スピーダー エボリューション 6。 スピーダーエボリューション6 試打&評価【口コミレビュー】|サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

高弾道×飛距離アップの「スピーダーエボリューション5」試打レビュー 永井プロの評価は?

スピーダー エボリューション 6

叩けるスピーダーという位置づけの 2019年スピーダーエボリューションシリーズ最新作 名機として今現在も人気を博している、スピーダーエボリューション4にも採用されていた「パイロフィルMR70」をエボ6にも使用しています さらに、超高弾性の炭素繊維シート「70tカーボンクロス」も併せることによってインパクト時の衝撃を受けてもヘッドがブレない設計となっています また、男子ツアープロから好評の「スピーダーTR」にも使われた「マルチフーププライ積層」という技術を採用したことで、スイング時のシャフト変形を最小限に抑えることで、追従性能と操作性を向上させて、叩いていけるのが特徴 とにかくエネルギーロスを減少させることを主眼に作られていることで、クラブヘッド本来の飛距離性能や、ゴルファー自身のポテンシャルを引き出してくれるカスタムシャフトです 試打評価レビュー 試打クラブ 試打クラブとしてはブリヂストンのTour B JDR 2019 のヘッドを用意しました。 シャフトには挙動がわかりやすいだろうということで今回は50g台のモデルです 試打クラブのスペック ヘッド ブリヂストン Tour B JGR 2019 ロフト 9. 5 シャフト スピーダーエボリューション6 569 フレックス S バランス D2 総重量 296g 試打計測データと弾道イメージ スピーダーエボリューション6 Tour B JGR 純正シャフト ヘッドスピード 45. 6 46. 7 ボールスピード 66. 1 67. 7 打ち出し角度 17. 3 18. 2 サイドスピン量 62左 515左 バックスピン量 2162 2926 最高到達点 42 49 落下角度 42 48 キャリー 261 251 総距離 284 269• バックスピン量の低減で飛距離ロスを減少• 打ち出し角、最高到達点が低くなる• 風に負けない強弾道で飛距離アップ 同一ヘッドによって極端に飛距離差が出ましたが、特に顕著なのがバックスピン量の減少。 キャリーで10ヤード総距離では15ヤードも飛んでいるという結果になり正直かなり驚きました 重量的には とJGRの純正シャフトはほぼ同じぐらいなのですが、ヘッドスピードとボールスピードが減少している点も面白い部分で、シャフトの挙動の違いでスイングスピードにも影響している模様 弾道的には打ち出し角が低く抑えられ最高到達点も低くなっています。 前へ前へと飛ぶ強い打球になり、それに伴って落下角度も緩やかになるのでランも稼げているという結果となりました 先端剛性がの純正シャフトよりも高いので、ヘッドがアッパーに動きにくく結果としてフェースの上部でヒットしやすいこともバックスピン量減少には影響しています 飛距離性能的には無駄なエネルギーロスがなく、効率よく飛ばせるシャフト。 後述する方向性の良さも相まって平均飛距離を伸ばせるでしょう• シャフト中間部分に最もしなりを感じる• 先端の動きは少なめ• もたつかずにスイングにしっかりついてくるので操作性が高い スピーダーエボリューションシリーズでは6代目となる「 」 偶数のモデルは中元調子系のシャフトという流れなのがスピーダーエボリューションシリーズではお馴染みとなっていますが6も同様のタイプ。 ベースとなっているのは4代目のであることから似たような挙動はしているのだけれど、実際のしなり感はこちらの方がありますね エボ4はシャフト全体でのしなり量は少なめだったことで追従性能が高くて結構叩いていけるシャフトに仕上がっており、そこがウケてヒットしたモデルでした もタイプ的には近く叩けるタイプには分類できるのですが、よりスインガー向けに味付けされているモデルだと感じます。 そこを踏まえても正直スイングに敏感に反応する追従性能的にはの方が上だなあと感じますが、もたつき感もなくて操作性の高さは感じます 実際のところしなり量が少なめでハードに感じる方もいましたが、今作では少ししなり感も加わっている分 の方がより幅広い層にマッチしてくるシャフトだといえます。 硬くてハード過ぎるのが苦手な方にも振りやすいでしょう スピーダーと言えばシャフトの走りや弾き感があるというのがブランドイメージにあり、事前情報でも先端の走りも感もクローズアップされていましたが、実際に打ってみるとその部分は少し控えめで先端部の動きは少ない部類のモデルだと感じます。 ここはエボ4の良さをそのまま継承した感じがして個人的には好印象 挙動的にはおとなしいのでインパクト付近でのフェース向きの管理もしやすいですし、ミスヒット時の当たり負けもしにくいので思わぬ打球が出てしまうというリスクは少ないでしょう。 左へのミスも出にくくて安定感は非常に高いシャフトです• 30g台からラインナップがあるので全領域に対応 今作のスピーダーエボリューション6は嬉しいことに30g台からのラインナップとなったことで、すべてのゴルファーに対応できるようになりました 最軽量のモデルで38gということで、非力なレディースゴルファーやシニア層も扱うことができます 装着するシャフト重量によって当然総重量が変化してくるので、そこをチェックしておきましょう 下記の表には目安となる重量と硬さを掲載しています ご自分の飛距離をまずは把握しましょう 目安となる飛距離 シャフト重量 硬さ トルク ロフト角 300ヤード 70g台 X 小 9度 260ヤード 60g台 S 中 10度 220ヤード 50g台 R 大 10度 200ヤード以下 40g台以下 R以下 大 11度.

次の

【楽天市場】クーポン発行中 テーラーメイド/SIM M6 M5用スリーブ付シャフト フジクラ スピーダー エボリューション6 エボ6 日本仕様 Fujikura SpeederEvolution VI:ティーオリーヴ西宮青木店

スピーダー エボリューション 6

予めご了承ください。 8通りのポジションが可能であった以前のモデル(R11やRBZなど)とは互換性がありませんのでご注意ください。 0インチ先端をカットして装着いたします。 備考欄などでご指定いただきましても対応いたしませんのでご容赦ください。 ご注文後にキャンセルや変更をすることはできませんのでご注意ください。 8通りのポジションが可能であった以前のモデル(R11やRBZなど)とは互換性がありませんのでご注意ください。 0インチ先端をカットして装着いたします。 備考欄などでご指定いただきましても対応いたしませんのでご容赦ください。 ご注文後にキャンセルや変更をすることはできませんのでご注意ください。 ・以前実施しておりました「リシャフト往復送料無料」は終了いたしました。 クラブを発送される際は着払いで送らないようにご注意ください。 但し、到着後1週間以内の未使用・未開封の商品のみ対応可能とさせていただいております。 その場合、返品・再送の送料を、また、ご返金の場合はお送りした際の送料や振込手数料をご負担いただきます。 (詳しくはFAQでご確認ください) 万一、不良品や発送ミスなどがございましたら至急ご連絡ください。 速やかに交換や返品の対応をいたします。 リシャフトやカスタムクラブなど「オーダー品」の場合は基本的に返品・交換できませんのでご了承くださいませ。 商品在庫について 商品は店頭在庫と連動しており、必ずしもリアルタイムの在庫ではありません。 出切る限り更新しておりますが、売切れ・欠品などがあること予めご了承くださいませ。 また、在庫がなかった場合メールにてお知らせいたします。 在庫商品のカラーなど、お使いのモニター環境によって、現物と異なる場合がございます。 ホームページに掲載しております商品価格は、必ずしも店頭価格と一致しておりませんのでご了承くださいませ。 rakuten. jp 案内図は• お客様からのメールや注文確認メールには、2営業日以内に返信させていただいております。 万が一、当店からのメールが届いておられない方は、大変お手数ですが、再度ご連絡下さいますようお願いいたします。 また、休業日前・休業日中に頂いたお問い合わせは、翌営業日〜2営業日以内にご連絡させていただきます。 携帯電話のメールアドレスでのご注文の際、予め「店舗メールアドレス」のメールアドレス・ドメインを受信許可していただきますようお願い致します。 当店からのメールが受信できない場合がございます。 rakuten. com• Copyright c Teeolive All Rights Reserved.

次の

【検証エボ6】スピーダーエボリューション6試打評価と振動数を公開

スピーダー エボリューション 6

の新作『エボリューションVI』のメディア試打会が行われた。 今作の特徴はどんなものか? 同社の担当者によれば「エボ4より中間部がしなるタイプですが、エボ4同様に叩けるし、少しつかまりもエボ4よりいいと感じる人が多いはず」と語る。 セカンドQTにも出場経験もあるALBA本誌ギア担当の田辺がまずは試打。 「661のSから打ってみましたが、【中間部のしなるエリアが広い】というのが第一印象です。 手元側は『エボ5』や『エボ4』よりは軟らかく感じますが、元系というほど軟らかいわけではなく、万人向きだと思います。 先端もややしっかりで、当たり負けずに持ち球のフェード系の球が打ちやすかったですね。 こういったセンター部分が大きくしなるものは、復元が速いとすごくつかまる、走るフィーリングになるものも多いのですが、いい意味で復元がマイルド。 大きなしなりがそこまで速く戻らないので、ヘッドの位置を感じやすい。 ゆったり振る人にタイミングが取りやすいと感じる人は多いでしょうね」(本誌ギア担当・田辺) 次は、フィッター兼クラフトマン兼スイングコーチの筒康博。 「中間部のしなるエリアが広いというのは、田辺君とまったく同じ感想。 で、こういうしなり量の多いシャフトなのに、各フレックスや重量帯とも、【左にいきづらく、重量帯ごとの差が少ない】というのも特徴かなと。 ある程度振れる人であれば、今より硬いフレックスを選んでも大丈夫な人は多いでしょうね。 の担当の方が、【エボ4で少しプッシュ系のミスが出ていた人が、エボ6だとドローで返ってくるイメージ】というのが言い得て妙ですね。 手元もエボ4ほど硬くはないし、中間部もしなるし、エボ4より少しだけつかまるイメージ。 それでいて素直な動きなので【マイルドなエボ4】ですね。 筒、田辺もSRを試打したが、同様の感想を語っていた。

次の