拝見とは。 「拝見します」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

「拝見する」の適切な使い方と例文は?

拝見とは

「拝見する」の意味と正しい使い方 「拝見(はいけん)」は、「見る」の謙譲語で、「見る」事をへりくだった意味で使われます。 謙譲語は、自分の行為を下げることによって、相手を立てる表現です。 反対に、尊敬語は、相手の行為を立てる事で、相手を敬う表現です。 尊敬語の主語が「目上」になるのに対し、謙譲語の主語は「私」や「身内」になると覚えておきましょう。 謙譲語は「拝見する」の他に、「申し上げる」「伺う」「参る」「いただく」などがあります。 目上の人に「拝見してください」というのは、目上の人の行為に謙譲語を使う事になるので、間違いになります。 書類や資料などを目上の人に見てもらう場合は、「ご覧ください」を使います。 注意しましょう。 【例文】• 資料を拝見したところ、とても素晴らしい計画だと思いました。 御社で新商品が発売されるという事で、早速ホームページを拝見しました。 今日の朝刊で、先生が書かれた記事を拝見しました。 メール拝見しました。 明日までには回答いたします。 目上の人に使う時に二重敬語になっていない? 丁寧な言葉を使おうと意識するあまり、間違って使いやすいのが「二重敬語」ですよね。 「二重敬語」は、一つの言葉に、同じ種類の敬語を二重に使ったもので、一般的には不適切とされています。 「二重敬語」を使ってしまったからと言って、相手に不愉快を与えるわけではありませんが、くどい印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「お読みになられる」「お話になられる」というのは、「二重敬語」になります。 正しくは、「お読みになる」「お話になる」です。 「結構使っているかも」と、思い当たる人もいるかもしれませんね。 間違った日本語なので、使わないように気を付けましょう! 会社などで、「拝見させていただきます」と言っている人も意外と見かけますよね。 実は、これも立派な二重敬語です。 何故なら、「拝見する」という言葉だけで、すでに「見せていただく」という意味になるからです。 すでに謙譲語の「拝見する」に、謙譲語の「させていただく」がプラスでつくことになるので、「二重敬語」になってしまうのです。 こういう場合は、「拝見します」「拝見しました」と言いましょう。

次の

「拝見する」の適切な使い方と例文は?

拝見とは

ただし、 通常は、内容や趣旨を理解したというニュアンスになりますが、一見しただけでは十分に理解したと言えない場合もあります。 その場合は、必要とあれば、「拝見しました」の後に質問事項などを記入することになります。 なお、「拝見」は「見る」の謙譲語ですので、 同じ謙譲の「致しました」を付けると二重敬語となります。 二重敬語は一般に誤った敬語の使い方とされていますので、「拝見致しました」とする必要はありません。 しかし、言葉遣いは、すべてが規則や理屈で良し悪しを云々できるものではありません。 現実の会話や文書では、「拝見致しました」が普通に使われています。 文書や状況に応じて、「拝見致しました」が妥当と思われるときには、あえて二重敬語にしても良いでしょう。 企画書を拝見しましたが、二、三お尋ねしたい点がございますのでメール致しました。 「拝見する」「拝観する」の違い 「拝見する」と同じで「見ること」の謙譲語として「拝観する」という言葉があります。 「拝観する」というのは、 国宝や芸術品などについて「見た」ということを伝える時に使います。 そのため「今回の旅ではいくつかの国宝を拝観しました」など、使う対象が限られます。 一方 「拝見する」は対象となるものが広く、書類や本、テレビや映画までさまざまなものに対して「拝見しました」という言葉を使うことができます。 ただし、「拝見しました」と伝える対象は「今話している相手自身や、相手が所属している団体が作り出したもの」であることが通常です。 「〇〇様よりいただいた書類を拝見しました」という場合、この書類を作成したのは、〇〇様自身であるか〇〇様が所属している団体の誰か、となります。 本やテレビ・映画についても同様です。 「〇〇様がご出演された番組を拝見しました」と使います。 「拝見します」「拝見しました」を目上の人に使う 「拝見」という言葉自体が謙譲語であるため、 当然目上の人へも使うことができます。 目上の人へ「見せていただいてもよろしいでしょうか」と言うと少し回りくどい印象を与えてしまいます。 そんな時には「拝見してもよろしいでしょうか」と言い換えてスマートな表現にすることが望ましいでしょう。 また、何かについて「見せていただきました」と伝えたい時にも「拝見いたしました」と言い換えることができます。 たいていの言葉は 「いただきます」「いただいてもよろしいでしょうか」という言葉を付け足すことで敬語にすることもできますが、「見せて」「見る」という言葉をフォーマルにできるかどうかが印象の分かれ道です。 「拝見します」「拝見しました」の間違った使い方と言い換え 「拝見」という言葉は謙譲語ですので、自分の「見る」という行為について用います。 そのため、 相手が「見る」という行為については「拝見」は使用しません。 ご覧ください 相手に 「見てください」と伝える場合は 「ご覧ください」など「見る」の尊敬語へ変換をする必要があります。 お手に取ってご覧ください• こちらの書類をご覧ください ご高覧 また、書面上で目上の人やお客様に「見てください」 「ご覧ください」と伝えたい場合は 「ご高覧」という言葉を使うこともできます。 お見積り書をお送りいたしましたので、ご高覧賜りますようお願い申し上げます• 先日の展覧会でのアンケート結果をお送りいたします。 ぜひご高覧ください.

次の

「見る」の正しい敬語は?【尊敬語・謙譲語・丁寧語】

拝見とは

ビジネスシーンでは、尊敬語・謙譲語・丁寧語といった「敬語」の使い方が重要です。 例えば何か資料を見るときでも、「拝見する」と、一言述べてから見るでしょう。 では、この「拝見します」は、尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれに該当するのか、みなさんはわかりますか? 今回は、「拝見する」の使い方を例文つきで解説します。 そもそも謙譲語というのは、へりくだる、つまり「自分を一歩引かせた言い方」をすることで、相手を立てるために使う敬語です。 ですので、「拝見する」という表現は、自分がへりくだる場合か、取引先などに対して、自社の人間 身内 をへりくだらせる場合に使います。 ビジネスシーンでは、何か資料を渡されて、それを見る際に述べることが多いでしょう。 その場合は、「拝見します」と述べます。 よく「拝見いたします」と述べる人がいますが、「拝見」がすでに謙譲語ですので、「いたします」にすると二重敬語になってしまいます。 「拝見させていただきます」も、くどい表現ですので避けましょう。 また、ビジネスメールでも「拝見します」はよく使うことがあります。 といった書き方になります。 といった形で「拝見します」を使い、取引先に対して上司をへりくだらせる表現にします。 間違っても、「ご覧いただきます」など、尊敬語を使わないようにしましょう。

次の