ニーア オートマタ ゲシュタルト 計画。 ニーアオートマタの前作を全て内容を教えてください

【ニーア オートマタ】アーカイブ一覧

ニーア オートマタ ゲシュタルト 計画

2017年2月23日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation4用ゲームソフト。 ジャンルはアクションRPG。 開発元はアクションゲーム開発で高い評価を持つプラチナゲームズ。 プロデューサーは齊藤陽介。 キャッチコピーは「これは呪いか。 それとも罰か。 」 タイトルは当初「NieR:Androis」を想定していたが、「Android」と表記が類似していたため商標登録ができなかった経緯がある。 ちなみに「Automata」とは「自動人形」の意味である。 本作は前作の主人公ニーアが消滅した後の世界であるにも関わらずタイトルを「NieR2」にしなかった理由として、前作の世界から数千年以上後の世界が舞台なので前作をプレイしていなくても楽しめる仕様になっていることが挙げられる。 本作ではエイリアンに侵略された地球を奪還するために人類側が作り出したアンドロイド兵士2B、9S、A2それぞれの視点で物語が展開される。 本作は前作と同様に周回要素のあるマルチエンディング方式である。 メインストーリーのエンディングはAエンディングからEエンディングの5種類がある。 アダムとイヴ戦の終結までを2Bの視点で進むAエンディング (1周目) 、9Sの視点で進むBエンディング (2周目) 、そしてアダムとイヴ戦後の物語をCからEエンディング (3周目以降) で描く。 『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のあらすじ・ストーリー 西暦5012年の地球。 突如宇宙からエイリアンが襲来。 人類はエイリアンと彼らが作り出した機械生命体により文明は壊滅し絶滅の危機を迎えていた。 エイリアンの侵略を免れた少数の人類は地球を離れ月へ逃げ延びた。 5204年、人類軍司令部は地球の奪還をかけてエイリアンに対抗すべく、アンドロイド兵士を作り地球へ送り込む。 十数回におよぶ大規模降下作戦を経ても膠着状態が続いたため、状況を打破するために最終決戦兵器としてヨルハ YoRHa 部隊を結成。 地球ではアンドロイドと機械生命体の戦争が繰り広げられた。 大型兵器殲滅のためにブラックボックスを取り出した2人。 そして..。 時は西暦11945年、衛星基地「バンカー」でヨルハ部隊所属隊員の2Bは随行役のポッド042と共に大型兵器の破壊作戦の任務に就く。 しかし、現地に到達する前に部隊は2Bを残し全滅。 救援を頼むためバンカーにいる担当のオペレーター6Oに相談し、既に探査目的で現地入りをしていた9Sとポッド153と合流した。 合流後再び別行動を取った9Sは、オペレーター21Oの指示で各所のハッキングを試み2Bの援護をする。 途中9Sが負傷するも目標の大型兵器を破壊することに成功する。 しかし、同様の兵器が複数体現れたために為す術なく、2人は自らの心臓とも言うべきコア「ブラックボックス」を破壊することで自爆し作戦を終えた。 2Bは目が覚めるとバンカーにいた。 自爆前に9Sが2Bの個体データをバンカーに送信してくれたおかげで、バンカーに備えていた素体に自爆直前までの記憶が移されたからだ。 お礼を言うために「再起動」した9Sに会うが、9Sの個体データは送信しきれず、作戦時の記憶は残っていなかったため2Bのことを覚えていなかった。 司令官の指示で2Bと9Sは地球にいるレジスタンスと合流し情報収集する任務を受ける。 レジスタンスリーダーのアネモネから、凶悪な機械生命体の調査を依頼された2人は機械生命体が出現した原因を突き止めるために砂漠地帯へ向かう。 砂漠地帯で逃げる機械生命体を追って砂漠の団地にたどり着くと機械生命体が集団で襲いかかってきた。 しばらくすると、バラバラに動いていた機械生命体たちは一つにまとまり、その中からアンドロイドのような人型の機械生命体が生み落とされ戦闘になる。 徐々に言葉を覚え、攻撃を避け始めるなど学習能力を向上させる機械生命体に困惑しつつも2人は撃退する。 倒したかに思われたがその機械生命体の中からもう1体現れ、建物の崩壊もあり2人はこの2体を取り逃がしてしまう。 機械生命体ボーヴォワールと戦闘になる2Bと9S。 司令部から行方不明になったヨルハ部隊員の捜索を新たに命じられた2人はブラックボックス反応のある遊園地廃墟へ向かう。 そこで目にしたのは、無残な姿となったアンドロイドたちを身にまとい、また彼らを兵器として利用する異様な機械生命体ボーヴォワールだった。 ボーヴォワールを倒したものの、アンドロイドたちはブラックボックスを焼き切られ助けることができなかった。 遊園地を跡にすると白旗を上げる1体の機械生命体に声をかけられる。 ボーヴォワールを壊してくれたお礼に村に招待すると誘われた2人は警戒しつつも情報収集のためにこれに応じる。 全員が白旗を揚げる奇妙な機械生命体の村へ訪れると長であるパスカルに歓迎される。 そこは機械生命体のネットワークから逃れ戦争を放棄した機械生命体たちが暮らす平和な村だった。 パスカルはアネモネと交流があり、友好的な機械生命体が存在することを2人は初めて知った。 人型の機械生命体「アダム」と「イヴ」と名乗る2人の目的は..。 突如、廃墟都市地帯で大型兵器および多数の機械生命体が出現したことで、全ヨルハ部隊の出撃命令を受けた2人は現場へ急行する。 部隊同士の協力で大型兵器を撃墜したことで都市地帯の地盤が崩落し、地下空間にエイリアンの拠点があることを発見する。 エイリアンの拠点調査のために地下空間に向かった2人はそこで以前取り逃がした人型の機械生命体アダムとイヴと再会する。 戦闘の最中アダムから、エイリアンは数百年前に機械生命体によって滅ぼされたという驚愕の事実を告げられる。 さらに人類に純粋な興味を持ち、「人間を生きたまま分解して分析したいからアンドロイドに協力してほしい」と話を持ちかけられる。 交渉は決裂し再び彼らを取り逃がしてしまう。 「森の国」で出会ったヨルハ部隊兵士のA2。 容姿がどことなく2Bに似ているが..。 2人はバンカーに戻り事の次第を報告すると司令官からパスカルについて調査するように命じられる。 パスカルに話を聞きに行くと、パスカルたちのように機械生命体のネットワークから切り離された機械生命たちが暮らす「森の国」という場所があることを教えてもらう。 調査のために「森の国」がある森林地帯へ向かう。 奥地にある城の内部で2人は指名手配中の脱走兵A2と出会い戦闘になるも逃げられてしまう。 レジスタンスキャンプに立ち寄ると、アネモネからアンドロイド軍の空母の護衛を依頼される。 空母がある水没都市へ向かうと、司令官から空母が機械生命体に襲われているため援護するよう指令が下される。 そこに超巨大機械生命体も現れ戦闘になるも、増援部隊が駆け付けたこともあり超巨大機械生命体の機能停止に成功するが、停止した直後のEMP(電磁波)攻撃の余波で9Sが行方不明になってしまう。 2Bは9Sのブラックボックス反応を頼りに捜索しようとするがEMP攻撃の余波が通信機能にも影響が出ており、微弱な電波信号しか感知できない現状では9Sの現在位置を割り出すことができなかった。 ポッド042から微弱な信号でも検知できる特殊なスキャナーがあるという情報を聞いた2Bは、使用実績のあるレジスタンスキャンプへ向かう。 そこで特殊なスキャナーを作ったというデボルとポポルからスキャナーを譲ってもらい、9Sの捜索を続けた。 複製された街で無事9Sを救出した2B 2Bはケイ素と炭素の結晶で作られた不思議な空間、複製された街にたどり着く。 9Sはそこでアダムに捕らわれ身動きできずにいた。 アダムの仕打ちに激昂した2Bは一人でアダムを撃破。 アダムは「死」の感覚に満足したように事切れる。 2Bは9Sを救出し街を跡にする。 バンカーで修復を受けることになった9Sは自身のバックアップ中に不明瞭なバグを発見する。 バグの原因を究明するためにバンカーのメインサーバーを調査しているうちに機密事項である「ヨルハ計画」を目にしてしまったことで司令官に呼び出される。 9Sは司令官から「ヨルハ計画」の詳細を聞かされる。 戦争が始まってからしばらくして人類が滅亡しているという噂が広まり、アンドロイド兵士たちの戦意が下がっていた。 「ヨルハ計画」とはエイリアン襲来時に既に人類が絶滅していたという事実をアンドロイド兵士たちに知られないために、ヨルハ部隊を新たに立ち上げ活躍させることで、人類がまだ月面基地で生存していることを強く印象付ける演出に過ぎないものだった。 さらに9Sは月面基地にあるのは人類の遺伝子情報だけであるという事実も知らされる。

次の

全アーカイブ入手方法

ニーア オートマタ ゲシュタルト 計画

スポンサーリンク 1人類とアンドロイドの関係とは? 「 ゲシュタルト計画が崩壊した後、残されたアンドロイドは人類再生の方法を模索した。 しかし、その方法を見つけることができないまま、人類は絶滅」 「 ゲシュタルトの遺伝子、残されたレプリカントの構成情報のみを記録化して、月面の基地に収容することになった。 」 そもそもアンドロイドは、人類が生み出したもので、 「人間を復活させるための道具」または「レギオンと戦うための存在」として、作られました。 しかし、前作でレプリカントニーアが魔王ニーアを倒したことで、ゲシュタルト計画は失敗。 人類は完全に絶滅します・・・。 そして、創造主を失ったことを嘆いた一部のアンドロイドは、人類の遺伝情報のみを月の基地に保存し、 他のアンドロイドの生きる理由を創り出すために、「人類は月で生きている」と嘘をつくことにします。 これが「ヨルハ計画」の始まりです。 2ヨルハ計画を時系列にしてみました。 簡単に時系列にすると、 1ゲシュタルト計画の失敗で人類は絶滅。 2アンドロイドは創造主である人類の遺伝子を月に保存。 その情報は一部の管理アンドロイドのみが知っている(かつてのデボル・ポポルもこの立場だったが、失敗により迫害・追放される)。 3時を経て、異星人が襲来。 エミールくんを筆頭に戦いが始まる。 管理アンドロイドたちは、 兵隊アンドロイドの量産 にかかる。 4アンドロイドは人類防衛軍を設立。 しかし、他のアンドロイドでも「既に人類はいない」という情報を耳にし始め、戦意低下。 5これを危惧した管理アンドロイドたちは、「 ヨルハ計画」を始動。 人類の存在をアピールする存在としての「ヨルハ部隊」を構想。 6機械生命体が、創造主であるエイリアンに反逆。 解放され、自我を拡張させた「概念人格」が、人類の秘密やアンドロイドの真実を知る。 さらに、サーバーにアクセスし、その計画を利用し始める。 7 司令官ホワイト誕生。 そして、まずはA2を含めた実験型を作り、その後、それらを処分。 新型のアンドロイド兵 現在のヨルハ を作り始める。 しかし、ヨルハもまた実験型にすぎない。 8ヨルハ部隊が輝かしい戦績を上げ始める。 しかし、 管理者にとっては、あくまで「次世代」への実験にすぎず、概念人格もまた、その戦いを自分たちの「進化」のために利用する。 9ヨルハ計画の完了。 司令官ホワイトにもその情報は秘匿され、バンカーごと破壊される。 以降は、その戦闘データをもとに、さらなる新型を作る予定。 10機械生命体の概念人格は、箱舟によって、宇宙を目指す。 アンドロイドの勝利? このようになっています・・・。 スポンサーリンク 3結局は、ヨルハも実験にすぎなかった、という真実 「ヨルハ機体にはブラックボックスというユニットが搭載されている。 これは機械生命体のコアを流用したものであり、 最終的に破棄される予定であるアンドロイド兵器に、通常のAIを搭載するのは、人道的見地から許されないという判断による」 この文面を見ると、 2Bや9Sたち、「ヨルハ部隊」は、 あくまで他のアンドロイドの兵器として、使い捨ての道具として作られたのだと分かります。 これは人間がロボットを作ったのと同じ理由ですね・・・。 他のアンドロイド、というのは、AIが搭載された存在で、 管理者アンドロイド、デボル&ポポル型、レジスタンスキャンプにいたアンドロイドの一部、とあまり表には出てきていません。。。 そして、使い捨てのアンドロイドなのだから、AIを入れて自由意志を持たせるのは、人道的見地から許されない、とも言っています。 皮肉なことに9Sや2B、A2が「 機械生命体には意思なんかない!」と言っていたことは、 他のアンドロイドから見た、彼女達そのものだった、ということです。。。 4ヨルハ計画の完結 ホワイト司令官は、「人類はいない」ことは知っていましたが、自分たちが破棄される存在とは知りませんでした。 そして、ヨルハ部隊を壊滅させることによって、 「ヨルハ計画」の存在を隠匿。 さらに、 「人類のために戦ってきた」ヨルハ部隊の活躍を見てきた、アンドロイドたちは、「人類はまだ生きている」と判断し、計画は完了。 これによって、 アンドロイド(AI搭載型)社会の平穏と安定を保とうとした、ということですね。。。 こうやって見てみると、アンドロイド社会にも「ヒエラルキー」が存在し、 頂点には、管理者アンドロイドが君臨していることが分かります。 一部では機械生命体の概念人格が、全てをのっとって支配していた、という説もあります。 ただ、たとえそうだとしても、 計画を始めた「管理者アンドロイド」の存在は未だに謎のままです。 本当は彼らこそ、全ての黒幕ではないか?と思ってしまいます。 (デボル&ポポル型に「罪悪感」を埋め込み、記憶の消去をしたのも、彼らだと思います) もしかしたら、次回作にこの黒幕が描かれるのかも?と勝手に想像しちゃいます 笑。 PS5やPCの情報で役立つものも共有できたらなと思います。 基本的に管理人の好みをメインに自由に投稿してます。 自由にコメントできますので、皆様の考察やご意見お待ちしております。 152• 254• 236• 1 スポンサーリンク.

次の

ニーア オートマタ

ニーア オートマタ ゲシュタルト 計画

Ho229 ヨルハ機体が装備できる飛行ユニットの名称。 フィールド発生による単機での大気圏突破と再突入が可能な、汎用性の高い戦闘型飛行ユニットである。 武装は近接攻撃用のブレードの他、随行するポッドの装備に準じる(バルカン、レーザー、ミサイル)。 追加で小型ミサイルユニットを装備可能。 バンカーから地上への侵攻作戦、地上からバンカーへの帰還の他、地球上での対地対空攻撃任務、長距離移動、偵察や諜報作戦など多岐に渡り使用される。 ただ、運用コストがかなり高いため、ユニットの使用については可能な限り損失をしないよう言い渡されている(ハンガーでのメンテ担当者の愚痴に垣間見られる)。 それもあってか、飛行ユニットの必要性が乏しい地上作戦時には、ヨルハ機体単独による作戦遂行が圧倒的に多い。 また、バンカーと地球間の移動では必須の装備だったが、9Sの会話にもあったように長距離移動におけるリスクもあったため、転送ユニットが本格稼働してからはその機会も減ることになる。 原型は、第二次世界大戦でドイツ軍が開発したものの敗戦により試作に終わった、ジェット戦闘機ホルテンHo229に由来。 こちらは双発の全翼型戦闘爆撃機で、完成時には30mm機関砲2門にロケット弾、500kg爆弾2発を装備する予定だった。 IFF 敵味方識別装置 identification friend or foe。 この装置により敵味方の区別をつける。 仕組みとしては、いわゆる「山」「川」「谷」「海」の合い言葉と同じで、対象に対して特定の信号を発信した後、 一定時間内に対応した信号が返信されれば、対象を「味方」と認識する。 IFFで得られるのは、あくまで「合い言葉に対する正しい返答が一定時間内にあったから、味方と思われる」という事実だけであり、 返答が無い、または間違った返答が来た場合でも、「相手は味方だが、通信不調や無線封鎖中」という可能性もあるため、必ずしも敵とは限らない。 また、敵側へIFFに関する情報や技術が漏れていれば、IFFの偽装も論理的には可能。 よって、通常はIFFだけでなく複数の情報から敵味方の識別が行われる(レーダー上や目視による形状や機動などの確認、味方との データリンクによる情報共有、敵勢力の事前情報など)。 性別:男性。 年齢:不詳。 身長:人間の姿 145cm、実験兵器7号 132cm。 また、このときはオートマタのエミールとは違い、少年の姿をしていた。 その石化能力を制御するため、彼を魔法実験兵器に改造した施設にニーアと共に侵入するが、その時に魔法実験兵器へと改造された時の、彼の過去が蘇る。 施設の最深部に到達すると、彼らを待っていたのはエミール同様に魔法実験兵器に改造させられた彼の姉、ハルアであった。 力を得るために、エミールはハルアを吸収しようとするが、逆に取り込まれてしまう。 ニーアの手により救出され、ハルアの力を得ることにも成功するが、ハルアの魔力吸収の影響で、骸骨のような姿になってしまう。 エミールは自身の醜く変わり果てた姿に絶望するが、ニーアとカイネの信頼に支えられ、その後は魔法を使いニーアをサポートする。 本作では、当初は機械生命体の体で登場するが、後にオート三輪のボディーに乗り換え、商魂逞しくエミールショップを開いて行商している。 なお、絵本「せんそうのきおく」で先頭に立っているエミールが、オリジナルエミールの姿である。 本編のエミールは、エミールコピーのひとつで、度重なる分裂により記憶の一部が欠如あるいは思い出しにくくなっている。 また、分裂のおかげで「エミールとしての存在」は不死身だが、個々の分裂体としては確実な死が存在する。 性別:両性具有。 年齢:17歳。 身長:172cm。 罵言雑言が酷くゲーム中ではよく規制音 ゲシュタルトでは英語音声の為か規制音は入らない。 が入る。 その性別から「崖の村」では差別に遭い疎まれていた。 ある事件を機会にマモノ憑き 身体にマモノが付いている状態。 失った体の一部をマモノで補っており身体能力も上がっている。 となる。 露出度の高い恰好をしているのは憑いているマモノからの浸食を鈍らせるためであり、包帯を巻いてるのは憑いているマモノ・テュランへの彼女なりの配慮である。 双剣と魔法を使いニーアをサポートする。 DLCの2B専用衣装「露出の多い女性の服」は彼女の服である。 両作は本筋はほぼ同一になるが、シナリオの解釈などが一部異なっており、主人公ニーアと肉親ヨナの関係がゲシュタルトでは父娘、レプリカントでは兄妹となっている。 ゲシュタルトは心理学における「基本概念」という意のドイツ語。 レプリカントは「人造人間」の意(由来は映画「ブレードランナー」に登場する人造人間の総称)。 デボル・ポポル レジスタンスキャンプにいる、赤い髪が特徴の双子のアンドロイド。 元はゲシュタルト計画の監視・監督者として造り出されたが、同型モデルが暴走事故を起こしたために計画は失敗。 殆どの同型は処分されたが、彼女達だけがサンプルとして残され、厳しく監視されている。 彼女たちのせいでは無いとはいえ、同胞が人類滅亡の原因を作ってしまった事で、深い罪の念に苛まれている。 レジスタンスキャンプでは、主に使い走りのような仕事をさせられているが、アンドロイドに対する高度な修復技能を持つ希有な個体でもあるため、救急も担当している。 こちらの双子は村の管理運営を担っていた。 だが、彼女たちの本来の任務は、ゲシュタルト計画達成の為に、配備された管理区域での「ゲシュタルト体の適切な監視と監督、それに伴うレプリカント体の管理(複製、維持、処分)」だった。 中でも計画遂行に沿わせるべき特別対象が、唯一崩壊体とならず、他のゲシュタルト体崩壊阻止の鍵ともなっていた、オリジナル・ゲシュタルト=魔王(=ニーアのゲシュタルト体)であった。 しかし、「ゲシュタルト体ヨナの崩壊」に対する魔王の焦りへの対応として、デボルとポポルは本来なら「魔王を(計画に基づく)意思に沿わせる」べきところを「魔王の意思に沿う=ヨナと魔王(=ニーア)の復元に協力する」という、逆の行動を決断した。 その為に、魔王のレプリカント体であるニーアやその仲間達との度重なる接触を行い、ニーア達が気づかないように注意しながら、魔王の意思に沿う方向へと導いていった。 ところが、ニーア達の想定外の成長がきっかけで最終局面において計画が狂い、結果的に暴走事故を起こしてゲシュタルト計画は破綻、ニーアによる魔王=オリジナル・ゲシュタルトの消滅による人類滅亡をもたらした。 更なる詳細は、前作および関連情報を参照のこと。 ちなみに、アーカイブ「ゲシュタルト計画」にある一連の流れは、ニーア達の時代を挟んだ前後の記録であるが、その中の「ゲシュタルト計画11」にあるデボル・ポポルモデルの処分とは、上記の事例から暴走事故の再発を危惧し、他の管理区域に配備されていた同型に対して下された処分命令の事。 実際にどの程度の同型モデルが配備されていたのかは不明。 レプリカントは性別:男性。 年齢:ストーリー前半 16歳、ストーリー後半 21歳。 身長:ストーリー前半 157cm、ストーリー後半 183cm。 ゲシュタルトは性別:男性。 年齢:ストーリー前半 39歳、ストーリー後半 44歳。 身長:185cm。 肉親であるヨナが黒紋病にかかりその病気を治すために旅が始まる。 しかし彼を待っていたのは自身が人間が元に戻るための器、レプリカント体であるという事実であった。 そのことに気を留めず魔王に連れ去られたヨナを救出するために魔王、ゲシュタルト・ニーアと戦い見事勝利する。 本編ではあまり語られないが魔王であるゲシュタルト・ニーアを失うということは人類滅亡を意味する。 武器は小型剣、大型剣、槍を使用する。 DLCの9S専用衣装「素朴な少年の服」はレプリカントの彼の少年期の服、A2専用衣装「世界を滅ぼした男の服」はレプリカントの彼の青年期の服である。 人形達ノ記憶 2017年4月23日に大阪の大阪・堂島リバーフォーラムと同年5月4日と5日に東京のよみうりホールで公演されたコンサートのこと。 全部で5回公演されておりその回ごとに朗読劇の内容が違う。 また、「朗読劇台本」付きのチケットが販売されており 会場ではパンフレットやオペラグラスなどが販売された。 朗読劇の内容は カッコ内は朗読劇の内容でネタバレ防止のため白文字にしています。 4月23日 繰リ返サレル祈リ 2Bが2Eとして9Sを抹殺することに苦悩する物語。 ゲーム本編より前の時間軸となる。 5月4日昼 ヨルハ計画 機体「ヨルハ」の開発者・ジニアとヨルハ計画が実行されるに至るまでを綴られた物語。 5月4日夜 殺シ合イノ獣 A2がゲーム本編より前に2Bや9Sと戦闘を行い森の国で再開するまでを綴られた物語。 5月5日昼 大切ナモノ ゲーム本編の9Sが「塔」に入ってからの心境を書かれた物語。 5月5日夜 フェアウェル ゲーム本編Eエンド後のストーリー。 再起動した2Bは9Sの再起動を試みるがその運命は。 また、攻略設定資料集の世界年表で黒塗りにされた部分は朗読劇の「フェアウェル」にあたる。 この病にかかった人間は、全身が塩の柱になって死亡する。 感染経路も治療法も全く不明。 ゲシュタルト計画はこの病から人類を救うために発案されたが、それが結果的に人類滅亡の原因となった。 正体は2003年に新宿に出現した謎の「巨人」(『ドラッグオンドラグーン』Eエンド)よりもたらされた、魔素による神の呪い。 この呪いを受けると、「人間を滅ぼす」という神との契約を強制的に結ばされ、それに従うとレギオン化、従わないと白塩化症候群によって死亡する。 上記の事情により治療が不可能と判断され、原因となる魔素ごと異次元へ放出することで根絶に成功する。 何も無かったのでとりあえず作成 間違いや文章が変なところがあると思うので修正お願いします 2017-04-06 木 06:22:36• 勉強になる、ありがとうございます~ 2017-04-06 木 13:31:02• いいね! 2017-04-06 木 18:49:04• 釣り、自爆、ナインズの項を追加しました 2017-05-16 火 14:52:14• 各種ボスを追加しました・・・ヘーゲルとアウグストは誰か頼みます・・・ 2017-05-16 火 15:18:19• DoDの事はそこまで書かなくてもいいんじゃないかな あくまでもニーアのWikiだし。 作中で出てくる範囲だけでいいんじゃなかろうか アコールとかEエンドの延長上とか 網羅しすぎるとニーアしかやってない人が見たら何ソレってなってしまいそう 2017-05-16 火 22:18:33• 勉強になりました。 おもしろい! 2017-06-02 金 01:34:40• A型とG型を加筆修正 九号、ジニア、二号、人形達ノ記憶、ニーア界の狂犬、バンカーを追加 2017-06-02 金 02:16:29• マルクスの項目、誤字がありましたので勝手ながら修正しました 文章自体は変えていません 2017-06-02 金 15:30:17• 第14次機械兵器戦争 論理ウィルス といった基幹部分を追加。 オペレータータイプ等を加筆 2017-08-25 金 16:36:37 【注釈】• ヨコオ氏のツイート• 超ネタバレ!「NieR:Automata」ディナートークショウ@STORIAより• パッケージ版「NieR:Automata」付属の人類防衛新聞•

次の