ひぐらしのなく頃に犯人。 static.datasciencetoolkit.org: ひぐらしのなく頃に: 保志総一朗, 中原麻衣, 雪野五月, かないみか, 田村ゆかり, 茶風林, 大川透, 伊藤美紀, 折笠富美子, 雪野五月, 小林ゆう, 関俊彦, 川村拓央, 鶴岡聡, 松元恵, 瀧本富士子, 尾小平志津香, 井上喜久子, 廣田行生, 小伏伸之, 立木文彦, 塚田正昭, 樫井笙人, 小野大輔, 水野理紗, 金田晶代, 宝亀克寿, くじら, 渡辺美佐, 松本保典, 松井菜桜子, 中野元, 須加みき, 今千秋: generic

絆推理考察まとめ

ひぐらしのなく頃に犯人

【関連記事】 真相と犯人は? ここからネタバレあるんで、知りたくない人はリターンしてください! ひぐらしの最高の盛り上がりといえば 『真相』と 『犯人』が発覚したとき。 彼女は、 昭和58年6月に何者かによって命を奪われる運命が確定しているという惨劇の被害者。 その惨劇を回避するために、オヤシロ様こと 羽生の協力で何度もパラレルワールドを行き来することになる。 数千万回ものパターンの分岐点を試みて、最終巻ではようやく惨劇を回避。 そして犯人にたどり着く。 そしてひぐらしのすごいとこは 後付け設定が一切ないということ。 【高野三四とは】 最序盤から登場する女性で、 一定の条件下で発症する 雛見沢症候群を研究。 自らの利益のために そのキーとなる古手梨花を狙う。 雛見沢村事件の通称。 雛見沢症候群の通称。 雛見沢の悪弊をもたらす「存在しない誰か」(ルールZに関連)について、詩音が独自に用いた比喩表現。 10%オフクーポンとかガンガン発行してくれます。 ぼくも紙で読んだりkindleで読んだりしましたが、結局『e book japan』が一番オトクでしたねえ…! 実際に使って感じた特徴は 下記の記事で詳しくまとめているので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

次の

ひぐらしのなく頃に・真相推理

ひぐらしのなく頃に犯人

説明文 昭和58年夏。 昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が暑さの訪れの早い今年の6月を歓迎するかのように、雛見沢に木霊していた。 都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。 人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。 明るくて話上手な圭一は、学校でもすぐに周りのクラスメートと仲良くなった。 一番の仲良しで世話好きなレナ、リーダー格で委員長の魅音、トラップの達人で下級生の沙都子、古手神社の娘であり、不思議な雰囲気の持ち主の梨花・・・仲間との他愛のない日常を過ごしていた。 それは、永遠に続くかに思えた。 毎年6月に行われる祭、「綿流し」。 そう、その日も楽しい一日になるはずだった。 雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・。 祭りの日に、繰り返される惨劇。 毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。 事件の真相は?犯人は?圭一は、好奇心から村の闇へと足を踏み入れてしまう。 その日を境に、圭一の周りが少しづつ、だが、確実に変わりはじめる。 そう、すべてが・・・ひぐらしのなく声だけが変わらず、雛見沢に、少し、早めの夏を告げていた。

次の

警官父を斧で殺害事件 「ひぐらしのなく頃に」との関連: J

ひぐらしのなく頃に犯人

ひぐらしのなく頃に 目明し編 其の参「鬼の血脈」 叔母を殺害した犯人は、悟史のはずなのに…。 叔母殺しの容疑で警察に捕まったのは、「オヤシロ様の祟り」を模倣した異常者…。 真実を知るため、警察に赴く詩音。 しかし、大石から聞かされたのは、「その犯人、もう死んじゃってるんですよ。 県警の留置場で、自殺か錯乱なのか、そのあたりははっきりしないんですがね…。 」 「私は悟史君が犯人の一点張りでしたからね…。 雛見沢では、悟史君の失踪は『鬼隠しだ』なんて言われてるそうじゃないですか」 叔母殺し、異常者の逮捕、悟史の失踪。 一連の出来事に納得がいかない詩音は、独自に「オヤシロ様の祟り」について調べ始めます。 図書館にいた詩音に、声をかけてきたのは入江診療所の看護婦(昭和58年当時は、まだ「看護師」ではありませんでした)の鷹野さん。 以前から雛見沢の伝承について調べている、という鷹野さん。 オヤシロ様の祟りについても、独自の見解を持っているようです。 毎年起こる事件は、それぞれ個別の事件に思われているけれど、確実に一つの意思に基づいて行われている。 1人が祟りで殺され、1人が行方不明になる。 祟りで殺された人数分、生贄も必要なのだ、と。 雛見沢の歴史は、人食い鬼の歴史。 雛見沢村は、明治以前鬼が淵村と呼ばれ、昔から鬼が住まう土地とされてきた。 鬼と人間が交わり、半人半鬼の仙人となった鬼が、たまに村に降りてきて、人を攫って食った。 犠牲者を拘束台に縛り付け、魚をおろすようにはらわたを引きずり出し、川に流した。 それが「わた流し」。 「綿流しのお祭り」の語源。 鷹野さんの研究ノートを預かり、自宅(興宮でアパート暮らし)に戻った詩音。 そこに、魅音が訪ねてきます。 静かでいいとこだね。 園崎家、地下祭具殿で相対した際の「園崎家次期当主・園崎魅音」とは違う、いつもの魅音です。 当たり障りのない会話が続いた後、「爪はどう?」と聞く魅音。 「ごめんね、詩音のこと、守ってあげられなくて…」 それは次期当主としての役割だから、仕方ない、と詩音は魅音を責めません。 「私は、詩音が悟史のことを好きなのを知ってた。 ばっちゃも、あれでケジメがついたと思ってる。 なのに…悟史はいなくなっちゃった…。 」 悟史の名前が出て、詩音が激昂します。 「嘘だ嘘だ嘘だ!!!お前たち園崎家が悟史君を『鬼隠し』したんだ!!!」 魅音を押し倒して馬乗りになり、首を絞めつける詩音。 「詩音…信じて…悟史のことは何も知らないの…ばっちゃも知らないんだ…」 魅音の首を絞める詩音の手。 その手をどけようと握る、魅音の手。 その手には、爪の無い指が3本……。 「お姉……これ……」 「だって…魅音ばかり可哀想!!私、ばっちゃに詰め寄ったんだ!悟史と詩音のこと、そっとしておいてやってって。 そしたら、ケジメを付けたら許そう、ってことになった。 そして詩音はケジメをつけた。 だからもう、詩音は普通にしてていいんだって。 悟史と仲良くしてていいんだって。 なのに……なのに悟史がいなくなっちゃって……」 号泣する魅音。 「ごめんね、魅音。 苦しかった?」 「詩音はもっと苦しかった」 詩音は魅音を信じ、自らの気持ちに蓋をすることに決めました…。 1年後、再び興宮での買い物中、バイクを倒してしまう詩音。 そして輩に絡まれ…デジャブ? 助けに現れたのは…悟史?いえ、圭一でした。 「大丈夫か?魅音」 あの時と同じように、頭を撫でられる詩音…。 姉の魅音から、話によく聞いていた圭一。 「お姉は圭ちゃんのこと気に入ってるんですね~」 「でも圭ちゃん…その人形をレナにあげちゃったんだ! 魅音にこういう可愛いのは似合わないだろ!って…」 綿流し編の其の壱「嫉妬」にありましたね。 興宮のおもちゃ屋でゲーム大会をした際に、圭一が店のおじさんからもらった人形を、レナにあげたこと。 最終的に「魅音の中の鬼」が目を醒ました原因になったのですが…。 「もう一度やり直したい!今度はちゃんと女の子だと思ってもらえるように、やり直したい!」 男勝りでみんなのリーダー、魅音ちゃんですが、やはり女の子なんですね…。 魅音の話を聞きながら、「羨ましい、好きな人が近くにいて。 私の好きな人は…もう、いない…」 悟史がいなくなって1年、その所在はいまだ不明でした。 その年の綿流しのお祭り当日。 話の流れで、再び圭一に頭を撫でられた詩音は、赤面し「じゃあまたね、お姉!」と走り去ってしまいます。 悟史がいなくなって1年。 悟史同様に自分を助けてくれた圭一に惹かれても、無理はないでしょう。 『ごめんね悟史君。 あんなの、全然嬉しくなんてなかった だって、悟史君みたいに優しくない 悟史君と、全然違う 悟史君…』 圭一に惹かる思いを払拭するため、悟史を思い出す詩音。 悟史を思い、泣き出します。 少し落ち着きを取り戻し、歩き出した詩音が聞いたのは…一つ余計な足音。 レナ曰く、「オヤシロ様の祟りの前触れ」でしたが…。 『悟史君、そこにいたんだ…』 詩音には、自分の傍にいる悟史の足音に聞こえたようです。 お祭りの最中、鷹野さんと富竹さんに会った詩音。 梨花ちゃんの奉納演舞が始まるタイミングで、古手神社の祭具殿に入るつもりだと聞きます。 詩音が自分と同じく、雛見沢の歴史を調べていると思っている鷹野さん。 「後でこっそりいらっしゃい」 と誘います。 『祭具殿に入れば、悟史君のことが何か分かるかも』 圭一を誘って祭具殿に向かいます。 祭具殿に入ると、ご神体であるオヤシロ様が祀られています。 『もしお前が悟史君を消した張本人なら、許さない』 再び聞こえる足音。 しかし、今度は子供が飛び跳ねるように、バタバタ、バタバタと聞こえます。 圭一や鷹野さんには聞こえていない様子…自分だけに聞こえている? 外から、「もうすぐ演舞が終わるみたいだよ」富竹さんが声を掛けます。 その夜、園崎本家に泊まった詩音。 夜中に目を醒まします。 明かりのついた部屋から聞こえる、魅音とお魎の会話。 断片的にしか聞こえませんが… オヤシロ様の怒りに触れた……警察が調べている……多分鷹野さんだろう…… 『祭具殿に入ったのがバレてる?』 レナの話を思い出す詩音。 『ひたひたとずっと足音がついてきて…誰かがずっとつけてくる』 じゃあ……私に聞こえていたあの足音は……? 後ろから肩を掴まれ、倒れこむ詩音。 後ろにいたのは「園崎家次期当主・園崎魅音」でした。 だんだん分かってきましたね、綿流し編が圭一目線なら、この目明し編はそれを詩音目線で描いたものになりますね。 人形の件、祭具殿の件。 2つのお話が合致するところは多いですからね。 綿流し編では最終的に、魅音が地下祭具殿の奥に、詩音を監禁し、そこに誘い込んだ圭一を殺そうとしましたが…。 目明し編では、どういう終わりを迎えるんでしょうか…。 「ひぐらしのなく頃に」が見放題! 「hulu」は「ひぐらしのなく頃に」をはじめ、60,000本以上の映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティが見放題の、オンライン動画配信サービスです。 月額933円(税込み 1,026円)で、2週間の無料お試し期間もあります。 ぜひ、お試しください! 前の記事:目明し編 次の記事:目明し編.

次の