原油先物。 原油価格がマイナス!? 未曾有の事態を生んだ先物取引とは?

石油先物取引の仕組みについて|事業者の方|TOCOMで石油投資|TOCOM

原油先物

その背後には、原油マーケットへ急速に流入した中国からの巨額の投機資金と、それを標的にした空売り勢とのマネーゲームが見え隠れする。 中国の独立系メディア「財新」の取材班は、現地のマーケット関係者を徹底取材。 世界最大の先物商品である原油は、3月初めから、その歴史的な暗黒の瞬間が訪れるまで暴落し続けた。 北京時間4月21日未明 アメリカ時間20日午後 、WTI ウェスト・テキサス・インターミディエート 先物原油5月限 ぎり の清算値が、一時1バレル=-40. 32ドル 320%安 まで暴落した。 原油価格とその下落幅のどちらに関しても歴史的な出来事だ。 この日、最終的にWTI5月限の清算値は1バレル=-37. 63ドルとなった。 WTI5月限とは西テキサス地方の軽質原油の5月の先物取引という意味で、ニューヨーク・マーカンタイル取引所 NYMEX に上場している。 WTIは良好な流動性、価格に関する高い透明性、最大の建玉数を誇る国際原油市場における3大基準価格の1つである。 銀行に預け入れていた保証金が一夜にしてゼロになったのだ。 さらに投資家は中国銀行から多額の保証金を求められ、中国銀行は「この件に関する延滞は個人信用調査に影響を及ぼす」と表明した。 この出来事はすぐに大きな騒動に発展した。 同日夜8時、中国銀行は声明で、当該商品の合規性を強調したが、顧客に対し引き続き保証金を求めるかどうかというセンシティブな問題についての言及は避けた。 財新の取材に応じたある投資家は、「 保有する ポジションの平均価格は184. 73元 1元は約15円 で、中国銀行が報告した終値は-266. 12元だった」と述べる。 98万元になっている。 現行の銀行規則に従うと、商業銀行は先物取引に直接参加することはできない。 銀行はこの商品の仕組みを通じて、個人投資家が原油を売買するためのチャンネルを担っているようにも見えるが、実際の運用においては投資家の売り気配と買い気配を計算した後に、場外で売買を成立させる。 銀行の役割はマーケットメイカーに類似しており、個人投資家は原油先物市場には直接的には参加していない。 銀行は日々、リスクポジションをヘッジして、値上がり益や為替スプレッド、余剰の保証金、および利息などを獲得している。 2015年には中国建設銀行と中国交通銀行も類似の商品を販売し始めた。 また、多くの銀行関係者がこの種の商品はすでに中国銀行保険監督管理委員会に登録されていると話す。 10万人の投資家の資金が原油先物に流入 「バランス型なのに、なぜ投資家が元金をすべて失うリスクを負わなければならないのか。 ある大手銀行のトレーダーは、原油価格が1バレル=20ドルまで下落した際に多くの個人投資家が市場に駆け込み、「原油を底値で買いたい」という声が絶えなかったと話す。 3月13日、ある投資家は、工商銀行が人民元決済口座での北米原油または国際原油に連動する2つの投資商品の取り扱いを一時的に停止しているのを発見した。 工商銀行の関係者は「人民元ベースの原油商品を購入するには、人民元をドルに換える必要がある。 当時は底値を狙って購入しようとする人があまりに多く、外貨管理局が当該商品に対して外為購入制限を設定するほどになった。 無知の者は恐れをも知らない。 このポジションはICE ブレント原油先物 とWTIの期近物 訳注:先物取引で受渡期日が最も近いもの の2大商品に集中している」と考えている。 例えばWTI5月限の場合、5月物を売って6月物を購入する。 規模が最も大きい工商銀行は早くに転売を行い、建設銀行も前倒ししてポジションをクローズ 決済 している。 中国銀行のみ、この清算日を4月21日 訳注:WTI先物5月限の取引最終日 に設定していた。 「素人の買い勢力が、プロの空売り筋に狙い撃ちされた」と、前出のファンドマネージャーは語る。 さらに中国銀行がWTI先物5月限の転売を行おうという際に、あまりにも極端な状況に直面することとなった。 それが原油のマイナス価格だ。 中国銀行は取引に直接関与していなかった 歴史的な事件はわずか30分間の内に起こった。 北京時間4月21日午前2時、WTI先物5月限の価格は1バレル=0. 01ドルにまで下落。 2時8分、取引価格がマイナスに突入。 2時22分には取引価格は引き続き1バレル=-10ドル、2時28分に1バレル=-30ドルに下落。 そして2時29分に1バレル=-40ドルまで暴落し、2時30分の取引価格は1バレル=-37. 63ドルとなった。 注意しなければならないのは、この価格が形成される過程に、中国銀行は関与していないということだ。 「中国銀行が適時ポジションをクローズしなかったから価格が-37ドルまで暴落したというわけではない。 中国銀行とJPモルガンはその日の清算値で清算したまでだ。 中国銀行はセッション中の取引に参加していない」、あるベテランの市場関係者はこう語る。 銀行が先物取引に直接参加することはできないため、銀行は直接的に先物取引所で取引を行うのではなく、先物取引業者を通じて場外で取引を行うのだ。 そしてWTI先物5月限の決済期限前の最後の取引日は北京時間の4月21日。 また、中国銀行と取引業者間の取引の規模についても公にしていない。 ある業界関係者は「ブルームバーグのデータによると、WTI先物5月限の期初の規模は約8万から9万枚、期末はこれにプラスして1万枚以上多かった。 また、決済日には多くの投資家が1バレル=-37. 63ドルで約7. 7万枚 7000万バレル以上 を決済している。 約20ドルの初値に対して、損失は約40億ドルに上る」と分析する。 この内のどれくらいが、中国銀行が外国市場で失った損失になるのだろうか? 現在のところ、中国銀行は当該商品における損失額については公にしていない。 最終的な損失は90億元以上か その内、投資金額が1万元以下の投資家が約2万人、1万~5万元の投資家が約2万人、5万元以上の投資家も約2万人という内訳になっている。 たとえばある支店のロング 買い持ち ポジションの顧客の損失は約2. 7億元。 また別の支店の顧客の損失額は2. 財新が得た情報では、今回の中国銀行の買い注文は2. 4万から2. 5万枚である。 これは中国銀行が約90%のポジションを外国市場でヘッジしなければならないことを意味しており、最終的な損失は90億元を下らないだろう。 中国銀行は顧客に58億元の保証金を求める必要があるが、現在の投資家たちの反応や外部からの注目度、および運用に関して明るみになった落ち度などを考慮すると、難しいと言えそうだ。

次の

原油価格がマイナス!? 未曾有の事態を生んだ先物取引とは?

原油先物

A 将来の期日に決済する取引である商品先物の一つであるWTIは、6月、7月など月ごとに決済日が設けられ売買されている。 4月21日に5月物の決済日を控え、先物を買っている人はこの日までに先物を売って決済しなければ、原油そのものを受け取る必要がある。 先物市場には原油の現物取引での価格変動による損失を抑えるため石油会社や製油所といった実需家だけではなく、先物の値上がりや値下がりで利益を狙うファンドなど投資家も参加する。 需要急減でWTI原油の受け渡し場所の貯蔵施設は満杯になるのが迫っている。 石油業者ではなく原油自体を受け取りたくない投機筋を中心とする投資家は決済日が迫るなか、5月物の売りを急いだ。 一方、貯蔵施設を手当てできないことから製油所などの買い手がなかなか現れず、価格はマイナスに沈んだ。 先物の売り手は、誰かにお金を支払って引き取ってもらった形だ。 Q 原油連動の上場投資信託(ETF)や上場投資証券(ETN)はどんな影響を受けたのか。 A 原油ETFは保有する原油先物を基にして作られる投資信託、原油ETNは裏付けとなる資産を持たず、金融機関が自らの信用力で発行する原油先物指数連動の債券だ。 決済を迎える前に、先物の乗り換えを進め価格急落の一因となった米国最大の原油ETF「USオイルファンド」は新規の発行を停止。 クレディ・スイスは発行するETNの価格がゼロになったと発表した。 Q 先物ではロンドンに北海ブレント原油、東京にドバイ原油があるが、マイナスになっていない。 A WTIとは決済方法が違い、北海ブレントやドバイ原油は先物を買っている人が決済せずに期日を迎えた場合でも現物の引き渡しは行われずに、先物が売られ取引が終了させられる。 北海ブレントの6月物は4月30日に決済日が迫るが、現物を受け取る必要はないので、投資家の投げ売りによるマイナス価格にはなりにくいとみられる。 Q 実需家は北海ブレントをどのようにつかっているのか。 A たとえば石油会社は生産した原油を将来に販売する際、原油安による損失を軽減する手段として先物市場に参加する。 先物を売っておけば、決済日までに原油の現物に連動して先物価格が下落していると、安くなった先物を買って決済すれば利益を確保できる。 現物の損失を先物の利益で一定程度カバーすることが可能だ。 (飛田雅則、二瓶悟).

次の

中国の銀行「原油先物マイナス」でカモられた訳 底値買いに躍る中国マネーを空売り筋が撃沈

原油先物

広がる原油価格の下落 原油価格の下落傾向が連日続いており、その悪影響は株式市場にも及んでいる。 ニューヨーク市場では米国時間20日に、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物市場で、21日が決済期限となった期近5月物が、初めてマイナスの価格を付けるという異常な事態が生じた。 その後も原油市場の混乱は続き、21日のニューヨーク市場では、価格下落傾向は新たに期近物となった6月物にまで波及した。 さらに、22日のアジア市場では、北海ブレント先物6月物の価格が1バレル16ドル台と、1999年6月以来の水準にまで下落している。 先物価格がマイナスになったのは、原油需給の悪化が進んだことで、原油の現物を貯蔵するスペースが減少し、貯蔵コストが上昇していることが背景にあった(当コラム、「」、2020年4月21日)。 こうした事態が当面続く、あるいは米国のみならず欧州や世界全体にも広がるとの懸念から、価格の下落がWTIの6月物や北海ブレント先物へも波及してきたのである。 傷ついた安全資産としての原油のレピュテーション 欧米での経済活動の再開が思うように進まずに、原油需給が改善しない場合、原油先物価格が限月交代の直前にマイナスに振れるという異例の事態が今後も続き、そのたびに、金融市場全体を動揺させる可能性があるだろう。 原油は、金融市場が混乱するような局面では、金のように安全資産として資金逃避の対象ともなってきた。 しかし、その価格がマイナスとなったことは、安全資産としての原油のレピュテーション(評判)を著しく傷つけてしまったのではないか。 原油価格の下落は、欧米での早期の経済活動再開への期待から、足もとで楽観の度合いを徐々に強めていた世界の株式市場に、冷や水を浴びせかけている。 原油価格の下落が起点となり、金融不安が再び強まることが警戒され始めているのである。 原油価格の下落は、米国のシェールオイル生産者など、エネルギー関連企業の業績を悪化させる。 またそれは、エネルギー企業が発行する社債を多く含むハイイールド債(ジャンク債)市場を混乱させることにもなる。 そうした影響は、原油先物に投資するETF、ハイイールド債に投資するETFにも大きな打撃を与え、ETFからの大量の資金流出を招くことにもなる。 コンタンゴ状態の下で原油先物投資に大きな損失 原油価格の急落は、早期の経済活動再開を受けた原油価格の先行き上昇に賭けた投資家に、ひどい打撃を与えることになっている。 その一例が、USOという原油ETF最大手に見られる。 先週は、原油価格が底打ちするとの期待で、USO は15億超ドルの投資家の資金を集めた。 USOの主な投資対象は、20日にマイナス価格をつけたWTI先物5月物ではなく6月物であったが、6月物の価格も20日、21日の2日間で50%近く下落してしまったのである。 毎月の決済期限が来るまでに、原油先物の期近物は売却しなければならない。 そうでなければ、現物の原油価格を受け取ることになってしまうからである。 今であれば、その保管先は容易に見つからないだろう。 そして、新しい限月の先物を新たに買入れることで、原油ETFはその資産残高を維持していくことになる。 現在、原油先物価格は決済期限が遠い期先物の価格が、決済期限が近い期近物よりもかなり高い、いわゆる「コンタンゴ(順ざや)」の状態となっている。 こうした下では、価格が大幅に下落した期近物を安値で売却し、期先物を高値で買わなければならない。 ここで、大きな損失が原油ETFに生じるのである。 投資家の楽観期待は大きな失望に 経済活動再開による原油需要の高まりへの期待から、原油先物価格は、期先物ほど価格が急速に高まる、スティープなカーブとなっている。 またそうした楽観的な期待こそが、投資家のお金が原油先物に大量に流入した背景でもある。 しかし、そうした構図のもとでは、ひとたび期近物の価格が決済期限前に下落すると、思いがけず大きな損失を原油ETFに生じさせることになってしまう。 ここに、原油先物投資の落とし穴があると言えるだろう。 原油ETFに投資する素人の個人投資家は、こうしたリスクを十分に理解していないともされる。 まさに、投資家にとっては楽観的な期待が一気に大きな失望に変わったのである。 経済活動再開への期待でかなり前のめりになってきた株式市場など金融市場全体が抱える大きな潜在的リスクは、この原油ETFに象徴的に表れていると言えるのではないか。

次の