黒人 イラストや。 カルピスで黒人のキャラクターのマークはなぜ差別になったの?排除された不可解な理由

「黒人侮辱」と批判、プラダが製品撤去 厚い唇のキャラ:朝日新聞デジタル

黒人 イラストや

黒い顔に赤い分厚い唇のキャラクターが「黒人を侮辱している」と批判を浴び、イタリアの高級ブランド「プラダ」の新製品が撤去されることになった。 同社はツイッターで「空想上の生き物で、現実世界を参考にしたつもりはまったくない」との声明を出した。 問題となったのは、クリスマス向けのギフトコレクション「プラダマリア」のうち、「オット」と名付けられたキャラ。 絵本「ちびくろサンボ」の主人公に似ているとの指摘もあり、顔や胴体が黒く、唇は大きく分厚い。 プラダ日本版ホームページでは「どこか生物的で、どこか人工的」「不思議なミニチュアの生き物」として紹介されている。 米ニューヨークの店で見かけたという弁護士の女性が13日、フェイスブックで「怒りに震えている」との文章とともに写真を投稿。 検索キーワード(ハッシュタグ)「#ストップ・ブラックフェース」「#ボイコット・プラダ」とともに拡散を呼びかけたところ、16日までに1万人超が共有した。 女性は人権派の弁護士で、反差別訴訟などの活動家と紹介されている。 プラダは差別の意図を否定した上で「展示と販売を取りやめる」と発表した。 このキャラは日本でも先月からキーホルダーなどが販売されていたが、現在、オンラインストアの当該ページは削除され、同社本部からの指示で店舗からも撤去されている。 ブランドと人種差別をめぐっては、イタリアの「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」が先月、モデルが箸で不器用にピザを食べる中国向け広告動画をきっかけに謝罪する事態になった。 また、スウェーデンの衣料品チェーン「H&M」は1月、「ジャングルの中で最もかっこいい猿」と記されたパーカを黒人少年に着せた写真をカタログに載せ、南アフリカの複数の店舗が襲撃に遭った。 (藤原学思、軽部理人).

次の

カルピスで黒人のキャラクターのマークはなぜ差別になったの?排除された不可解な理由

黒人 イラストや

「黒人をイラストに使ったブランドを廃止する動き」だと、うわー PC カルチャーもここまできたか、みたいに感じるけど、そうじゃない。 このエントリに YRO のタグを振るのは全くもって不誠実だし、編集者が問題を理解してない証拠。 廃止されてるのは [wikipedia. org] に出てくるキャラクターだから。 日本人だって第二次世界大戦中は徹底的に下に見られてた。 例: [google. com] 例えばそのプロパガンダの中からどう言うわけか大人気映画ができたとして、出っ歯で、丸メガネかけた背の低いアジア人が Tojo とか名付けられたするじゃん。 その後、なんでもいいけど、例えばお米の商品に Tojo って名前がついて、その出っ歯丸メガネのアジア風のキャラクターが書いてあったらどう思うよ? あと、ロシア系のチェホフ。 そうやって「人種差別がなくなった世界」を描く一方で、 TOSのストーリーはアメリカ的というか、「カークの考える正義」を押しつける話が多かったような。 二陣営が争う惑星に行った時は、気に入った片方に肩入れしてその相手を屈服させる流れ。 それが、TNG になると、それぞれの考えを尊重しましょうって、仲裁する方向性で。 そういう社会的風潮なんだろうけど微妙に物足りなさを感じる。 話を戻して、TOSのウフーラといえば、 子供のころにそれを見て、黒人にもメイド以外の役が演じられるんだと、役者の道を選んだのが、ウーピー・ゴールドバーグだし、 それを見て、宇宙を目指したのが、黒人初の女性宇宙飛行士メイ・ジェミソンだったりとか、 演じてるメイ・ジェミソンが降板を考えてたところをキング牧師に説得されたとか、 アメリカの黒人地位向上の点では、かなり社会的影響度があったみたいですね。

次の

奴隷貿易

黒人 イラストや

NHKの番組「世界のいま Mr. シップ」が6月7日、アメリカで発生したデモについて公式Twitterアカウントで説明。 しかし、「筋違い」「差別の助長では」と厳しい指摘が相次いでいる。 アメリカでは先月25日、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人の警官に首を膝で抑え続けられ不当に殺害された。 そのことをキッカケに黒人差別への抗議としてデモが行われ、次第に暴動へと発展。 混乱続くいっぽうで「Black Lives Matter」というスローガンが拡散され、Taylor Swift(30)やBillie Eilish(18)といった著名人たちを筆頭に黒人差別の横行する社会に人々が警鐘を鳴らしている。 そんななか7日、「世界のいま Mr. シップ」はTwitterアカウントで動画を投稿した。 そこには黒人のキャラクターが登場し、「俺たちが怒る背景には、黒人と白人の間に貧富の格差がある」と語った。 続けて白人のほうが資産を黒人の7倍も平均的に持っていることや、新型コロナウイルスの影響で黒人の失業が相次いでいると言及。 そして「こんな怒りがあちこちで噴き出したんだ」と紹介した。 前述のように抗議が暴動にまで発展したのは、黒人差別への怒りが根底にある。 貧富の差を理由に暴動が発生したという認識は果たして正しいだろうか?ネットでは「筋違いでは」と番組の認識を疑問視する声がこう上がっている。 《これではアフロアメリカンの人権のためのプロテストではなく、金のために暴動を起こしている印象しか与えない》 《動画自体があり得ない視点からつくられていて論外。 米国内の黒人の怒りがどこから来ているのかを知るための勉強になってない》 《「経済格差が暴動の原因だ」みたいなミスリード、最悪。 問題のすり替え、制作側の悪意すら感じます》 また動画に登場する黒人男性は、筋肉質でタンクトップ姿。 そして、粗暴な口調でもある。 番組はTwitterでこうも投稿している。 《白人警察官には黒人に対する漠然とした恐怖心があって、今回の抗議デモの発端となったような事件がなくならないとも言われているんだ》 こうして黒人を、恐怖心を抱かせるような存在として伝えることは適しているだろうか?ネットでは「差別を助長しているのでは」との声がこう相次いでいる。 《「黒人=暴力的なデモ」を連想させるイラストや、オラオラ系の喋り方。 情報の薄さと不正確さが際立つ》 《NHKは、こんなヒドい人種プロファイリングの絵を、全国放送で流しただけでなく、SNSで拡散?なぜ筋肉ムキムキで血が浮き上がってる?これこそ、米国だけでなく、世界で、何百万人の人が闘っている偏見と構造的な差別を象徴》 《白人警官は黒人に「漠然とした」恐怖心があるのだと言ったうえで、その「漠然とした恐怖」を表象するような、いかつい黒人像。 差別扇動以外の何物でもない》 これまでも「Black Lives Matter」に関連するツイートを発信してきた大坂なおみ選手(22)は9日に動画を引用し、黒人男性がいぶかしむような表情をするGIF動画を投稿した。 他にも英語ネイティブのTwitterユーザーを中心に動画は世界中に拡散。 ジョセフ・M・ヤング駐日米国臨時代理大使も「侮辱的で無神経」と言及している。 NHKは9日、「番組では、デモの発端が、黒人男性が警察官に押さえつけられて死亡した事件であることを紹介した」と前置きしながらも「視聴者からこのアニメーションについて、問題の実態を正確に表していないなどというご批判をいただき、掲載を取りやめました」との声明を発表。 現在、動画は削除されている。

次の