まった猛者たちによる 読み合い、そして殺し合い。 不可解な能力によって 巻き起こる超常的な事件。 さらに、会場には怪しく微笑む 奇術師ヒソカの姿が……!! あなたは持てる全ての力を使い、 この苛烈な試験に合格することができるだろうか? 結果 今回のハンター試験からの脱出…… 不合格です。 結構惜しいところまで考えは回っていましたが、残念ながら求められていた答えには一歩及ばずでした。 参加回の脱出成功者は3チームでした。 全体での成功率はわかりませんが、参加回で考えると5%以下ということになります。 いつものリアル脱出ゲームと違うところ ホームページ上でも新システム登場と謳われている通り、これまでに参加してきたものとは大きく異なっていました。 まず、チームの人数は1〜4人です。 これだけだと1チーム4人のように見えますがそうではないです。 受付で申請した人数が1チームとなるので、見ず知らずの人とマッチングする事はないです。 また、チームではありますが、1人に1つずつのキットが渡されるのでほぼほぼ個人戦です。 (ただし解答はチーム内で合わせる必要があります。 ) 更に、参加者全員が同時に同じ問題に取り組むのかというとそうでもないです。 例えば8人で2チームに分かれて参加した場合、それぞれのチームが同じ問題を同時に解くのかというとそうとは限りません。 要するに何かというと、リアル脱出ゲームというよりもハンター試験っぽいという事です。 謎の難易度 最後の最後は難しく作られています。 しかし、上記の通りリアル脱出ゲームというよりもハンター試験なので、公演の大半は正直謎っぽくないです。 もちろん解答を提出しなければならないので考えなくてはいけない場面がありますが、そこの難易度は低めです。 ただこの難易度の低さが、脱出に必要な思考とギャップがあって面白いところだと思います。 同じような机と椅子のない形式のレイトン脱出が謎だらけだったのに対して、こちらは謎が少なめなのも、世界観重視なのか謎重視なのかの違いがハッキリと出ていて面白いです。 2019-03-13 13:14 演出 当たり前になりすぎてないとちょっと寂しい気持ちにもなるOP・EDはしっかりとフルボイスです。 ハンター試験自体は物語序盤に登場するものですが、この公演は時系列的に会長選挙の後の話のようです。 また、今回参加者はハンター試験受験者なので、劇中と同じように全員にナンバープレートが配布されます。 この写真がキット一式になります。 プレートはチームごとに番号が違うものとなっているので、場合によっては劇中でキャラクター達がつけていたのと同じ番号になる可能性もあります。 これまで演出というとアニメだったり声だったりとデジタルなものが多かってですが、今回は参加者に劇中と同じものを着けさせる事で本当のハンター試験を演出していました。 ちなみにハンター試験に合格するとハンターライセンスがもらえます。 グッズ関連 今回もグッズが多数出ています。 最近散財がハンパないです。 ハンターライセンス型特性USBメモリ こちらはチケット購入時に特典付きを選択する事で手に入れることができます。 まだ中身は見ていませんが、昨年の公安最終試験からの脱出と同じように、問題が間違って消されないようにちょっと細工を施したUSBメモリになっていると思います。 また、このUSBもハンターライセンスらしくイントロダクションとなっている紙に「あなたはハンター試験に合格し〜」と書かれているので、公演とは別口のハンター試験に合格したことになっているようです。 ステッカー いつものステッカー。 今回は不合格を購入。 合格はキルアになっていました。 合格不合格を示すステッカーのイラストが、メインビジュアルと同じなのがちょっと残念だと感じました。 謎付きクリアファイル ゴン、キルア、ヒソカの3種類がバラ売りされています。 セットのもにはメインビジュアルのものが入っています。 (キッチリと4枚分の値段です。 メインビジュアルのものは、問題自体がラストとなっているので他の3枚を解いていることが前提となっています。 ハンター試験公式ノートパッド付きクリップボード 3,800円と高めですが、公演で実際に使ったクリップボードです。 本当は買うつもりはありませんでしたが、公演で1時間使ってみて使いやすくそしてカッコよかったので衝動買いです。 しかし、残念なことにA5よりも結構大きく作られているので、普段使っているカバンには入らずちょっとどう使うかを悩んでいます。 公演で使ってみればわかりますが、中のポケットは結構楽に物が出し入れできるくらい余裕があります。 (この余裕がサイズアップに一役買ってますが) まとめ この公演は謎の数は少なめですが、ハンター試験に参加している感は半端ないです。 今回ソロで参加しましたが、ソロが不利ということは基本的にないです。 いつものテーブル形式だと1人での脱出は難しいですが、この公演はチーム人数に関わらず全員に脱出のチャンスはあります。 なので謎解きは不安だけどハンター試験に参加してみたいという人も安心して参加することができます。 地下の会場外の壁には声優さん達がサインをしたポスターが貼ってありました。 以下自分の勝手な考察です。

次の

参加者と競え!?「ハンター試験からの脱出」に行ってみた!

リアル 脱出 ゲーム ハンター ハンター

実際に「ハンター試験からの脱出」に行ってきました ハンター試験の全体的な話 試験内容はネタバレ厳禁のため詳細にはレポートできませんが、最初から最後まで試験監の言動に注意するほかないですね。 めっちゃ動くのと、クロークが有料 ポリ袋に入れて預ける なので荷物は極力少な目がオススメです。 私物の利用がNGなのでバインダーなどは不要です。 クラピカのように異国の言語の知識もあると有利になることもあるかもしれません。 ハンター試験での配布物 バインダーと作中に出てくるナンバープレートが渡されました。 テンション上がる!存在するかは知りませんが404がよかったなー。 バインダーにはなぜか既にライセンスが付いています 試験前に説明があります ハンター試験の運動量 室内をウロウロしたりはしますが、サトツさんみたいに長距離走らされたりはしなかったので試験終了時の万歩計はこんな感じ。 筋肉も必要ありません。 コラボドリンク&フードもありました 私は水見式ドリンクを頼みました。 頼んでから思ったんですけど色や味が変化しまくってて誰でも全員変化系と放出系なのではないでょうかコレは。 それとも2系統同時なので特質系かな?頼むと貰えるコースターはランダムでキルアが出たのですが友人が推しのクラピカと交換してくれました。 かき氷のシロップ薄めた味で美味しくはない… 物販コーナーにはトンパのドリンク 非売品 が飾ってありました。

次の

【2019】脱出ゲーム*ハンターハンター初日公演行ってきた。 HUNTERXHUNTERはいつから開催?先行販売の購入方法は?リアルハンター試験@東京/大阪/名古屋/札幌/福岡 Tokyo Mystery Circus│パフォーマンスイベント情報サイト

リアル 脱出 ゲーム ハンター ハンター

結構前からやっている脱出ゲームで公演ももう終盤のこのタイミングでこの記事が需要があるかは分かりませんが、 私の備忘録も含めてまとめます(笑)。 大阪の後は横浜で最後なのかな? 実は私、 ハンターハンターは数少ない単行本を集めている漫画の内の一つで、かなりのマニアなのです。 あなたはプロのハンターを目指し、合格率は数百万分の一とも言われるハンター試験を受験する。 この試験の合格者にはライセンスが与えられ、最上級の優遇措置を受けることができる。 もちろんネタばれ禁止公演なので公演内容の詳細は書けませんが、感想をメインに「受付」「公演中」「公演後」の3つに分けて書いていきます。 場所は心斎橋のアメリカ村のど真ん中、三角公園の真横にあるビルの6階です。 大阪には別にアジトオブスクラップ大阪ナゾビルという通天閣近くにも常設展がありますので間違えないように注意してください ね ! 早速中に入ると… ズギューーーン! いきなりヒソカのお出まし(笑)。 3次試験であるこのプレート争奪戦が熱いんですよねぇ~。 と、原作の話を語りだすと2000文字くらい言ってしまいそうなので話を戻しましょう 笑。 私のナンバープレートは18番。 原作の誰かと一緒かと探してみたけれど、残念ながら誰とも一緒ではなかったです。 ただのモブキャラの一人でした。 残念… このナンバープレートを1人1枚(もちろん参加者全員違う数字)もらって体に付けます。 あぁ…これで私もハンターに一歩近づいた感じ(笑)。 ここからは ネタばれになるので正直ほとんど書けません。 ただ、今回のイベントは『リアル脱出ゲーム』という名前ではなく、『リアルハンター試験』と謳っていることもあり、今までの脱出ゲームの様なテーブル上でがっつり謎解きを行う感じではなく、少し趣向が違います。 しかし、 ベースはリアル脱出ゲームなので謎解きがベースですのでご安心を。 いつものエレガントな謎がそこにはあります。 毎回毎回SCRAPさんは脱出ゲームを進化されています。 有料ですが… また、こればっかりはどうしようもないのですが、会場内はあったかいです。 クロークに預ける意外にものを置く所がないので、この時期はコート・ダウンジャケット等は着たまま参加する事になるのですが、これが時間が経つと暑いの何の…イベント中に走ったりする事はありませんが(走ったら試験管に取り押さえられてハンター試験不合格となります(笑)。 )、会場内には100人規模の人がいるので熱気がすごくて終盤には汗をかく程です。 重ね着をして会場に到着したら一枚脱ぐ(二枚位脱いでもいいかも)• 前が開けられる様な服を着る• 薄着で参戦 等、対策をして言った方がいいかもです。 私はたまたま前が開けられる服で参加していたので、イベント中は前を開けていた為に有る程度快適でした(それでも最後には汗をかいていました)が、一緒に行った友人は外出時そのままの格好で参加していた為に週番汗だくで吐きそうになっていました(笑)。 色々とネタばれになるものが載っていますからね~。 それに最近ではフリマアプリとかで公演後の使用一式とがが転売されているのも目にしますし(悲しい…というか、何故それが売れるんだろう。 )、その対策の一環かもしれません。 SCRAPさんは基本転売を禁止されています。 詳細を知りたい方はSCRAPのを見てみてください。 水見式グラスを買って私の念の系統を調べたい所でしたが、今回はグッとこらえてこれをスルー。 私のチームはと言うと、残念ながらハンター試験合格ならず…残念… ただ、今回のリアルハンター試験はまたリアル脱出ゲームの進化系を見た気がします。 本当に楽しく面白い脱出ゲームでしたし、脱出ゲーム常連者も・脱出ゲーム初心者でもどちらでも楽しめる作りになっており、 『さすが天下のSCRAPさん!』という感じの内容でした。 最近本当に脱出ゲームが進化してきていますね~。 でも久々にベタベタなテーブル上での脱出ゲームもやりたいと思ってみたり 笑。 今回はこの辺で!それでは!.

次の